河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 春期講習
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介

講師紹介 K会 春期集中講座

東大・東大大学院の在卒生が中心。国際科学オリンピックのメダリストも多数在籍!

極めて高い学力と能力を有し、優れた実績を備えた知のエキスパートたちが指導にあたります。

数学

上苙 隆宏 (うえおろ たかひろ)

上苙 隆宏 数学

東京大学 理学部数学科
国際数学オリンピック
・第54回 コロンビア大会(銀)
・第55回 南アフリカ大会(金)

数学の理論の習得は一見単調なものに見えます。しかし、何の法則も無いように思えるものにも実は規則が存在し、全く異なると思っていた理論に何らかの関係があると分かった時の驚きは他のものには変え難いと思います。生徒の皆さんにそれを少しでも伝えることができたらいいなと思います。

小泉 淳之介 (こいずみ じゅんのすけ)

小泉 淳之介 数学

東京大学 理学部数学科(K会 OB)
全国物理コンテスト 物理チャレンジ2015金賞

数学は単に数を扱うだけの学問ではなく、「考える」ことの根幹に迫るものです。先人たちが積み上げた美しい知恵に触れること、そして自分の頭で突き詰めて考えることは、人間にとって最も大切で最も楽しい活動の一つと言えるでしょう。授業を通して皆さんに考える喜びを伝えていけたらと思います。

近藤 宏樹 (こんどう ひろき)

近藤 宏樹 数学

東京大学大学院 数理科学専攻
国際数学オリンピック
・第41回 韓国大会(銅)
・第42回 アメリカ大会(銅)
・第43回 イギリス大会(銀)

数学は様々な側面を持った学問です。一つの問に対しても、視点を変えれば今までとは違った眺めが見えてくることがあり、こうした経験をすることで理解をより深めていくことができます。授業を通して、皆さんが数学の豊かな景色を楽しめるサポートができればと思います。

立原 礼也 (たちはら れいや)

立原 礼也 数学

東京大学 理学部数学科(K会OB)

知識と思考は単純な二項対立で語られがちですが、実際にはむしろ表裏一体をなすものです。精密な理解に支えられた知識が新たな思考の枠組みとなり、ぼやけた視界がクリアになってゆく喜びは、何物にも代え難いほどでしょう。こうした過程の繰り返しで広がる数学の世界を、一緒に楽しく学びましょう。

西本 将樹 (にしもと まさき)

西本 将樹 数学

東京大学大学院 数理科学専攻
国際数学オリンピック
・第44回 日本大会(金)
・第45回 ギリシャ大会(金)

学問は、興味を持って能動的に学ぶことが最も大切だと思います。皆さんが勉強する学問は、多くの先人の知恵や研究が美しくまとめあげられた集大成です。それらを一つひとつ鑑賞し自分のものにしていく「勉強」を、純粋な気持ちで楽しんでください。

布施 音人 (ふせ おとひと)

布施 音人 数学

東京大学大学院 数理科学専攻(K会OB)

中高という多感な時期に、先人たちが長い年月をかけて積み上げてきた数学の体系に触れることは、とても貴重な経験となるでしょう。論理の流れを地道に追っているうちに、それまで非自明に感じていたものがいつの間にか当たり前に思えてくる、そんな喜びを皆さんと共有できたらと思います。

星野 真生 (ほしの まお)

星野 真生 数学

東京大学 理学部数学科

世の中には不思議な現象がいくつもあり、実際それらを解き明かす為に多くの数学理論が構築されました。昔は難解だったそれらの理論も、現在では我々の手の届くところにあります。授業の中で頭を使い実際に手を動かしてもらうことで、これらの叡智を皆さんと共有できれば幸いです。

松浦 慎太朗 (まつうら しんたろう)

松浦 慎太朗 数学

東京大学 文学部人文学科美学芸術専修(K会OB)

中高生のうちに、数学を基礎から積み上げて勉強できるのはとても良いことです。論理的に正しいことの価値を噛み締めて頂きたいと思います。なかなか上手くいかないこともあるかもしれませんが、焦らず、少しずつでも理解して楽しいと感じてもらえるようにお手伝い出来たら幸いです。

吉重 元 (よししげ はじめ)

吉重 元 数学

東京大学大学院 数理科学専攻(K会OB)

長い間をかけて築き上げられた数学の理論に触れ、少しずつでも考えながら理解しようとすることは、時に手間のかかる地味な作業でもあります。しかし、だからこそ楽しくやりがいのあることだと思います。皆さんが数学を理解していく喜びを得る助けになることができたらと考えています。

英語

浅岡 健志朗 (あさおか けんしろう)

浅岡 健志朗 英語

東京大学大学院 言語学専攻

私たちは言葉を通して見たものや聞いたことを整理し、言葉を使って考えますから、外国語を学ぶことは新しい見方や考え方を身に付けることでもあります。英語は世界をどう切り分けて、どう考える言葉なのか。日本語とはどう違うのか。英語を通して好奇心を追求するお手伝いができれば幸いです。

土田 治 (つちだ おさむ)

土田 治 英語

東京大学大学院 法学政治学研究科

授業では、単語や文法の知識が長文を読む時に、どのように役立つのかを説明したい。覚えた知識をうまく適用して英文を読めた時こそ、英語の楽しさを最も味わえる時でしょう。この楽しさをできるだけ多くの人に味わってもらえるように頑張りたいです。

津田 悠一朗 (つだ ゆういちろう)

津田 悠一朗 英語

東京大学大学院 言語学専攻

外国語は、他の物事を学ぶ際の強力な道具になりますが、ことばそれ自体も大変奥深く注目すべき魅力を持っています。みなさんの母語や、日常で見聞きするような外国語など、身の回りのあらゆるものを手掛かりにしながら英語という未知の世界を探究していきましょう。

野中 大輔 (のなか だいすけ)

野中 大輔 英語

東京大学大学院 言語学専攻

この表現ってどんなときに使うんだろう?なんでここではこんな言い方がされているんだろう?そういった意識で英語に向かえば、単なるルールにしか見えなかった英文法の背後にも人間らしさが感じられます。授業で学ぶ英語、そして英文法から人間の心について考えるきっかけを得てもらえればうれしく思います。

Marta Pijanowska

Marta Pijanowska 英語

東京大学大学院 言語学専攻

English is certainly a wonderful tool that opens doors to new experiences and knowledge, but did you know that learning a second language is also a fantastic workout for your brain that has long term positive effects? Let’s exercise our brains with some English!

サイエンス

髙橋 拓豊 (たかはし ひろと)

髙橋 拓豊 物理

東京大学 理学部物理学科
国際物理オリンピック
・第46回 インド大会(銅)

物理学は、現実世界のふるまいに理論モデルがより良く整合するように、膨大な試行と思索のもとで発展してきました。完成した体系自体の美しさはもちろんですが、それを作り上げてきた先人達による自然ながらも鋭い発想を、ぜひとも楽しんでください。

吉田 博信 (よしだ ひろのぶ)

吉田 博信 物理

東京大学 理学部物理学科
全国物理コンテスト 物理チャレンジ2014金賞

物理学はこの世界の自然現象を、数学を用いてできるだけ少ない基本法則から理解しようという学問です。その範疇は広く、目に見えないような小さな世界から天体の動きなどの大きな世界までを扱います。みなさんが物理学を楽しむための最大限の手助けをしたいと思います。

増木 亮太 (ますき りょうた)

物理

東京大学 理学部物理学科
全国物理コンテスト 物理チャレンジ2015金賞

物理学の理論は、多様な自然現象の中にある統一的な法則を数式によって解き明かすものです。完璧に構成された古典的理論の美しさから未だ発展途上の可能性に満ちた理論まで、その一端を垣間見て、物理の学問としての面白さに触れてもらえればと思います。

高橋 優輔 (たかはし ゆうすけ)

高橋 優輔 生物

東京大学 医学部医学科(K会OB)
全国化学グランプリ2012金賞
全国物理コンテスト 物理チャレンジ2012銀賞

中高の多感な時期に学問の一端に本気で向き合うことは、見える世界を根底から変えてしまいます。視界がひらけ目に映る世界が色づいていく、そんな美しい経験を皆さんと少しでも共有したいと思っています。分野の垣根に囚われず、学ぶこと、即ち昨日の自分から一歩踏み出すことをぜひ全力で楽しんでください。

竹内 碧 (たけうち あおい)

竹内 碧 化学

東京大学 薬学部薬学科
・国際化学オリンピック
第47回アゼルバイジャン大会(銀)

世の中の物質は限られた種類の元素で構成されており、それらの性質を規定する法則は時に美しい現象として我々の前に姿を見せます。これらの化学法則を実験事実の積み上げによって明らかにした先人のエレガンスにも思いを馳せながら、講義で扱う様々なトピックを通して興味深い化学の世界を覗いてみましょう。

小倉 拳 (おぐら けん)

小倉 拳 情報

東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻
国際情報オリンピック
・第26回台湾大会(銀)
日本情報オリンピック
・第12・13回本選 優秀賞、近畿地区成績優秀者

情報科学は、あらゆる問題を自分の手ではなくコンピュータに解かせる学問です。その中では、様々な問題を俯瞰する視野を持つ必要があります。その視野は学問分野の壁を超えて役に立つものです。皆さんも情報科学を通じて、その視野からの眺めを味わってみてください。

當眞 ジェイソン翔 (とうま じぇいそんしょう)

當眞 ジェイソン翔 情報

東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻
日本情報オリンピック
・第12回本選 優秀賞、九州・沖縄地区成績優秀者

情報科学を学ぶ面白さは、その数理的な背景を学ぶ点と、学んだことをプログラムを通して表現していくという点にあります。講座を通して、情報科学の考え方や、学んだことを形にする方法を、皆さんに伝えていければと思っています。

  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 高3生の方へ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 高2生の方へ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 高1生の方へ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 小・中学生の方へ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 中高一貫校生の方へ
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介
  1. 河合塾
  2. 難関大・医学部合格をめざす
  3. K会 春期集中講座
  4. 講師紹介