河合塾グループ河合塾

緊急のお知らせ:東海・北陸

学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 大学受験科
  4. 合格者の声

合格者の声 大学受験科

後輩に教えたい!河合塾で学んで、合格できた理由。

見事、志望⼤学に合格した先輩たちに、河合塾での体験を語ってもらいました。先輩たちのリアルな体験談を参考にして、志望大学合格に向けて⾛り出そう!
※合格体験談は、すべてご本人の承諾を得て掲載しています。

東京大学 理科一類

大分上野丘高校出身 牧 梨乃さん

勉強が楽しくなる河合塾の授業

河合塾の授業を受けて一番変わったのは勉強に対する姿勢です。早く受験を終わらせて遊びたいと思っていたのですが、河合塾の授業を受けているうちに勉強が楽しくなってきました。ある程度わかるようになると、勉強することがどんどん楽しくなってきます。ですから、新聞のちょっとした記事を調べてみるなど、知的欲求が強くなり、大学での勉強が楽しみになりました。

チューターからのメッセージ

東京大学 理科一類

仙台第二高校出身 大泉 壮汰さん

教科の勉強だけにとどまらない河合塾の授業

河合塾の良かったところは、人間味のある講師ばかりだったことです。たとえば、授業中に「ゲーテの『ファウスト』が本棚にあったら、そいつは本物だと思うね、俺は」というような独特な言い方で本を推薦したり、教科の勉強だけではなく広く学問の話をしてくれたりします。大学での学びに期待したくなるような話題が、授業のいろいろなところに散りばめられていることで、滅入ることなく受験勉強を進めることができました。

チューターからのメッセージ

東京大学 理科一類

浜松北高校出身 工藤 雷己さん

河合塾が合格へと導いてくれた

夏休みの過ごし方について数学の講師が「やるべきことと、使える時間を書き出し、優先順位をつけて計画を立てるように」とおっしゃっていましたが、本当にその通りで、現在でも忙しいときなどは、このアドバイスを守るようにしています。また、チューターとの面談の際も、こうした勉強や生活についての計画を話すと興味津々に聞いてくれたので、とても自信になりました。

チューターからのメッセージ

東京大学 理科二類

札幌西高校出身 北岡 聡一朗さん

講師によるメリハリのある授業展開

講師がテキストの内容をベースにして、基礎から応用、発展と掘り下げてくれるだけでなく、関連事項などの解説も、雑談を織りまぜながら興味深く教えてくれる点です。生徒の反応によって話す内容を変えたり、メリハリのある授業を展開したりと、河合塾の講師陣の教え方は「さすがプロ」と思えるものでした。

チューターからのメッセージ

東京大学 理科二類

修猷館高校出身 小早川 竜也さん

合格に導いてくれた自習室

朝は自宅で勉強し、授業で河合塾に来てからは、閉館までずっと自習室にいました。基本的に個別ブースを使っていましたが、センター試験が終わってからは開放教室に切り換えました。横に人がいて、いろいろな物音が聞こえてくるような本番に近い環境で勉強した方がいいと、河合塾をすすめてくれた先輩からのアドバイスがあったからです。実際、本番の雰囲気に慣れることができました。

講師からのメッセージ

東京大学 文科一類

西大和学園高校出身 森本 郁哉さん

学力面のみならず精神面でも成長

河合塾の授業は、受験テクニックや表面的な思考だけを教えるのではなく、「なぜそうなるのか?」「他の考え方はないのか?」といったことを探究する、本質的な思考を要求する授業です。こうした思考が、模試や本試験でもできるようになったことは本当に良かったと思います。また、ほとんどすべての授業で添削指導を行っていただいたことで、自分の能力が客観的にわかり、答案作成能力の向上につながりました。

チューターからのメッセージ

東京大学 文科二類

桜蔭高校出身 別所 さやかさん

河合塾という最適な環境でレベルアップ

本格的な授業がスタートする前の段階で、数学の講師から、東大に合格するのに必要な要素は「素直さ」「行動力」「ノート」の3つだけだと聞きました。講師やチューターの言うことを素直に聞き疑問点はすぐに調べたり質問をして解消し、授業や予復習で気づいたポイントをしっかりノートにまとめるという意味でしたが、これなら私にもできると思えたことをよく覚えています。

チューターからのメッセージ

京都大学 理学部

東筑高校出身 井上 真さん

仲間との切磋琢磨で成績アップ

現役時代は焦りもあり、自分の勉強法というものがわかっていませんでしたが、浪人になって時間ができたため、河合塾のテキストを使った勉強法をゼロから工夫するようになりました。ただ、成績アップに役立ったのは、そうして手に入れた勉強法というよりは、同じ目標を共有する仲間たちと、さまざまなことを語り合えたことです。まさに切磋琢磨できるという意味で、河合塾は魅力的でした。

チューターからのメッセージ

京都大学 農学部

旭丘高校出身 長縄 詩織さん

講師やチューターによる全力サポート

最初は、集団で講義を受けるスタイルなので、講師に質問するのは難しく、授業以外は自分で勉強計画を立てなければならないのかと思っていました。しかし、講師は授業後も熱心に質問に答えてくれますし、チューターも個々の勉強の進捗状況にあわせて一緒に学習計画を立ててくれたので、河合塾は生徒へのフォローがとても手厚いことがわかりました。講師の質、チューターの熱心さ、設備の良さ、どれをとっても河合塾はすばらしいと思います。勉強面はもちろん、精神面でのサポートも万全だと思います。

チューターからのメッセージ

京都大学 農学部

堀川高校出身 厚美 水嬉さん

大切なのは、テキストを信じること

「テキストだけをしっかり復習することで合格した」という先輩方の体験談を読み、河合塾のテキストへの強い信頼感を持てたことが、最大の決め手になりました。これ以外にも、ほぼ1年中開いている自習室が完備されていること、90分授業のために1日のコマ数が少なく、予習や復習がしやすいことも大きな決め手になりました。

チューターからのメッセージ

京都大学 法学部

北野高校出身 井上 泰希さん

ここには合格に必要なすべてがそろっている

河合塾のテキストの良さは、市販の参考書のように分厚くて細かい事柄まで網羅しているタイプではなく、重要なポイントは詳しく、かつ全体としては詳しすぎない、バランスの取れたテキストであることです。そして授業では、志望する大学にあわせた詳しい解説が行われますから、それを書き込んでいくことで、テキストが志望校に最適化された特別な参考書のような存在になりました。

チューターからのメッセージ

京都大学 法学部

広島大学附属福山高校出身 渡邊 凌雅さん

テキストの徹底復習で苦手克服

数学が苦手でしたから、とにかく河合塾のテキストを何度も繰り返すことにしました。特に基礎シリーズのテキストは、復習した日づけなどを書き込みながら、何周したかわかりません。しかも、本番が近付けば近付くほど、基本的なことを落としてはいけないという思いから、基礎シリーズのテキストに戻っては、完璧を期すようにしていました。

チューターからのメッセージ

京都大学 文学部

帯広柏葉高校出身 竹田 知世さん

「90分授業」が決め手

複数の予備校を比較した結果、いくつかの点が「決め手」となりました。まずは「授業時間が90分」です。大学が90分授業なので、慣れておきたいと思いました。また、「席が自由」なことも重要なポイントでした。目が悪いので、後ろの方の席に固定されると不利になるからです。優秀者に奨学金が授与される「スカラシップ制度」の存在も、勉強の励みになるだろうと思いました。

講師からのメッセージ

京都大学 文学部

仙台第一高校出身 内藤 淳之佑さん

講師とチューターが志望校合格を全力でサポート

11月頃から体調を崩し、本番まで通院しながら授業を受けることになってしまいました。そうなると、ネガティブな気持ちになり、精神的にも落ち込みがちになりますが、質問に行くたびに講師からは、「君の実力なら大丈夫。過度な心配は不要だ」と励ましてもらっていました。チューターにも、ことあるごとに労ってもらい、気持ちを強く保ちながら通塾することができました。

チューターからのメッセージ

北海道大学 総合入試理系

札幌開成高校出身 高橋 佳佑さん

驚くほど成績がアップしました

理系志望ながら現役のときは物理がまったくできなかったのですが、北大を総合入試理系の物理重点型の入試形式で受験できるまでになりました。僕自身も驚くほど成績がアップ。河合塾のテキストを勉強しただけで、11月からの実戦シリーズでのテストゼミでは、物理の点数が安定して取れるようになっていました。

講師からのメッセージ

北海道大学 総合入試文系

旭川東高校出身 西沢 茉那花さん

受験生を全力でサポートしてくれる環境

現役時代は予習も復習もせず、計画性がないまま勉強していたので、勉強する科目や内容に偏りがありました。でも河合塾では、チューターと相談しながら予習・復習も含めた学習計画を立てたおかげで、科目も偏らず、自分の学習状況や成績に合った勉強ができるようになり、それが成績アップにつながりました。

チューターからのメッセージ

札幌医科大学 医学部医学科

札幌光星高校出身 亀田 真史さん

「予習→授業→復習」のサイクルを大切に

河合塾のテキストで良かったところは、復習することでしっかりと実力がつくようになっていることです。「予習→授業→復習」のサイクルも大切ですが、私は特に復習に力を入れました。例えば、数学はテキストを3周するなど、不確かなところを解消し、確実に力が定着するように心がけました。また英語のテキストの最後に英文が載っていて、それを私は音読に利用し、苦手の克服に役立ちました。

講師からのメッセージ

東北大学 医学部医学科

仙台第二高校出身 佐藤 芳樹さん

河合塾のテキストは効率的に学力が身につく

河合塾のテキスト以外に、土日などに勉強する参考書や問題集を自分で選んだり、一人で学習計画を立てたりしなければならないと思っていました。しかし実際には、毎週、東北大志望の生徒を対象としたチュートリアルで学習プランや計画を確認してもらえましたし、他の参考書を使う必要もなく、河合塾のテキストをずっと勉強するだけで確実に力がつきました。

チューターからのメッセージ

東北大学 文学部

宮城第一高校出身 後藤 芽吹さん

知識が確実に定着するカリキュラム

英語の授業は、文法・読解・英作文・長文の4つに分かれており、文法で時制を学んだら、同じ週に、時制がポイントとなる読解と和訳、時制が中心の英作文、それを応用した長文、というように、1つの事柄をいろいろな角度から学び、さらに学んだことをすぐに確認、練習するカリキュラムになっていて、知識を確実に定着させることができました。

チューターからのメッセージ

東京工業大学 第4類

市川高校出身 佐藤 智輝さん

テキストを信じて授業に集中すれば大丈夫

過去問を除けば、この1年間は本当に河合塾のテキストをみっちり学習しました。このテキストで予習を行って授業に臨み、さらにその復習をしっかりやれば、必ず学力は伸びます。河合塾のテキストを完璧にすることが、大学合格の近道だと思います。

チューターからのメッセージ

東京工業大学 第7類

時習館高校出身 林 修平さん

勉強に打ち込める環境

数学の講師が授業の空いている時間を使って、難関大学をめざす生徒を集めて難問に挑戦する機会を毎週設けてくださいました。難問を一つ与えられ、解けた人から採点してもらい帰っていくシステムだったため、緊張感の中で実力を高めることができました。また、1週間分の自習教材も用意してくれました。模試の成績が悪かったときは面談でアドバイスをいただいたりと本当にお世話になりました。

チューターからのメッセージ

一橋大学 商学部

日比谷高校出身 田中 梨彩さん

河合塾をフル活用して成長、そして合格へ

授業後、土・日、講習期間中は、ずっと自習室にいました。個別ブースだと、囲まれている安心感から寝てしまうため、ほとんど開放教室を使っていました。シャーペンの音などがあふれる環境は、本番も同じです。そのため、本番を想定して、集中力を削がれる要因があるなかで集中するトレーニングの場としても活用していました。

チューターからのメッセージ

一橋大学 法学部

北嶺高校出身 金羽 真生さん

大学への学習につながる財産

河合塾で得た知識や勉強法は、間違いなく大学での勉強につながっています。特に英語は、単に読みくだしていくだけではなく、どれがキーセンテンスで、どれが例示の部分なのかといったことを、構造的にわかりやすく分析してくれる授業で、英語を読み解くという点で本質を突く授業だったと思います。英文を俯瞰的に眺められる力がついたことが、大学の英語の授業を受ける際の大きな財産になっています。

講師からのメッセージ

一橋大学 社会学部

一宮高校出身 依田 謙伸さん

チューターの言葉が自信になった

模試の成績は安定していたのですが、それでも不安になることがありました。夏の面談で「あなたより強い意志のある人はいなかった」と言われたときは、嬉しかったし、自信にもなりました。また、センター試験で失敗したと思い、二段階選抜を心配していたときは「あなたのここまでの努力は絶対嘘じゃないから大丈夫だよ」と言われ、気持ちがとても落ち着きました。

チューターからのメッセージ

千葉大学 医学部医学科

海城高校出身 菅原 啓太さん

努力をし続けた結果は必ずついてくる

自分が書いた答案を採点してもらうと、自分では気づかなかった細かなミスに気づくことができます。特に国公立大入試では、記述力が試される問題ばかりですし、思ってもみないところで減点されていたりすることがあります。ミスの少ない答案を作成する力を育成するという点で、河合塾の添削システムは非常に役立ちました。

チューターからのメッセージ

名古屋大学 医学部医学科

明和高校出身 伊藤 友香さん

予習・復習をしっかりやれば成績は伸びる

苦手科目だった数学は、予習をしてから授業を受け、その翌日に復習をし、さらに1週間後、2~3カ月後にまた復習するというやり方で、日をあけて最低5回は同じ問題を解きました。現役のときは苦手科目の勉強を後回しにしがちだったのですが、しっかりと予習・復習をすることで着実に力がつき、「頑張れば成績は伸びるんだ」と思うようになりました。

講師からのメッセージ

名古屋大学 工学部

岐阜北高校出身 吉村 奨起さん

学習計画を立てることの重要さ

学習計画をきちんと決め、それに従って1年間勉強したことです。現役のときは計画を立てず、その日の気分で勉強していたので苦手科目などが後回しになっていました。入塾してからは、苦手科目も得意科目も偏りなく勉強するために、たとえば火曜日の授業後には、月曜の授業の復習と水曜の授業の予習をする…というように、曜日をずらして予習・復習することに決めて実行しました。

講師からのメッセージ

名古屋大学 文学部

向陽高校出身 浅井 夕惟さん

90分授業のおかげで集中力がついた

最初は長いと感じますが、一つの教科に90分集中できるので無駄がないと思います。また講師も、集中力が続かない生徒を見ると、途中で息抜きに雑談をはさんだりして、集中力を回復できるようにしてくれました。90分授業を受け続けることで、長時間の集中力も養われます。二次試験は90分を超えることが多いので、その面でも私にとってはありがたかったです。

講師からのメッセージ

三重大学 医学部医学科

高田高校出身 松井 千紘さん

講師の指導のおかげ

予習・復習は毎日絶対に欠かさず、授業でわからなかったところは講師に質問して、次の授業まで疑問を持ち越さないようにしました。また、テキストで間違えた問題は講師のアドバイスに従って問題の意図を考えながら、自力で解けるように何回も解き直しました。おかげで自分に不足しているところも明確になり、それを補強し自力で解ききる力が養われたと思います。

講師からのメッセージ

大阪大学 工学部

岸和田高校出身 西川 雄真さん

基礎から学び直せる丁寧な授業

入塾前は、授業では難しい内容をやるのではないかと思い、授業についていけるかどうか不安でした。でも入塾したら、授業は基礎からやってくれるので、とてもわかりやすく、現役の時よりも理解が深まりました。また「予習→授業→復習の学習サイクルがきちんとできれば力はつく」と講師に言われ、その通りにしていたら自然と成績が上がっていきました。

チューターからのメッセージ

大阪大学 経済学部

福岡高校出身 福原 拓馬さん

テキストだけで苦手を克服

苦手な数学を克服するため、チューターのアドバイスに従って予習・復習を徹底しました。特に夏休みの時期には基礎シリーズのテキストを3周して、基本的な問題の考え方を身につけました。そのおかげで、完成シリーズ以降は目に見えて成績が向上し、結果、記述模試では偏差値が70を超えるまでになりました。

チューターからのメッセージ

大阪大学 人間科学部

神戸高校出身 藤井 七海さん

90分授業で体力と精神力を養った

90分授業は、演習と解説が1コマの授業時間内で終わるので、復習がしやすかったというのは大きなメリットだと思います。また、国公立大学の二次試験は90分以上の場合が多いので、塾での1年を通して入試本番に必要な体力や精神力を養うことができました。塾の授業は最初からとてもおもしろかったので、少しもしんどいとは思いませんでした。

チューターからのメッセージ

神戸大学 医学部医学科

大手前高校出身 芦田 隼治さん

家では勉強しませんでした

勉強は毎日の努力の積み重ねです。そのために自習室を利用して、少しでも時間があれば自習室で勉強するようにしました。またタブレットを使い、ムダのないように勉強時間を記録して、時間の使い方を把握していました。家では勉強しなかったのですが、自習室で集中的に勉強して、毎日同じ量の努力を積み重ねることができたので、自分が予想した以上の成長曲線を描くことができました。

チューターからのメッセージ

神戸大学 工学部

畝傍高校出身 木村 優斗さん

両親への感謝が深まった1年

現役で受験したときは私立大学に合格していたのに、浪人して勉強する機会を与えてくれました。また、今回再チャレンジするときも、併願校として私立大学を受験させてくれました。自分を支えてくれた両親のためにも「絶対に神戸大に合格する!」という強い気持ちは持っていましたが、少し楽な気持ちで第一志望の入試に臨めたことにも感謝しています。

チューターからのメッセージ

広島大学 医学部医学科

基町高校出身 二宮 健太郎さん

チューターや仲間に支えられた1年

センター試験の結果が良くなくて落ち込み、二次試験への不安も大きく、気持ちが落ち着かない状態だったことがあります。でも、チューターが僕を励ましてくれたうえに、毎日テキストから数学の問題を出してくれて、それを解くことで自信がつき、安心して二次試験に臨むことができました。センター試験の前までは一人で勉強していたのですが、医学部医学科をめざす同じクラスの人たちと話し合うようになって、みんなで問題についてディスカッションしたり、情報交換したりして、互いに励まし合いました。

講師からのメッセージ

広島大学 文学部

広島井口高校出身 町野 佑樹さん

集中力を鍛えてくれた90分授業

50分の授業と比べ、90分授業では、授業が2回に分割されることなく、一度の授業でより多くの内容を吸収することができました。また、多くの内容を扱うだけに、講師が「ここが大切だ」と指摘するところを聞き逃すことがないよう、90分間高い集中力で臨めたことが良かったと思います。そこで身についた集中力は、今大学の授業でも役立っています。

チューターからのメッセージ

岡山大学 経済学部

倉敷青陵高校出身 三宅 茉実子さん

濃密な授業で実力アップを実感

講師が目の前で授業をしてくださるため、身振り手振りも含めて全身で受け止めることができた点です。“受けさせられている”のではなく、“受けたい”と思わせてくれるユーモラスで記憶に残りやすい授業が多く、さまざまな関連知識とあわせて非常に濃密な時間を過ごすことができました。また、基礎から応用まで幅広い内容を扱うため、自分に力がついてきていることを実感できる授業でした。

チューターからのメッセージ

九州大学 医学部医学科

久留米大学附設高校出身 白尾 雄介さん

豊富なデータに基づく的確な指導

チューターは「この時期は、これぐらい点数を伸ばすといい」というように、具体的な数字で目標を示してくれるなど、過去の受験生のデータや入試結果の分析などがとても明確で、チューターのアドバイスに安心してついて行くことができました。また、勉強についての不安など、いろいろな相談にも乗っていただき、気持ちの面で励まし支えてもらいました。

チューターからのメッセージ

九州大学 共創学部

修猷館高校出身 有田 瞳子さん

講師やチューターに支えられた1年

夏の三者面談のときに、チューターから「数学の力を伸ばすのは、今がラストチャンス」と、発破をかけられました。それから夏休み中は毎日、数学の勉強に取り組むようになり、勉強時間も増えていきました。センター試験後に二次試験対策を始める際、英作文の勉強の間が空いてしまっていました。そんなとき英語の講師に「二次試験までに勘やキレを取り戻すには、毎日やった方がいい」と言われて、それから毎日、英作文の添削指導をしていただいたことが印象に残っています。

チューターからのメッセージ

早稲田大学 文学部

東洋高校出身 張 逸悦さん

河合塾の授業はすべて合格につながる

受験生が間違えやすいところに注意を促し、本番に直結するような授業をしてくれることが最大の魅力です。答えを知っている講師が答えからさかのぼって解説するのではなく、答えを知らず知識もあまり持ち合わせていない受験生と同じ立場で、受験生が持っている知識を最大限に使って解いていく方法を教えていただいたことが、実力アップにつながったと思います。

チューターからのメッセージ

慶應義塾大学 理工学部

横浜隼人高校出身 山﨑 大司さん

講師やチューターからのアドバイスを信じて

予習で解いた問題が、授業では別の解法で解説されていたため、講師に質問に行くと、自分の解法をすごく褒めてくれ、大きな自信になったことをよく覚えています。また、模試で失敗して落ち込んでいるとき、チューターから、ミスしたところではなく、良かったところやできているところを指摘してもらえ、適切なアドバイスをもらえたこともうれしかったです。

チューターからのメッセージ

  1. 河合塾
  2. 高卒生の方へ
  3. 大学受験科
  4. 合格者の声
  1. 河合塾
  2. 難関大・医学部合格をめざす
  3. 大学受験科
  4. 合格者の声
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 大学受験科
  4. 合格者の声