河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(神奈川県)>藤沢館>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ藤沢館

54件の新着情報があります。 31-40件を表示

【受験生Q&A】受験当日に気を付けていたことはありますか?

2020年1月16日 更新

センター試験まで残り2日となりました!
受験生のみなさんは受験当日の準備はできていますか?
どんなに準備をしても当日思いがけないハプニングが起こるかもしれないのが一回勝負の受験の怖いところ。当日はどんなことに注意して会場へ向かえばいいのでしょう?
入試本番を間近に控えたみなさんの参考になればと思い、今回は大学生スタッフのみなさんにこんな質問をぶつけてみました。

今回の質問:受験当日に気を付けていたことはありますか?

1年TRさん
開場時間には試験会場の大学に着くようにしていました。道に迷ったり、何かを忘れたりした時でも対処できる余裕を持つためです。

2年MMさん
受験で感じたことは会場の温度がまちまちであること。どこの学校も暖房がしっかり効いている訳ではありません。逆に人口密度の関係で暖房が効きすぎているところもあります。会場によっては試験監督に声を掛ければ調節をしてくれるかもしれません。しかし多くの大学は校舎一括管理のためなかなか教室単位の調節をすることが出来ません。なのでできるだけ試験会場で体温調節できるように中は薄着で外に着込んだり、カイロを多めにつけて外せるようにしておいたり・・・。意外と見落としがちな体温調節!!!注意していきましょう。

1年NRさん
受験票とお金があることを絶対に確認して家を出て、電車を間違えないように何回も確認しました。また列車遅延も怖かったので、開場時間には大学にはつけるように電車に乗りました。

3年YYさん
受験当日に気をつけていたことはとにかく試験時間に遅れないことです。30〜45分前には会場に着くように電車に乗っていました。朝の通勤時間帯で、且つ都内の電車はすぐに遅延するので早めに行動して損はないと思います。そのため前日に乗り換えアプリで色々なアクセスのパターンを検索して準備しておきました。

3年TTさん
とにかく心配や不安を取り除くことを意識してました。私はお豆腐メンタルなので、何か心配事ができると集中することが困難になってしまいます。そのため、必ず会場には30分前につくように家を出て、試験場についたら試験が始まるまでは毎回同じ動きを行っていました(ex.教室についたらまずトイレに行く、そして単語帳を開いて・・・)。今考えれば引いてしまうほどルーティン化されていました。ですが、そのおかげもあって何も心配せず毎回試験に挑むことができました。

1年IHさん
私は、家を出る前に必ず持ち物のチェックを声に出して行っていました。なかでも特に腕時計は忘れないように気をつけていました。なぜなら、座席によっては試験時の時計が見えない可能性があるからです。また、忘れ物をすると気持ちが落ち着かなくなってしまいます。ベストコンディションで試験に臨むためにも声出し確認はとても重要だと思います。

2年MYさん
試験開始までに勉強しすぎないことを心がけていました。無駄に脳のエネルギーを使ってしまう気がしたので、少し確認程度に参考書に目を通したら、あとは机にうつ伏せて、開始まで仮眠を取っていました。直前にあれもこれもやっていると、逆に焦って集中できないので、今までやったことを信じて臨みました。

【イベント】共通テストポイント攻略ゼミのお知らせ(中2~高2生)

2020年1月12日 更新

「大学入試センター試験」に変わって2021年1月から実施される「大学入学共通テスト」の内容について高校2年生のA子さんとB太くんが話をしています。

A子「共通テストの国語の記述問題って結局なくなるんだってね。」
B太「文章書くの苦手だから正直ほっとしたなあ。」
A子「数学の記述問題もなくなるんでしょ。」
B太「俺、勘がいいから、マークなら何となく答えが当たる気がする。」
A子「っていうか、記述問題がなくなったら結局センター試験と何が違うの?」
B太「うーん、まあ同じでしょ。」
A子「それならセンター試験を受けるつもりで対策しておけばOKだね。」

NO!!!


このような誤解をしている方は下記のイベントに参加して「大学入学共通テスト」の内容を確認してください!

共通テストポイント攻略ゼミ


本イベントでは2021年より始まる「大学入学共通テスト」の内容・出題傾向について英語・数学・現代文の授業担当講師が丁寧に解説いたします。


実施日 時間
藤沢館
1月19日(日)
【数学】9:30~11:00
【英語】11:20~12:50
【国語】13:30~15:00


<申込方法>
インターネット申込はこちらから
または藤沢館までお電話にてお申し込みください。(tel: 0120-192-505)


<参加者特典>
このイベントにご参加いただいた方はⅢ期入塾金の半額(30,000円→15,000円)を免除いたします。


河合塾 藤沢館
大学受験予備校
藤沢駅徒歩1分

【受験生Q&A】受験会場(大学)の下見には行きましたか?

2020年1月10日 更新

私立大学の出願が始まっています。締切間際に慌てることのないよう、出願準備は余裕をもってすすめましょう。
ところで受験生のみなさんは自分が受験する大学のキャンパスを訪れたことはありますか?
もちろんオープンキャンパスに参加した経験のある人は多いと思いますが、受験予定校すべてを訪れたという人はあまりいないでしょう。
そのあたりの事情はどうなっているのか大学生スタッフに聞いてみました。高1・高2生の方も参考にしてくださいね。

今回の質問:受験会場(大学)の下見には行きましたか?

1年NRさん
第一・第二志望の大学はオープンキャンパスに足を運び会場の雰囲気などを下見しましたが、滑り止めの大学は試験の日に初めて行きました。するとここで落とし穴がありました。なんと家から滑り止め大学までは片道2時間半!試験前日に当日朝の電車を調べてとても驚いた記憶があります。なので、どの大学も会場の下見は雰囲気だけでなく電車の時間なども考慮して行うべきだと思います。

1年TRさん
私はどこの大学も下見には行きませんでした。結果としては迷うことや困ることはありませんでしたが、出来るだけオープンキャンパスなどに行っておいたほうが安心だし、モチベーションにも繋がると思います。

2年MMさん
オープンキャンパスには行きました。県外の大学に足を運ぶことはできませんでしたが、東京観光もかねて志望校は一通り見に行った記憶があります。学校の雰囲気は大学によって本当にまちまちです。自分の理想のキャンパスライフはどこにあるのか、学業の内容と照らし合わせながら見るといいのかなと思います。

2年MHさん
高3秋まで第一志望の大学の文化祭に行ったことがある、くらいでした。しかし、志望しようとしていた大学を訪れる機会があり、実際に見た大学の雰囲気が想像とあまりにも違っていたため志望校を変更することになって初めて下見の重要さに気づき、高3の11月に母親とそのときの志望校候補だった大学をすべて見に行く日を1日設けました。オープンキャンパス等でなくても大学の雰囲気を感じられたので行ってよかったです。

1年SCさん
大晦日に気分転換をかねて大学へのルートを確認しながら東京観光しました。ただ、現在通っている法政大学は別キャンパスで受験したので、市ヶ谷キャンパスに初めて行ったのは4月になってからでした。

2年ITさん
高2の夏休みの宿題でオープンキャンパスに行った大学しか下見していませんでした。そのため青山学院大学は渋谷駅からどう行けばいいかわからず軽く迷ったり、明治大学はあえて行きづらいキャンパスを受験会場にしてしまったりと困ることが多かったです。また、自分に合う雰囲気の大学かどうかも下見をしなければわからないので、入学後別の大学を訪れた時に「こっちのほうが雰囲気あってたなぁ」という類の後悔があったりします。

3年YYさん
高校2年生の時に志望大学のオープンキャンパスにはほとんど行っていました。オープンキャンパスに行けなかった大学は、模試の受験地選択でその大学があった場合に選択するようにしていました。受験当日にスムーズに大学にいけるようにしておくためにも予め大学の場所だけでも把握しておくと良いです。しかし、地方の大学を受験する場合は会場が都内の別会場の場合が多いので受験票が届いたら受験会場へのアクセスの仕方、場所、歩いて何分くらいなのか等を確認すると良いと思います。

3年TTさん
第一・第二志望の大学には足を運びました。私の場合は、オープンキャンパスでなく、高校の遠足や模試会場などの機会を利用しました。やはり、学校までのアクセスや周辺の施設(コンビニなど)を知っていないと、当日の動きのイメージが付きにくく、いらぬ不安を抱えてしまうことにもなりますので、志望順位の高い大学は一度下見をしておいたほうが無難かと思います。特に志望大学が模試の試験会場になっている場合はその大学の教室でテストを受ける練習も同時にできるのでオススメです。

1年IHさん
私は、大学主催のキャンパスツアーに母と参加しました。また、3年の夏終盤には、大学生の先輩に三大学ほどを巡る一日をつくってもらい、案内していただきました。夏休みのため、建物の中には入れない大学もありましたが、受験生だということを伝えると可能な範囲で開放してくださったり、女子大においては大学の過去問をいただくことができました。この過去問は大学の先生からの解説や細かい配点などが記載されておりその後の勉強にとても役に立ちました。見学に行くことで受験当日の緊張感を和らげることもできます。受験生の間は、ずっと勉強をしなければならないと思っていましたが休憩をとることで新たな気持ちになるので、気分転換をかねて下見に行くことをオススメします。

2年MYさん
第一、第二志望の大学だけ行きました。大学の授業が行われている日に行き、その学生のカラーや大学の雰囲気に触れました。ただ、違うキャンパスで受験することもあるため、会場への行き方の確認というより、純粋にモチベーションをあげるために行っていました。万が一、道がわからなくなった場合は駅員の人や近くのお店で尋ねると教えてくれます。

【イベント】入塾説明会のお知らせ(高1・2生)

2020年1月9日 更新

現在、河合塾藤沢館では1月入塾に向けた入塾説明会を実施しています。次回実施は1/11(土)、1/12(日)です。

実施日 時間
1月11日(土)【高1】11:00~12:00
【高2】13:00~14:00
1月12日(日)【高1】11:00~12:00
【高2】13:00~14:00

本会では参加者の方に個別にお話をお伺いし、最適な学習プランをご提案いたします。「現在の学習に不安がある」「通塾を考えているが、何から始めてよいかわからない」という方もぜひお気軽にご来訪ください。

また説明会の前後には自習室や情報ステーションを含めた館内をご見学いただきます。ぜひこの機会に一度ご来塾いただき、案内書だけでは伝わらない実際の校舎の雰囲気を体感していただければと思います。

<申込方法>
下記ホームページより、または藤沢館までお電話にてお申し込みください。(tel: 0120-192-505)


【高1生】インターネット申込はこちらから
【高2生】インターネット申込はこちらから

<参加者特典>
このイベントにご参加いただいた方は入塾金の半額(30,000円→15,000円)を免除いたします。


河合塾 藤沢館
大学受験予備校
藤沢駅徒歩1分

【受験生Q&A】過去問は何年分解きましたか?

2020年1月6日 更新

センター試験まであと12日。過去問に取り組んでいる受験生の方も多いでしょう。私大が第一志望の人はセンター試験対策と私大対策をどれくらいの割合で進めるかも気になりますよね。またこの時期に不安になるのは「そもそも過去問って何年分解いたらいいんだろう?」ということ。

もちろん個々の学力や得手不得手、志望によって答えは変わるので絶対の正解はありません。ただ迷っている受験生の参考になればと思い大学生スタッフに体験談を聞いてみました。

今回の質問:過去問は何年分解きましたか?

1年NRさん
センター試験は10年分、私大は最低5年分は解きました。センター試験(特に地歴)は過去問と同じ問題が出ることも多いため、10年分解くと「ああ、この問題過去問でやったわ!」となり、点数も安心感も向上します。私大に関しては、私はいわゆる滑り止め校の赤本を一番解きました。滑り止めだからといって侮らず、絶対に受かる大学をつくることが大切だと思います!

2年MMさん
センター試験の過去問は河合塾にある分全部解いていたと思います。それに加えて、センター対策講座や模試を受けながらできるだけ形式に慣れるようにしていきました。赤本は志望大学の直近2~3年分は直前までとっておき、それ以前の過去問を先に解いていました。

歴史に関しては問題の傾向が変わることはあるかもしれませんが、歴史が変わることは滅多にないため志望校と偏差値が近い大学の過去問も解いたりもしていました。形式が似ていれば英語や国語も練習問題として活用していました。特に英語の長文に関しては偏差値帯が同じであれば語数や単語の難易度も同じことが多いので長文に慣れるために解いていました。

2年HSさん
センター試験は最低10年分解きました。直近5年分のものは時間を測り、マークシート(赤本ノートの活用がおすすめです)も使って本番を想定して解きました。数学では1年分丸々解くのではなく、苦手分野だけ集中して解くなど問題集的な使い方もしていました。そのときは10年以上遡っていたと思います。理科基礎や倫政は過去問だけでなく、センター対策の問題集も夏から併用していました。私大は志望度が高い大学は5年分、低めの大学は2~3年分解きました。センターも私大も解いた後になぜ間違えたのか、どうすればできるようになるのかを重視して過去問演習を行うようにしていました。

1年UAさん
センターは私が雑な性格なのもありますが、年度関係なくランダムに解いていました。傾向が変わってしまうほど古いものは解かず、解いた年度にチェックを入れていきました。センターの英語・国語が本当に苦手でひたすら問題慣れするためにセンターと傾向が同じ予備校が出しているパックも活用しました。

私大に関しては、ひたすら志望校の問題慣れをして点数を伸ばしていくことを目標にしていたため、傾向が変わっていない過去問をひたすら解きました。同じ偏差値帯の大学はできるだけ志望校の問題傾向が同じ大学を選び、受験しました。また「○○大の英語」シリーズを重宝していました。自分が苦手な大問をひたすら解くことができ、長文に関しては過去問演習以外の長文読解の一環として取り組みました。学部問わず手軽に取り組めるのでお勧めです。

2年MHさん
センター試験は英語・国語は5年分、日本史は10年分解きました。日本史が苦手だったため、解くことで知識をブラッシュアップできるのではないかと考え、ほかの科目より多く解きました。第一志望の大学は合否がセンター試験の成績と関係なかったので、センター試験よりも第一志望の私大の過去問演習に重きをおいていました。第一志望、第二志望は10年分解き、第三志望は7年分、第四志望以降は5年分というように志望順位によって何年分解くかを変えていました。日本史は同大学の志望学部ではない学部の過去問も解いて、その大学のレベルに慣れることを意識していました。

2年ITさん
センター国語・英語・理科基礎・倫政は5年分、センター数学は2年分、センター世界史はだいたい20年分くらい解きました。世界史に関しては苦手意識があり、私大でも重要な科目だったのでできるだけたくさん問題を解くようにしていました。大学別の赤本に関しては第一・第二志望までは10年解くようにし、他は3~5年分解きました。やはり赤本で傾向を把握しておくことは受験を有利に運ぶ要因になると思います。

1年SCさん
センター試験はあまり関係ない人だったので日本史以外はあまり解いていなかったです。センター日本史をアウトプット用の問題演習代わりに10年分くらい解いてたと思います。私大の赤本は第一志望を10年、第二・第三志望は5年、それ以下の大学は1年か2年分解いていました。

【イベント】入塾説明会のお知らせ(高1・2生)

2020年1月3日 更新

現在、河合塾藤沢館では1月入塾に向けた入塾説明会を実施しています。次回実施は1/5(日)です。

実施日 時間
1月5日(日)【高1】11:00~12:00
【高2】13:00~14:00

本会では参加者の方に個別にお話をお伺いし、最適な学習プランをご提案いたします。「現在の学習に不安がある」「通塾を考えているが、何から始めてよいかわからない」という方もぜひお気軽にご来訪ください。

また説明会の前後には自習室や情報ステーションを含めた館内をご見学いただきます。ぜひこの機会に一度ご来塾いただき、案内書だけでは伝わらない実際の校舎の雰囲気を体感していただければと思います。

<申込方法>
下記ホームページより、または藤沢館までお電話にてお申し込みください。(tel: 0120-192-505)


【高1生】インターネット申込はこちらから
【高2生】インターネット申込はこちらから

<参加者特典>
このイベントにご参加いただいた方は入塾金の半額(30,000円→15,000円)を免除いたします。


河合塾 藤沢館
大学受験予備校
藤沢駅徒歩1分

【受験生Q&A】体調管理のために気を付けていたことはありますか?

2020年1月2日 更新

あけましておめでとうございます。いよいよ2020年がスタートしました。本日は1月2日。世間はお正月真っ只中ですが、藤沢館は受験生の熱気に満ちています!
とはいえ外は寒い日が続いていますので、今日は大学生スタッフに受験生時代の冬の体調管理について聞いてみました。

今回の質問:体調管理のために気を付けていたことはありますか?

1年TRさん
帰宅時の手洗いうがい、移動時の公共交通機関内でのマスクの着用を心がけていました。

2年MMさん
風邪を引いていない人がマスクをつけても意味がないと言われたりしていますが、できるだけの予防はしても良いと思います。私はウィルスブロックを首からぶら下げたり除菌ティッシュを持ち歩いたりしていました。

1年KYさん
母親が毎日2本ほど購入してきてくれたR1を必ず飲んでいました。

2年HSさん
早寝早起きを徹底し、睡眠時間を十分に取るように心がけていました。私の場合は23時には寝て朝5時に起きるようにしていました。

1年UAさん
基本的にずっと河合塾で勉強していたため、出かける時間と帰る時間を決めて、決まった時間に起きられるように早寝をしていました。生活習慣を安定させることは健康でいるには不可欠だと思います。また、特に冬は喉を傷めないようにするための対策は必須だと思います。

2年MHさん
毎日マスクをして過ごし、よく寝るようにしていました。もともとあまり体力がないので、眠い時には我慢せずたくさん眠っていました(受験の前の週に10時間くらい寝ていました)。また乾燥しないように家では加湿器をつけていました。

1年SCさん
予防でマスク着用、R1を毎日飲む、日付が変わる前には寝るなど出来る限りのことをしていました。

1年NRさん
マスクをつけることはもちろん、ごはん前の手洗い・冷え対策は徹底して行っていました。受験期にはR1を箱買いして飲んでいたのですが、欲張って一日に2・3本飲むとお腹を崩すので注意が必要です。

2年ITさん
11月後半から弁当を食べる前には石鹸でよく洗った後にアルコールウェットティッシュで手を拭いてから食べるようにしていました。また直前期になるとなるべく外部との接触を減らすためにあまり外に出ないようにしていました。赤本は買わないという謎の意地があったので河合の赤本をコピーしに外に出るときは風邪をどこかから移されないか不安でした。

【お知らせ】年末のご挨拶

2019年12月30日 更新

早いもので2019年も残り2日となりました。

藤沢館では来るべきセンター試験に向けて今日も高3生・高卒生のみなさんが頑張っています。全員が100%の力を出し切って、最高の結果が出せるよう講師・スタッフ一同最後の最後までサポートして参ります。

高2生のみなさんは新入試関連のあれこれに振り回されたここ数か月でしたね。受験学年に向けて、すべての生徒さんが安心して勉強に打ち込める環境が整ってくれればと思います。

藤沢館は大晦日と元日はお休みをいただき、新年は1/2(木)より開館します。年明けにまた塾生のみなさんの元気な顔が見られることを楽しみにしています。

みなさま良いお年をお迎えください。

【受験生Q&A】受験当日に思わぬトラブルはありましたか?

2019年12月27日 更新

2019年も残りわずかとなりました。寒い日が続きますが体調管理にはくれぐれも気を付けて年越しを迎えましょう。
今回も大学生スタッフによる受験体験談をご紹介します。

今回の質問:受験当日に思わぬトラブルはありましたか?

1年NRさん
えんぴつを持って行かなかった
えんぴつが必要なのはセンター試験だけだと思っていたので、私大入試で持っていかなかったらまさかの15分前に配られた試験問題の表紙に「解答・マークはともに鉛筆を使用すること。鉛筆を持っていない場合には監督に申し出よ。」と書いてあり、非常に焦り冷や汗でダクダクになりました。結局、えんぴつを6本机上に置いていた隣の人に懇願して借してもらえたので無事に試験は受けられましたが、隣の人に申し訳ない気持ちで試験を受けたので全然集中できませんでした。どの試験にもえんぴつは持って行くべし!

1年TRさん
道に迷ってしまった
センター試験の会場に向かう際に、地図を読むのが苦手なため、受験生のような人についていったら全く違う場所にたどり着いてしまったことがありました。その時は幸いかなり早めに最寄り駅に着くようにしていたため、無事試験開始前に会場に着くことができたのですが、かなり焦ってしまいました。足を運んだことのない会場があれば、他の会場よりも余裕をもって試験会場に着くことを勧めます。

1年IHさん
教室でまさかの。。。
超長文の試験中、教室内で嘔吐をしてしまった生徒が何人かいたため、3度途中中断してしまいました。試験監督も予想していなかった事態のため、うまく対応できず試験問題を解き続ける生徒もいて教室内はパニック状態。試験中は何があっても落ち着いていられるような集中力と対応力が必要です!

2年MMさん
電車の遅延に注意
大雪のため電車が大幅遅延をしました。そのため試験開始時間を1時間30分ほど遅らせての開始になりました。しかし私はすぐに受験票の時間を書き直さなかったために試験時間を読み間違えてしまいました。なんと現・古・漢の国語のテストを現代文しか解けず終了。そんなことがないように皆さんは時間が変更になったらすぐに書き込みをしてくださいね!

【受験生Q&A】この時期はどこで勉強していましたか?

2019年12月25日 更新

冬休みが本格的に始まりました。高3生の方はセンター試験が近づいてきましたね。
この時期にみなさんの先輩はどのように過ごしていたのでしょう?
藤沢館では大学生スタッフからの体験談を集めてみました。

今回の質問:この時期はどこで勉強していましたか?

1年UAさん
私はこの時期藤沢館のあらゆる自習スペースを活用していました。なぜならずっと同じ自習スペースだと飽きてしまうからです。そんな私が特に利用していた場所が受付前のオープン自習室です。名前の通り開放的な空間で、一般的な自習室とは違います。適度なザワザワ感や人の通りのおかげで逆にリラックスして勉強ができるため集中力が続きやすいです。そして同じ受験生が勉強に励んでいる姿が目に見えて感じられるため、「自分ももっと頑張らなきゃ」という気持ちにさせてくれ、モチベーションを保ち続ける助けになりました。しかし、本番の試験は静かな環境で行うため、過去問演習は自習室を利用していました。このように用途によって使う自習室を変えるといいかもしれません。

1年NRさん
開放自習室(=空き教室)で勉強するのが好きでした。理由として、ブース式自習室は密度が高く集中できず、オープン自習室は音と周りの目が気になって集中できなかったからです。また開放自習室は実際の試験場と机の配置が同じだったので、赤本を解くときに本番だと思って緊張感を持って問題を解けました。

2年MMさん
私はラウンジの隅っこで勉強したり、ブース式自習室で勉強したりしていました。ある程度のざわざわした雰囲気が好きだったのでテスト本番に近い状態でやりたいとき以外はラウンジでやっていました。ブース式で勉強する時、筆圧の強い人のシャーペンがコツコツいう感じが気になるときもありましたが、試験当日はそういう人がたくさんいます。いい練習だと思って勉強するのもひとつの手かもしれません。