河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 大学入試解答速報
  3. 共通テストの教科別学習アドバイス
  4. 共通テスト受験生への教科別学習アドバイス(地歴)

共通テスト受験生への教科別学習アドバイス(地歴) 共通テストの教科別学習アドバイス | 大学入試解答速報

学習対策 共通テスト受験生への 教科別学習アドバイス 地歴(世界史B/日本史B/地理B) 学習対策 共通テスト受験生への 教科別学習アドバイス 地歴(世界史B/日本史B/地理B)

河合塾地歴科講師が、具体的に学習法をアドバイス!

【topics】
世界史では史料を活用した問題や会話文を利用した問題が多数出題されました。日本史では史料・図版・統計表など資料を利用した出題が目立ちました。地理では問題文が長くなり、図や文章などを資料として使用した問題や会話文の問題が増加しています。

世界史B

1.どのような学力が必要?

出題される「用語」のレベルは、センター試験と同じか、それよりさらに限定されています。ただし、それは学ぶべき知識量が減ったということではありません。用語そのものを問うのではなく、出来事の「内容」や「因果関係」「背景」「影響」などを問う出題が増加しているのです。したがって、教科書などを利用して理解する学習が必要であり、用語の暗記だけでは対処できないでしょう。

2.資料を活用した問題や会話文を利用した問題が多い!

2023年度共通テストは、資料を活用した問題や会話文を利用した問題が非常に多く出題されました。とくに、会話文を利用した問題は、2022年度と比べると2倍に増えました。

3.資料問題や会話文問題の特徴は?

共通点は、正しい読み取りが必要であること。2023年度は、解答のヒントが2、3カ所に分かれていて斜め読みでは対処できない問題や、複数の資料を活用しなければならない問題がありました。では、資料や会話の読み取りさえできればよいのか?そうではないのです。読み取った情報を習得した世界史の知識と組み合わせ、総合的に判断して答えを導きだす問題が多く出題されました。そもそも、世界史の基礎的知識がないと、資料や会話文のどこがヒントになるのかわからないです。

4.さあ、始めよう

共通テストでは、古代から現代まで幅広く出題されており、第二次世界大戦後の歴史からも出題されます。また、政治史だけでなく、社会・経済史や文化史からの出題も多くあり、そこで差がつく傾向にあります。非常に広い範囲の学習が必要ですので、早めに取り組みましょう。その際、「タテのつながり」「ヨコのつながり」を意識した学習を心がけるとよいでしょう。
2021〜23年度は図版やグラフ・地図等を利用した問題は比較的少なかったのですが、今後、それらを利用した問題が増加する可能性もあるので、教科書本文の文字情報だけではなく、図版やコラムにも目を通しておきましょう。
文章の読み取りを必要とする問題が大幅に増加した結果、問題の分量は非常に多いです。本試の問題を解くだけではなく、模試の活用などを通じて、問題演習量を積極的に確保し、形式に慣れましょう。

日本史B

1.共通テストを解くうえで必要な学力

2023年度共通テストに基づいて、その対策を考えてみると、基本的に要求されている学力は出来事の因果関係を正しく理解しているか、歴史名辞の意味を正確に理解しているか、といったことが中心です。

2.史料・図版・統計表など資料を利用した出題が目立つ!

共通テストでは史料・図版・略系図・統計表など資料を利用した設問が多く出題されています。受験生に思考力・判断力を求める共通テストでは、今後も資料重視の姿勢は変わらないでしょう。史料・図版・略系図・統計表などの読解力・分析力の養成は、高得点を取るためには不可欠です。

3.問題を解くことから全てが始まる!

2024年度共通テスト受験生には、とにかく問題演習量の確保を徹底してほしいと思います。まだ解いていなければ、まず2021~23年度の3年分の共通テストの問題を解きましょう。実際の問題を解くことで、思考力・判断力を求める共通テストの問いの立て方を感じることができます。そのうえで本格的な学習計画を立ててください。そして、学習を進める際、市販の共通テスト対策問題集を利用するなどして問題演習量を確保することを忘れないようにしましょう。また、当然ながら思考力・判断力を育成する前提として知識を身につけることも重要です。知識面の強化を怠っては、高得点は取れません。多くの過去問がある旧センター試験の問題を積極的に解くなどして知識面の強化をはかりましょう。多くの問題を解いて実戦力を高めていってください。

地理B

共通テストでは、以下の2つのポイントを踏まえて学習を進めていきましょう。

1.分布の特徴と統計の背景を理解しましょう

共通テストは、センター試験と比較して問題文が長くなり、図表や文章などを資料として使用した問題や会話文の問題が増加傾向にあります。センター試験で出題されていた、図表なしで文の正誤判定をしたり、用語や地名を選択したりする問題がなくなりました。ほとんどの問題で図表の読み取りを要求されるため、いろいろな地形や気候区、農業地域、鉱産資源、大都市、言語、宗教などの分布をしっかりと覚えましょう。また、統計図表の読み取りでは、順位の概要と背景を理解しましょう。

2.重要な用語と地名を覚えましょう

問題文や会話文などには、教科書に太字で書いてある地理用語や地名が出るので、重要な用語を覚えて意味を理解しましょう。知らない地名があれば、地図帳を見て位置も覚えましょう。

春期講習 高校生・高卒生対象

この春、河合塾で始めよう!

新高1生は高校生活スタート前に大きくリード!新高2・3生・高卒生は、苦手科目を克服し、合格に向けて学力の土台をつくろう!志望大学や目的にあわせて講座を自由に組み合わせて受講できます。
新高1・2生は、今なら「進学・進級お祝いキャンペーン」で1講座500円で受講できる講座があります。

高校グリーンコース 高校生対象

最短ルートで現役合格を勝ち取ろう!

高校グリーンコース

志望大学・目的にあわせた一人ひとりにぴったりな学習プランで受験対策できる!ICTを効果的に活用し、定期的な学力診断で習得度をチェックできる、学力の定着と伸長を確実に実現する新しいカリキュラム。学習全般・学ぶ姿勢までチューターがサポートします。

河合塾の新入試関連イベント・講座 河合塾の新入試関連イベント・講座

河合塾から受験生の皆様にお役立ち情報を発信しておりますので、お気軽にフォローください。

新しい大学入試の情報はSNSでも公開しています