河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. コース・講習
  3. 大学受験科
  4. コース案内
  5. 河合塾の共通テスト対策

河合塾の共通テスト対策 大学受験科

共通テスト対策に年間を通して取り組める! 共通テスト対策に年間を通して取り組める!

形式に特徴があり、対策が必要な「共通テスト」。しっかり傾向対策をして高得点を狙う!

大学入学共通テスト(以下、共通テスト)では、知識や解法の暗記のみで解答できる問題は少なく、知識の理解の質を問う問題や、思考力・判断力を発揮して解くことが求められる問題が多く出題されています。身につけた基本的な知識や解法、公式の使い方などを十分に理解したうえで、それを活用できるかが問われています。
特に、2022年度の数学は平均点が低く、受験生が大苦戦したことでも話題となりました。対策について、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

河合塾では、どこよりも歴史の長い「全統模試」で培ってきたノウハウや、共通テストを徹底的に分析して得られた知見に基づいて、共通テストの出題傾向を的確に予想し、受験生の皆さんが万全な状態で入試に臨めるように対応しています。

「共通テスト対策プログラム」で問題演習はバッチリ!

河合塾 大学受験科では、年間を通した「共通テスト対策プログラム」を実施。質の高い予想問題に多く取り組むことが大切な「共通テスト対策」のために、徹底的に実戦を重ねることができるメニューを用意しました。
共通テスト攻略のカギは「早期に自分の弱点を見つけ、対策すること」。河合塾の共通テスト対策をフル活用して、得点力アップにつなげましょう。

全統共通テスト模試・全統プレ共通テスト

塾生無料特典

受験者の多い「河合塾の全統模試」で学力をしっかりチェック!

【特長】
1.最新の入試傾向を徹底的に分析・予測して作成したオリジナル問題
2.志望校までの距離を客観的に確認できる
3.チューターがその成績データをもとに、一人ひとりに最適なアドバイス
【年間スケジュール(予定)】
(5月)第1回全統共通テスト模試
(7月)第2回全統共通テスト模試
(10月)第3回全統共通テスト模試
(11月)全統プレ共通テスト

共通テスト対応力トレーニング

塾生限定 塾生無料特典

塾生限定!全統模試に加え、自分の実力を試せる「トレーニングテスト」を実施。

【特長】
1.大学受験科生限定で年3回実施するテスト
2.本番さながらの問題・環境で、さらに実戦力を身につけることができる
3.全統共通テスト模試の反省点を実践できる
【年間スケジュール】
(6月)第1回共通テスト対応力トレーニング
(9月)第2回共通テスト対応力トレーニング
(11月)第3回共通テスト対応力トレーニング

共通テストマスタードリル

塾生限定 塾生無料特典

実戦的な傾向対策ができる自学自習ツール。定期的に「マスタードリル」を解くことで、特有の問題に慣れることができます。また、すぐに採点結果がわかり、解説講義を視聴できるので、自分の弱点を発見しやすく、すぐに対策することができます。

【特長】
1.校舎・クラスごとに基準日を設け、定期的に実施
2.解答後、すぐに自分の得点がわかる。リアルタイムで得点集計も
3.タブレット・スマートフォンなどから、解説講義(動画)を視聴できる
【実施科目】
英語(リーディング・リスニング)、数学(数学ⅠA・数学ⅡB)、国語、理科(物理・化学・生物・物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎)、地歴公民(日本史B・世界史B・地理B・倫理、政治・経済・倫理・政治・経済・現代社会)
【年間スケジュール】
(6月)第1回共通テストマスタードリル
(7月)第2回共通テストマスタードリル
(9月)第3回共通テストマスタードリル
(11月)第4回共通テストマスタードリル
(11月)第5回共通テストマスタードリル
※詳細な日程は、校舎・クラスごとに決定します。

共通テストマスタードリルの使い方 共通テストマスタードリルの使い方

1.テキストからマークシートを切り離す 2.テキストの問題を解き、解答をマークシートに記入する 3.e-サポート※にログインしてスマホでマークシートを撮影する ※ e-サポートとは、塾生をサポートする学習プラットフォームです。 4.採点結果を確認し、解説動画を視聴する 1.テキストからマークシートを切り離す 2.テキストの問題を解き、解答をマークシートに記入する 3.e-サポート※にログインしてスマホでマークシートを撮影する ※ e-サポートとは、塾生をサポートする学習プラットフォームです。 4.採点結果を確認し、解説動画を視聴する

「共通テスト」に必要な力とは?

全教科で「知識・技能」の確実な習得が必須となります。さらに、以下のような思考力・判断力・表現力が必要となります。

多様な資料を正しく読み取る

・授業中の場面や、⽇常⽣活の中から課題を発⾒し解決⽅法を構想する場⾯など、学習の過程を題材とした問題文を読み取る
・文章・図・グラフなどの多様な資料や情報量の多い資料を的確に読み取る
・文と文、図と文、グラフと文などの複数資料を組み合わせて思考・判断する

解答に至るための道筋を立てる

・既に自分が持っている知識や原理と、問題文から得た情報を結びつけるなどして課題解決のための道筋立てをおこなう
<特に数学・理科・地理で>

わかりやすく表現する

・文章の内容を的確に表す
※マーク式であっても、文章を要約したり、文章を表や図に整理して表現に結び付ける力は必要です。
<特に国語で>

入試に必要な思考力・判断力・表現力 情報収集・分析力 課題発見・構想力 論理展開力 表現力 入試に必要な思考力・判断力・表現力 情報収集・分析力 課題発見・構想力 論理展開力 表現力

共通テストではこんな問題が出題された!(数学の例)

それでは、具体的にどのような問題が出題されたのでしょうか。
まず特徴的なのは「日常の事象を題材とした長文の問題」が出題されたことです。分量も多く、解答するうえで直接必要ではない情報も含まれています。問題文の中から必要な情報を探し出したうえで、何が課題となっているのかを見極め、問題を解くための解決方法を考える必要があります。
また、「前出の考え方を参考に、誘導なしに一から自力で解く問題」も出題されています。これまで以上に、「問題の構造を理解する力、問題解決への構想を立てる力」が必要となります。

共通テストの特徴 ~例えば、こんな問題が出されました~ より抜粋 共通テストの特徴 ~例えば、こんな問題が出されました~ より抜粋

共通テストで求められること ①長い問題文から必要な情報を抜き出す 情報収集力・分析力 ②問題解決のための方針を立てる 課題発見・構想力 共通テストで求められること ①長い問題文から必要な情報を抜き出す 情報収集力・分析力 ②問題解決のための方針を立てる 課題発見・構想力

「思考力・判断力・表現力」を育成するテキスト!

河合塾のテキストは、すべての科目で入試を徹底分析し、共通テストおよび二次・私大入試で求められる力が身につくテキストを作成しています。過去問の少ない共通テストも、河合塾なら万全です!
そのなかから「英語(リーディング)」「英語(リスニング)」「化学」「生物」を抜粋してご紹介します。

英語(リーディング)

「読む力」を鍛える!

リーディングの問題は特に英文の内容を理解することが重要です。この問題では基本の文法・語法を理解しながら、情報を整理し、英文中でどのような働きをするのかといった読む力を鍛えます。導入の例題をつけ、どのレベルの生徒にも取り組みやすいようにしています。

英語(リーディング・リスニング) 例:読む力を鍛える問題 サンプル

英語(リスニング)

「リスニング」を強化!

本試験リスニング1Bで見られた短文発話イラスト選択問題のタイプ。
聞く力だけでなく、音声を通じ、文法などの知識が正確に身についているかも確認し、鍛えます。

英語(リーディング・リスニング) 例:短文発話イラスト選択問題 サンプル

化学

与えられた情報を化学の原理・法則に基づいて分析し、課題を発見して考察する問題を取り入れている!

複数の実験の目的と相互の関係を見抜き、活用する法則を自ら判断した上で、計算を行って考察を推し進める問題で、与えられた情報を正確に収集・分析する力とともに、課題を発見する力や複数の情報を適切に関連付けながら解答に至る道筋を立て、考察を推し進める「論理展開/構想力」を養います。

理科(化学) 例:事件の目的と活用する法則を判断して考察を推し進める問題 サンプル 理科(化学) 例:事件の目的と活用する法則を判断して考察を推し進める問題 サンプル

生物

実験・探究活動で生じる課題や問題点について考察する問題を取り入れている!

実験の過程を示すリード文やその結果を示すデータから必要な情報を抽出することで「情報収集・分析力」が身につきます。また、抽出した情報をもとに実験の問題点を考察することで「論理展開力/課題発見・構想力」も育成します。

理科(生物) 例:実験・探究活動で生じる課題や問題点について考察する問題 サンプル 理科(生物) 例:実験・探究活動で生じる課題や問題点について考察する問題 サンプル

共通テスト本試験で河合塾の教材・模試がズバリ!的中

河合塾のオリジナルテキストや模試と同様の問題が大学入試問題で出題されています!

最新の入試問題を徹底的に分析し、毎年改訂している河合塾だからこそ。偶然の結果ではありません。

【速報】2022年度入試でもズバリ的中!

2022年度大学入学共通テストでは、河合塾の教材・模試の内容や傾向が的中

数学Ⅰ・A、物理、物理基礎、化学基礎、生物、世界史B、日本史B、地理B、現代社会、政治・経済では、ズバリ的中!その他の教科・科目でも同傾向の問題が多数出題されました。
河合塾のテキストは、精鋭講師陣が共通テストだけでなく、全国の入試問題を徹底分析して教材・模試を作成しています。
厳選された入試直結の問題で構成されているからこそ、効率よく学力アップできます!

2022年度 大学入学共通テスト ズバリ!的中

入試分析したうえで作成された「テキスト」と十分な「問題演習」で安心!万全の対策で高得点を狙おう

知識や解法の暗記のみで解答できる問題は少なく、知識の理解の質を問う問題や、思考力・判断力を発揮して解くことが求められる問題が多く出題されている「大学入学共通テスト」。
受験生は、身につけた基本的な知識や解法、公式の使い方などを十分に理解したうえで、それを活用できるかが問われてることになります。
河合塾なら、確かな分析力で作成された教材で、十分な問題演習を重ね共通テストに臨むことができます。

豊富なコースラインアップで、一人ひとりにベストなカリキュラムを提供します

地域別、文系・理系・医系などの志望系統別にコースを検索すると、コース内容や目標大学、設置校舎情報をご案内します。コースごとの学費もこちらで確認できます。

大学受験科のお申し込みは入塾希望校舎にご相談ください

よくあるご質問を見る

  • 校舎・電話・オンラインの受講相談もこちら

  1. 河合塾
  2. 高卒生
  3. 大学受験科
  4. コース案内
  5. 河合塾の共通テスト対策
  1. 河合塾
  2. 難関大・医学部合格をめざす
  3. 大学受験科
  4. コース案内
  5. 河合塾の共通テスト対策
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 大学受験科
  4. コース案内
  5. 河合塾の共通テスト対策