河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>東大現役進学塾MEPLO表参道教室>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ東大現役進学塾MEPLO表参道教室

119件の新着情報があります。 51-60件を表示

【受験生のみなさんへ】国公立前期入試お疲れ様でした!①

2021年2月26日 更新

執筆者:森山玲奈 東京大学文科三類1年 女子学院出身

入試お疲れ様でした!後期がある人はまだやることがあるかもしれませんが、一つの大きな区切りになります。皆さんは1年間本当にたくさん頑張ってきました。まず自分を労ってゆっくり休んでください。そんな気分じゃない、という人もいるかもしれませんが悔しい思いをするのも一生懸命であったからこそです。私も結果に全然自信がありませんでしたが、「やるだけのことはやった」と思い後期に備えつつも映画を見たりゆっくり寝たりしているうちに「もしかしたら…」という気持ちが芽生えてきたのを覚えています。疲れているとマイナス思考になりますし、皆さんは様々なイレギュラーを体験しながらも1年間を駆け抜けたのですから、あまり思いつめることなく疲れをとって下さい!みなさんが素敵な春を迎えることができることをお祈りしています。本当にお疲れ様でした!

【コラム】麻布生へのメッセージ②(高2生向け)

2021年2月24日 更新

執筆者:甲慎平 東京大学文科三類1年 麻布出身

高2といっても成績が良かったり悪かったりと様々な人がいるし、部活を引退していたりしていなかったり、時期によって置かれている状況も違ってくると思います。そこでいくつかの典型的なタイプに分類してそれぞれのタイプに向けて大学受験に関して助言のようなものをしてみたいと思います。大学受験をする人はもしよかったら参考にしてみてください。

<成績が良いキミへ>
現在のところキミにはなんの問題も無いです。部活や自治機関を引退していないなら思いっきり打ち込んでから勉強にシフトしてください。既に引退している人は勉学に励む日々を送りましょう。ただ一度立ち止まって考えてみて欲しいのがキミの高2までの勉強の強度(質と量)についてです。高2まで、とりわけ高2の前半までは周りが勉強しないのでちょっと勉強すればそこそこよい成績が取れます。ただこの成績に満足してしまい引退した周りのやつらが受験モードに突入しているのに切り替えられず勉強の強度を上げ損ねてしまい気づいたら周りに追い越されているというパターンが往々にしてあります。今成績が取れているのは確実にアドバンテージです。アドバンテージをきっちり活かせるように勉強の強度を高めるべきタイミングを逃さないようにしましょう(高2の秋冬ぐらいである事が多い)。強度の上げ方が分からないようであればCSや先輩に相談してみましょう。

<自治機関や部活動を早めに引退するべきか迷っているキミへ>
高2になると、勉強に集中しなければいけないのに部活動や自治機関に時間を費やしていて良いのだろうかというような考えが頭に浮かぶ人もいると思います。しかし、未練を残して引退の時期を早めるのはあまりおススメしません。引退してようがしてまいが勉強するヤツは勉強するししないヤツはしないです。特に高2の間は勉強に割くべき時間の絶対量が高3ほど多くは無いのでもし未練があるのならば両立の道を考えてみても良いのではないかと思います。

<成績の悪いキミへ>
高2の時点において成績が悪いということはなんら悲観すべき事ではありません。その事実があらわしているのはキミがこれまで勉強してこなかったということだけです。ポテンシャルはあると思うので本気を出してください。ただ成績が悪いのであれば周りがやっているようなカッコいい問題集や地歴や理科に手を出すのはやめましょう。数学であれば青チャート、英語であればネクステなどを使い基礎を固めるべきです。愚直に勉強していれば必ず成績は伸びてきます。もし何をやるべきかということがわからない場合は、CSでも良いですし部活などの先輩でもいいので自分の目標となる先輩を見つけてその人のやっていたことを部分的にでもいいので真似しましょう。

【コラム】地学の勉強法(新高3生向け)

2021年2月19日 更新

執筆者:野村海斗 東京大学理科一類2年 筑波大学附属駒場出身

高校地学の難しさはその対象の幅広さにあります。天文から地質、大気海洋分野までかなりの知識が要求されます。地学の勉強をする上でまず基礎になるのは高校地学の教科書です。高校地学の教科書には幅広い地学の関連事項の要点がまとまっています。この教科書の内容をしっかり理解することで基礎固めとしては十分といえます。具体的なイメージを持つ為に地学図表などを用いると良いでしょう。物理や化学のように習う順番が決まっているわけではないので、自分の好きな順番で学ぶといいと思います。また、基礎を超えて演習に入る際には数学と物理の知識も大事です(特に天文の演習)。これらに明確な弱点がある場合には、地学の勉強に並行してそれらの理解も深めていってください。

注意点としては特定の分野のオタクになる傾向があることです。受験では満遍なく聞かれるので、どこか人よりも強い分野を作るより、苦手分野を作らないように心がけましょう!!!!

【コラム】新高1生への春休み学習アドバイス

2021年2月18日 更新

執筆者:中村真緒 慶應義塾大学商学部2年 女子学院出身

新高1生の皆さんの中には、部活が忙しくあまり勉強に時間を割けない人や、なかなか机に向かう気が進まないという人もいるのではないでしょうか。時間に余裕のある春休みは部活や遊びの予定もあると思いますが、中3の1年で学習した内容を復習することをおすすめします。以下で科目別にアドバイスをします。

【英語】(塾生の方は)MEPLOで多くの文法事項を学習したと思いますが、1学期や2学期の内容を覚えているでしょうか?これから読解が中心となり文法を確認する機会が減ってくるので、テキストの問題を一度解き直して、忘れている分野は解説を読んでポイントをおさえましょう。この時期に文法の基礎固めができていると後から見直すのにそれほど苦労せず、英文をスムーズに読めるようになり、かなりアドバンテージになります!また今後、新出単語が多く出てくることになるので、テキストにまとめられている重要単語から覚えていくと良いと思います。

【数学】高1以降は内容が難しくなる上に授業進度も速くなり、過去に学習した分野を丁寧に復習できる時間が少なくなってきます。まとまった時間のある春休みのうちに、これまで学習したところは問題集を解いて基礎を定着させておきましょう。MEPLOのテキストやLet's checkを解き直すのも良いと思います。ただ、よく理解していない状態で難しい問題に取り組むのは禁物です。まずは教科書などの基本問題から始めて、慣れてきたら徐々に応用問題に挑戦していくと良いでしょう。

春休みは各々講習や予定があるかと思いますが、これまでの復習を行って新学年で良いスタートを切れるようにしましょう!

【お知らせ】春期講習一般申込が始まりました!!

2021年2月15日 更新

MEPLOの講習をご検討中のみなさま、お待たせしました!
本日より春期講習の一般申込がスタートいたしました。講習のスケジュールはこちらからご確認いただけます。

また現在、MEPLOの資料をご請求いただいた方には通常の入塾案内に加えて春期講習案内をお送りしています。
ご希望の方はこちらからお気軽にご請求ください。

なお以下の講座は優先申込期間に締切間近となりました。お早めにお申し込みください。

<表参道教室 定員締切間近講座>

学年日程講座名 担当
講師
講座
コード
新高33ターム(3/22~3/26)
17:00~20:50
(英語)
重要テーマ征服講座
佐藤
Davies
9114
新高34ターム(3/28~4/1)
10:50~14:50
(数学ⅠAⅡB)
重要テーマ征服講座
坂本9115

春期講習の内容・時間割はこちらからご覧いただくことができます。


「春期講習受講申込書」のPDFはこちらからダウンロードいただくことができます。


申込方法:「春期講習受講申込書」に必要事項を記入し、MEPLO表参道教室までお持ちください。

Tel: 03-5778-9480
MEPLOでは、コロナウイルス感染対策のため、以下の取り組みを行っています。

・窓口スタッフのマスク着用/検温の実施
・入館者へのマスク着用のお願い/非接触型検温の実施
・換気システムによる校舎内換気の徹底
・教室内での生徒/講師の十分な距離の確保
・自習室換気および端末の消毒徹底

☆安全・安心な学習環境をご提供できるよう、可能な限り細心の注意を払います。
☆ご不明・ご不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください!

【イベント】2/23(火・祝)医学部のすすめ(新中3~新高3生および保護者の方)

2021年2月11日 更新

MEPLO表参道教室では医学部医学科をめざす中高生を応援するためのイベントを2/23(火・祝)に実施いたします。
みなさんのご参加をお待ちしています!

<PROGRAM>
2/23(火・祝)
11:00~12:00 第一部 特別講演 ~医師の仕事・働き方・キャリアプラン~
13:00~14:30 第二部 医学生トークライブ ~受験のこと・大学生活のこと~
15:10~16:00 第三部 医学部入試最新情報
■第一部~第三部の中から、希望の枠を選んでご参加いただけます。

11:00~12:00 第一部 特別講演 ~医師の仕事・働き方・キャリアプラン~

第一部ではMEPLO卒業生で現役医師のお二人をお招きして、医師をめざしたきっかけから、現在のお仕事に至るまでのライフヒストリーを講演いただきます。

<講演者>*都合により変更になる場合があります。
・小笠原 暢彦さん 浅野高校出身 慶應義塾大学卒
・森本 紘一朗さん 麻布高校出身 東京医科歯科大学卒

13:00~14:30 第二部 医学生トークライブ ~受験のこと・大学生活のこと~

第二部ではMEPLO卒業生で現在医学部に通う大学生の方々をお招きして、受験勉強のことから、現在の大学生活のことまで座談会形式でお話いたします。

<講演者>*都合により変更になる場合があります。
・井垣 花咲里さん 豊島岡女子学園高校出身 東京医科歯科大学3年
・植村 耀子さん  学習院女子高等科出身 東邦大学3年
・下川 一燈さん  暁星高校出身 日本医科大学1年
・利根川 直也さん 武蔵高校出身 慶應義塾大学5年
・長島 昂大さん  聖光学院高校出身 横浜市立大学3年
・本間 巴菜さん  女子学院高校出身 東京慈恵会医科大学3年
・松本 桃子さん  横浜雙葉高校出身 横浜市立大学3年

15:10~16:00 第三部 医学部入試最新情報

第三部では河合塾の入試データを用いて、医学部入試の最新情報を講演いたします。また今年が実施初年度となった大学入学共通テストの動向についてもレポートいたします。

<講演者>
MEPLO表参道教室 教務スタッフ

<申込方法>
①電話申込:03-5778-9480
②窓口申込:MEPLO表参道教室窓口までお越しください。
③ネット申込:こちらからお申し込みください。


MEPLOでは、コロナウイルス感染対策のため、以下の取り組みを行っています。

・窓口スタッフのマスク着用/検温の実施
・入館者へのマスク着用のお願い/非接触型検温の実施
・換気システムによる校舎内換気の徹底
・教室内での生徒/講師の十分な距離の確保
・自習室換気および端末の消毒徹底

☆安全・安心な学習環境をご提供できるよう、可能な限り細心の注意を払います。
☆ご不明・ご不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください!

【イベント】2/11(木祝)新高1生授業体験のお知らせ(再掲)

2021年2月8日 更新

MEPLO表参道教室では2/11(木祝)に新高1生対象の授業体験を実施いたします。
春期講習の受講を検討中の方、新学期からの通塾を検討中の方は、この機会にぜひ表参道教室へ一度足をお運びください。
ご来塾の際、ご希望の方には受講相談も承ります。また春期講習・新学期レギュラー授業のテキストを閲覧することも可能です。

講座 日程担当
新高1数学
「二次方程式・二次関数」
2/11(木祝)
13:20~14:50
真島 健誌 先生
新高1英語
「長文読解の基礎」
2/11(木祝)
15:10~16:40
坂本 文子 先生

<申込方法>
①電話申込:03-5778-9480
②窓口申込:MEPLO表参道教室窓口までお越しください。
③ネット申込:こちらからお申し込みください。

<参加無料>

<参加者特典>
このイベントにご参加いただいた方は、
・入塾金の半額(高校:33,000円→16,500円)
を免除いたします。


MEPLOでは、コロナウイルス感染対策のため、以下の取り組みを行っています。

・窓口スタッフのマスク着用/検温の実施
・入館者へのマスク着用のお願い/非接触型検温の実施
・換気システムによる校舎内換気の徹底
・教室内での生徒/講師の十分な距離の確保
・自習室換気および端末の消毒徹底

☆安全・安心な学習環境をご提供できるよう、可能な限り細心の注意を払います。
☆ご不明・ご不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください!

【お知らせ】春期講習申込は2/15(月)スタート!

2021年2月7日 更新

春期講習の一般申込は2/15(月)14:00よりスタートいたします。
現在、MEPLOの資料をご請求いただいた方には通常の入塾案内に加えて春期講習案内をお送りしています。
ご希望の方は下記リンクよりお気軽にご請求ください。

■資料請求は こちらから■

【コラム】渋渋生へのメッセージ(現高2生向け)

2021年2月6日 更新

執筆者:影山葉彩 東京大学文科二類1年 渋谷教育学園渋谷出身

部活や行事の中心学年となり、勉強以外のことに時間をとられている人も多いと思います。また、部活によって引退のタイミングが異なり、周りが受験勉強にシフトして焦る人も多いでしょう。

忙しい中、勉強量を増やすのは無理があります。やることを増やすよりも、授業中に頭をフル回転させてその場で覚える勢いで受けた方が効率良く時間を使えると思います。引退時期に限らず、普段から勉強の習慣がついている人や、テスト前だけでも本気で勉強に取り組める人はやはり合格をつかめています。授業中の小テストも、たかが小テストと流さず、対策して満点を狙ってほしいです。高2のうちはやりたいことを積極的にやっていってほしいですが、高3は自分の成績、キャパシティを考えて参加を決めましょう。気分転換の域を超える仕事量には注意してください。

当たり前のことかもしれませんが、MEPLOでも渋渋でも、分からないところは先生に聞くようにしましょう。質問内容を考えることは、自分が何を分かっていないのかを知る良い機会となります。また、質問したことは印象的になり、覚えやすくもなります。それから、自分と同じくらいのモチベーション・成績の友達と高め合えると良いです。もし周りが自分より勉強に打ち込んでいなくても、そこには流されないように自分に必要だと思う勉強時間を確保してください。あと、たくさん合格体験記を読んでおくと、どんなことをいつすれば良いのかのヒントになるのでおすすめです。

何から始めれば良いか分からない、という一般生はまず英単語を覚えましょう。定着させるのに時間がかかる英単語はいくら早く始めても損は無いです。それから、数学の網羅系問題集(青チャートや1対1対応など)で揺るぎない基礎を固めて欲しいです。基礎的な問題ははなんとなく分かるではダメで、しっかり自分の力で解けるようになれると良いです。基礎は100%でなければ意味が無いので、早めに英数国、特に英数を固めて受かる確率をぐっと上げましょう。

皆さんが楽しい渋渋生活と受験生活が送れるように応援しています!頑張ってください!

【コラム】麻布生へのメッセージ(現高2生向け)

2021年2月5日 更新

執筆者:近岡頌 一橋大学商学部1年 麻布出身

高2は「引退」という言葉に何度も直面する学年だと思います。部活動や自治活動、文運実では最高学年として振舞うことが求められる一方で、引退しそれらの活動から一歩引き、新しいステップに進んでいくことになります。新しいステップというのは人によって様々だと思いますが、MEPLOに通っている生徒の皆さんは大学生活というものが新しいステップに含まれると思います。長くなりましたが、学園生活の大きなものを占めていたものがなくなっていき、名残惜しいですが次のステップに目を向けて、切り替えていかなければならないということです。周りの学生と比べて勉強面で遅れてしまっているパターンも多いですが、ポテンシャルを信じて一生懸命勉強に向き合い、追いつけ追い越せのマインドで頑張りましょう!

いざ頑張ろうと思っても、何から手をつければいいのかが分からなかったり、先のイメージを持てなかったりで挫折してしまいがちです。勉強の進度は人によって様々ですが、僕を含め大半の人は基本的な事がごっそり抜けています。根気強く基礎的な学習から始めましょう。英語だと文法問題集や単語帳から、数学だとチャートのような網羅的な参考書から(チャートの厚みにやられて挫折してしまう人も多いので、周りの人と相談しながら自分にあった参考書を探すのもアリです。)取り組んでみましょう。

麻布生あるあるとしては計画性をもって勉強に取り組めないことと復習をおろそかにしがちということがあります。先生や学生CSと話したりしながら出来る限り長期的な視点に立って勉強を進めていきましょう。また参考書や模試、授業のやりっぱなしも要注意。よっぽどすごい人じゃない限り1回の勉強では定着しません。復習の習慣は2年のうちにつけておくと3年時にも大変役立ちます。

2年のうちにできるようになるとよいことを最後にまとめます。基礎的な知識の学習から根気強く、丁寧に進める。長期的なスパンで計画を立て、学習の進度を評価できるようにする。復習の習慣をつける。当たり前のように感じられることばかりだと思いますが、とても難しく、そしてとても大事なことになので心に留めておいてもらえると良いなと思います。

MENU
東大現役進学塾MEPLO表参道教室トップ
地図・アクセス
設置コース
スタッフからのお知らせ
体験授業・イベント
合格者の声