河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 河合塾Wings
  4. 河合塾Wings 東海
  5. 中学生コース
  6. 指導方針

指導方針 中学生コース | 河合塾Wings 東海

難関公立高校合格に必要な「真の学力」を養成します。

河合塾Wingsでは、どの教科においても、暗記や詰め込み学習では得られない「真の学力」を養成することを目標に指導を行なっています。愛知県公立高校入試で試される「思考力」「判断力」「表現力」がしっかり身につくカリキュラムで、難関公立高校合格へと導きます。

※学習内容は一部変更になることがあります。

英語

高校入試に対応できる英語力を身につけるためには、文法事項の理解を確実なものとしたうえで、英作文の能力や長文読解力などを総合的に高めていく必要があります。しかし、単語や熟語、例文などの丸暗記や、やみくもに問題練習を繰り返すだけでは、それらの能力を高めていくことが到底できないばかりか、高校受験のための英語の学習に対して悪い影響を及ぼすことになりかねません。河合塾Wingsでは、さまざまなレベルの入試問題に対応できる良問を精選したテキストを用い、解答の根拠をしっかりと的確に考えていくことに主眼を置いた授業を展開します。

数学

数学の学習の中心は、数学的思考力の養成です。この数学的思考力は、問題の解法を丸暗記するだけでは、決して身につきません。定理や公式など頑張って手に入れた道具も自由に使いこなせなければ意味がありません。その努力の結晶(道具)を無駄にしないためにも、授業では問題と対峙する際の着眼点、解答を導くための根拠とたどり着くまでのプロセス、そして頑張りを無駄にしない多角的なアプローチ方法を伝えていきます。

国語

国語の学習の中心は、読解力の養成です。読解力を伸ばすには、知識や経験などをたくさん蓄積しなくてはなりません。したがって、河合塾Wingsの国語の授業は、問題の解き方の説明に終始することなく、蓄積すべき知識や経験などをわかりやすく伝えることに力を注ぎます。一方、教科書と高校入試の間のレベル差が激しいのも国語という教科の特徴です。授業で使うテキストには、そのレベルの差を踏まえて選ばれた重要な文章ばかりが並べられています。それらをともに読みこなしていくことで、河合塾Wingsでしか身につけることのできない、本当の読解力を養成していきます。

理科

理科では、基本的な学習内容の定着はもちろんのこと、難関私立高校入試にも対応できる応用力、実戦力を養成するテキストを使用して、知的好奇心をも満足させる授業を展開します。物理・化学分野の計算問題では、単純に公式を覚えて、当てはめながら解くのではなく、「なぜそのような計算式で答えが出せるのかを考えながら解くこと」を、生物・地理分野では、基本的には暗記することが多いのですが、「しくみを理解しながら覚えること」を大切にして授業を行います。河合塾Wingsでは、「しくみ」や「物事の本質」をしっかり理解することによって問題を解決できる"真の理科"の学力を養成していきます。

社会

社会は暗記科目ではありません。広い知識の獲得だけではなく、その知識を自分のものとして思考し、応用する教科です。高校入試においても論理的な思考力、応用力を必要とする問題が出されています。河合塾Wingsでは、このような入試に対応する力を養成するための授業を行います。歴史分野では、歴史の「流れ」を理解することや、日本と世界の同時代のさまざまな「できごと」を関連づけて理解することで、断片的な知識ではない、"真の社会"の学力を養成します。地理分野では、さまざまな地図や「統計資料」を正確に読み取り、活用することができる思考力、応用力の養成をねらいとしています。

資料請求はこちら

  1. 河合塾
  2. 小・中学生の方へ
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 中学生コース
  5. 指導方針
  1. 河合塾
  2. 高校合格をめざす
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 中学生コース
  5. 指導方針
  1. 河合塾
  2. 学校の成績を伸ばしたい
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 中学生コース
  5. 指導方針