河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. AGOS×K(アゴス・ケイ) 海外大進学プログラム
  4. よくあるご質問

よくあるご質問 AGOS×K(アゴス・ケイ) 海外大進学プログラム

海外大学進学やAGOS×Kについてよくある質問にお答えします。

生徒からよくあるご質問

海外大進学について

アメリカでも日本のような大学入試があるのですか?

アメリカの大学への入学は日本での学業成績を点数化したGPAと、英語力を点数化したTOEFL(R)TESTというテストと書類審査によって決められます。つまりアメリカの大学への合否は「学力」と「英語力」が決め手となるのです。その他にSAT(R)という学力試験の結果やエッセイや、推薦状が審査の対象となる場合もあります。

成績があまりよくないのですが、アメリカの大学に入れるでしょうか?

大学のレベルや専攻によっても異なりますが、一般的に4年制大学へ出願する場合、GPAは2.5(4点満点)以上必要とされます。もちろんレベルや競争率の高い大学などではGPAが3.0(4点満点)を上回っていなければなりません。

GPAが少し足りないのですが、願書を出してもよいのでしょうか?

ほんの少し足りない程度なら、出願してみてもよいと思いますが、ある程度のリスクは覚悟しておきましょう。その際、自分の成績(GPA)で入れそうな大学への併願も必ず行っておきましょう。

日本の高校が進学校のためGPAが良くありません。高校のレベルは考慮されるのでしょうか?

残念ながら日本の高校のレベルを考慮されることはほとんどありません。審査で見られるポイントは、在学中にどのような科目を履修してきたか、どれくらいの学力をつけたか、ということです。非常にレベルの高い進学校の場合、高校の先生に推薦状の中で、日本ではどれくらいレベルの高い進学校であるかや、成績の付け方の基準などを明記していただくとよいでしょう。

TOEFL(R)TESTとはどんなテストですか?

Test of English as a Foreign Languageの略で、アメリカのETS(Educational Testing Service)という機関が行う、英語を母国語としない人の英語力試験です。実務英語とは違いアカデミックな英語能力を測る試験のため、海外の大学入学審査の際にTOEFL(R)TESTスコアが求められます。テストは4つのセクションReading,Listening,Writing,Speakingからなり、各30点で120点満点です。

TOEFL(R)TESTは難しいテストだと言われていますが、どのように対策すればいいでしょうか?

TOEFL(R)TESTの目的は、英語で大学の授業を聞いたり、クラスで発言したり、レポートを書いたりする力があるかどうかを計るテストですので、日本の高校で学ぶ英語よりずっと難しいと思われるのは当然でしょう。けれども高校レベルの英語が基礎になるため、まずは高校で学んだことを確実に復習し、TOEFL(R)TEST対策やテスト攻略法を効率的に学べばスコアは確実に上がります。

アメリカの名門大学に合格する為には高校の成績はどれくらい必要でしょうか?

アイビーリーグをはじめとするアメリカの名門大学には、アメリカの学生だけでなく、世界中から優秀な学生が出願をします。単に成績だけで決まるのではなく、SAT(R)と呼ばれる学力試験、課外活動や地域ボランティア、スポーツや芸術などで優れた実績、高校の先生からの推薦状など、総合的に審査をされます。高校の成績だけをみると、5.0を満点とした日本の評定平均で4.5-4.7以上が目安です。

推薦状は誰に書いてもらうのがいいのでしょうか?

高校生の方は、先生に書いて頂くのが一般的です。大学によっては、教科の異なる先生と進路指導の先生などと指定されている場合もあります。大学生で編入希望の方は、習ったことのある教授やゼミの先生などが一般的です。具体的なエピソードや客観的評価を書いてくれる方が推薦者としては理想的と言えるでしょう。

留学生にも奨学金制度はあるのでしょうか?

奨学金制度はあります。けれどもその大学が、どれだけの予算を留学生奨学金として持っているかによって異なります。公立大学の場合は、市民や永住権を持った学生のみという場合が多く、留学生に支給される奨学金は特殊な環境(経済的格差のある国や緊急事態が発生した場合)の学生に限定される場合がほとんどです。けれども世界から最も優秀な学生を集めたいという理念を持った私立名門大学の場合、市民と全く平等に奨学金の機会を提供している大学もあります。また、単に奨学金という形ではなく、ワークスタディーという方法で、キャンパス内アルバイトの機会を与えられたり、研究アシスタントという形で授業料の一部を免除される場合もあります。

海外の大学を卒業すると日本での就職は不利になりますか?

海外の大学を卒業して取得できる学位は、日本の大学を卒業した場合と同じですので、学歴は同等に認められます。むしろ海外の大学はきちんと勉強しなければ卒業できないことや、異文化環境の中で、英語で大学課程を修了できたことは、むしろ評価される方が多いです。毎年ボストンで開かれるキャリアフォーラムは、多くの日系企業が日本から出かけて、アメリカの大学卒業見込みの学生を招待して開催される合同説明会です。積極的に海外大学卒業生を採用したいという企業も増えています。そのためにも、目的意識をもって卒業までやりきることが大切です。

AGOS×Kについて

AGOS×Kはどのような点に特色があるのですか?

出願時期から逆算して必要な“テスト対策+出願対策”を効率よく学べるようご提案し、サポートします。

  • TOEFL(R)TEST対策では、対策を知り尽くした講師(日本人講師、ネイティブ講師)による授業、勉強法や受験テクニックのアドバイスが受けられます。欠席した時のビデオ補講講座を一部のプログラムを除き設置していますので安心です。
  • 短期間で効率よくスコアアップするためのノウハウが詰まっていますので、大学交換留学等をめざす大学生の方にも最適なプログラムです。
  • 出願対策では、入学審査官の視点を熟知したカウンセラーによるエッセイ等の出願書類作成を徹底指導。国内大学の併願等では河合塾の指導ノウハウを活かしたサポートが受けられます。
授業はすべてネイティブ講師による英語の授業で行われるのですか?

講師は、アゴス・ジャパンで研鑽を積んだ講師陣です。

TOEFL(R)TEST対策のうちSpeaking StrategyとSpeaking Practiceのプログラムはネイティブ講師による英語のみの指導ですが、他のプログラムについては日本人講師による日本語での指導となります。これは、英語を母語としない日本人の弱点を熟知していること、テスト対策のストラテジーを深く理解するには英語力が十分でない段階では日本語の方が適しているからです。
出願コンサルティングはネイティブ講師による英語指導と日本人講師による日本語指導です。
AGOS×Kでは確実なスコアアップのために最適な方法を常に研究し、運営しています。

中学生・高校生・大学生が対象とありますが、学年別の授業ですか?

無学年制です。ご本人の英語力に合わせて受講していただきます。TOEFL(R)TESTのスコアをお持ちでなかったり、どのプログラムから受講したらよいか迷われる場合は、お気軽に校舎にご相談ください。スコアをお持ちの場合も受講カウンセリングからスタートしていただくことをお勧めします。

受講するのにはどのくらいの英語力が必要ですか?

TOEFL(R)TEST/IELTS初学者対応のPre-TOEFL(R)TEST/IELTSプログラムから設置しています。この講座は、英検準2級ぐらいの方から受講可能です。その他にもレベル別のプログラムで自分の英語力にあった段階から受講をスタートできます。

選抜試験はありますか?

選抜試験はありません。既にお持ちのTOEFL(R)TESTのスコアまたはAGOS×Kで実施するTOEFL(R)TEST模試のスコアに応じて最適のプログラムをご紹介します。また実用英語技能検定等のTOEFL(R)TEST以外の成績をお持ちの場合は、それぞれの認定試験の成績をお伺いしながら、ご相談していただけます。

授業を体験することはできますか?

体験イベントを随時実施しております。日程などの詳細はHPにてご案内します。
またご自宅でTOEFL(R)TESTビデオコースのお試し版を無料でご利用できます。

授業形式はどのようになっていますか?

AGOS×K新宿校は通学による対面授業となります。

・授業はスクール形式で、グループレッスンが中心となります。席は自由席です。
・出願コンサルティングはマンツーマン指導です。
遠隔地等の理由で、通学できない方のためのライブ配信授業、またはビデオ講座もご用意しています。

1クラスの人数は?

1クラス10~15人程度の少人数クラスの予定です。

欠席した場合の授業はどうなりますか?

TOEFL(R)TEST対策プログラムの場合は、補講用のビデオ講座をご用意していますので、ビデオ講座で自習していただくことになります。

国内大学との併願を考えていますが、可能ですか?

AGOS×Kでは、TOEFL(R)TEST対策や、エッセイ等の指導を行いますので、北米の入試に類似した国内の国際系大学の併願は可能です。共通テスト対策や一般試験の対策が必要な場合は、河合塾の高校グリーンコース、大学受験科や講習を併行して受講いただくことで対策いただくことができます。

交換留学のためにTOEFL(R)対策を行いたいのですが可能ですか?

短期間でのスコアアップを可能にするプログラムですので、ぴったりのプログラムです。
プログラムは平日・土曜の夜や日曜日に設置していますので、大学の授業と併行しての受講が可能です。

ビデオ学習講座について

地方に住んでいるので新宿に通学することができません。ネットで受講できるビデオ講座などはありますか?

TOEFL(R)TEST講座の多くにはライブ配信授業または、ビデオ講座を用意しています。AGOS×Kのページにアクセスいただくと、講座の一部を視聴していただくことができます。

お申し込みについて

いつから対策を始めればよいのか、どのプログラムを申し込めばよいかなどの受講相談をすることはできますか?

海外大学進学については、何を審査されるのかなどを知っておくことや、出願年度から逆算してテスト対策の計画をたてることなど国内の大学を受験する以上に事前の準備が大切ですを知っておくことが大切です。AGOS×Kでは個別相談(無料、要予約)をしていただくことができますので是非ご活用ください。

河合塾生ですが、受講料の割引などの特典はありますか?

2013年度~2020年度河合塾生の方には、通年で受講料の割引特典をご用意しています。詳しくは校舎にてご案内いたします。

  • キャンペーン期間中は割引特典の内容が異なる場合があります。
申込にはどのような方法がありますか

申込方法は、AGOS×K新宿校の校舎窓口申込とインターネット申込の2つの方法をご用意しています。お申し込みにあたっては、事前に「約款」と「個人情報について」の文書をお読みいただき、内容にご同意いただいた上でお申し込みくださいますようお願いいたします。

支払の方法について

支払の方法にはどのような方法がありますか

支払の方法は、指定する銀行口座への振込みとなります。お支払いは、一括のみとなります。下記口座へ受講生ご本人名での振込をお願いします。受講生本人名と振込名義人が異なる場合、入金確認ができない場合がありますのでご注意ください。

三菱UFJ銀行 名古屋営業部 普通預金 1051265
口座名義:学校法人河合塾

  • 振込の控えはお客様にて大切に保管くださいますようお願いいたします

ユーザー登録について

ユーザー登録をするとどのようなメリットがあるのですか?

ユーザー登録していただきますと、イベント、説明会、個別相談等のスケジュールをオンラインで確認し、予約していただくことができます。また留学イベントに関する情報などを定期的にメールでご連絡いたします。またAGOS×Kのプログラムをお申し込みになられますと、受験までの受講管理ができる機能などもご利用になれるようになります。なお、ユーザー登録は無料です。また退会はいつでもできます。

その他

アゴス・ジャパンとはどんな会社ですか?

MBA/LLM/大学院/大学留学指導、TOEFL(R)TEST/IELTS/GMAT(R)/GRE(R) TEST/SAT(R)対策のエキスパートです。トップ校合格のために必要な各種英語テストの攻略法および出願コンサルティング指導により、ハーバード大学やスタンフォード大学、ケンブリッジ大学、シンガポール国立大学など海外トップスクールへ1万件以上(2000年以降の累計)という、圧倒的な合格実績を誇ります。また、国内70社以上の企業派遣生への特別テスト対策講座・留学指導、東京大学をはじめとする大学でのテスト対策講座等も行っています。

保護者からよくあるご質問

海外大進学全般について

費用(学費)はどのくらいかかりますか? 海外大進学のための奨学金はありますか?

留学先国、大学の種類(公立・私立/2年制・4年制)によって学費は異なりますが、1年間の費用(学費と生活費)は約430万円~約800万円で日本の大学費用の2倍以上かかります。

ただし、留学生の多くは奨学金制度を活用して留学を実現しています。
当校の卒業生も大学からの奨学金、民間団体からの奨学金を取得しています。
留学先の大学からは、授業料の一部(年間約330万円程度)が、また、日本の民間団体の一つ柳井正財団では、年間1000万円程度(上限)が支給されています。

高校の成績、TOEFL®/IELTS/SAT®のスコア、エッセイなどをしっかり準備することで奨学金取得も夢ではありません。

学費以外の費用にはどのようなものがあり、どのくらいかかりますか?

生活費として、寮費・食費・テキスト代、その他の費用として保険料・航空券代がかかります。 大学所在地にもよりますが、一般的には年間100~150万円程度かかります。

両親ともに英語は苦手ですが、留学は可能ですか?

河合塾AGOS×K新宿校のプログラム「大学出願コンサルティング」の授業では、個別に出願準備をサポートしていますし、留学する本人に高い英語力があれば、出願から入学手続き、渡航準備もご自身でできます。(出願代行はしておりません。念のために日本語に翻訳したマニュアルもご用意していますのでご安心ください。)そのためには、早い段階でTOEFL®/IELTSのスコアをアップして自力で頑張ることが大切です。それは、入学後にも大きく影響してきます。
なお、保護者の方からの精神的なサポートは欠かせません。

現役で国内の大学を受験しましたが、浪人して海外の大学を受けることは不利になりますか。

不利になることはありませんが、海外では大学受験のための浪人ということがあまり一般的ではありません。高校卒業後の1年間をどのように過ごしていたのか、なぜ、海外大に出願することにしたのかをきちんと説明できることが大切です。

日本とは大きく異なる現地の治安が心配です。

国や大学によって異なりますが、1年次は寮生活が義務付けられている場合がほとんどです。また、寮はキャンパス内にありますので、住居と教室が近いことも安心です。
さらに、小規模なリベラルアーツ大学は都会よりも治安が良く穏やかな郊外や田舎に立地しています。

日本では、生活面は親がサポートしていました。いきなり、異国で一人で生活ができるのでしょうか?

TOEFL100点以上の英語力があっても、入学当初は授業についていけない、周りの人が話す英語が良くわからないということは留学した経験のある人なら誰にでもあります。
友達を一人でも良いので作ることです。また、食堂があり、自習室があり、ルームメートがいる寮生活も大きな助けになると思います。多くの先輩たちは、寮の先輩や周りからの手厚いサポートがあったので、日々の生活をとても楽しんでいると言っています。
体験談イベントで、海外大在学中の先輩から直接体験を聞いてみるのも良いでしょう。

子供の留学する目的が明確ではないように思えるのですが?

高校卒業後の進路として、国内の大学と海外大と並立で考える時代になりました。
自分の将来の目的をよく考え、留学が本当に必要なのかどうかも考えてみましょう。
海外大に進学する場合は、エッセイ(志望理由書)作成が必須です。これをクリアするためには、自分自身を掘り下げて考えることが必要です。
その上で、海外大進学が必須と思えれば、留学する目的も明瞭になるのではないでしょうか。

日本国内で就職する場合に不利にはなりませんか?

グローバル人材を求める企業も多くなっている昨今、海外大卒業生を別枠で募集している企業もあります。就職活動のスケジュールについては、事前に良く検討しておくことが必要になりますが、海外で多様な価値観に触れてきた経験は、国内での就職に不利になることはありません。海外大に留学中から情報収集をすることも大切です。

進路について

海外大進学のみに絞るのはリスクが高いように思います。日本国内の大学との併願は可能なものでしょうか?また、どちらも中途半端になることはないでしょうか?

海外大進学は書類審査で合否が決まります。高校の成績であるGPA、エッセイ、TOEFL®/IELTSスコアなどで、日本国内にいて出願ができますし、複数の大学へ出願するのが一般的です。学科試験中心の国内の大学との併願はできますし、特に、国際教養系大学や学部などの総合型(旧AO)入試や推薦入試は出願形態が海外大進学と似ていますので、スケジュールを立てて併願することは可能です。実際多くの河合塾AGOS×K新宿校の生徒は、海外・国内を併願して準備に取り組んでいます。
まずは、志望校の出願条件や出願締め切り日をリストアップして計画を立てることが大切です。

英語圏以外国への留学は可能ですか?

大学生活を送る上で言語は何が必要かを確認することが大切です。ヨーロッパの大学では英語で授業が行われる大学があります。
詳しい情報は下記サイトへ。

準備について

TOEFL®、IELTS、SAT®などのテスト準備は独学でも可能でしょうか。

過去の問題集を利用することである程度は自学自習ができるとは思いますが、学校行事や勉学で忙しい高校生にとって、効率よく短期間でスコアアップをするためには、やはり「解法のテクニック」が必要です。  
河合塾AGOS×K新宿校ではTOEFL®、IELTS、SAT®のプロ講師が指導しています。

親として海外大進学をめざして欲しいと願っています。早い時期から英語教育をと考えていますが、どのようなプログラムが良いのでしょうか。

本人の気持ちが一番ですが、小中学生や高校1年生の方であれば、夏休みなどの長期休暇を利用して、英語キャンプなどに参加する方法も考えられます。親の希望を一方的に押しつけるより、海外留学を具体的にイメージできる環境を用意することも大切です。まずは、英語教育に触れる機会を増やすことからスタートしてみてはいかがでしょうか。
河合塾AGOS×K新宿校のでは8月にハーバード大生とオンラインで触れ合う機会を提供しています。

高校からの海外大進学実績がほとんどないので、サポートが受けられるか不安です。

海外大進学で高校の先生にお願いするものは、推薦状や英文成績証明書などになります。河合塾AGOS×K新宿校では、どのような教科の先生に書いていただくか、どのタイミングでお願いするかなど、大学出願コンサルティングを提供していますのでご利用ください。

イベント予約・無料個別相談・資料請求をご希望の方は、ユーザー登録をお願いします

よくあるご質問を見る

TOEFL(R) TOEIC(R)は、Educational Testing Service(ETS)の登録商標です。
This web page is not endorsed or approved by ETS.
SAT(R)は、College Boardの登録商標です。

  1. 河合塾
  2. 高3生
  3. AGOS×K 海外大進学プログラム
  4. よくあるご質問
  1. 河合塾
  2. 高2生
  3. AGOS×K 海外大進学プログラム
  4. よくあるご質問
  1. 河合塾
  2. 高1生
  3. AGOS×K 海外大進学プログラム
  4. よくあるご質問
  1. 河合塾
  2. 海外大学進学をめざす
  3. AGOS×K 海外大進学プログラム
  4. よくあるご質問