河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 中学グリーンコース
  4. 小学・中学グリーンコース 東海
  5. 高校入試合格実績・体験談

高校入試合格実績・体験談 小学・中学グリーンコース 東海

高校入学合格実績&体験談 高校入学合格実績&体験談

2021年 河合塾生 合格者数 2021年 河合塾生 合格者数

3月31日現在 【公立高校入試】2021年度 合格実績2年連続No.1 旭丘高校 2021年入試合格者数 360名中、河合塾合格者数100名 河合塾占有率27.7% 合格者の3.6人に1人が河合塾!、明和高校 67名、向陽高校 45名、菊里高校 71名、瑞陵高校 31名、千種高校 22名、桜台高校 21名、岡崎高校 56名、刈谷高校 67名、時習館高校 11名、岐阜高校 2名、津高校 4名 3月31日現在 【公立高校入試】2021年度 合格実績2年連続No.1 旭丘高校 2021年入試合格者数 360名中、河合塾合格者数100名 河合塾占有率27.7% 合格者の3.6人に1人が河合塾!、明和高校 67名、向陽高校 45名、菊里高校 71名、瑞陵高校 31名、千種高校 22名、桜台高校 21名、岡崎高校 56名、刈谷高校 67名、時習館高校 11名、岐阜高校 2名、津高校 4名

【私立高校入試】2021年度 合格実績No.1 東海高校 41名、滝高校 103名、名古屋高校 165名、愛知高校 302名、中京大学附属中京 225名、名城大学附属 294名、愛知工業大学名電 124名、椙山女学園 62名など この他の高校でも多数の合格を勝ち取ってくれました。 【私立高校入試】2021年度 合格実績No.1 東海高校 41名、滝高校 103名、名古屋高校 165名、愛知高校 302名、中京大学附属中京 225名、名城大学附属 294名、愛知工業大学名電 124名、椙山女学園 62名など この他の高校でも多数の合格を勝ち取ってくれました。

[公立]

2021年度より名古屋校は名駅校になりました。

旭丘高校入学 W.Mさん(千種校 トップレベル)

私は、中3の2学期に入塾しました。夏期講習を受講していなかったので、みんなよりも遅れをとっていましたが、学校では上位をキープし、親からも「できる」と言われ、第1回の統一テストの結果も良かったので、ある程度の自信を持ってトップレベルに入りました。ところが授業を受けてみると、30分では理解しきれない国語や英語、予習したてであやふやな数学を周りの人がスラスラ解いているのを感じて、毎週土曜日は心をボキボキに折られた気がしました。ですが学校の定期テスト、他の塾の模試を受け、実力がついていることを実感しました。そのときはできなかったけれど、河合塾の授業が確実に自分の力になっていたのだと思います。そのときできなくても良かったのです。受験当日までにできるようになれば良いという切り換えを素早くするべきでした。みなさんには心に余裕を持って焦らず頑張ってほしいです。もし、河合塾に入っていなかったら…と考えるとひやひやします。それくらい、自分の実力を引き上げてくれた河合塾には感謝しかありません。ありがとうございました。

旭丘高校入学 T.Sさん(千種校 トップレベル)

僕は、中3の2学期から河合塾中学グリーンコースに通い始めました。毎週レベルの高いテストがあり、それによっていろいろな問題に触れることができ、入試での得点につながりました。答案は毎週、添削してもらえるので、どのような解答が良くてどんな解答がだめなのかというのがわかるようになりました。また、入試に必要な知識を、「これは私立向け」「これは公立向け」などを言いながら教えてくれたのもとても良かったと思います。公立高校の対策では、高校進学倶楽部で本番そっくりなテストが受けれて、志望校判定も出るので、モチベーションUPや本番の自信にもつながりました。中3まで塾に行ったことのない僕が第一志望に受かれたのは河合塾のおかげです。ありがとうございました。

保護者の声

講師のみなさんが受験のスペシャリストで、安心して子どもをまかせられます。学習指導についてはもちろん、精神面、受験に対する心構え、またデータに基づいた受験校選びなどあらゆる面でのアドバイスが完璧です。息子も講師のみなさんに対し絶対的信頼をおき、「河合塾の講師の言うようにやっていれば大丈夫」と安心して受験に向けて進んで行くことができました。第一志望に合格できたのは講師のみなさんのおかげだと感謝しています。※公立高校第一志望の場合の私立高校受験校選びについて「実力証明校」はとても大事だと思いました。

旭丘高校入学 K.Mさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

中3のときに、高校進学倶楽部の存在を知りました。すでに志望校は決まっていましたが、コロナということもあり、なかなか気がのらず、勉強がはかどらない日も続いていました。なので、進学倶楽部を初めて受講したときは周りの生徒のレベルの高さに驚きました。そして、「自分ももっと頑張らなくては」という気持ちを奮い立たせてくれました。高校進学倶楽部の問題はとても質が高いので学ぶことがたくさんあるし、家に帰って復習することでどんどん知識が定着していきました。また、間違えても講師のわかりやすい解説があったので、本当に助かりました。結局私は、最後まであまり良い判定を取ることができず、最後の判定もCでした。ですがそこであきらめずに自分を信じて努力し続けたところ、第一志望の高校に合格することができました。河合塾の講師とライバルのおかげでつかみとれたと思っています。本当にありがとうございました。

保護者の声

子どもは部活動に忙しく、また学校の宿題や課題も多かったので塾には通わせず、通信添削をさせ、わからないところは親が教えていました。しかし旭丘合格ライン(110点中、100点近く)まで持ち上げたり、正解に少しでも早くたどりつく方法(特に数学)を親が教えることは難しく、子どもにとって高校進学倶楽部で吸収することは多かったように思います。一緒に勉強することで実力が付いてきていること、弱点克服ができていることは感じたので、模試やテストゼミの結果、判定に一喜一憂することはやめました。入試の日に、勉強もメンタルもピークを持っていけるよう、スケジュールを作ったり、立て直したり、親子で併走して乗り切りました。

旭丘高校入学 M.Yさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は、9月の終わり頃まで部活動をしていました。また、10月にはピアノの発表会があったため、本格的に受験勉強を始めたのは11月からでした。誰が聞いても、「遅い!」と言いたくなると思います。たしかにそれまで自分のやりたいことを続けてきたために、高校進学倶楽部の成績表が返却されるたびに焦りました。高校進学倶楽部の第1回、2回、3回、どれもC判定でした。本当に本当に落ち込みました。しかし、毎回高校進学倶楽部で学習したことをしっかり復習していたことで、第6回、7回では連続でA判定をもらうことができました。進学倶楽部で、「焦って」勉強したおかげでの第一志望校合格です。当日、解いたことのある問題で間違えてしまうことが、一番こわいと思います。みなさんも、河合塾で得た知識が、自分の「道具」になるまで頑張ってください。

保護者の声

娘は部活動と幼少期から習っているピアノの練習で日々忙しかったため、家庭で勉強する時間があまりなく、塾へも通っていませんでした。それでも学校の授業で先生が話したことをその場で覚えるなどしてきたため、中学校では安定した成績を修めてきました。しかし初めて経験する入試にはこれまで感じたことのない恐怖を持ったようで、娘自ら希望し、高校進学倶楽部への申し込みを決めました。高校進学倶楽部では常に入試と同じ形式でテストを行ったため、苦手な分野や引っ掛かりやすい問題、時間配分等、入試本番に向けて改善すべき点を多く見つけ出すことができました。高校進学倶楽部があった日は帰宅後に必ず見直しをし、着実に点数をとれるよう実力をつけていけたと思います。また各中学校から優秀なお子様が集まるのも、良い刺激になったようです。3年後には息子が高校を受験します。そのときにはまたお世話になります。

旭丘高校入学 S.Sさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

内申点が高かったので、当日点の点数を上げるために高校進学倶楽部に入りました。定期テストのための勉強しかしていなく、普段はあまり勉強していなかったので、最初の第一志望校の判定は合格可能性20%以下でした。回を重ねていくごとに雰囲気にも慣れ、点数はどんどん上がっていきましたが、僕の課題は好不調の波が激しいことでした。僕はしばらくすればまとまってくると考え、気にせずに勉強してきたのですが、いつまでたっても安定せず、直前にその課題と向き合うことになりました。そして向かえた当日は、最高のコンディションでした。少しでも合格する確率を上げることが受験では大切だと思います。そこに時間切れなんてことはないと思います。時間が迫ってきていても、合格に向けて少しでも確率を上げていくことが大切だと高校進学倶楽部で学びました。

保護者の声

本番に近い形式で課題の数をこなせたことが自信となり、試験当日に力を発揮できたように思います。体調を崩さず、すべての授業に出席できるように、ということを一番に考えておりました。授業に行く日の朝は気が重そうでしたが、帰宅すると「行って良かった」と満足しておりました。良い授業をありがとうございました。

旭丘高校入学 K.Yさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部は自分と志望校との距離を把握する上でとても重宝できるものでした。初めはA判定で不安でしたが、徐々に点数が上がり、S判定を安定させることができました。高校進学倶楽部があったから入試本番でも落ち着いて取り組めたと思います。

旭丘高校入学 O.Sさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は3学期から高校進学倶楽部の受講を始めました。短い期間でしたがとても充実した内容でした。高校進学倶楽部のテストでは入試の傾向に沿った実戦的な問題や新傾向を予想した問題があり、時間の使い方など本番で役に立つことも同時に身につけることができました。テストの後にはすぐ解説授業があり、正答率が低かった問題を中心に解説を1教科ずつ講師の方がしてくださったので、わからなかった問題もすぐにわかるようになるというスタイルがとても良かったです。また、内申点とのドッキング判定も出るので、周りのライバルと切磋琢磨し合いながら自分の成長につなげさせてくれます。入試本番で100%の力を出したいと思う人は、ぜひ高校進学倶楽部を受講してみてください。

旭丘高校入学 K.Mさん(名古屋校 トップレベル)

高校入試を終えて、河合塾に入塾して本当に良かったと思います。河合塾では塾生のみんなが高レベルの高校をめざして勉強しており、その雰囲気にのまれて自分もみんなに追いつけるように頑張ろうと学習しました。その雰囲気を作り出してくださっていたのは講師の励ましの言葉やチューターによる高校紹介、河合塾に掲載してあった先輩方の合格情報などであったと思います。特に私は第一志望入試直前に田村先生が「絶対に大丈夫、安心して受けてこい!」と言ってくださったことが本当に嬉しく、試験中に緊張してもその言葉を思い出し、落ち着いて問題に取り組めました。今回、私が合格をつかみとることができたのは講師やチューターの温かい応援メッセージや励ましの言葉があったからです。本当にありがとうございました。大学受験に向けてまた河合塾で頑張っていこうと思います。

旭丘高校入学 M.Hさん(名古屋校 トップレベル)

最初はあまり成績が良くありませんでした。実際に第1回の高校進学倶楽部では旭丘高校の合格判定はCでした。そのときは、とてもショックを受けたのを覚えています。その後レギュラー授業の予習と復習、高校進学倶楽部のテストの解き直しを主に積み重ね、ときには講師を頼りながら成績をUPさせてきました。もちろんスランプもあり、成績が落ちてしまったこともありましたが、最後の高校進学倶楽部では1回目の合計点数から約20点上げS判定をもらうことができました。実力はあるのに運がなくて受からないということはありません。実力があれば必ず受かります。皆さんも自分の力を伸ばし、合格をつかみ取ってください。

河合塾が受験に向けてのペースメーカーとなりました。学習の疑問だけでなく受験に対する不安に対しても講師の方々を初め、教務スタッフ、チューターの皆様方がその都度、丁寧に対応してくださりました。すぐに解決したいときには電話をかけたこともありますし、講師室には本当によく出入りしていたようです。これから受験を迎える皆様方も授業・テキストだけでなく講師・教務・チューターの方々、自習室など河合塾を最大限に利用されることをお勧めします。

一宮高校入学 S.Sさん(千種校 トップレベル)

もし、高校進学倶楽部や高校入試統一テストの点数がすごく悪かったとしても、あまり落ち込まないでほしいです。私は、受験が近い12月の高校入試統一テストで偏差値が60にほど遠かったですが、今こうして合格することができています。自分と相性の悪い問題を見つけられた、くらいの前向きな気持ちで受け止めた方がそのテストの価値があると思います。その間違ってしまった問題の解法をしっかりと覚えた方がいいです。あと、受験当日、教室に入ったときは、その空間で1番頭が良いのは自分だ、くらいに思っておくと、答え合わせをしている人たちの話を聞いても気にならないのでオススメです。

大垣東高校入学 Y.Yさん(岐阜校 トップ公立高校進学倶楽部)

私は、この高校進学倶楽部に入って良かったと思っている。なぜなら、いつもと違った雰囲気や、講師の説明が自分のためになったと感じるからだ。私は一人で大垣から岐阜校に通っていた。だから知っている子が誰もおらず、常に緊張感を持って取り組むことができた。また、良きライバルとして、毎回のテスト結果に応じて「次は必ず点数上げよう」と気合いを入れることができた。講師の説明は、他の校舎でも教えている講師だからこそ聞ける解き方がたくさんあった。これにより国語の読解力や作文力が高まり、当日は過去最高点を出すことができた。そして、社会では、年号をこの講習により完璧に覚えることもできるようになり、自信をつけられたと思う。私は、高校進学倶楽部での半年を通して、心も学習面も大きく成長した。それにより、自分の手で合格をつかみ取ることができ、とても良かったと感じている。

岡崎高校入学 K.Yさん(名古屋校 トップレベル)

私は、中1の春に河合塾に入塾しました。1・2年生は授業についていくのは大変でしたが、なんとかトップレベルのクラスに在籍していました。ですが3年生になり、高校入試統一テストが始まるとなかなか思うように点がとれず、クラスが落ちてしまいました。当初はとてもショックを受け、勉強に身が入らなかったり、投げやりになってしまいましたが、講師やチューターに励まして頂き、今まで以上に復習に力を入れて勉強していったところ、再びトップレベルのクラスに入ることができ、第一志望に合格できました。河合塾の授業はペースが早く、予習・復習がとても大切になり、自分の思うような結果が出ないときもあると思います。それでも目の前のことにしっかり向き合って努力を重ねれば必ず結果はついてきます。自分を信じて頑張ってください。

保護者の声

私は出身が東海地区ではないため、保護者会での情報はとてもわかりやすく、不安なく入試を迎えることができました。テキストもいろいろそろえることもなく、「河合塾のテキストのみで大丈夫です。」との説明を信じ続けてきました。講師やチューター、スタッフ皆さん自信を持って指導いただき、子ども達を信じて良い方向へ導いていただきました。合格を信じて指導を受ける、指導をするという信頼関係があったと思います。一切の不安なく中学3年間通塾できたことに感謝いたします。ありがとうございました。

岡崎高校入学 K.Hさん(豊橋校 ハイレベル)

最初は高校進学倶楽部のみに参加しており、2月からレギュラー授業も受けました。河合塾に通って良かったことはたくさんありますが、その1つに土・日に授業や講習があることです。部活動をしている期間が長く、平日に時間を見つけるのが難しくても日曜日に授業があることでとても助かりました。また、高校進学倶楽部は1日で午前中テストと午後は講義の形で、テストで感じた焦りや学習方法の不安などをお昼の休暇や帰りにチューターや職員の方からアドバイスをいただくことができ、とてもありがたかったです。付せんを使った方法は今も実際に続けています。講師の授業もおもしろく、いつも新たな発見をして家に帰っていました。最初に河合塾の講座を見つけてくれた母には感謝しています。河合塾に入って良かったです。ありがとうございました。

保護者の声

圧倒的な情報量と対面授業、ハイレベルな生徒さん達と一緒に勉強することにより子ども自身に競争心がわき、それが良い方向に向かったことが良かったと思います。いろいろと口に出したくなることもあると思いますが、子どもを信じて希望を尊重することが大切だと思います。どんな些細なことでも、子どもの話を聞いてあげることを心掛けました。子どもは吹奏楽部に所属していたので10月頃まで活動がありましたが、河合塾の授業が土・日・祝日だったので、うまく両立できました。高校進学倶楽部からの入塾でしたが、質の良い授業と、子どもの何気ない不安・疑問にも真剣に耳を傾けてくださったチューター、講師の方々には、本当に感謝しています。ありがとうございました。

岡崎高校入学 M.Yさん(豊橋校 トップ公立高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部生でしたが、一人の塾生として、勉強や日々の生活面をサポートしてくれて感謝しています。高校進学倶楽部で習うことは、高校入試に役立つものばかりです。実際に、講師が「大事だよ」と教えてくれたことが入試に出て、かなり高得点につながったと感じています。高校進学倶楽部の授業は一通り5教科分のテストをやってからの5教科分の講義形式です。1回目の時は講義の途中で集中力が切れていましたが、積み重ねる度に集中力がアップし、それがテストでの集中力の維持につながりました。また、高校進学倶楽部のテストは入試傾向に沿っていますが、難易度的には難しく、なかなか点数が伸びませんでした。しかし点数よりも間違えたところをしっかりと見直し、復習することで当日点を上げることができました。

保護者の声

模試の結果が今一つという状況が続き、河合塾(高校進学倶楽部)を受講させて頂きました。5教科のテスト後、講師が丁寧に講義してくださり、少しずつ結果もでてきました。以前はわからない問題が出てくると慌ててしまって、他の問題や他の教科まで落ち着いて取り組めず、十分に力を発揮できませんでした。しかしテスト形式の授業は粘り強く問題を解くトレーニングとなり、自然にテストに対する緊張感も緩和されて、息子から「テスト慣れてきたよ」という言葉も。受験当日も落ち着いて臨むことができました。また、チューターにはいつも優しいお言葉を頂き、励まされ、親子で感謝しております。

春日井高校入学 I.Hさん(名古屋校 ハイレベル)

私は中2のときから自習室に通っていました。入塾は小5の2月からだったのですが、それまでは自習室は使っていませんでした。中2のときに友達と一緒に自習室で授業の予習・復習や学校の課題をやり、わからないところは講師に質問したり、友達に教えてもらったりしました。皆さんは家でも勉強できるかもしれませんがわからないところを講師に質問してわかるようにするという学習サイクルをオススメします。さらに河合塾には個性豊かな友達がたくさんいるので、ぜひ友達をつくって一緒に勉強をしてください。そうすると中3の合格発表で一緒に喜びを分かちあえます。私は河合塾に入塾して良かったと思います。

保護者の声

多くの友達ができたようで、親としても大変嬉しく思います。コロナの影響で中3の部活はほぼ行われず、塾に専念できたと思います。本人にとっては、さみしかったようですが。当日、体調不良で受験できないということにならないよう万全の体調で当日を迎えれるように心掛けました。

菊里高校入学 Y.Rさん(千種校 トップレベル)

私は、高校入試統一テストをあまり活用できなかった。模試を受けたら、終わりになっていた。中3になってから、ようやく“テスト後”にどこをどれだけ落としたかを分析し、間違いノートを作り始めた。中1から始めていたら、苦手なところをもっと早く見つけられたり、入試前の最終確認を効率的にできていたかもしれない。それでも、中3から始めて、まだ良かったと思う。受けて終わりではない。その後に生かしてほしい。

保護者の声

塾に通わせたことで、勉強に積極的になったことが良かったことです。自習室を上手に活用することをお勧めします。

菊里高校入学 Y.Aさん(千種校 トップレベル)

私が受験を経験したなかで、役立ったなと思うことを3つ紹介しようと思います。1つ目は、高校進学倶楽部です。絶対に受けてほしいです。愛知県公立高校入試の大半の形式(解答用紙など)や、合格の可能性が今何%くらいあるのかが把握できる上に、知識の穴に気づかされる問題も多く、とても便利でした。テスト慣れとしても良いと思います。私立受験をする人には学校別の講習がオススメです。2つ目は、ファイナルチェックブックです。受験の少し前に配られる小さい本なのですが、入試当日の最終確認のときまで使えます。情報は厳選され、余白にあやふやな知識をメモしておくと本当に便利です。公式や用語など外せないものがつまっていて、まさに虎ノ巻です。3つ目は、緊張対策です。当日は誰もがとても緊張していて、同じ教室の受験者の中にはガチガチになったり震えたりしている人もいたので、緊張しすぎだなというときに「いつも通り」でいられるよう、あらかじめルーティーンを作っておくと役立つはずです。(深呼吸とか)お守りも役立ちますが、できるだけカバンの中にしまっておいた方がいいと思います。教室が寒いときもあるので、防寒具は必要です。

保護者の声

日ごろから受験本番を意識した講義内容や教室の雰囲気の中で学習に臨むことで、本番でも緊張しすぎずテストに向き合うことができたようです。保護者としては家での子どもの様子を見て不安になるところもありましたが、塾での頑張りを信じて、見守り、励ますようにしていました。3年間ご指導いただき本当にありがとうございました。子どもも勉強は大変だったけれども良き講師のもと、楽しく通うことができました。高校生活を楽しみながら河合塾のお力を次の目標にむけてお借りできればと思っております。

岐阜北高校入学 M.Nさん(岐阜校 トップ公立高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部では、高校入試に非常によく似たテストと、そのテストの問題の解説がセットになっていて、とても充実した内容でした。テストでは、社会や理科で間違えた所があるとその単元を家で復習し、更に定着することができました。それまで通塾していなかったため受験勉強に不安がありましたが、高校進学倶楽部を受講するようになってから、回を重ねるたびに自信がついていきました。自分の学習ペースを乱すことなく通える回数だったので、それも魅力的でした。

保護者の声

河合塾の方がとても親切な応対をしてくれます。さすが、大手予備校という感じでした。進路相談も助かりました。テキスト(テスト)も良くできたもので、実戦力を養えられたと思います。受験当日も、緊張せずに解けたようです。親としては、体調管理、食事はバランスよく、たくさん睡眠を取らせるように心がけました。あとは、受験まで息切れしないように、気を使いました。また志望校へのモチベーションが途切れないようにも気を使いました。

向陽高校入学 S.Yさん(千種校 トップレベル)

僕は河合塾に入って絶対に良かったと思うことがあります。それはどんな問題にも対応する力を身に付けられたことです。僕は数学が苦手で点数がいつも悪く、あきらめていました。そんなとき講師に「他の人にできることが君にできないわけがない」と言われて必ず数学を得意にすると決めました。今まで受けたテストやプリントをすべて復習した結果、どこからアプローチするかを見つけ、何を使えばよいかのポイントが理解でき、本番では高得点をとることができました。本番で同じ問題が出るとは限らないけれど考え方が似ている問題は必ず河合塾のテストやプリント、テキストに載っているので、できないからと諦めずに何度でも取り組んでほしいです。僕は「今からやる問題がもしかしたら入試に出るかもしれない」という気持ちで問題を解いていました、その1問を解くことができたら前の自分より必ず成長しています。できないと決めつけずに何度でもアタックしてほしいです。頑張ってください。

保護者の声

講師の話がおもしろい、難しくても納得できる解説のわかりやすさが本人のモチベーションを上げ、もっと頑張ってみようという気持ちにさせてくれたこと。「受験生だから」と特別待遇する必要はありません。むしろいつも通りに接すること!!叱ったり、怒ったりも当たり前です。ただ、塾に持っていくお弁当だけは手作りしました。お母さんも頑張って作ったから、あなたも頑張りなさいと念を入れて…。

向陽高校入学 Y.Tさん(千種校 ハイレベルレクチャー)

私は、勉強があまり好きではありません。なので、受験勉強をしっかり始めたのも、冬休みぐらいからです。本当に始めるのが遅かったと、今になってとても思います。なのでみなさんには、思いたったらすぐに始めてほしいです。その方が、入試直前期でも落ち着いて取り組むことができると思います。でも、遅くなってしまったとしてもあきらめないことが大切です!私も、最後の最後まで、志望校が合格圏に入ったことはありませんでした。冬休みの模試も、結果が良くなく、自分も周りの人達も、受かるとは思っていなかったと思います。そんな中でも頑張ることができたのは、周りの人達の「後悔だけはしてほしくない!」という言葉があったからです。今、ここで努力をやめたら確実に落ちると思い、最後まで頑張ることができました。特に理科と社会は、直前にとことん取り組むことで点数を上げることができました。最後まであきらめずに、少しでも点数が上がるように頑張ってください。応援してます!

保護者の声

習い事を優先させたため、土・日に授業がある河合塾を選びました。年末まで両立させることができ、お正月からは勉強のみに短期集中で希望の高校に合格できました。親としては、とにかく明るく本人が不安にならない雰囲気づくりに努めました。

向陽高校入学 H.Tさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部は、試験本番の練習に適していると思います。教室の環境もよく、集中して勉強に取り組むことができます。また、解説で問題の意図までわかり、実力をつけることができるため、応用問題に対応できるようになれます。参加して良かったと思います。

向陽高校入学 I.Iさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

初めは点がとれなかった。これは本当。周りとのレベルの違いに自分が井の中の蛙だったことを思い知らされました。ですが、「入試で戦うのはこの人たちと同じくらいのレベルの人達なんだ」と考え、1回1回の高校進学倶楽部に臨むうち、成績は上がっていきました。成績が上がるにつれテンションも上がり、より勉強に熱が入りました。自分のレベルがどのくらいなのか、入試本番での実力はどのくらいなのかを知れたのは、本番さながらの問題を出してくれて、7回もデータをくれる高校進学倶楽部があったからこそだと思います。親身に教えてくださった講師の方々、サポートしてくださったチューターに心から感謝しています。

保護者の声

1番大切なことは、本人に「進路」を選ばせることだと思います。そして、一度決めたら、そこへ向かって、全力サポートあるのみだと信じています。

向陽高校入学 T.Sさん(名古屋校 トップレベル)

高校進学倶楽部は、愛知県の公立入試問題を1・2倍くらい難しく作ってあって、それを本番より短い時間で解くのですが、私は最初C・D判定が多く泣きそうになりました。しかし毎回復習と反省をかかさずにやっていたら年明けに第一志望A判定、第二志望S判定になって、入試本番は第一志望で93点、第二志望でベストの96点を出せました。勉強でいい点がとれなくてもくやしくてもあきらめないこと、努力し続けることの2つのことは大切にしてください。そうすれば合格という二文字をつかみとることができます。

桜台高校入学 T.Sさん(千種校 ハイレベル)

私は第一志望のAグループのテストで思うような結果が出せず、もうだめかもしれないと落ちこんでいました。Bグループ予想対策で気持ちを切りかえて理科と社会を中心に見直しました。結果はAグループよりBグループの方が高くとることができ、受かることができました。河合塾のテキストやテスト問題は難しい問題が多くてくじけそうになりましたが、最後まで続けられて良かったです。ありがとうございました。

保護者の声

河合塾に通わせて良かったことは、難しい問題、知らないことを知ったときくじけずにタフについていこうとしたことです。河合塾には高い目標をめざす生徒さんが多く、その中で打ちのめされることばかりでした。受かるのが難しいと言われていた私立高校に受かり、受験した私立高校はすべて合格できて、確実に力がついていると思い公立高校にチャレンジすることができました。入学する高校は第一志望ではありませんでしたが次の大学受験に向けてまた頑張ろうと思います。本当に今までありがとうございました。

時習館高校入学 I.Mさん(豊橋校 ハイレベル)

公立高校を受験する人にとって内申点はすごく重視されるし、私も自分の内申点に不安がありましたが、結局トップレベルの高校ほど大切なのは当日です。内申点が足りないと思っても気負わずに問題を解けば必ず合格します。その実力をつけるためには、高校進学倶楽部の問題や公立高校入試の過去問を繰り返して傾向をつかむことが必要です。そして当日は、結果のことは絶対に考えずにどうやったら集中できるかだけを考え、1つも悔しいミスをしないようにすれば勝てます。私は、「数学があのできだったから社会でカバーしなきゃ…」などと考えドキドキしてしまったので、前の教科のことは忘れて目の前の問題に神経を使えると強いなと思います。頑張ってください。

時習館高校入学 S.Kさん(豊橋校 トップ公立高校進学倶楽部)

私は高校入試統一テストを受けたことがきっかけで高校進学倶楽部の存在を知り、すぐに申し込みをしました。自粛期間で勉強のリズムが崩れてしまい、すべての教科においてスランプを感じていました。そこで皆が苦手とするような問題を集めたテストを受けられるという点にとても魅力を感じたのです。しかし初めは午前中テストの午後ほぼぶっ通しの解説授業についていけず、とても不安でした。またテストの点数が1ケタだったり、授業のスピードに追いつけなかったりと、一時は志望校変更も考えてました。しかし回を重ねるごとに慣れ、授業のスピードにもついていけるようになりました。また伸び悩んで辛い思いをした時にはチューターと面談をして、的確なアドバイスや励ましの言葉を頂いたことも、今振り返れば私にとってのアドバンテージになったのかなと思います。

保護者の声

まず、子ども自身の選択を尊重するよう心掛けました。親の希望を押しつけてしまうと、思うような結果が得られなかったとき「逃げ」になってしまうと思ったからです。ただ、志望校選択の参考になるように情報を集める、健康管理などのサポートは心掛けました。成績が伸び悩んでいた時は、河合塾のチューターに相談に乗っていただきました。悩みは親子間だけでなく大勢の受験生を見てきた河合塾の方と共有することで、道が拓けたと思います。悩んだときは河合塾に相談することをお勧めします。

時習館高校入学 K.Rさん(豊橋校 トップ公立高校進学倶楽部)

一番初めの授業では、ぜんぜん点がとれなくて落ち込みました。しかし、「初めはみんなそうだから」と聞いて少しホッとして、点数を伸ばすことだけでなく、自分が苦手なところをあぶりだして、少しでもつぶせるようにルーズリーフにまとめたり、繰り返し問題を解いたりしました。本番直前、まとめたルーズリーフはとても役に立ちました。これに加えて、高校進学倶楽部では正答率の悪かった過去問が解けるので、問題の出方がわかりました。また、ほとんど他校の人だったおかげで、本番は雰囲気で緊張することはなかったです。

保護者の声

家で一人で勉強していてもなかなかモチベーションを保てず、自分の欠点にも気付かないことが多いので、ハイレベルな授業を受けることができて良かったと思います。

時習館高校入学 M.Fさん(豊橋校 トップ公立高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部で行うテスト形式で、冬期講習で習ったことの実戦練習ができたと思います。時間帯も実際の入試とほぼ同じだったので、そこも良かったです。テストが終わった後にある解説の授業では、問題の解き方だけでなく、入試に出やすい所や関連して覚えておくと良いことなども知ることができました。帰った後の復習で見ておくと良い教科書のページなども知ることができるので、復習もしやすくなります。月に1回くらいしかなかったので、他のこともできるのもいいなと思いました。

保護者の声

河合塾にお世話になったおかげで、不安定だった数学や社会の点数が安定しました。冬期講習とトップ公立高校合格をめざす高校進学倶楽部の1〜2月、直前セミナーと、単発で学べたので日数の負担がなかったです。平日より休日の勉強時間がしっかり取れていないように感じていたので、休日に単発で講習を受けられたのは親の安心感につながりました。受験は子ども自身の戦いですが、その心を支える役目を親は担わないといけないので、なるべく平常と同じように、明るく楽しく過ごしていけるように心掛けました。合格を手にできたのは多くのサポートがあったからこそです。ありがとうございました。

昭和高校入学 N.Nさん(千種校 ハイレベル)

実際の入試問題に慣れるために過去の問題を10年間分解きました。周りの皆は5年分と言っていましたが、今年の入試で、特に理科で7〜8年前くらいのときと似たような出し方だったのでとても解きやすく、点を取ることができました。まずは過去問を解いて出題方法に慣れることをオススメします。また、苦手分野は早くなくしておくことが大切です。遅くとも中3の夏休みが終わるまでには基礎から応用までの問題を解いた方が良いと思います。あとは単科ゼミなどを受講し、数学の図形や関数など苦手な分野も数多くの問題を解いて慣れるようにして、間違えたところは解き方がわかるまで繰り返し、疑問があったらその日のうちに講師に聞いて解決するとその内容がしっかりと定着すると思いました。

河合塾は毎回必ず予習→テスト→テスト解説の講義、という流れなので、その日のテストで間違えた問題の解説を聞くことでなぜ間違えたのか、どこがわからないのか等をその日のうちに解決でき、とても良かったと思います。受験が近づくと子どもの精神状態がとても不安定になり、焦りから今まで解ける問題も解けなくなったり、読んでも長文が頭に入らなくなったり、泣いたり怒ったり、ということもありました。たくさん話を聞いてあげて、安心させてあげることを最も心がけました。あと、部屋の壁に受験番号と「本校に合格」と書いた紙を貼り、毎日合格をイメージしてきました。その通り合格発表で「本校に合格」の文字を見つけた時には本人も大喜びでしたので、最後まであきらめず、頑張ってきて本当に良かったと思いました。

瑞陵高校入学 S.Mさん(千種校 トップレベル)

私が公立高校の試験を受けて伝えたいことが1つあります。それは、空欄を解答用紙につくらないことです。私は数学の問題でわからない問題がありました。何とか答えは出ましたが、なぜそうなるのかという根拠はわかりませんでした。ですが、とりあえず答えを記入し、後日解答を見たところ正解でした。試験の時間は限られているので、わからない問題はとりあえず答えを出し、残りの時間で根拠まで発見できるといいと思います。そのようなことにならないために、普段からしっかりと勉強して実力を高めることを勧めます。ですが、本番はうまくいかないこともあると思います。そのときに、この方法を参考にしていただきたいです。

瑞陵高校入学 I.Mさん(千種校 ハイレベル)

私は小学校の頃からずっと数学に苦手意識があり、成績もあまり良くなかったので、河合塾のテキストを活用しました。毎週末にある授業の前にする予習で数学のテキストを1講ごとにコピーして、1問1ページでノートに貼っていました。ノートを見開き1ページ使い、左側のページは予習をするときに、右側は、復習2周目に使っていました。そうすることで1回目は解くことができなかった問題も2回目に解くときには、解説を読んだり、解き方の解説を受けたあとなので解けるようになり、とにかくテキストを完璧にするようにしました。河合塾ではもちろん授業も大切ですが、テキストがすごく重要になっていると思うので、テキストの活用が受験の結果にもつながったと思います。

河合塾に通わせて良かったこととしては、受験への高い意識を維持することができたことだと思います。受験生の保護者として何か特別に心掛けたということはありませんが、聞かれたことにはきちんと答えたり、子どもと一緒に難問を解くといったことはしました。そのような実戦的、具体的なサポートは必要かと思います。

千種高校入学 N.Rさん(千種校 ハイレベル)

私は、中3から入塾しました。コロナウイルスの影響もあり、はじめはオンライン授業で、対面授業になってからも授業についていくのが大変でした。自分の学習のリズムを変えることはなかなか難しいです。そこで、これから受験する方々におすすめしたいのが、本番と同じスケジュールで勉強をすることです。私は、昼食をとった後の勉強がはかどらなかったのですが、この方法でなんとか乗り越えました。公立高校入試の1カ月ほど前のちょうど私立高校入試の後は、過去問と高校進学倶楽部の問題を何度も解きました。まったく同じ問題が本番で出題されるかどうかはわかりませんが、入試の形式に慣れておくことが大切です。河合塾のテキストもとても役に立ちました。量も質もどちらも大切だと思うので、河合塾のテキストはしっかり活用するべきです。

保護者の声

受験勉強は楽しいことではなく辛いことが多いため、何かひとつでも本人のやりたいこと(部活や習い事)を続けさせるため、土日、振替のできる河合塾を選びました。中3からの入塾だったため、初めの頃は1日で5教科を受講するのに疲れ、授業に集中できない科目もあり、土日に分けて受講したりしましたが、回を重ねるごとに体力的にも慣れてきました。公立本番も1日5教科のため、この通い方で良かったと思いました。保護者セミナーなどでこの時期にやることなど具体的なアドバイスが役立ち、年明けからは「新しいことはやってはいけない」というアドバイスをもとに、夏期講習のテキストや過去問を繰り返しやっていたようです。河合塾のテキストは項目がわかりやすいため、苦手分野をひろいやすかったようです。1月からは、入試当日のスケジュールで起床するように心掛けて生活しました。

千種高校入学 W.Nさん(千種校 難関公立高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部を受講して、傾向や自分の苦手な部分を知ることができました。私は、河合塾の高校入試統一テスト、高校進学倶楽部の半分ほどが合格率20%以下のD判定でした。ですが、回数を重ねるごとに点数・判定が良くなり、志望校を変えずに合格することができました。進学倶楽部は、テストを受けたその日に解説を聞き、復習できるのでとてもためになりました。また講師の方が親身に相談にのってくれ、アドバイスをしてくれたおかげで志望校の合格を勝ち取ることができ、本当に感謝しています。

保護者の声

県外受験だったため、入試の仕組みや地元(三重)のレベルとの比較がとても難しく、愛知県入試の対策のために県外から通うことを決めました。大手の塾ということで、講師とお話するのは難しいかと思いましたが、快くとても親切に相談に乗っていただけました。この場をお借りして、西川先生、本当にありがとうございました。講師の御指摘・アドバイスは娘の心に響き、最後まであきらめずに入試に向かうことができました。親として子どもの意見を尊重し見守ってきましたが、入試対策、愛知の傾向については知識がなかったため、講師のお言葉を信じ、過ごしてきました。遠距離で大変なことも多かったですが、通わせて本当に良かったです。

千種高校入学 I.Kさん(名古屋校 ハイレベル)

私は部活動を10月いっぱいまでやり、受験勉強が少し遅れていることを感じていました。そのため空いている時間は過去問をやったり暗記をしたりしました。高校進学倶楽部で50点台を取ってしまうこともありましたが、3回ぐらい復習をして1週間前にもう1度復習をしてできるようにしました。また、受験当日は朝が早いため、早く起きて過去問1教科やってから学校に行きました。過去問は、8年分を2回やりました。本番の時間より短くしてやり、点数も出しました。勉強しているときに辞書でわからないものがあったらすぐ調べることを意識しました。河合塾の授業では速く解くための方法や授業中に覚えることを心に置きながら受けました。講師の方に皆が質問していて、刺激的でした。最後の高校進学倶楽部の点数は、内申点が33に対し、80点代前半しかとれなかったのですが最後まで勉強をし、第一志望校に合格することができました。これから受験を迎えられる皆さんも強い意志を持ち、最後まで、自分を信じて、第一志望校に合格できるように頑張りましょう。

保護者の声

河合塾のテキストや講義は完璧だと思います。また、保護者会の度に思うのが、適切な分析や真剣に前向きにご相談できるばかりでなく、いつも心理的なフォローまで皆さま配慮くださり、学習塾に求めること以上の面談を受けることができ、大変感謝しております。これも河合塾が組織的に、多角的に子どもをとらえ支援くださっているからではと思い、頭の下がる思いで感心しています。お正月・年末もなしでいつも親身に全力でご尽力いただき、心より感謝申し上げます。3年間お世話になり本当にありがとうございました。

千種高校入学 K.Tさん(名古屋校 ハイレベル)

保護者の声

中1から通っていましたが、なかなか成果がでなかったので講師の方に相談したところ、「人にはいろいろなタイプがあり、お子さんは後になって伸びるタイプです」と悟されました。様子を見ていましたが、中3になってからみるみる成績が伸び始め、結果第一志望校に受かりました。講師のアドバイスを信じ、子どものことを信じてきたことが良かったと今は安堵しています。ありがとうございました。

津高校入学 K.Aさん(津現役館 トップ公立高校進学倶楽部)

私は中1、中2と塾に通っていませんでした。しかし中3になり、受験が近くなると入試問題の傾向や本番の雰囲気が家で過去問を解いているだけではイマイチつかめず、不安が募っていきました。そんな時河合塾のチラシを見かけ、友達と一緒に入塾することにしました。河合塾では入試対策のテストを行い、その後講師の解説を受けられるので、自分で過去問を解いて答え合わせをするよりも理解が深まります。また、講師の方も一人ひとりの質問に丁寧に答えてくださいました。河合塾のおかげで入試の問題と緊張感に慣れることができ、当日は自信を持って臨めました。

津高校入学 T.Kさん(津現役館 トップ公立高校進学倶楽部)

新型コロナの影響で学校が休校になり、通っていた塾も休むことになったため不安な気持ちで勉強していて、成績は伸び悩んでいました。そして夏休みの最後に、親の勧めで受講しました。高校進学倶楽部は1個1個のテストの後の解説がとても丁寧で、授業後に出席カードに質問を書いて疑問をなくすことができたので模試の結果も良くなり、学校の成績も昇上させることができました。また、入試の直前には勉強会を開いてくださったり、講師の方から問題を解くときのコツを教えてもらったりして、受講前と比べて不安な気持ちを落ちつかせることができました。

豊橋東高校入学 S.Mさん(豊橋校 ハイレベル)

私は小6の冬期講習から河合塾に通い始めました。いろいろな新しい解き方や考え方を教えてくれ、内容の濃い70分を過ごすことができました。また友達にも恵まれ、教え合えたり共に頑張れる環境が整っていました。高校進学倶楽部の判定で第一志望は、ずっとCかDでした。「本当に大丈夫か?」「受かるのか?」など不安も多かったですが、さまざまな方々に支えられやり抜くことができました。学校の内申点も38→42まで上げることができ、最後の最後までわからないということを感じました。第一志望に合格でき、とても嬉しかったです。河合塾生で良かったです。ありがとうございました。

保護者の声

小6の体験授業から参加しました。河合塾の意見がどんどん出てくる授業に圧倒されて帰宅し、本人の目が輝き「河合塾に行きたい」と言い出しました。目標が定まっている同い年の子達に囲まれ、やる気が楽しいという感覚になっているのを親から見ていても感じる3年間でした。コロナ禍の1年で、もがきながらも自習室を上手に利用して受験当日をむかえられました。講師の方々、チューターの方々、教務の方々に合格祈願の一言をいただき、安心のなかで試験できたと思います。ありがとうございました。

豊橋東高校入学 H.Kさん(豊橋校 トップ公立高校進学倶楽部)

僕は高校進学倶楽部に11月からお世話になりました。それまでは塾には入っておらず家で進めていましたが、どうしたらいいのかわからず、勧められて入ることにしました。最初は難しく時間も長くバテていましたが、何度も受けることで長時間集中できるようになり、問題の解くポイントもわかり、自信がつくようになりました。判定結果は悪い時が多かったので、「少しでも良くしてやる!」とモチベーションにもつながっていたと思います。入試本番ではさほど緊張もせず、無事に第一志望に合格できました。本当にありがとうございました。

保護者の声

塾に通うこと自体中3の秋まで経験がなかったので、最初はとても心配しました。朝からお弁当持ちで夕方18時位まで、とてもハードだったと思います。「数学が難しい」、でも「先生がおもしろい」、「わかるようになった」、「解けるようになった」、と少しずつ成長していく姿に、こちらもとても嬉しく話を聞いていました。志望校をどうするか、なかなか上がらない内申点、このやり方でいいのかな…などたくさん悩み、頭から煙が出そうだと思うほど一生懸命勉強してよくこの高校受験を乗り切ったと思います。講師の方々、チューターの方々そして澤井さんには特にお世話になりました。たくさん相談にのって頂き、本当にありがとうございました。澤井さんと話していて、こちらでお世話になりたいと思いました。本当にありがとうございました。

名古屋南高校入学 T.Yさん(千種校 難関公立高校進学倶楽部)

7回のテストを通じて、目に見えるくらい実力がつきました。毎回のテストでは、苦手なところや勉強不足さに気づかされました。点数が伸び、入塾した時と比べ過去問の点数は30点ぐらいUPしました。合格できたのは河合塾の講義や講習のテキストのおかげだと思います。入試当日は、高校進学倶楽部同様に落ち着いて解くことができました。大変だった高校進学倶楽部や講習はやった甲斐があったと思えました。

保護者の声

自習室の環境がとてもよく、皆が勉強している姿を見て刺激を受け帰宅後も今までにないぐらい勉強をしていました。テニス部に入っていたせいか体力があり、中3の秋からグリーンコースに入り、辛くても毎日行くことができました。チューターの皆様、講師の皆様のご指導に感謝しています。ありがとうございました。

半田高校入学 M.Kさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は高校進学倶楽部を受講しました。レベルの高い問題が多く、初めは解けませんでしたが、自分で2回、3回と解き直し、第7回では20点近い点数を取ることができました。何倍もレベルの高い問題のテストを何度も受けていたので、本番は落ち着いて臨むことができました。

保護者の声

中学校でトップクラスにいるので油断しているようでしたが、河合塾で他校の優秀な受験生に囲まれて良い刺激を受けたようです。勉強にやる気が出て、成績が上がりました。もっと早く通わせてあげればよかったと思います。受験生の保護者ができることは、子どもの体調管理くらいかと思ったので、なるべく規則正しい生活ができるように早めに寝るよう声をかけたり、食事の内容を考えたりしました。

松阪高校入学 N.Kさん(津現役館 トップ公立高校進学倶楽部)

授業を受けた回数はわずかなものでしたが、とてもわかりやすく、ためになりました。

明和高校入学 K.Sさん(千種校 トップレベル)

どんなに成績が悪くても河合塾以外のテキストやドリルをしないということをオススメします。河合塾のテキストはすごくまとまっており、発展まですべてあるので、他のものはする必要がありません。なので、私は定期テストの時も河合塾のテキストだけでやり、塾の内容も振り返ることができ、効率の良いやり方だったと思います。そして同じ問題にしても、苦手なところは特に3回は日をおいてやることをオススメします。1月2月になると、苦手なところは目をつむりがち、そして時間がないので3回はきついかもしれませんが、した方が効果的かつ覚えやすいのでいいと思います。

明和高校入学 S.Tさん(千種校 トップレベル)

私が思う河合塾の良いところは大きく2つあります。1つ目は自習室が充実しているところです。西館にある小中学生専用自習室のみならず、本館には毎日5〜10の部屋が自習室として使えるようになっています。そのため場所を変えながら勉強することができたので、飽きずに努力し続けることができました。2つ目はレベルの高い生徒がたくさんいるところです。河合塾には、学力をつけたい人から各学校のトップの人まで多くの人が通います。数か月に1回行われる実力テスト、統一テストでは順位も発表されるため、具体的な自分の立ち位置をその都度確認することができます。また、友達も作りやすいです。辛いときや困ったときに気軽に相談できる友達がいることは大変な受験を乗り越えるにあたり、とても大切なものだと思います。

明和高校入学 I.Tさん(千種校 トップレベル)

僕は中2の途中まで他の塾に通っていて、難しい問題が解けずに困っていた時期に河合塾に入りました。河合塾の授業は予習が前提なので、自然にやる気が出てきて、家での予習の習慣をつけることができました。また河合塾の授業では難しい問題も多くあり、最初は大変でしたが河合塾の講師の授業はとてもわかりやすいため、難しい問題もだんだんと解けるようになりました。初めて、力がついていると実感しました。また、河合塾は受験に関してさまざまな情報を提供してもらえるので、落ち着いていつも通り受験に臨めました。

保護者の声

中2の3学期からトップレベルクラスに入塾しました。周りは旭丘や明和をめざすトップレベル生ばかりで、中学校やそれまで通っていた塾とは違う環境に大いに刺激を受けたようです。また河合塾から帰ってくると楽しそうに授業の話や講師から聞いた高校の情報を話してくれていたように、大変ながらも楽しい受験生生活を送ることができたようです。担任の後藤先生には面談で的確なアドバイスと合格実績情報をいただき、念願の明和高校に合格することができました。子も親も講師の方々が大好きで絶大な信頼を寄せておりました。本当にありがとうございました。

明和高校入学 M.Mさん(千種校 トップレベル)

高校進学倶楽部のテストは本番そっくりの形式だったので、本番でもあまり慌てることなく普段の力を発揮することができました。また、倶楽部で間違えた問題はそのままにしないで必ず復習するべきだと思います。自分の苦手なところがよくわかるからです。私は数学が苦手で、高校進学倶楽部でもあまり良い点がとれませんでした。しかし講師の解説がとてもわかりやすかったので、重要なポイントをしっかりつかむことができ、次に生かせました。また、入試直前に行われた数学ゼミで自分の力をより高めることができ、難しい図形の問題が出題されても焦らず解くことができました。そのおかげで本番ではAグループもBグループも数学で満点を取ることができ、数学への苦手意識もなくなりました。これは高校進学倶楽部のおかげだと思っています。

保護者の声

私立高校の一般受験が終了した頃から、今まで山あり谷ありだった娘の学力がどんどん安定していきました。気持ちも落ち着いており、本当にすべてできることはやった、大丈夫といつも通りに公立高校の受験に臨んでいたと思います。河合塾のすばらしい講師の方々、演習、環境に出会い、本当に有意義な1年間を過ごしたことが自信につながり、最高の状態で受験日を迎えることができました。ありがとうございました。

明和高校入学 S.Sさん(千種校 トップレベル)

高校進学倶楽部では、自分の苦手な部分がわかりとても良かったです。実際の公立の入試とほぼ同じような形式で作られているので過去問などを見てみたときに、高校進学倶楽部でやった問題と難易度や問題の解答の仕方などがほとんど同じでびっくりしました。また、高校進学倶楽部では苦手な部分をたくさん発見することができるのでとても良いと思いました。第1回から第5回までは僕自身とても低く、80点どころか、70点を下回ってしまうこともありました。しかし、2学期や冬休みの間に苦手な部分を地道な作業ですが一つ一つつぶしていくことで、第6回・第7回では一つの目標であった80点を超えることができました。

保護者の声

部活を引退した中3の夏休みから入塾しました。始めたのが少し遅かったこともあり、成績は伸び悩みましたが面談で家庭学習のポイントを教えていただけたり、苦手な英語を克服するために今何が必要なのかを的確にご指導していただきました。わからないことを講師の方々に聞くようになってから勉強のペースが上がってきたように思います。親として心掛けたことは、体調管理と勉強時間の確保です。夜遅くまではなかなかできなかったので朝起こしたり、食事時間を調整したりしました。口を出さずに見守ることが大事だとは思いますが、これはなかなかできず、何事も衝突しました。親が思う以上に子どもは悩み、不安に思っているので、もう少し寄り添い応援してあげることができたら良かったと思います。希望どおりの高校に合格することができ、今笑顔でおだやかに息子と話すことができるのも講師の方々のおかげです。本当にお世話になりありがとうございました。

明和高校入学 K.Sさん(千種校 ハイレベル)

私は中3の夏から河合塾に通い始めました。それまでは家での学習だけでした。入塾したときは、志望校に入学できるかとても心配でしたが、河合塾での授業で志望校の学力に近づけることができました。模擬試験も多かったので、入試に慣れることができました。特に高校進学倶楽部は愛知県入試と同じ形態で、さらに毎回同じくらいの難易度だったので自分の成長度がわかり、入試慣れもすることができました。河合塾での授業は解説がとてもわかりやすく、学力向上につながります。また、おもしろい講師が多いので楽しいです。講師に質問することもできるのもとっても良いです。

中1まで米国の中学に通っていたため、日本の授業へのキャッチアップは大変そうでした(特に、国語・社会)。部活では大会で優勝できるような熱心な先生とチームメイトに恵まれ、土・日は野球一色でしたので、夏休みまでは学校の定期テストが学習のマイルストーンでした。1学期の内申点は41、順位は440名中11番でしたが、どれぐらいのところにいるのかどこをめざせば良いのか、よくわかりませんでした。そこで部活が終わった夏休みに現状のレベルを知るために、そしてより効率的・効果的に受験対策に取り組むために河合塾に申し込みました。初めて受けた統一テストは、第2回の偏差値55.8。高校進学倶楽部も65〜73の間を推移しておりました。「明和や滝は難しいかな」と思っておりましたが、担任の松尾先生の反応はまったく違いました。授業の様子やテストの答案をよく見てくださっており、伸びしろを見極め、具体的なアドバイスをして頂きました。結果は、松尾先生が描いてくださったストーリー通りに点数を伸ばすことができ、私立・公立とも志望校に合格することができました。

明和高校入学 T.Mさん(千種校 旭丘・明和高校進学倶楽部)

初め高校進学倶楽部に入るつもりではありませんでした。しかし、3年生の1学期に内申が上がったので、高レベルの公立高校に挑戦したいと思い、「旭丘・明和高校進学倶楽部」の受講を決めました。最初はあまりにも点数がとれないという事実に驚き、気を落としてしまうこともしばしばでしたが、回数を重ねる内に時間配分等のコツをつかんできて、得意な教科など比較的安定した点がとれることが増えてきました。早い時期から自分なりの解く→見直し→直しのサイクルができたことで過去問も有効に活用できたかと思います。結果として本番では落ち着いて取り組め、良い点数をとることができたので高校進学倶楽部には本当に感謝しています。自分のレベルを確める場として、そして入試本番に備える場として「旭丘・明和高校進学倶楽部」は最適の講座でした。

明和高校入学 M.Tさん(名古屋校 トップレベル)

僕は小5の冬期講習で、初めて河合塾に来ました。そして授業の丁寧さ、わかりやすさ、質の高さに驚いたことを覚えています。その体験から河合塾に入塾しました。なかなか成績が上がらず落ち込んだことや、志望校への合格率が上がらず不安になったこと、志望校が決められず悩んだことがありました。ですが、そんな時には必ず講師のサポートがありました。最後まであきらめずに戦うことができたのは、講師の的確なアドバイスがあったからだと思います。河合塾に通い続けた4年間、大変お世話になりました。ありがとうございました。

保護者の声

平日に塾へ行きたくないという息子の生活スタイルにとても合っていたと思います。最後まで自由時間、睡眠時間をしっかり取っていました。週に1回の通塾ですが、成果はきちんと出ていたので授業内容の質の良さを感じ、親としても信頼できました。コロナのために学校が休校だった時も、映像授業等の対応で学習の遅れの心配もありませんでした。受験のさまざまな情報もしっかりと提供していただけたので、不安なく入試に挑めたと思います。

明和高校入学 S.Yさん(名古屋校 トップレベル)

私は、中1から河合塾に通い始めました。そのときにはすでに志望校を決めていましたが、部活と勉強の両立が難しく、予習や復習に手が回らない時期もありました。私が少しずつ変わりはじめたのは中学2年生の1学期です。河合塾で友達ができました。その友達は予習・復習をかかさず行い、常に、受験を見据えた勉強をしていました。その友達を見て「私も頑張らないと!」と思い、一生懸命勉強に取り組めるようになりました。それからは、お互いに高め合える存在になり、辛く大変だった受験も乗り越え、友達も私もそれぞれの第一志望の高校に合格しました!目標となる人、高め合っていける人がいて、本当に良かったです。心の支えになりました。3年間ありがとうございました。

保護者の声

河合塾の仲間と切磋琢磨しながら受験勉強に臨めたことが大きいと思います。また、講師やチューターの方々からの応援が何よりも本人にとって励みになりました。ありがとうございました。

体験授業・イベント・資料請求

  1. 河合塾
  2. 小・中学生
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 高校入試合格実績・体験談
  1. 河合塾
  2. 中高一貫校生のための大学受験対策
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 高校入試合格実績・体験談
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 高校入試合格実績・体験談
  1. 河合塾
  2. 高校合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 高校入試合格実績・体験談
  1. 河合塾
  2. 学校の成績を伸ばしたい
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 高校入試合格実績・体験談