河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>K会本郷教室>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせK会本郷教室

12件の新着情報があります。 1-10件を表示

前の10件|1|2|

★K会2021年夏期集中講座を追加で録画配信いたします!!★

2021年7月24日 更新

★K会2021年夏期集中講座を追加で録画配信いたします!!★

《録画配信講座》
・整数論~数の神秘に迫る~ ←NEW
 【配信期間】8月17日(火)~9月10日(金)

・グラフ理論~点と線の数学~ ←NEW
【配信期間】8月24日(火)~9月17日(金)

・数学オリンピックに学ぶ証明問題の考え方
【配信期間】8月31日(火)~9月24日(金)
【申込期間】9月14日(火)19時まで

◎お申込みから受講までの流れ
①K会事務局0120-540-315へお電話ください。
 申込用紙をお持ちの方は03-5803-0582へFAXでもお申込みいただけます。
②1週間以内に受講証や受講料の案内が到着します。
 受講証、受講料のご案内、教材、録画視聴方法のご案内などがご自宅住所へ届きます。
③受講料を振り込む
 受講料のご案内にそって所定の期日までにお振込みをお願いいたします。
④映像の公開
 入金確認ができ次第、お客様に映像を公開いたします。
 ※入金確認には通常1日~3日ほど時間がかかります。あらかじめご了承ください。

映像は配信終了日まで繰り返し、何度でもご視聴いただくことができます!!


例年、夏休みを利用し関東を中心に全国各地よりご受講いただくK会の夏期集中講座。
今年こそ!と開講を待ちわびていた方も多い中、依然として首都圏までお越しいただくのははばかられるという状況が続いております。
そこで録画配信ではありますが、今夏も可能な限り「学びたい」という気持ちを持った各地のみんさんにご受講いただけるよう録画配信講座を増設することといたしました。


遠方にお住いの方はもちろんですが、部活や学校の予定などで都合がつかない方などもぜひ録画配信講座をご利用ください!

━【「言語学をのぞいてみよう その26」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━

2021年7月7日 更新

━【「言語学をのぞいてみよう その26」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━
★このコラムでは、東京大学大学院にて言語学を研究している筆者(K会の元英語科講師)が、英語・言語学・外国語学習・比較文化などの話題をお伝えしていきます。★


嘘とは何か?―「〇〇だ」と判断するときに起こっていること―

 あなたの友人が、待ち合わせに遅刻してきたとしましょう。友人は、次のように言って遅刻した事情 を説明します。

(1) ごめん、人身事故があって電車が遅れちゃったんだ。

そういうことなら仕方ない、とあなたは友人を許します。しかし、後になって、実は人身事故などな かったし、電車も遅れてはいなかった、ということが判明したらどうでしょう。あなたは、友人が遅 刻に対する非難を逃れるために「嘘をついた」ことに憤慨することでしょう。

 ここで、確認したいことがあります。あなたは、友人の発言 (1) を、「嘘」であると判断したはずで すが、どうしてそのように判断したのでしょうか?そんなの当たり前だ、(1) の発言は事実ではないか らだ。そんな声が聞こえて来そうです。「嘘」とは、事実ではないことを言うこと。そう言ってしまっ て特に問題はなさそうに見えます。

 それでは、こんな場合はどうでしょうか。あなたの父親が、お腹のあたりを押さえて具合が悪そうに しています。心配して声をかけたあなたに対して、父親はこのように答えました。

(2) 大丈夫、最近油ものばかり食べてたからね、胃が荒れちゃっただけ。

しかし実は、このとき父親がこのように答えたのは、自分の胃に悪性の腫瘍ができてしまっていると いうことを隠し、あなたを心配させないようにと考えてのことだったのです。相手のことを思ってのこ とであるとは言え、この場合もやはり父親が「嘘」をついているということには変わりない、と思わ れることでしょう。いわゆる、「優しい嘘(white lie)」というものです。ところが、後で検査をして みると、父親の胃に悪性の腫瘍などは見つからず、本当にただ単に油ものの食べすぎで胃が荒れていた だけだった、ということが判明したらどうでしょうか。つまり、胃が荒れていただけの父親が、自分 に悪性の腫瘍があると思いつつ、「胃が荒れちゃっただけ」と事実を言ったわけです。さて、父親は「嘘 をついた」といえるでしょうか?

 おそらく、嘘と言えるかどうか、多少なりとも迷ったのではないでしょうか。この父親が嘘をつい たといえるかどうかについてアンケートを取ってみると、答えは分かれます。事実を言ってるんだから 嘘ではない、という人もいれば、いや、結果的に事実を言ったことになっただけで、この父親がしたの は嘘をつく行為だ、という人もいるわけです。どちらの言い分にも一理あり、という感じがしないで しょうか。

 この父親の事例から、事実を言っているにも関わらず「嘘」であると判断されることがあるというこ とが分かりました。「嘘とは、事実ではないことを言うこと」というのはどうも正しくないようです。 それでは、「嘘」とはなんなのでしょうか?言い換えると、私たちはどのような場合に、ある発言を 「嘘だ」と判断するのでしょうか?

 「嘘」の正体を見極めるために、上の父親の事例をもう少し検討してみましょう。この事例の特徴 は、父親の発言の内容はたしかに事実であった(父親は胃が荒れていた)ものの、父親は発言の時点 でこれを事実だとは思っていなかった(父親は腹痛の原因が悪性の腫瘍であると思っていた)というこ とです。つまり、父親は、事実ではないと思っていることを言ったわけです。この父親の事例が示して いるのは、ある人が「事実ではないと思っている」ことを言っている場合に、たとえその発言の内容が 事実であったとしても、私たちはその発言を「嘘」であると判断することがあるということです。

 それでは、「嘘とは、事実ではないと思っていることを言うこと」だと言ってよいでしょうか?少し 考えてみると、どうやらそうでもなさそうだということが分かります。

 例えば、オーストラリアの首都ってどこだっけ、と聞いて、次のような答えが帰ってきた場合を考え てみましょう。

 (3) オーストラリアの首都はシドニーだよ。

 オーストラリアの首都はキャンベラですから、これは事実ではありません。そしてこの時、この人がこ のように答えたのは、彼がオーストラリアの首都はシドニーであると間違えて覚えてしまっていたため だとしましょう。つまり、この人は事実であると思っていることを言っているのです。さて、このよう な場合、(3) の発言は嘘と言えるでしょうか。少なくとも (1) のときほど単純には判断できない、とい う人もいると思います。実際、アンケートを取ってみると、この発言を嘘であると判断する人も一定数 います。ということは、「嘘とは、事実ではないと思っていることを言うこと」だというのも正しくな さそうです。いよいよ、嘘とはなんなのかが分からなくなってきたかもしれません。

 しかし、ここで分析を諦めず、もう少し先に進んでみましょう。次に挙げるのは、(2) や (3) と同様 に、一定数の人が「嘘」であると判断する別の事例です。

 連休明けの定期テストの日、十分に準備ができなかったと少し悔やんでいるあなたは、同じ境遇の人 を見つけたくて、友達に「連休中、勉強した?」と聞きます。友達の答えはこうです。

 (4) いやいや、親戚の小さい子がいっぱい来ててうるさくて、とても勉強なんて満足にできる環境じゃ なかったよ。

 これを聞いたあなたは、「ああ、君も十分に勉強できなかったんだな」と思います。この時、「うる さくて勉強なんて満足にできる環境じゃなかった」というのは事実であるし、友達もこれが事実だと 思っているとします。しかし実はこの友達、たしかに満足に勉強できる環境ではなかったものの、うる ささを我慢しつつ朝から晩までなんとか勉強し、完璧に準備ができている状態まで仕上げていたので す。この友達は、あなたを焦らせたり悲しませたりするのが嫌だったために、「私は勉強したよ」と答 えるのではなく、「満足に勉強できる環境ではなかった」と答えることで、暗に「自分も勉強できてい ない」と言っているのだと相手に誤解させようとしたわけです。この友達は、事実を、事実だと思いつ つ言っています。しかし、この発言を、断じて「嘘」ではない、ときっぱり言えるでしょうか。やはり これも、一定数の人が「嘘」だと判断する事例なのです。この友達の発言が嘘だと判断されうるのは、 「自分も勉強していない」という事実ではない内容を事実だと思わせようとしているからでしょう。つ まり、相手を騙そうとしているからです。たとえ事実を事実と思いつつ言っていたとしても、相手を騙 そうとする意図があれば、それは「嘘」だと判断されうるのです。

 まとめると、私たちがある発言を「嘘」であると判断する際には、少なくとも次の3つの条件が関 わっていることになります。

 ①「事実ではないことを言っている」
  ②「事実ではないと思っていることを言っている」
  ③「相手を騙す意図がある」
 
 重要なのは、これらの条件はどれも、嘘として判断されるための必要条件でも十分条件でもないとい うことです。つまり、嘘であると判断される発言がいつも①~③の条件を満たしているわけではない し、①~③の条件を満たしていればいつも嘘であると判断されるわけでもないということです。むしろ これらの条件は、「典型的な嘘」が満たしている条件であると見るべきでしょう。つまり、①~③の 条件をすべて満たしている発言は典型的な嘘、嘘らしい嘘であると判断される一方で、これらの条件の うち一部だけを満たしている発言は、人によって嘘だと判断されたり、嘘ではないと判断されたりする ような発言になるということです。

 ここで、先程の「私たちはどのような場合に、ある発言を「嘘だ」と判断するのか?」という問いに、 一つの答えを出すことができそうです。すなわち、私たちは、その発言を「典型的な嘘とはどのような ものか」という暗黙の知識、いわば「典型的な嘘の像」に照らし合わせ、それによく一致する場合に 「嘘である」と判断するのだ、ということです。そして、「典型的な嘘の像」に部分的にのみ一致する 発言であれば、嘘と言えるかどうか迷ったり、嘘に近いけど嘘とは言えない、などと判断したりする のです。

 ある発言が「嘘」であるかどうかを適切に判断するためには、典型的な嘘がどのような条件を満た すものなのかという暗黙の知識が必要だということになります。そしてこれは、「嘘」に限った話ではありません。例えばあるものを「椅子」だと判断する際にも、同じようなことが起こっていると考える ことができます。「典型的な椅子とは、四本脚で、ちょうど一人が座ることができて、背もたれがつい ていて、木製あるいは金属製である」という知識があるとしましょう。私たちはこの「典型的な椅子 の像」によく一致する対象を見ると迷いなく「椅子だ」と判断し、これに部分的にしか当てはまらな い対象(例えばちょうど一人が座ることはできるものの、脚も背もたれもないゴムでできた円柱形の もの)を見ると、「変な椅子だ」と判断したり、あるいは「椅子」かどうかの判断に迷ったりもする、 ということです。

 そうすると、「嘘である」「椅子である」だけでなく、「〇〇である」と判断するときにはいつで も、判断の対象と頭の中にインプットされている「典型的な〇〇の像」を照らし合わせるということ をしているのだ、という考えにつながります。これが正しければ、同じような判断をする人たちの頭の 中には、同じような像がインプットされているはずです。そして、日本語の話者であれば、どのような ものを「嘘である」とか「椅子である」と判断するか、ということに、それほど大きな違いはないは ずです。大きな違いがあったら、コミュニケーションが成立しないはずですから。ということは、日本 語の話者である私たちの頭の中には、みんな同じような一群の「像」がインプットされており、この共 有される「像」を使って判断を行っているのだということになります。「◯◯である」という判断は、 個人が行うことでありながら、その人と同じ言語を話す集団から完全に独立のものではありえない、 ということなのです。

★夏期集中講座受講者の声 第2弾★

2021年7月4日 更新

みなさんこんにちは!K会事務局です。

今回は前回に引き続き夏期集中講座受講者の声をご紹介♪

◆座標幾何◆ 
座標幾何?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、簡単にいうと座標を求めたり、座標から直線や円の方程式などを求めていく講座です。
具体例をあげると(1,4)(-1,3)を通る直線の方程式を求めたり、A(1,2,-2)B(3,1,1)の2点間の距離や中点を求めたりする問題を扱います。
主に高校生で扱う範囲が多くなりますが、文字式や二次方程式、三角関数の基礎知識があれば、受講学年は問いません。
中学生から高校生までの「座標幾何」の分野を体系的に学んでみませんか?

中2・武蔵
図形を座標を使って可視化したときにものすごくわかりやすくなったのが印象的だった。

高1・筑波大学附属駒場
多くの新しい知識を身に付けることができました。家で復習をしてこの分野をマスターしようと思います。


◆極限◆
こちらも「???」となる講座名ですね。とてもざっくりお伝えすると極限を求めていく講座です。
この「極限」というのは「ある数に限りなく近づく」ことを表す概念です。
数列の項を限りなく大きくしたときや、関数の変数の値をある値に近づけていったときどんな値になっていくかといった問題を扱います。
主に高校2・3年生で扱う範囲ですが、数列、漸化式、指数・対数、三角関数の基礎知識があれば、受講学年は問いません。
極限とは何かを知りたい皆さんのご受講をお待ちしています!

中2・桜蔭
はじめはlimの記号さえ知らない状態だったのに、極限を求める計算の仕方がわかるようになって嬉しかったです。
「Aに収束する数列は、決してAの値をとることなくAに近づいていく」ということが当たり前のようで不思議だと感じ、数学の奥深さを目の当たりにしたように感じます。

中2・渋谷幕張
無学年制なので、思考力を鍛えるために講座を受けたが、思った以上に手応えがあり楽しかった。

高1・逗子開成
自分で先取りで学習していたが、自力で勉強してもわからなかったことが解消された。



講座名だけだと何をしているのだろう?と不思議に思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、夏期集中講座の多くは中高で学習する知識をふまえた内容になっています。
一見難しくみえても学校や他の塾とは分け方が違うだけ(学年ではなく分野で分けているだけ)で内容はこれからみなさんが学習していくものです。
学年にとらわれないからこそ、「自学習で先取りしているけれど基本があいまい」、「好きな単元でもっと知りたいけれど中学校ではその発展事項までは習わない」などの困ったことを解決できます。

テキストの閲覧や受講相談なども可能です!
ご不明点などありましたらお気軽にお問合せ下さい。

お申し込みや受講相談はK会事務局までお電話で!
☎0120-540-315(日曜・祝日除く 13:00~19:00)

★夏期集中講座受講者の声 第1弾★

2021年6月26日 更新

みなさんこんにちは!K会事務局です。

7月27日(火)よりK会夏期集中講習が開講します。
そこで今回は実際にK会の講座を受けて下さった皆さんの声を紹介します!


◆数◆ 
この講座は実数や集合、ルート、複素数、行列といった代数(数や文字式の性質)を学ぶ講座です。
主な対象は中学1・2年生ですが、この分野を基本から学び理解を深めたい中学3年生以上の方にもおすすめの講座です。予備知識は必要ありません。

中1・開成
複素数やルートの計算など自分が今まで知らなかったことをたくさん知ることができ良い学びになりました。

中2・桜蔭
今まで複素数や行列は学んだことがなかったが、ルートなど共通点があり先取りで基本を知ることができた。

中1・開成
授業とはまた違った証明方法や考え方が学べて理解が深まった。


◆初等幾何◆
この講座は角や合同、相似、三平方の定理、円といった幾何(もののかたち)を学ぶ講座です。
主な対象は中学1・2年生ですが、この分野を基本から学び理解を深めたい中学3年生以上の方にもおすすめの講座です。予備知識は必要ありません。

中1・区立中
最初は全然解けなかったけど、難しいものを少しでも自分で解けるようになることが嬉しかった。

中1・白百合学園
難しかったけれど、ためになる内容でした。

中1・聖光学院
授業はわかりやすく、講義だけじゃなく実際に問題も十分とくことができるいい講座だと思います。

中1・開成
久しぶりに頭を使いました。


K会は数学を代数・幾何のように学年ではなく分野ごとに系統的に学習していきます。
そのため、習っていない範囲も多くなりますが最初に必ず講義で基本事項をおさえてから、演習に進むのでご安心ください!
難しい問題が解けたときの達成感、新しい知識を得る喜び、数学のテーマごとのつながりを見つける面白さ。
この夏は受験勉強とは少し違った角度から数学を学んでみませんか?


お申し込みや受講相談はK会事務局までお問合せ下さい!
☎0120-540-315(日曜・祝日除く 13:00~19:00)

2021年夏期集中講座申し込み受付中!

2021年6月16日 更新

みなさんこんにちは。K会事務局です!

6/15(火)13:00~ 夏期集中講座の受付が開始となりました!!
設置講座は数学・英語・情報科学・物理・化学・地理・地学・言語学の全17講座!
詳しくは下記URLよりご確認ください。
https://www.kawai-juku.ac.jp/summer/kkai/curriculum/

今夏は東京オリンピックの開催にあやかって科学オリンピック講座を多数開催♪
各講座は科学オリンピックのメダリストや日本代表など経験と知識のある講師が担当します。
ノウハウはもちろんですが、講師に直接質問や相談ができる絶好の機会です!

初めての方から、より上を目指して頑張りたいという方まで
みなさんのご参加をお待ちしております!!

受験勉強にとらわれないユニークで刺激的なK会オリジナルのプログラム。
この夏はK会で「高度に、より深く」学んでみませんか?

お電話や窓口で受講相談も受付中です!

【お問い合わせ】K会事事務局
0120-540-315 日・祝・月除く 13:00~19:00

━【「言語学をのぞいてみよう その25」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━

2021年4月8日 更新

━【「言語学をのぞいてみよう その25」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━
★このコラムでは、東京大学大学院にて言語学を研究している筆者(K会の元英語科講師)が、英語・言語学・外国語学習・比較文化などの話題をお伝えしていきます。★


「誰も使わない」のに知っている言葉?

突然ですが、次の発言をしている人がいたとしましょう。

(1) うーむ、きれいな景色じゃのう。山もたまには来てみるもんじゃわい。

この発言をしている人は、どんな人でしょうか。想像してみてください。……あなたが想像したのは、 十中八九、高齢の人、特に高齢の男性ではないかと思います。このような言い回しを見ると、私たちは 共通して高齢の人を思い浮かべると言って良さそうです。つまり、これが高齢の人の話し方であるとい うのは、日本語の話者の共通の認識だということです。

 しかし、少し考えてみてもらいたいのですが、あなたの身の回りに、このような話し方をする高齢の 人は実際にいるでしょうか。実際にこのような話し方をする高齢の人を一度でも見たことがあるで しょうか。おそらく、こんな話し方をする人には一度たりとも出会ったことがないのではないでしょ うか。このような話し方をする人は実際にはいないか、いたとしてもかなり珍しいと言えそうです。

 こんな話し方をする人は実際には存在しないと言っても良さそうなのに、それにも関わらず私達はこ の話し方が高齢の人の話し方であるという共通の認識を持っている、ということになります。この共通 の認識はいったいどこから現れたのでしょうか。別の言い方をするなら、この話し方が高齢の人の話 し方であることを、私たちはどうやって学習するのでしょうか。ありそうな答えは一つだけですね。 フィクションです。私たちが (1) のような日本語に出会うのは、周囲の人たちとの会話ではなく、小 説、アニメ、映画などの物語の中、フィクションの中ですから。

 フィクションの中には、「実際にこんな話し方をする人は(ほとんど)いないのに、どんな人の話し 方なのかはみんな分かる」という話し方がたくさん登場します。

(2) まあ、ちゃんとお勉強して感心ざます!
(3) おらちょっくら試してみるだ。
(4) 入りたまえ。何を遠慮しているのかね?
(5) どうじゃ、わらわの願い、聞き届けてもらえるか。
(6) このおれさまと力くらべをしようとはたわけた小僧だぜ。
(7) お主、なりはまだ子供だが心根は立派に一人前でござるな。

どの文を見ても、特に苦労なく、あるタイプの人物像が浮かんでくることと思います。私たち日本語話 者は、フィクションを通して、これらの話し方とどのような人物像が結びついているかを、知らず知らずのうちに学習しているのです。このように特定の人物像と結びついた話し方は、「役割語」と呼ばれ ます。

 役割語は主にフィクションから学習されるものなので、必ずしも私たちの実際の話し方を反映するも のにはなっていません。次の話し方を見てください。

(8) この薬のむよろし。長生きの薬ある。

これを見ると、「中国の人」という人物像が浮かんでくるかもしれませんが、当然、実際の中国出身 の日本語話者はこのような話し方はしません。

 ではなぜ、実際の話し方ではないにも関わらず、フィクションの中では役割語が用いられるのでしょ うか。物語中の会話をリアルなものにしたいのであれば、登場人物にこのような話し方をさせること はむしろマイナスになるはずです。それにも関わらず、フィクションの作り手が登場人物にこのような 話し方をさせたくなるのは、登場人物に役割語を話させることで、その登場人物がどのような人物なの かを簡単に伝えることができるためだと言えそうです。特に説明や描写がなくとも、登場人物に (8) の ような話し方をさせれば、この人物が「中国の人」として描かれていることがすぐさま伝わります。

 もう一点、気になることがあります。「実際の話し方」ではないのなら、役割語はどこから生まれた のでしょうか?フィクションの作り手が自由に作っているだけのものなのでしょうか。役割語の中にも 色々なものがあり、これに関しては一概には言えません。しかし、多くの役割語に関して、なぜこの話 し方とこの人物像が結びついているのかということを、歴史的な経緯をたどることによって、ある程度 説明することができます。例えば (8) の話し方は、いわゆる「アルヨ言葉」と呼ばれる役割語ですが、 これの元になったのは幕末から明治にかけての外国人居留地で話されていた日本語であるとされていま す。日本人と外国人がなんとかコミュニケーションを取ろうと、日本語を簡略化したり、お互いの言語 の特徴を混ぜることで、実際にこのような日本語が生じていたのです。当時は中国人に限らず西洋人も 使っていた話し方だったそうですが、後に中国人との接触が増えたことで、この話し方が中国人の話し 方であるというイメージが固定化されていったようです。役割語は、必ずしもフィクションの作り手が 自由に作るものではなく、それが定着するに至った歴史的な経緯があるのです。

 しかし、現在の「アルヨ言葉」は、当時の外国人居留地で話されていた日本語の変種そのままでは ありません。「実際の話し方」がフィクションの中に導入されることで生じる役割語は、フィクション の中で使われ続けることで、独自の発展を遂げていくのです。例えば、「おじゃる丸」を知っているで しょうか。彼の話し方は明らかに平安貴族の言葉が元になっていますが、もちろん実際の平安貴族が あのままの話し方をしていたわけではありません。

 役割語は、あくまでフィクションの中に存在する日本語ですが、私たち日本語話者が共通して役割語 の知識を持っている以上、これもれっきとした日本語の知識の一部であると言えるでしょう。役割語は、フィクションという私たちの実際の会話とは別の媒体によって発展を遂げる、日本語の一つの側面 なのです。

おすすめの本
金水敏(2003)『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』岩波書店
金水敏(2014)『〈役割語〉小辞典』研究社
定延利之(2011)『日本語社会のぞきキャラくり―顔つき・カラダつき・ことばつき―』三省堂

★第31回日本数学オリンピック結果速報★

2021年2月28日 更新

★第31回日本数学オリンピック結果速報★

K会会員・元K会会員  優秀賞  4名

第31回日本数学オリンピックは予選参加者が4555名。そのうち92名が本選へ出場となりました。
JJMOの中止やオンラインでの予選など戸惑いもあったかと思います。
ご参加されたみなさん、本当にお疲れさまでした。

さて、今回の入賞者の中にはK会会員・元会員だけではなく、
K会の集中講座「数学オリンピックに学ぶ証明問題」
をご受講いただいた方も数名いらっしゃいました!!

こちらの講座はこの春も開講が決まっております!
担当講師は国際数学オリンピック2大会連続金メダリストの黒田直樹です。

講座の詳細については下記URLよりご確認ください。
https://www.kawai-juku.ac.jp/spring/kkai/curriculum/mth/

みなさんのご参加お待ちしております♪

★2021年度入会・春期集中講習申し込み開始のお知らせ★

2021年2月10日 更新

★2021年度入会・春期集中講座申し込み開始のお知らせ★

みなさんこんにちは!K会事務局です。

本日2月10日13:00より新年度の入会及び春期集中講習の申し込みが開始となりました!

《入会検討中の新中学1年生の方》
毎週日曜日に体験授業と説明会を実施しています。
K会の授業の雰囲気を実際に体験することができ、保護者の方へはカリキュラムや指導方針サポート体制について詳しくご説明いたします。

■日程/内容■
①2月7日(日)13:00~15:05/数学・情報科学
②2月14日(日)13:00~15:05/数学・英語
③2月21日(日)13:00~15:05/数学・情報科学
④2月28日(日)13:00~15:05/数学・情報科学
⑤3月7日(日)13:00~15:05/数学・英語
⑥3月14日(日)10:00~12:05/数学・情報科学

詳細はK会HPよりご確認ください。
https://www.kawai-juku.ac.jp/kkai/event/


《入会検討中の新中学2年生~新高校3年生の方》
ご都合の良い日程・時間帯をお伺いし個別相談を実施します。
テキストをご覧いただきながら、ご希望や学習状況をお伺いし、講師が適切な講座をご提案いたします。
個別相談は一組約30分を予定しております。
授業の雰囲気を知りたい方は、3学期授業の見学などをご案内しております。

■相談日程/時間帯■
・火曜日~土曜日/13:00~19:00
・日曜日/11:00~18:00
※月曜日と3月28日は休館日となります。

《春期集中講座をご検討の方》
設置科目は数学・英語・情報科学・物理・化学・地理・地学です。
ラインナップはK会ホームページよりご確認ください。
https://www.kawai-juku.ac.jp/spring/kkai/curriculum/

体験授業・個別相談・春期集中講座に関してのお問合せやお申し込みはK会事務局まで!
📞0120-540-315
■受付時間■
火曜日~土曜日/13:00~19:00
日曜日/11:00~18:00
※月曜日と3月28日は休館日となります。

【UCバークレー通信最終号(元K会生・K会数学科講師OB:菊地雄介)】

2021年2月7日 更新

━【UCバークレー通信最終号(元K会生・K会数学科講師OB:菊地雄介)】━

★このコラムでは、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校:大学院博士課程にて応用数学を研究している筆者(K会の元会員でK会数学科講師OB)が留学生活や数学の話題をお伝えしていきます。★
約三年間掲載してきたバークレー通信ですが、今回が最終号となりました。

<博士課程取得後の進路>
みなさん、こんにちは。
カリフォルニアでは雨の時季が始まり、半日雨の日が多くなりました。アメリカでは依然として新型コロナウイルスが猛威をふるっています。カリフォルニア州でも日本に比べ厳しい規制が有効で、気分転換の散歩などに気軽に行けなくなるので困っています。
私個人としては、大学へは1年近く行けていません。また、自宅待機が始まってからは自宅から4km以上離れた場所に行っていません。
バークレーでは医療従事者と高齢者へ向けてワクチンの接種が始まりましたが、学生への接種はまだ先のようです。また、最近になって学生寮での感染拡大が確認されて寮生は一週間の自室での隔離が義務付けられました。カリフォルニア州としては、7月までに全住民への接種を終える計画としていて、大学もそれを受けて来年の秋から対面授業を再開する計画としています。本当に計画通りいくかは疑問ですが、少しずつ長いトンネルの終わりが見えてきたのは良いことだと思います。

さて、私の博士課程も気づけば半分を過ぎ、終盤に差し掛かってきましたので、今回は博士課程の後の話をご紹介したいと思います。大まかに分けて、二つの進路があります。一つは大学に残って研究を続ける道、もう一つは会社に就職する道です。自分で会社を興すという選択もありますが、私の周りでは例がないのでここでは除外させていただきます。
まず、大学で研究を続ける場合、博士課程取得後、助教授やポスドク(任期付きの研究員)の募集に応募します。採用面接は普通、自分の研究に関するプレゼンテーションと現役の教授たちとの個人面接で、その結果をもって採用が決まります。
アメリカの場合、博士号を取得した大学に引き続き残ることはなく、どこかほかに移ります。また、アメリカ国内に限らず、外国(主にヨーロッパ)に移る場合もあります。私の研究室の先輩もフランスやイギリスに移ったりしています。

もう一つは会社に就職するという選択肢ですが、博士号取得後、多くの場合は、自分の専門に関連した分野の会社で研究開発職に就くことが多いです。私の学科の場合はアマゾンやウーバーなどの最適化が重要になる会社に就職する人が多いです。数学や理論物理のような直接関連した分野がない場合は金融やコンサルタントが多い印象です。これは日本でも似ていると思います。
就職活動は日本と似ていますが、日本のような新卒一括採用というのはなく、会社側に空きがあって、スキルがマッチしたら採用ということになります。

実は、今回でこのコラムを私が担当するのは最後になりました。こちらでは約3年間連載させていただきました。読者の方には今まで読んでいただき感謝しています。それでは、引き続き健康に気をつけてお過ごしください。

━【「言語学をのぞいてみよう その24」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━

2021年1月14日 更新

━【「言語学をのぞいてみよう その24」(元K会英語科講師:浅岡健志朗) 】━
★このコラムでは、東京大学大学院にて言語学を研究している筆者(K会の元英語科講師)が、英語・言語学・外国語学習・比較文化などの話題をお伝えしていきます。★


「右」や「左」がない言語を話す人の頭の中はどうなっているか?

 友達の家を訪ねて、少し離れたところにある町にやってきました。初めてこの場所にやってくるあなたは道に迷ってしまいます。そこで、友達に電話をかけ、道案内をしてもらうことにしました。友達は、このように言います。

(1) スーパーは見える?そのスーパーを右側に見ながらまっすぐ進んで最初の角を左に曲がると、右側に郵便局があるんだ。そこの角を右折して、そのまま進むと、右手に赤い屋根の家がある。その左側のドアが僕の家だよ。

このくらい丁寧に説明してもらえれば、不慣れな土地でもきっと友達の家を見つけることができるでしょう。ところで、同じ道案内を次のようにすることもできます。

(2) スーパーは見える?そのスーパーの西側を北に進んで最初の角を西に曲がると、北側に郵便局があるんだ。そこの角を北に進むと、東側に赤い屋根の家がある。その北側のドアが僕の家だよ。

普通はこんな道案内はしませんよね。こんな説明をされても、頭が混乱するばかりで、友達の家に正しくたどり着くことができる人は多くなさそうです。こういう時に、東西南北を使って道を説明されることに、多くの人は慣れていないのです。
もっと極端な例を挙げてみましょう。ダンスの先生が、生徒にこんな説明をしたらどうでしょうか。

(3) はい、ここで北側の手を上げながら南を向いて、東側の足を北に上げましょう。

ダンスの振り付けを東西南北で説明されたら頭が混乱するし、手足ももつれてしまいそうです。こんな説明をする先生、いるわけがないと思いますよね。

 ところが、そうでもないのです。世界には、日本語の「右」や「左」に相当する言葉を持たない言語というのがあります。例えば、オーストラリアのグーグ・イミディル語には、「右」や「左」だけでなく、「~の前に」「~の後ろに」に当たる表現すら存在しません。こういった言語では、物の位置や方向を説明する際に、東西南北を使って説明するしかありません。グーグ・イミディル語の話者は、例えば車の中で席を詰めてほしいときには「ちょっと東へ動いてくれ」のように言いますし、テーブルから少し離れてほしいときには「西へ動いてくれ」のように言うのです。ジョンが家の前にいる、のように言うのではなく、「ジョンが家の北にいる」のように言いますし、鍵をどこに置いたかと聞かれたら、「西のテーブルの東側に置いてきた」などと説明します。ストーブの火の消し方を説明するときも、「つまみを東へ回してくれ」のように言うことになります。相手の頬にパンくずがついていたら、「北のほっぺにパンくずがついてるよ」と言って教えます。さらに、人がこちらに向かって近づいているテレビの映像を説明するなら「人が東に歩いている」のようになりますが、テレビを90度回転させた上で同じ映像を説明するなら「人が南に歩いている」となるわけです。

 なんて変わった言語なんだ、と思われるかもしれませんが、グーグ・イミディル語のように「右」「左」を使わず、東西南北だけを使う言語というのは、数多く存在します。オーストラリア西部のキンバリーで使われるジャル語、アリススプリングス周辺で使われるワールビリ語、かつてクイーンズランド州ベンティンク島で話されていたカヤルディルド語など、オーストラリアの先住民の大半がグーグ・イミディル語型の言語を使っている(いた)とされます。しかも、このような言語はオーストラリアだけでなく、ポリネシア、メキシコ、バリ、ネパール、ナミビア、マダガスカルなど、世界各地に散らばっていることが知られています。

 グーグ・イミディル語のような言語を話すためには、常に東西南北を把握し続けていなくてはなりません。そうでなければ、ごく基本的な話すらすることができないからです。さらに、グーグ・イミディル語の話者は、過去の出来事についても、東西南北の方位とともに記憶している必要があります。そうでなければ、過去の経験を語ることができないのです。例えば、過去の出来事を語るときには次のような言い方になるわけです。

(4) 私は舟の西側から、同行者は東側から海に飛び込んだ。北に巨大ザメが泳いでいるのが見えて…

 この言語を話すためには、とんでもなく方向感覚が良くなくてはならないんじゃないか、と思いますよね。実際、グーグ・イミディル語の話者は、目隠しをして20回以上ぐるぐる回った後でも、100km以上離れた見慣れない土地に車で連れて行っても、正確に方位を指し示すことができるのです。絶対音感の人が音を単独で聞いて音名を答えられるのと同じように、彼らは指された任意の方角がどの方位なのかを、特に目印がなくとも答えられるということです。いわば、絶対方位感とでも言うべき能力を持っているのです。

 しかし、だからと言って、グーグ・イミディル語を話す人々が「特別な人間」であるということではありません。例えば、彼らが絶対方位感を持つのは、我々にはない特殊な遺伝子があるからではありません。この能力はまさに、グーグ・イミディル語という常に東西南北を意識し続けなければ話すことができない言語を習得する過程で得られたものです。日本語を話している我々も、もし幼少の頃からグーグ・イミディル語を話す環境の中で育っていたら、絶対方位感を身につけていたことでしょう。

 以上の話から分かるのは、どの言語を習得したかによって、言語以外の思考のあり方が影響を受けることがあるということです。グーグ・イミディル語を話すにあたって常に東西南北について考えることが強いられるように、言語がその話者にある仕方で思考することを強いる、ということがあるのです。そして、その言語を話し続けることで、その仕方で思考することが習慣となり、場合によっては(グーグ・イミディル語の話者の方向感覚のように)特別な能力が育まれることもあります。

 グーグ・イミディル語は絶対方位感という能力が育まれる、言ってみれば極端な例ですが、言語によって思考の習慣が形作られるということは、どの言語でも多かれ少なかれあるのではないか、と考えることもできます。例えば、日本語はどうでしょうか。日本語の一つの特徴として、複雑な敬語の仕組みを挙げることができます。日本語を話すにあたっては、敬語を使うか、使わないかを決めなければなりません。つまり、自分が、会話の相手や話題に挙がっている人物とどのような人間関係にあるかを常に考えていなければならないのです。例えば、英語などの言語では、学生同士であれば先輩だろうが後輩だろうが話し方を大きく変える必要はありませんが、一方日本語では、先輩なのか後輩なのかを意識しなければ、適切に敬語を使い分けることはできません。このことから、日本語を習得する過程で、自分と他の人との社会的な関係を常に意識し続ける習慣が形作られるとということがあっても全く不思議ではありません。

 言語は、単なるコミュニーケーションの「道具」ではなく、それを話す人の思考のあり方と密接な関係にあるものなのだということが、以上の話からうかがえます。


おすすめの本
今井むつみ(2010)『ことばと思考』岩波書店
ガイ・ドイッチャー(著)椋田直子(訳)(2012)『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』インターシフト

前の10件|1|2|