河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>本郷校>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ本郷校

52件の新着情報があります。 1-10件を表示

前の10件|1|2|3|4|5|

夏休み前の学習について

2019年6月15日 更新


東大志望の高3生の皆さん、こんにちは!河合塾本郷校進学アドバイザーです。
新学期の慌ただしさも一段落し、新しい学年にも慣れて来た頃でしょうか。
受験の天王山と称される夏本番に入る前のこの6月は、改めて自分の現状や今後の勉強方法について考える良い時期なのではないでしょうか。
さて、そこで今回は昨年度東大に現役合格をした河合塾生のこの時期の過ごし方や、受験の振り返りについていくつかご紹介を致します。


~この時期の過ごし方~
<理科一類合格者 Kさん(開成高校)>
夏休み前の時期は、高3になるまでほとんど手を付けていなかった理科の基礎固めを中心に勉強していました。
普段の学校の定期試験の勉強で「なんとなく」理解していた部分や暗記事項をくり返し復習して夏以降の演習に対応できるような力をつけることを心がけました。
また、数学や英語は授業で行われたテストゼミの復習を中心に行い、東大形式の問題に慣れて早く正確に解く事ができるように意識して勉強していました。
早期に東大形式の問題を見据えた勉強を行ったことで、夏以降スムーズに過去問演習ができたと思います。


<文科三類合格者 Kさん(女子学院高校)>
夏休み前から夏休みにかけては一学期の復習や基礎固めを徹底的にやりました。
英語や古文は単語帳を電車の時間などの隙間時間に覚えるようにし、文法を固めるために文法の問題集を何周か繰り返していました。
地理は一学期のテキストの問題を何回も解き、また授業プリントやノートを見返して忘れていた箇所をひとつずつ、潰していました。
世界史は授業プリントで通史を復習し、忘れていた事項を覚え直すようにしました。この時期は論述の対策はまだしていませんでした。
苦手だった数学は学校の問題集などを用いて復習し、ケアレスミスをしないようになるための練習をしていました。


~受験を振り返って~
<文科一類合格者 Nさん(開成高校)>
効率的な受験勉強を行うために大事なことは、「最終的なゴールの設定」と「自分が今いる立場を強く自覚すること」、そして「短期的な目標・勉強計画の設定」だと思います。
「最終的なゴール」というのは本番で絶対に合格できる点数を自分はどういう配分で取るのか具体的に想定することです(数学50点、英語75…など)。
次に、模試・授業での成績や自分の感覚をもとに、自分がそのゴールにたどり着くまでに、
何が不足しているのか(世界史の基礎知識、古文の単語力、英文読解の演習量など)ということを自分なりに分析し、「自分が今いる立場を自覚」します。
このときに模試などで順位や偏差値でこれが得意、あれが苦手と決め付けてしまうのは時期尚早で、あくまで自分が立てたゴールに対して何が足りてないのかを考えるのが大事です。
このようにして、自分でゴールを立て自分の状況を正しく理解する事で、自然と「短期的な目標・勉強計画」が立てられます。
常々自分のおかれている状況を分析・自覚し、臨機応変にこのプロセスを実行することで、本番の日にはゴールにたどり着くと思います。


このように東大合格を勝ち取った生徒の多くは、ただ闇雲に勉強をするのではなく、
自分の現状をしっかりと把握し、何をやるべきかを考え、分析し目標を持って主体的に勉強をしています。
皆さんも是非この時期に、自分の現状を分析し最適な勉強計画を立ててみてくださいね。

また、ここに載っている以外にも東大塾には、東大入試に関する情報が数多く載っています。是非、勉強の合間に覗いてみてくださいね。
東大塾

【MEPLO】夏休みの過ごし方について

2019年6月5日 更新

執筆者:CS1年 加藤 彩未
(東京大学文科三類1年 女子学院高校出身)

こんにちは!
MEPLO本郷校のクラスサポーターです。
今回は高1生、高2生向けに夏休みの過ごし方をご紹介したいと思います。

①    学習面について
夏休みは自由な時間が増えるので自分の好きなように勉強することができます。
しかしその分だらけてしまい、結局何もしないまま終わってしまう危険もあります。
そのようなことがないようまずは夏休みの学習計画を立てましょう!
7月中に学校の宿題をおわらせ、8月に自分の学習に専念するのがお勧めです。
8月は夏期講習の予復習を丁寧に行い、苦手をひとつひとつつぶしていきましょう!

②    生活面について
夏は色々な大学でオープンキャンパスが行われています。
それらに積極的に参加し、自分の志望校をきめましょう。
志望校が決まっている方も、実際に足を運ぶ事でその大学の雰囲気を感じる事ができます。
また、大学受験に向けて勉強しているとどうしても志望校合格がゴールのように感じてしまいますが、
実は入試はそれから始まる大学生活の第一歩です。
大学で何を学びたいのかを考えるためにも是非オープンキャンパスに行きましょう!!
ちなみに私は東大のオープンキャンパスに行ったものの学部の説明会には参加せず
ただぶらぶらしただけで帰ってしまったので後からものすごく後悔しました…

長いようで短い夏休みです。
「勉強すればよかった....」と後悔しないように充実したものにしましょう!!


<イベント案内>
新大学入試まるわかり講演会(東大編)
現行のセンター試験が終了し「大学入学共通テスト」が始まります。
入試が変わると聞いて不安を感じる方も多いと思います。
しかし、不安を抱えたままにせず、正しい情報を入手し、
早めに対策することが志望校合格のカギです。
合格に向けてスタートするための第一歩として、6月30日(日)に講演会を行います。
ぜひ、この講演会にご参加ください!
申込は■コチラ■から


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

東大の魅力・現役合格に向けて

2019年5月25日 更新

東大志望の高3生の皆さん、こんにちは!
河合塾本郷校進学アドバイザーです。
日に日に暑くなってきましたね。
学校行事で忙しい方も多いことでしょう。
体調管理には気をつけて、充実した日々をお過ごしください。

さて、今回は「東京大学ってどんな大学?」と題して、
東大の魅力についてご紹介します。

【カリキュラム】
東大は一般的な大学とは異なり、6つの科類に分かれて入学します。
大学1,2年時は全員が「教養学部」に所属して、
特定の専門分野に偏らない視野と総合的な判断力を養う
リベラルアーツ教育が行われます。

大学3年以降の後期課程では進むべき学部・学科が選択できます。
これを「進学選択制度」と呼びます。
科類ごとに主として進学できる学部がありますが、2006年度入学者から
すべての学部にも進学できる枠が設けられました。

「前期課程で総合的な理解力を養いながら、後期課程で自分のやりたいことを見つける時間をもつことができる」
これが東大の大きな特徴です。

【キャンパス】
東大は5つのキャンパスがありますが、主要キャンパスの「駒場」と「本郷」についてご紹介します。
○駒場キャンパス
1,2年生が大多数を占め、活気にあふれた雰囲気が漂っています。
教育支援施設も充実しており、2014年に竣工した「21 KOMCEE(コムシー)」は
スタジオ教室やオープンスペース、レクチャーホールなど、アクティブラーニングで活用できるスペースが揃い、
まさに「理想の教育棟」と呼ぶのにふさわしい環境が整っています。

○本郷キャンパス
3,4年生と大学院生が中心となりますので、駒場よりは落ち着いた雰囲気が感じられるキャンパスです。
歴史ある建物と最新技術が盛り込まれた研究施設の両方が存在します。
5月祭やオープンキャンパス、大学案内もこちらで行われます。

【東大生ってどんな人?】
「将来の明確な目標を持っている」
あるいは
「まだ明確なビジョンは持っていないが、将来やってみたいことに対して何らかのアプローチをしている」
という人が多いです。

○「これをやる!」と決めたときのエネルギーがすごい!
圧倒的な天才も中には存在しますが、平凡だけど真面目な人が多いです。
勉強に限らず、スポーツなど様々なことを極めている人がいます。


東大を受験するにあたって、現役合格できるのだろうかと不安に思われるかもしれませんが、
東大合格者のうち現役生が占める割合は、2019年度入試で
文類67.0%、理類66.3%、全体66.6%
となっています。
現役生だからと及び腰になることはありません。多くの受験生が合格を勝ちとっています。
来春の東大合格に向けて、前向きな気持ちでスタートダッシュを決めましょう!


【MEPLO】模試を受験する意味について

2019年5月21日 更新

執筆者:CS1年 宮野 純
(東京大学文科Ⅱ類 桜蔭高校出身)

こんにちは。
MEPLO本郷のクラスサポーターです。
高1、高2は勉強しなくてはという思いはある一方で、
受験が近いことを実感できていない人も多いと思います。
そんな人には模試を受験することをおすすめします。
模試を受けるメリットは2つあります。

①自分の実力がわかる
模試では、幅広い分野から満遍なく出題されるので
自分の得意分野、苦手分野が分かります。
成績と共に返されるデータを参考に、偏りがちな勉強のバランスを調整するといいと思います。
続けて模試を受験すると、継続的に自分の成長を数字としてみることが出来ます。
また、模試を受けると全国の同級生の中での自分の位置を確認できます。
現状の位置を冷静に確認した上で高3の本格的な受験勉強に臨めるはずです。

②勉強へのやる気が出る
模試を受けて成績がよかったら、「もっと頑張ろう」と思えるし、
悪かったら「次こそは」と勉強へのやる気に繋がります。
その時に、良くても悪くても結果を引きずらないことが大切です。
出来なかったところをしっかり復習し、結果をこれからの学習計画の指標にしてください。

高1、高2の間は部活などで忙しいとは思いますが
模試は積極的に受験しましょう。

<模試案内>
大学入学共通テスト トライアル
→センター試験にかわる新テストの模試です。
新テストに対して不安を持っている方はぜひ受験してください。
実施日:6月9日(日) 全国一斉開催
対象:高1、高2生
参加料:無料
教科:英(筆記・リスニング)、数、国
申込方法:WEBから個人申込
受付期間:4月1日(月)12時~5月31日(金)15時まで
詳細については■コチラ■から

<イベント案内>
新大学入試まるわかり講演会(東大編)
現行のセンター試験が終了し「大学入学共通テスト」が始まります。
入試が変わると聞いて不安を感じる方も多いと思います。
しかし、不安を抱えたままにせず、正しい情報を入手し、
早めに対策することが志望校合格のカギです。
合格に向けてスタートするための第一歩として、6月30日(日)に講演会を行います。
ぜひ、この講演会にご参加ください!
申込は■コチラ■から


「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

チューターコラム(東大に合格する人の特徴①

2019年5月15日 更新


東大志望の高3生の皆さんこんにちは!
本郷校の進学アドバイザーです。
GWも終わりましたが、学習の進捗状況はいかがでしょうか?

こちらのホームページでは、東大志望の高3生が見て、役に立つような情報・本郷校で実施する各イベント・ガイダンス・講習について時期毎にご紹介していきます。
勉強の息抜きにご覧いただき、ご活用いただければ嬉しく思います。

まだまだこれから体育祭・学園祭など学校行事が盛りだくさんかと思いますが、刻一刻と大学入試の試験日に近づいています。
東京大学を目指されている皆さんは、東京大学についてご自身でホームページを確認したり、先輩に話を聞いたり、オープンキャンパスに参加されたりしている方も多いかと思います。
河合塾でも東大に関することのホームページがあります。
こちらは受験に関することだけではなく現役東大生の様々な声を聞くことができるものとなっております♪
東大塾

その中から、東大生の特徴という項目があるので、その点について今回はお伝えしたいと思います。
東大生は
・「将来の明確な目標を持っている」あるいは、「まだ明確なビジョンは持っていないが、将来やってみたいことに対して何らかのアプローチをとっている」
・「これをやる」と決めたときのエネルギーが凄い
・「自己管理ができる」、「要領がよい」

様々な意見がありますが、本郷校のチューターが感じる「東大に合格していく高校生に多い特徴」は、
・入試までのスケジュールを逆算して、自分がこなせるかつ自分に厳しい学習計画が立てられている
・自信を持つべきところは自分に自信を持ち、その上で人のアドバイスをしっかり聴く
・焦らずに、自分のやるべきことの優先順位をつけることができている
・一つ一つの学習が丁寧(量を多くこなせている人は丁寧にやりながらもその上で要領が良い)

などが挙げられます。


これ以外にもたくさんありますが、今後実施するイベントやガイダンスにお越しいただいた方にはより詳しくご紹介いたします。
ぜひ志望校合格に向けて、まずは東大に合格できる人物象と自分自身が重なるように日々の過ごし方・学習の仕方を見つめなおして、有意義な1学期を過ごしてください。

【MEPLO】大学入学共通テスト トライアルのご案内

2019年5月5日 更新

皆さん、こんにちは!!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

今日は河合塾の新たな模試「大学入学共通テスト トライアル」について
ご紹介したいと思います。

2021年1月からセンター試験にかわって
「大学入学共通テスト」が実施されるのはご存知でしょうか?
今春に高校2年生になった生徒からこの新しいテストが導入されます。
この新テストの大きな特徴の1つとして、国語と数学における
記述式問題の導入が挙げられます。
(大学入試センターによって実施された2回のプレテストにおいて
国語と数学に記述問題が導入されています)
この新テスト導入に伴い「どんな問題がでるのだろう?」と不安に
思っている方もいらっしゃると思います。

この新テストの予想問題として河合塾が実施するのが
「大学入学共通テスト トライアル」になります。
「大学入学共通テスト トライアル」では河合塾のトップ講師を集め、
複数の目を入れながら問題を作成しています。
また、実施後は成績をフィードバックするだけでなく、
解説講義をライブもしくは映像で実施予定です。
高1、高2生の方はまわりのライバルたちと少しでも差をつけるために、
「大学入学共通テスト トライアル」を受験し、新テストの先取りをしましょう!!

日程:2019年6月9日(日) 全国一斉開催
対象:高1生、高2生
教科:英語(筆記・リスニング)、数学、国語
参加料:無料
申込方法:WEBから個人申込のみ
受付期間:4月1日(月)~5月31日(金)15時まで

より詳しい情報は■コチラ■をご覧下さい。

みなさまのご受験お待ちしております!!

「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

【MEPLO】4月・5月入塾募集中!!

2019年4月16日 更新

皆さん、こんにちは!!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

新学年が始まり半月が過ぎようとしています。
新しい学年には慣れてきましたか?
早く新学年に慣れて、勉強にもしっかりと取り組んでいきましょう。

4月15日(月)から1学期の授業が開講します。
新学年がはじまって塾に入りたいけど
まだどの塾にするのか決まっていない方がいましたら
ぜひMEPLOをご検討ください。

MEPLOでは4月入塾、5月入塾を検討されている方を対象に
レギュラー授業体験をおこなっています。
(レギュラー授業体験では受講認定が必要です。
認定をお持ちでないかたは入塾テストを受験してください。)

入塾テストのお申込、レギュラー授業体験など
ご不明な点はMEPLO本郷校までご連絡ください。

「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

【MEPLO】4月からのご入塾お待ちしております!

2019年4月4日 更新

中高一貫校に通う皆さん、ご入学・ご進級、おめでとうございます!!
新学年に上がるタイミングで目標を定めて、ぜひMEPLOで勉強を始めましょう!!

4月からのレギュラー入塾を申し込むに当たっては、【入塾認定】が必要です。
この春のタイミングでは3回までチャレンジできます。
ぜひ力試しに受験してみてください。

<入塾テスト日程>
テスト実施結果発表日入塾申込締切日
4/7(日)4/10(水)4/15(月)

<中3生~高1生>
時間帯教科
13:30~14:30 [60分]数学
14:50~15:50 [60分]英語

<高2生~高3生>
時間帯教科
13:00~14:30 [90分]数学
14:50~16:20 [90分]英語
16:40~18:10 [90分]国語(現代文・古典)

受験料:無料

申込方法:受験ご希望の方は、前日までにMEPLO本郷教室までお電話にてお申し込みください。

Tel: 03-5803-0581

資料をご希望の方は■こちら■です。

1学期のレギュラー授業は、4月15日(月)から順次始まります。
それまでに認定の取得、入塾のお手続きをして頂ければ、
十分間に合います。
入塾テストの実施日程についても、個別でご相談承ります。
お気軽にご相談ください。

新高1生については、まだまだ春期講習(4/8~4/12)があります。
記入済みの「春期講習受講申込書」を
お持ち頂ければその場でテキストをお渡しいたします。
※受講申込書は■コチラ■から ダウンロードすることもできます。

もちろん、校舎窓口で受講講座をご相談の上、
その場で受講申込の手続きをすることもできます。


新高1生については、春期講習の到達度テストに
合格することで、入塾の認定取得にも利用できますので、
ぜひこの機会にご活用ください!!

もしご不明な点などございましたらお電話にてご相談ください。

「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

【MEPLO】2019年度春期講習5ターム申込受付中(新高1)&4月15日新学期開講!

2019年4月1日 更新

皆さん、こんにちは!!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。
4月に入りました。新学期がいよいよはじまりますね。
MEPLO本郷教室で気持ちあらたに目標に向って一緒に頑張りませんか?
今回は新高校1年生の春期講習についてと新学期開講に向けたご案内です。

■新高校1年生必見!! 春期講習【本郷教室】5ターム
学年期間時間講座名講師
新高14月8日(月)~4月12日(金)17:40~19:10英語 重要テーマ征服講座中園
新高14月8日(月)~4月12日(金)19:30~21:00数学 重要テーマ征服講座真島

春期講習のお申込み方法については、 下記のような流れになっています。
①講座を選択する。・・・5日間で1つの講座です。
②受講申込みをする。・・・「春期講習 受講申込書」を校舎窓口にお持ちください。
③会費の支払いをする。・・・お申込みの後、4~5日後に振込用紙をご自宅に送付いたします。
④テキストを受け取る。・・・お申込みの際に校舎窓口でお渡しします。
⑤受講開始です。しっかり予習をして臨みましょう!


■4月15日(月)MEPLO新学期開講!!
1学期から入塾するための認定取得方法についてご案内いたします。
詳細はコチラ→

1.入塾選抜テスト(新中1生~新高3生)
4月7日(日)に入塾テストを実施します。
実施日前日までにお電話にてお申し込みください。
※ご都合が合わない場合はご相談ください。

2.模試成績(新中1生~新高3生)
指定模試にて基準偏差値を満たしていれば、入塾認定をご取得いただけます。

3.春期講習「到達度テスト」(新中1生~新高2生)
春期講習「重要テーマ征服講座」「新学年スタート講座」の最終日に実施する
「到達度テスト」の結果、基準をクリアしていただければ入塾認定をご取得いただけます。

ご不明な点などございましたらお電話にてご相談ください。
Tel: (03)5803-0581
資料をご希望の方はコチラ →

【MEPLO】クラスサポーターによる春期講習のオススメ

2019年3月21日 更新

皆さん、こんにちは!
河合塾本郷校の進学アドバイザーです。

現在MEPLOでは春期講習を行っています。
塾生の方はもちろん、普段MEPLOに通っていない方にも
たくさん参加していただいています。
新年度にむけてライバルたちと差をつけるためにも、
MEPLOの春期講習で早めのスタートを切りましょう。

春期講習のスケジュールは■コチラ■をご確認ください。


【春期講習のお勧め】
MEPLO本郷 クラスサポーター 宮内理伽(東京大学 文学部)

こんにちは。
MEPLO本郷のクラスサポーターです。
今回はMEPLOの春期講習について
私の経験を元にお話させていただきます。

①4月から新年度が始まり昨年度よりも一段と内容が難しくなります。
新しい1年にむけて春から早めの準備をするために春期講習を活用しましょう。

②MEPLOにはトップレベルの講師と生徒がそろっています。
こうした環境に身をおき、周りと切磋琢磨することで自分がどんどん成長していきます。
学ぶ楽しさをぜひ味わってください。

③春休みなどの長期休みのとき、勉強もせずに
家でゴロゴロすることが増えてしまいませんか?
塾に通い、トップレベルの授業を受けることで、
だれることなく新しい学年をむかえることができます。
MEPLOの自習室もドンドン活用しましょう。


ご不明な点などございましたらMEPLO本郷にお電話ください。

「東大に一番近い校舎」 河合塾本郷校/MEPLO本郷教室
お問合せ・お申込は 03-5803-0581(受付時間:月~土13:00~21:00/日祝は18:00)

前の10件|1|2|3|4|5|