河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>本郷校>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ本郷校

51件の新着情報があります。 1-10件を表示

前の10件|1|2|3|4|5|

入試本番に向けて

2022年1月12日 更新


みなさん、こんにちは!
河合塾本郷校進学アドバイザーです。
年も明けて、いよいよ共通テスト試験まで残りわずかとなりました。
今回は共通テスト試験本番までに準備すべきことや心構え、注意点をお伝えいたします。


①体調を整えよう
この時期は共通テスト試験が近づくにつれて追い込みをかけたい!と考えられる方も多いかと思います。
その為に生活リズムが夜型になってしまってはいませんか?
気持ちはとてもよく分かりますが、無理を続けて睡眠不足が続き、食欲がなくなってしまうと
集中力が欠けやすくなり、本来の実力が発揮しづらくなってしまいます。
この時期だからこそ、ペースを守り適度に休憩を取って学習を進めていきましょう。


②持ち物の準備
○受験票(写真票)
○筆記用具(鉛筆は予備も含めて多めに)、鉛筆削りなど
○時計(スマートフォンなどの端末は代用できません)※アラームを消すこと。
○眼鏡、ハンカチ、ティッシュ(中身だけ取り出したもの)
○受験要項(センター試験は受験案内)
○昼食
○メモ帳
○参考書
○財布、交通費(ICカードは前もって多めにチャージしておきましょう)
※服装は脱ぎ着しやすいものを選びましょう。会場によっては暑く感じることもあります。

③会場の下見
○ルート・所要時間の確認(必ず余裕を持って時間を考えましょう)
○平日と土曜・休日のダイヤ、種別、停車駅の違い
○最寄り駅からの道順や目印
※複数キャンパスのある大学が会場の場合は、最寄駅が違う場合がありますので注意が必要です。

④試験当日
会場には試験開始に余裕をもって向かいましょう。
トイレやフリースペースの場所が分かっていれば、緊張感も和らぎますので確認しておきましょう。
また、試験本番では体調が悪くなったり、問題冊子に落丁乱丁があったりといったハプニングはつきものです。
困ったことがあった場合は、遠慮せずに試験監督に申し出ましょう。


今回ご紹介させていただいた4点のポイントを参考にしていただき、本番では万全の態勢で挑めるようにしましょう。
最後まで気を引き締めて頑張ってまいりましょう!体調にだけは気をつけてくださいね。
河合塾本郷校は、受験生の皆さんの共通テスト試験成功を心より願っております。


東大本試へ向けての姿勢や学習方針については、「東大塾」にも詳しく載せてありますので、こちらもぜひご確認ください。
(「東大塾」についてはこちら)

また共通テスト試験後は二次試験に向けて気持ちや学習の切り替えが必要です。
ぜひ河合塾の直前講習を受講して二次試験対策を行いましょう。
★直前講習の詳細・お申込はこちらから

受験生の心得

2021年12月27日 更新

東大志望の高3生のみなさん、こんにちは!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

いよいよ今年も終わろうとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

そこで今回は、直前期・受験生の心得を以下にご紹介します。

◎できる人ほど「リズミカル」・・規則正しく生活できる。
◎できる人ほど「寝るときは寝る」・・最低7時間睡眠。朝頭が動くように。
◎できる人ほど「あっちこっち」・・自宅にこもらず場所を変えてみる。
◎できる人ほど「よく食べ・よく動く」・・一日三食しっかりとる。適度な運動も。
◎できる人ほど「よく笑う」・・免疫力を笑って高める。

◎できる人ほど「切り替え上手」・・周りに振り回されずONとOFFの切り替えを。
◎できる人ほど「ゆとりがある」・・計画はこれまでの8割程度にする。
◎できる人ほど「プラス思考」・・悩んでいる暇はない!前へ!
◎できる人ほど「自分を信じる」・・あきらめない!逃げない!

最後まで気持ちを強く持ち、頑張っていきましょう!

また、年が明けるといよいよ共通テスト試験本番です。
東大は共通テスト試験の1点、2点が合否を分けます。
共通テスト試験での高得点は東大出願において非常に重要ですので、
共通テスト試験対策は、計画的に抜かりなく行っていきましょう!

学習の合間の息抜きに、東大情報を知りたい場合は「東大塾」にも詳しく載せておりますのでぜひご覧ください♪
(「東大塾」についてはこちら)

共通テスト試験終了後の直前期も河合塾では二次対策のテストゼミをご用意しています。ぜひご活用ください!
直前期の学習に関して相談がある方はお気軽に本郷校の1階教務窓口でご相談くださいね。
(直前講習の申込についてはこちら)

<東大本番プレテスト>
東大本番プレテストは、河合塾生の間では第3回東大入試オープンとも言われているテストです。
実際の試験と同時刻に行われ、答案も採点された上で返却されます。
そのため、本番さながらの緊張感を体感できるとともに、何が不足しているのかを直前に再認識することができます。

2022年度東大入試オープン受験者(または申込者)、2021年度夏期・冬期・直前講習の
東大講座受講者(または申込者)は、割引料金で受講できます。締め切り間近ですのでお早めにお申込下さい!
★東大本番プレテストの詳細はこちらから

【MEPLO】模試の復習について

2021年12月19日 更新

みなさんこんにちは!
河合塾の進学アドバイザーです。

現在MEPLOでは冬期講習を実施しております。
第2ターム 12月20日~24日
第3ターム 12月26日~30日
第4ターム 1月3日~7日
とまだまだ冬期講習は続きます。
ぜひこの冬休みMEPLOの冬期講習を受講してみてください!
MEPLOの冬期講習、3学期入塾要項などパンフレット請求は■コチラ■

ところでみなさんは模試を受験していますか?
模試は自分の現状を分析する重要な機会になります。
模試を受験する習慣を高1、高2のうちから身につけておきましょう。
そこで今回は模試の復習方法についてMEPLO本郷の東大生からお話をしたいと思います。

東京大学 文学部 4年生クラスサポーター(桜蔭高校出身)

こんにちは!MEPLO本郷教室のクラスサポーターです。
さて、今回皆さんにご紹介したいのは「模試の復習」についてです。
皆さん、受けた模試を解きっぱなしにはしていませんか?もしそうであるのならば、とても勿体無いです!
今回は、私が行っていた模試の復習方法をご紹介させていただきます。
まだ模試の復習方法をつかめていない方は、参考にしてみてください。

① どの問題を間違えたのかをチェック!
自分が間違えた問題がどれなのかをまずチェックしましょう。
平均点や解答解説から、その問題が「確実にとるべき問題」だったのか
「解けたならば他の人と差をつけられた問題」だったのかをしっかりと確認しましょう。

② 基本問題は解けるようになるまで復習!
間違えた問題が「確実にとるべき問題」であった場合は、解けるようになるまで徹底的に復習しましょう。
1回の復習で解けなかったならば、日にちを空けて確実に解けるようになるまで何度でも解き直しましょう。
余力があれば、それに関連する問題も問題集などを適宜使って解いてみましょう。
自分の苦手を克服することが成績UPの大きな鍵です。

③ 「差のつく問題」はどうするか
「差のつく問題」を復習する際は「なぜこのような解法で解くのだろうか」ということを意識しましょう。
自分で論理をきちんと理解し復習することで応用力を養えると思います。
ただし特に苦手科目は、自分の解けなかった「確実にとるべき問題」の復習を優先してください。
基礎力がついて初めて応用を利かすことができます!

模試では幅広い範囲から、様々な難易度の問題が出題されています。
模試の結果は「自分の今後の勉強計画における有効な指針」です!模試の復習はきちんとしましょう!


河合塾の模試の年間スケジュールは■コチラ■から。


大学入学共通テストチャレンジ【受験料無料】【高1生・高2生対象】
高2生の方は受験まであと1年になりました。
今年度実施される大学入学共通テストと同じ問題に挑戦してみませんか?
大学入学共通テストチャレンジの詳細は■コチラ■。


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0584(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は9:00~18:00)

東大受験本番に向けて

2021年12月15日 更新

東大志望の高3生のみなさん、こんにちは! 更新
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

☆12月19日(日)実施「ココから攻める!東大現役合格ゼミ 」(高3生対象)
英語・数学(文類・理類)の河合塾講師による徹底的なレクチャーや、直前期における戦略についてお伝えする東大入試ガイダンスがあります。
<お申込はこちら>


河合塾では現在冬期・直前講習のお申込も受付中です!
第3回の東大入試オープンといわれる「東大本番プレテスト」をはじめ
共通テスト対策講座や二次試験対策講座など多数の講座をご用意しています。
冬期講習は講義・演習形式の授業で今までの学習の総仕上げの場として、
直前講習は完全予想問題で入試本番のリハーサルの場として、どちらも受験に直結する講座ばかりです!
残り2ヶ月、効率よく学習するためにもぜひ講習を活用してくださいね!

〈冬期・直前講習・東大本番プレテストのお申込はこちらから〉


12月に入り、いよいよ共通テスト本番まで約1ヶ月となりました。
そろそろ本格的に対策を始めようと考えていらっしゃる方や、もうすでに始めている方も多いかと思います。
今回は共通テスト対策のポイントについてお伝えしようと思います。


<①形式に慣れましょう!>
二次試験に比べ、共通テストは基本的な問題が多いですが、独特な問題形式です。
内容は普段の学習で対応できるものですので、予想問題集などに触れ、形式に慣れていきましょう。
また、過去問を解く際には、だらだらと行うのではなく本試を想定して時間を計って行ってみてください。

<②時間配分を考える!>
①でも触れましたが、時間配分はとても重要です。
たとえば数学で9割取ることを目標にした時、どの設問にどのくらいの時間をかけるべきなのか?
理想とする時間配分に対して、実際に問題を解くのにどれだけ時間がかかっているのか?
問題を解く順番の工夫をして戦略を立ててみましょう。
共通テストでの時間配分の意識は、二次試験でも役に立ちますのでぜひ実践してみてください。

<③生活リズムを崩さない!>
勉強量を優先して食事を抜いたり、睡眠時間が短くなったりしていませんか?
生活リズムが乱れると、それをカバーしようとしてさらに悪循環に陥ってしまいます。
試験は午前中からある大学が多いので、午前中から確実に実力を出せるようにしておくことはとても大事です。
夜はしっかりと睡眠をとり、体調を万全にして本番を迎えられるように準備しておきましょう。


無理をせず、適切な休息でコンディションを整えれば直前期も息切れせずに乗り切ることができます。
ぜひ、今回ご紹介した方法を試してみて、終盤のスパートをかけましょう!

東大本試へ向けての姿勢や今後の学習方針については、
「東大塾」にも詳しく載せてありますので、こちらもぜひご確認ください。
(「東大塾」についてはこちら)

【MEPLO】入塾テストのご案内

2021年12月11日 更新

みなさんこんにちは!
河合塾の進学アドバイザーです。

本日はMEPLOの3学期入塾を検討されている方にむけて入塾認定の取得方法と入塾テストの日程をご案内いたします。
MEPLOでは入塾する際に入塾認定が必要となります。
入塾認定の取得方法は3つあります。
①冬期講習の到達度テスト ※冬期講習の受講に認定は必要ありません。
②入塾テスト
③河合塾の模試による模試認定

入塾テストはMEPLO4教室で以下の日程で実施しております。
12月25日(土) 13:00~18:10
1月8日(土)13:00~18:10
<中1~高1生>
時間帯教科
13:30~14:30数学
14:50~15:50英語
<高2生>
時間帯教科
13:00~14:30数学
14:50~16:20英語
16:40~18:10国語

※高1生は高2進級時に「英語・数学」もしくは「英語・国語」の2教科の認定が必要となります。
高1生の3学期は単科認定で受講可能ですが、3学期入塾時に進級に必要な2教科の認定を取得し
受講された場合はそのまま進級できますので、2教科の認定取得・受講をおすすめします。
※高2生は総合認定になるため3教科とも受験してください。

受験料は無料になりますので、迷っている方はぜひ1度入塾テストにチャレンジしてみてください。
ご不明な点があればMEPLO本郷校までお電話でお問い合わせください。
MEPLOのパンフレット請求は■コチラ■


本郷校では上記のイベント以外にも本郷校独自のイベントも多数実施いたします。
ぜひこちらへの参加もご検討ください。

★数学特別講義 「図形と方程式」★ 【高1・高2生対象】【有料】
夏に実施した数学イベントの第2弾です。
今回は苦手としている方も多い「図形と方程式」を取り扱います。
数学を苦手としている方はもちろん、得意な方にも学びの多い講座となっています。
お申込み・詳細は■コチラ■から。

★ココから攻める!東大現役合格ゼミ★【高3生】【有料】
「最重要分野」・「現役生の苦手な分野」に的を絞り、
東大入試に精通した河合塾講師が科目ごとに徹底的にレクチャーします。
※オンラインでの配信はございません。対面授業のみの実施となります。
新型コロナウイルス感染防止のため、検温・座席間隔の確保・定期的な換気・消毒など、
万全の対策を実施しておりますので、安心してご参加ください。
お申込み・詳細は■コチラ■から。


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0584(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は9:00~18:00)

【MEPLO】冬期講習まもなく開講!

2021年11月25日 更新

みなさんこんにちは!
河合塾の進学アドバイザーです。

MEPLOの冬期講習の申し込みが始まっています。MEPLOの冬期講習は12月13日から始まります!
普段MEPLOに通っていない方にもどんどんお申込みをいただいております。
周りのライバルと少しでも差をつけるために、MEPLOの冬期講習をぜひお申込みください。
席に限りがございますので、なるべく早めにお申し込みください。
MEPLO冬期講習の資料請求は■コチラ■から。
またMEPLOではカリキュラム説明会や体験授業などの冬期イベントも盛りだくさんです。
MEPLO冬期イベントの詳細は■コチラ■から。

MEPLOのクラスサポーター(大学生スタッフ)から冬期講習のオススメポイントもぜひ参考にしてください。

東京大学 文科三類 2年 クラスサポーター(私立武蔵高校出身)

おすすめ講座① 「英語 重要テーマ征服講座」
高2の冬の段階ではまだ長い文章や複雑な構文、段落構成の文章を読む機会があまりないと思います。
そのような文章を読解することで東大などハイレベルな大学の入試問題を解くために必要な
読解の緻密さや単語のレベルがわかると思います。
冬の講座で自分の文法や単語が身についていないと感じたら高3になる前にしっかり復習しておきましょう。

おすすめ講座② 「数学ⅠAⅡB 重要テーマ征服講座」
数学の諸分野の中で特に重要になってくる整数や数列・確率、図形などを扱います。
それぞれ基本的な解法を思い出しつつ、講座ではそれを応用した問題を多く扱うので、
どのような思考プロセスを経て解いていくのか講師陣の解説を聞きながらしっかりと習得しましょう。



本郷校では上記のイベント以外にも本郷校独自のイベントも多数実施いたします。
ぜひこちらへの参加もご検討ください。

★数学特別講義 「図形と方程式」★ 【高1・高2生対象】【有料】
夏に実施した数学イベントの第2弾です。
今回は苦手としている方も多い「図形と方程式」を取り扱います。
数学を苦手としている方はもちろん、得意な方にも学びの多い講座となっています。
お申込み・詳細は■コチラ■から。

★ココから攻める!東大現役合格ゼミ★【高3生】【有料】
「最重要分野」・「現役生の苦手な分野」に的を絞り、
東大入試に精通した河合塾講師が科目ごとに徹底的にレクチャーします。
※オンラインでの配信はございません。対面授業のみの実施となります。
新型コロナウイルス感染防止のため、検温・座席間隔の確保・定期的な換気・消毒など、
万全の対策を実施しておりますので、安心してご参加ください。
お申込み・詳細は■コチラ■から。


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0584(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は9:00~18:00)

本郷校の冬期・直前講習について

2021年11月25日 更新

東大志望の高3生のみなさん、こんにちは!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

第2回東大入試オープンも終わり、いよいよ入試直前期となりました。
前回「二次過去問演習」についてお伝えしましたが、今回は冬期・直前講習についてお伝えいたします。

本郷校では東大対策講座として高3・卒生用冬期・直前講習の講座をご用意しています。
<詳細はこちら>
冬期講習の東大対策講座は、入試に向けての最終確認を行える内容になっています。
12月から年始にかけては、現役生は特に共通テスト試験対策を中心に学習に取り組むことになりますが、
その時期でも、一定の時間は二次試験対策を並行して行う必要があります。

東大対策講座はどの講座も90分×5日間となっています。
限られた時間で有効に二次試験対策を行える内容となっていますので、ぜひ受講してください。

また、共通テスト試験に不安がある方には、共通テスト試験対策講座もおすすめです。
本番と同じ試験時間で共通テスト試験の予想問題を解くことができる1日完結の講座もあり、
緊張感を持って臨むことで「本番力」を身につけることができます。

さらに、共通テスト試験後の日程で実施する直前講習では、全科目テストゼミ形式で実戦力を養成し、解説を通して理解を深めます。

そして、直前講習の中には「東大本番プレテスト」があります。(2/3(木)・2/4(金)実施)
河合塾生は「第3回東大入試オープン」として捉えている人も多い講座で、
実際の試験と同じ時間割でテストを実施するため、「本番」を意識して取り組むことができます。
答案は、丁寧に採点されて後日郵送返却されるので、
何が不足しているのか、どこで減点されたのか確認することができます。

また、後日Webで解説講義(映像授業)を受講することができ、最終チェックを行うことができます。
2022年度東大入試オープンを受験された方や、2021年度夏期・冬期・直前講習の東大講座を受講された方は
受講料割引制度で通常5000円→2000円で受験することができますので、ぜひご利用ください。

これからの時期は受験をするにあたって大切な時期ですので、
講習を活用してぜひ有意義な入試直前期にしてください!

東大塾

☆12月19日(日)実施「ココから攻める!東大現役合格ゼミ 」(高3生対象)
英語・数学(文類・理類)の河合塾講師による徹底的なレクチャーや、直前期における戦略についてお伝えする東大入試ガイダンスがあります。
<お申込はこちら>

いよいよ二次対策本番

2021年11月8日 更新

みなさん、こんにちは!
河合塾本郷校 進学アドバイザーです。

第2回東大入試オープンも終わり、そろそろ二次試験に向けて本格的な対策を計画している方も多いのではないでしょうか。
今回は「二次過去問演習」のポイントについて、お伝えします!

【ポイント1】基礎を固めてから過去問に取り組もう
過去問演習をしたからといって、東大の問題が解ける学力が身につくというわけではありません!
基礎事項を固めて、標準レベルの問題が難なくできる状態になってから、過去問演習に取り組むべきです。
いま、自分はそれぞれの科目でどういう状況なのか?と
自分自身を分析する力も東大受験においては重要です。
この見極めに不安がある人は先生に相談しながら始めるのも一つの方法です。

【ポイント2】自分自身のペースを守ろう
周りが過去問ばかりやっていても気にせず、自分の得意・苦手を分析して自分のペースで進めるようにしましょう。
苦手科目は二次試験直前まで基礎固めを併行して取り組んでも構いません。
得意科目は年内に○年分、苦手科目はその半分くらいといったように、大まかなペースを決めていけば
優先順位が崩れることなく効率的に学習が進められるはずです。

【ポイント3】添削を受けて復習しよう
過去問演習を行う目的の一つは「採点者に伝わる答案作成能力を鍛える」ことです。
取り組んだ過去問は、できるだけ先生などに添削をしてもらい、復習することをおすすめします。
自分では書けたはずと思っていても、採点者に伝わらなければ高得点は望めません。
また、添削を通して、自分の考え方や答案の書き方の癖にもいち早く気づくことができます。

河合塾の直前講習は添削付のものもあります。積極的に活用してみましょう!
特に直前講習の「東大本番プレテスト」は本番直前の力試しとなります。
冬期・直前講習講座については【こちら】をごらんください。

【ポイント4】得意科目に磨きをかけよう
二次対策では苦手科目の克服だけでなく、得意科目に磨きをかけることも大切です。
安定して高得点が期待できる科目ができると、多少の苦手科目の失点はカバーできますし、
精神的にも安定して本番に臨むことができるでしょう。
「得意科目と自信を持って言えるものがない・・・!」という方は、どの科目が一番得意科目にできそうか検討してみましょう。
その科目をこれから重点的に磨いていっても、決して遅いということはありません。
ポイント2でも触れましたが、得意・苦手に応じた自分に合ったペースを作って取り組んでみてください。

夏の第1回東大入試オープンの際にご覧になられた方も多いかとは思いますが、
第2回東大入試オープンも第2回フォロー講義「東大合格への徹底理解 解説講義」をご用意しております。
ぜひPCやスマートフォンでご視聴ください!
第2回 フォロー講義のページは【こちら】
動画をご視聴いただけるのは11月25日(木)からです。

以上、4つのポイントをご紹介しました。
今回ご紹介しきれなかった、東大合格者の過去問活用法については、「東大塾」にも詳しく載せてありますので、こちらもぜひご覧ください。
「東大塾」についてはこちら


二次対策も「ココから」が大事ということで、本郷校では二次対策に向けたイベントを実施致します!!
○12月19日(日) 「ココから攻める!東大現役合格ゼミ(高3生対象)」
東大志望の高3生に向けて、「最重要分野」・「現役生が苦手な分野」にテーマを絞り、
河合塾の人気講師がその対策法、直前期に向けての学習指針についてわかりやすくレクチャーします。
<「ココから攻める!東大現役合格ゼミ 」詳細・お申込はこちら>



また、共通テストの対策もしっかり行いましょう!東大合格に向けて、共通テストは合格にむけて最初のカギとなります!
河合塾では、冬期講習では共通テスト対策の講座も多数用意しています。
対面はもちろん映像授業でも受講することが可能ですので、全国どこからでも受講頂けます!
年末年始の学習にも大変役にたつと思いますので、是非お申込みください!
お申込みはこちら

寒くなってまいりました。どうかお体には気をつけて、頑張りましょう!

【MEPLO】本郷校オリジナルイベントのご案内

2021年11月6日 更新

みなさんこんにちは!
河合塾の進学アドバイザーです。
最近は気温もかなり下がってきましたね。体調管理には十分気を付けてください。

高2生の方はあっという間に高3生になります。高3になってから焦らなくてもよいように、
特に英語と数学の基礎をしっかりと固めることを意識するようにしましょう!
その際はぜひMEPLOを活用してみてください!
MEPLO冬期講習の資料請求は■コチラ■から。
またMEPLOではカリキュラム説明会や体験授業などの冬期イベントも盛りだくさんです。
MEPLO冬期イベントの詳細は■コチラ■から。

本郷校では上記のイベント以外にも本郷校独自のイベントも多数実施いたします。
ぜひこちらへの参加もご検討ください。

★開成生限定!開成の先輩から学ぶ学習方法ガイダンス★ 【中3~高2生とその保護者対象】【無料】
昨年実施した開成イベントの第2弾です!
今年は開成生特有の悩みである「運動会と勉強の両立の仕方」などに焦点を絞って、
MEPLOから東大に合格した開成の先輩が体験談をお話しいたします。
お申込み・詳細は■コチラ■から。

★数学特別講義 「図形と方程式」★ 【高1・高2生対象】【有料】
夏に実施した数学イベントの第2弾です。
今回は苦手としている方も多い「図形と方程式」を取り扱います。
数学を苦手としている方はもちろん、得意な方にも学びの多い講座となっています。
お申込み・詳細は■コチラ■から。

★東京大学特別講演会★【中学生から高校生とその保護者】【無料】
東大入試を分析しつくした河合塾が贈る学習イベントをオンラインで実施いたします。
・東大教授による「特別講演会」
・東大入試を熟知した進学アドバイザーによる高1・高2向け「東大ガイダンス」
の2本立てになります。
お申込み・詳細は■コチラ■から。


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0584(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は9:00~18:00)

第2回東大入試オープン・12月の東大現役合格イベントについて

2021年10月25日 更新

みなさん、こんにちは!
河合塾本郷校 進学アドバイザーです。

秋らしくなってきましたね。体調を崩しやすい時期ですので、生活リズムには十分気をつけてくださいね。
今回は第2回東大入試オープンと12月の東大現役合格イベントとについてご案内します。

<第2回東大入試オープンに向けて>
東大を目指す高3生にとっては不可欠な模試、「第2回東大入試オープン」が近づいてきました!
今回は東大入試オープン受験のポイントについて、〔受験前~受験当日〕を中心にご紹介します。

<目標点を具体的に設定しよう>
東大を受験するに当たっては、「得点戦略」が不可欠です。
総合点では何点必要か、科目別ではどれくらい取りたいかなど、具体的に目標点を設定しておくことで、
取り組むべきポイント、課題が明確になりやすいというメリットがあります。

第1回東大入試オープンでの科目別の反省、課題を明確化することで、
自分の強み、弱みを分析し、それに基づいて目標点を設定していきましょう。
これをより具体的に行うことで、目標点について根拠を持って設定できるだけでなく、
学習の指針も立てやすい点で、お勧めです。ぜひ取り組んでみてください!

<時間配分についてもう一度確認しておこう>
第1回東大入試オープンを受験された方は、「時間がない」と感じながら問題に取り組んだ方も多かったのではないでしょうか。
実際、本番でも、「最後まで解ききれなかった」、「焦って力を発揮できなかった」ことを悔やむ東大入試受験者は多いです。
そうならないためにも、もう一度、事前に時間配分について考えておくことをお勧めします。
特に英語は時間が足りないと感じる方も多いですので、設問ごとに何分取るかを確認しておきましょう。 
本番に近い緊張感で取り組める数少ない機会ですので、この機会を効率的に活用していってくださいね。
「東大塾」には、先輩方の時間配分などが掲載されています。
東大塾はこちらから

万全の状態で受験するために、今からしっかりできるだけの準備をしていきましょう!


\12月実施予定のイベントのお知らせ/ 12月19日 「ココから攻める!東大現役合格ゼミ」
東大志望の高3生に向けて、「最重要分野」・「現役生が苦手な分野」にテーマを絞り、
東大入試に精通した河合塾の講師が科目ごとに直前期の学習方針をレクチャーします!

<東大理類数学>講師からのメッセージ
「とり得る値の範囲・軌跡・領域」は東大入試では頻出かつ重要分野であるにもかかわらず、苦手とする
受験生が少なくありません。
今回の講座では、実際に東大の予想問題を解いてもらい、その後の解説を通じてこの手の問題の対処法を提示いたします。

<東大文類数学>講師からのメッセージ
東大入試には、特別な知識は必要ありません。その場で考えれば対処できるように作問されています。
しかし、頻出の「逆像法」と「確率漸化式」は例外でしょう。
本質的な見方を身につけておかないと、「自力で解ける」というレベルには至りません。
本講座では、具体的な問題を通して、攻略の糸口を探っていきたいと思います。

<東大英語>講師からのメッセージ ※抜粋
模試で「書けた!」と思ったのに、返却されたら思いのほか点がとれていなくて、 驚いた経験はありませんか?
東大英語は記述問題が多く、時間をかけて答案を書いた割に点数がとれない ということがよくあります。
模試作成者はどのように配点しているのか、 採点者はどこを見て減点しているのか、
そして、東大の再現答案にみられる、 合格者と不合格者の答案の差は何なのかなどをお伝えします。

申込はコチラから!

前の10件|1|2|3|4|5|

MENU
本郷校トップ
施設案内
地図・アクセス
設置コース
スタッフからのお知らせ
体験授業・イベント
合格者の声