河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>河合塾Wings立川教室>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ河合塾Wings立川教室

教室長からのメッセージ

教室長:白水(指導教科:数学)

教室長:白水(指導教科:数学)

河合塾Wings立川教室の白水です。
重要なことは、「何を学ぶか」よりも「いかに学ぶか」です。
河合塾Wingsには、切磋琢磨できる生徒たちと指導経験の豊富な講師陣がいます。質の高い授業と学習環境から内容以上のものを得る経験ができます。立川教室で、本質的な学力を身につけませんか。
志望校への合格はもちろん、知力や成績の向上、大学受験や将来に役立つ思考力の錬磨をめざす方は、ぜひ一度立川教室に来てみてください。

教室時間割

教室時間割

高校合格実績

2024年度 高校入試合格実績

合格者の声/保護者コメント

都立八王子東高等学校入学 S.Rさん(立川市立立川第三中学校)

手厚いサポート

中2の冬に入塾し、中3になったばかりの私はテストの点数が思うようにとれず焦りや不安から泣いてしまうことがありました。そんな時、先生は私にあったクラス替えをしてくれたり、励ましてくれたりしたのでその後の1年間、安心して充実した環境で学べました。勉強面で十分な知識を教わり精神面での先生方のサポートがあったからこそ自信をもって受験ができました。本当に感謝しています。河合塾Wingsでこの1年間を過ごせて良かったです。

S.Rさんの保護者様

多くの時間を費やし勉強したことは、自信に繋がり、いい経験となりました。先生方の知識が豊富で、授業が楽しいとよく話してくれました。不安や悩みがあれば、すぐに相談することができ、精神面でも支えてもらいました。一人ひとりをしっかり見てくれる温かい塾だと思います。
そして、自習室が自由にいつでも使える事、駐輪場が同じビルの地下にある事は、意外とポイント高かったです。

都立八王子東高等学校入学 T.Sさん(日野市立日野第四中学校)

受験合格の鍵

河合塾Wingsでは各教科で小テストが実施されます。もちろん友達との点数の競い合いも刺激となりますが、クラス別の順位も掲示されるため、今自分が周りと比べてどれほどできているのか知ることができます。周りの人と順位を比べるのは少し怖いと思う方もいるかもしれません。私も同じ気持ちでいました。しかし今となってはライバルと競い合うことが私の受験合格につながったと考えています。

T.Sさんの保護者様

不安や心配が尽きない3年間でした。
勉強の成果がなかなか結果に反映されず、本人は模試毎に落ち込んでいましたが、家族皆でとにかく励まし続けました。結果は少しずつ出てきます。勉強の仕方に悩んだら各教科の先生方にアドバイスをいただくと良いと思います。最後は万全の体調で本番を迎えられるようにサポートしてあげてください。

都立東大和南高等学校入学 M.Kさん(昭島市立福島中学校)

競い合ってきた友達

僕が第一志望の高校に合格することができた要因のひとつは友達の存在です。3年生になってから塾内の友達もそれぞれみんな受験を意識しながら授業を受けるようになり、僕も負けじと食らいついていきました。受験本番が近づくにつれ、友達と点数を勝負し、アドバイスをし合って互いを成長させ続けていきました。もし友達がいなかったら僕は合格できていなかったかもしれません。背中を押してもらったことに感謝したいです。

M.Kさんの保護者様

我が家は、3つ上の兄も河合塾Wingsにお世話になりました。受験の仕組みも3年のブランクはありましたが、何となく分かっていたので親としては一人目より余裕がありました。しかし、同じように育てたはずですが、兄弟でも勉強への取り組み方が大きく違っており本人と将来のイメージ、高校から先の話を何度も話し合いました。それにより子供と一緒に受験を戦うことができ、家族の絆もより深めることができました。

都立立川高等学校(創造理数)入学 H.Kさん(立川市立立川第五中学校)

河合塾Wingsで頑張ったこと。

僕は河合塾Wingsに中学3年生の春から通い始めました。最初の方は部活との両立が大変であまりついていけませんでした。春休みが終わり同じクラスだった人がひとつ上のクラスにいってしまったときに危機感を覚え、そこからは授業の予習や復習を徹底しました。また授業で渡されたプリントは完璧にしたり、数学はテキストの問題をほとんど解いたりしました。塾で配られた教材をフル活用した結果、僕は合格することができました。

H.Kさんの保護者様

志望校が決定するまで、いろいろと迷うと思うのですが、お子さんのやる気と希望を聞きながら、一緒に考えていけると良いと感じます。最終的に、我が家は本人が決めた志望校への合格を信じて、できる限りの協力をしていきました。受験が近くなってからは、塾講義がある曜日以外の日も塾に行き、自習室で勉強させて頂き、ほぼ毎日塾に通っていたことがウチの子には合っていたように感じました。

都立立川高等学校入学 吉澤 薫子さん(立川市立立川第二中学校)

集中力

私は中学2年生の9月に入塾しました。初めは勉強においての体力みたいなものがなく、授業が長いと感じて終わりのほうはあまり集中できていませんでした。しかし、たくさん塾に通うにつれて、長時間の授業に慣れていきました。河合塾Wingsで勉強のことだけではなく、集中力も身に付いたと思います。

吉澤 薫子さんの保護者様

受験勉強に関しては、安心して全てを塾の先生方にお任せする事が出来ましたが、学校の定期テストについては、かなりおしりを叩きました。内申、本当に大切です。受験が終わる日までは、何でもやってあげてください。送迎、部屋のそうじ、洗濯物を畳む、等々。
来年の3月、合否に関わらず「良い受験だった」と思える充実した3年となる事を願います。

都立立川高等学校入学 G.Mさん(小平市立小平第一中学校)

良い先生に恵まれた

私は、中1の夏休みに入塾しました。河合塾Wingsに入塾して良かったことは、素敵な先生方に出会えたことです。私は数学と英語が特に苦手で、過去問を解く度に苦笑いするような点数を取っていましたが、先生方のアドバイスやご指導のおかげで、本番は完璧とはいかずとも全力を出し切り、志望校に合格することができました。また、励ましの言葉や、本番直前まで暖かく見守って頂いたことも、とても力になりました。

G.Mさんの保護者様

受験勉強は自習も含め全て塾でやり、自宅ではやらないというのが我が子のスタイルでした。そこが志望校選択の分岐点だったかもしれませんが、子どもの性格もありますし、無理をさせて心身のバランスを崩したら意味がないと思い、本人のペースに任せました。第一志望校に合格でき、結果的にはそれで良かったようです。受験は自立への第一歩、成長のきっかけになったと感じています。

都立国立高等学校入学 I.Hさん(小平市立小平第一中学校)

勉強に楽しさを。

河合塾Wingsに入った中2の夏から、授業の質には驚いていました。内容の濃い授業を提供していただいたおかげで、楽しみながら学力を伸ばすことができました。例えば数学では、公式は証明の過程を覚えたり、テーマ別の強化プリントを解いたりして、少しずつですが深い理解が定着しました。辛い受験勉強にも楽しさを見つけられる塾を信頼して、気負わずにやっていけば、楽しみながらも着実に合格に近づくことができます。

I.Hさんの保護者様

成果への不安を感じた時は、環境を変えて目標へのアプローチを再考することが効果的だと実感しました。息子の場合、漫然とした努力からの脱却が必要でした。入塾後しばらくして、努力の質に変化を感じました。目標設定・課題抽出を自立して行い、目標に向けて自走することで、今後の自己実現に必要な目標への向き合い方を経験できたと思います。河合塾Wingsからのレベルに応じた指導と仲間からの刺激が自己変革のきっかけとなりました。

都立八王子東高等学校入学 松下 穂高さん(立川市立立川第四中学校)

ライバルがいた甲斐がある

僕は、約5年間、河合塾Wings立川教室に通い、たくさんのライバルに出会うことができました。ライバルがいて良かったと思うことは、いつも点数で勝負しているだけでなく、お互いの知らないところを教え合えたことです。分からないところを先生に聞くのは少し勇気がいることかもしれませんが、同学年なら気軽に聞けます。また、その相手の考えに近づければ、いずれは追いつき、勝てます。僕はライバルのおかげで合格できたと思います。

松下 穂高さんの保護者様

学習面については、下手に親が口を挟むよりも、塾に全てお任せしました。学習以外の「衣食住」のサポートに徹底し、栄養のある食事をたくさん食べさせること、生活リズムを整えること、衣類や寝具を清潔に保つことなどを心掛けました。他に親ができることは、モチベーションが下がらないよう、気を配ることと、心配することくらいです。もどかしく思うことやイライラすることもあると思いますが、しっかり向き合って頑張ってください。

都立国立高等学校入学 田月 杏さん(立川市立立川第二中学校)

先生への感謝

私は中学2年生の初めに入塾しました。数学や英語は得意でしたが、国語が苦手でした。先生方は、効果的な勉強法をたくさん教えてくださったので、毎日頑張って勉強し、それ以外にも自主的に取り組んでいました。それらを続けていくうちに、国語の点数が上がっていきました。質の高い授業だけではなく、勉強法など色々なことを教えてくださった先生方にはとても感謝しています。

田月 杏さんの保護者様

とにかくたくさん眠ることだけを伝えてきました。勉強する時間が長ければ良い訳でなく、いかに集中できるかが重要だと思います。あとは、3年間の蓄積を十分に発揮できるよう、試験当日はテストを楽しんで欲しいと伝えました。
学習計画は塾の方針を信じて、心身共に健康でいられる環境を作ることに腐心することで、満足いく結果が得られると思います。がんばってください。

教室紹介

受付

受付

エントランス

エントランス

教室

教室

入試情報

入試情報

立川教室 042-529-2581

9件の新着情報があります。 1-9件を表示

前の10件|1|次の10件

内申点はどのくらい重要か

2024年6月4日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

先日の保護者会で、内申点についてのコメントを多くいただきました。
具体的な点数にも触れてお伝えしようと思います。

私立高校の推薦入試や一般入試(併願優遇)では、内申点に出願の条件があります。
言い方を変えると、高校が設定している内申点をクリアしていると、合格の可能性が濃くなります。

都立高校の一般入試では、1020点満点中300点分が内申で決まります。
入試当日の学力検査の配点が高いので挽回することは十分にあるとはいえ、内申点が高い方が有利であることに違いはありません。
卒業生の入試得点の開示をみても、「あと内申が1高ければ」というケースがあります。

内申点は、5教科(国数英社理)の1が入試の得点の約3.3点、4教科(音美保技)の1が約6.6点に相当します。
合否ライン1~2点の中に何人もいるとよく聞きます。内申を取る重要性が理解しやすいのではないでしょうか。

内申を上げるためにできることはあります。
ただ、「これをやれば」という簡単なテクニックではありません。
通知表を見ながら振り返るとできることが見えてきます。
具体的なアドバイスがほしい生徒は、通知表をもって相談に来てください。

今後も保護者会や説明会でお伝えしていきます。
一般の方向けの説明会を6月9日(日)・16日(日)10:00から実施します。
ご興味がある方はお電話にてお申込みください。


042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

立川教室保護者会にて

2024年5月19日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

先週・今週の日曜日で学年別に「第1回保護者会」を実施しました。
多数のご参加をいただきまして誠にありがとうございました。

アンケートのご協力にも感謝いたします。
「参考になった内容」について、やはり生々しい情報が挙げられます。
昨年度受験生の偏差値・内申や受験校およびその合否を一覧にしたものは、昨年度の生徒の受験学年の過ごし方が表れています。

「内申が基準より低いのに努力をしたんだな」とか「この高校不合格で奮起したんだな」など、想像ではあっても参考になることが多くあると思います。
お子様の受験生活にお役立ていただきたく情報提供に努めました。
今後は、面談を通じて個別にお話しできればと思います。


保護者会の内容について、この「スタッフからのお知らせ」で少しずつお伝えしていこうと思います。
内容のリクエストがありましたら、ぜひご連絡ください。


042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

GW中の休館のお知らせ

2024年4月27日 更新

みなさんこんにちは。
河合塾Wings立川教室からお知らせです。

【GW中の休館のお知らせ】

4月28日(日)~5月5日(日)まで
授業、窓口受付、自習室すべてお休みです。

※5月6日(月祝)は授業があります!
お間違えのないようご確認ください。


実力テストも終わり、ほっと一息つきたいところですが…

GW明けには、どの学年も学校の勉強が本格的にスタートし、

部活動の練習も中総体に向け、熱さを増してきます。

その後、定期試験があり…忙しくなることが目に見えています。

このような教科書の進度が止まっている今こそ復習のチャンス!

しっかり整えて、連休明けのリスタートに備えましょう!!


河合塾Wings 立川教室
☎042‐529‐2581  FAX042‐529‐5851

小学生の実力テスト休憩時間

2024年4月21日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

本日は実力テストがありました。
小学生の教室では、国語が終了して算数が始まるまでの時間に国語の問題について盛り上がっていました。
テスト内容(結果)を気にすることはとても素晴らしいことです。
ただ、次の算数に向けて少しでも得点につながる勉強を直前にするほうがいいです。
実際、着実に伸びる生徒は得点に貪欲であったりします。

小学生には「国語の点数はもう変わらないけど、算数の勉強で点数が変わるかもしれないよ。」というようなことを言いました。
みんなすぐに自分の席に戻り、算数のテキストを開いて勉強を始めました。

小学生のあいだにテストの受け方(休憩時間の過ごし方)を身につけておくと、後に大きな力になっていきます。
本日の小学生の姿を見て、数年後が楽しみになりました。



042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

生徒の意識が高まる

2024年4月16日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

中3生は4月20日(土)に、中1・2生は4月21日(日)に「進学講演会」を実施します。
勉強の仕方や入試についてお話しします。
学年が変わったこのタイミングは大切な時期です。

中3生は受験学年として1年間の流れまで把握してもらい、いいスタートを切れるようにします。
中2生は中だるみと言われる学年を乗り切るため…ではなく、一層の飛躍のための学年にしてもらいたいと思います。
中1生は、定期テストの勉強の仕方から内申点について知っておくべきことをお伝えします。

常にモチベーションが高かったり、常に集中した状態で勉強したりするのは、実際は難しいことです。
気持ちを切り替えやすい時期に勉強に向かう姿勢も整えていきたいと思います。



042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

模試での様子

2024年4月6日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

本日は中2生・中3生が模試を受験しました。
中3生でも受験生の自覚というにはまだまだという様子です。

これからテストの受け方についても指導していきます。
今回は模試での光景としてよくあるものを2つ紹介します。


・後半の教科になると時間が余る
はじめの1~2教科は、比較的最後まで時間をかける生徒が多いです。
ところが3教科目以降はとたんに時間を持て余す生徒が増えます。
これは早く終わってしまうというのもあるかもしれませんが、集中力が切れている表れでもあります。
受験直前にそのような光景が少なくなるのは、長時間の集中力がつくからでもあります。


・受験後に解答解説を配付したとき
解答解説をすぐみる生徒とそのまましまう生徒に分かれます。
合っていたかどうかはすぐに確認してもらいたいですし、何より自己採点をする必要があります。
ただ、しっかり自己採点をして復習をしている生徒はまだ一部です。


いずれも、言っただけで改善するものではありません。
意識や学力、集中力がついてきて、模試の受け方がうまくなっていきます。
もちろん勝手にそうなるわけでもないので、徐々に指導をしていく中でできるようにしていきます。

学習内容以外でも、学力を向上させるきっかけは多くあります。
塾での時間が充実したものになるようこれからも努めていきます。

042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

春期講習の成果

2024年4月4日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。

春期講習も最終日となりました。
連日の集中学習で、何かをつかみかけている生徒が多くいます。
私の数学の授業で毎日実施した確認テスト(前日の内容)から、事例を紹介したいと思います。

【生徒A】
初回50点、2回目100点。満点をとった達成感から連日100点を取るようになりました。
6日目に90点を取った時の顔は、初回の50点のときより悔しそうでした。
次の日は100点で締めくくり、学校が始まる前にいい流れをつくれました。

【生徒B】
初回100点、2回目90点、その後80点付近でしたが、5日目に40点を取ります。
「明日は何点取るんだ?」と聞くと「100点取ります」とポツリ。
次の日90点だったときは悔しさがにじみ出ていて、7日目は100点でほっとしていました。


もちろんまだきっかけをつかめていない生徒もいますが、1人1人がいい流れをつくれるようサポートしていきます。
これからも応援よろしくお願いします。


042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

受験を終えた生徒をみて…

2024年3月24日 更新

こんにちは。
河合塾Wings立川教室の白水です。
3月より教室長として着任しました。
よろしくお願いします。

さて、3月20日(水祝)に立川教室で「入試報告会」を開催しました。
立川教室在籍生の今年度の入試結果のご報告と、卒業生の座談会という構成でした。

第一志望に合格した生徒をみると、とてもしっかりした印象を受けます。
参加された保護者からもそのような声をよく聞きます。
もちろん実際にしっかりしているのですが、中3生になったばかりの1年前は現在の中3生とかわらなかったと担当の講師は言います。
この1年間の成長は、学力に限らないことを強く感じます。

毎年受験生を見ていると、高校受験は非常に貴重な経験になるようです。
成績が思うように伸びない苦しみや伸びたときの喜び、合格したときの達成感。
振り返ってみると、中3という多感な時期に精神的にも大きく変わるきっかけとなります。

塾では「第一志望合格」が何よりの目標ですが、
ただの合格ではなく、充実した合格になるよう願っております。
スタッフ一同全力でサポートしてまいります。

042-529-2581
河合塾Wings 立川教室

ひとつ上の都立高校をめざす講演会~西高校編~

2023年12月5日 更新

11/26(日)に河合塾吉祥寺現役館をお借りして「ひとつ上の都立高校をめざす講演会~西高校編~」を開催しました。

小雨の降る寒い中、たくさんの生徒・保護者の方にご参加いただきました。

この講演会は、
目の前の高校受験・高校入学だけではなく、大学入学後になっていたい自分を見据えて、学校選択や日々の学習を進めていこう
をテーマに、都立西高校の萩原校長と都立西高校を卒業した大学生2名、そして河合塾Wingsの講師からお話をしていただきました。

萩原校長先生からは、都立西高校の教育方針や特長、西高校で育てていきたい力などをお話しいただきました。
そして卒業生のおふたりからは、都立西高校の魅力やご自身が通っていて良かったことなどを語っていただきました。



■生徒
・「自分には遠い存在の高校だと思っていたけれど、行ってみたいと思いました」
・「自主性を重んじた自由な校風だと知って、これまでの西高校のイメージが変わりました」
・「まだまだこれから成績が伸びる可能性があることを知り、これから本気で西高校を目指そうと思いました」

■保護者
・「部活も勉強も全力でサポートしてもらえる環境だということが分かり、参考になりました」
・「ひとつ上の高校を目指すことへの意欲につながるお話でした」
・「成績推移など具体的な資料を基にしたお話を聞き、合格するために今からやるべきことが明確になりました」

ご参加いただいた生徒・保護者の方から、このような声を聞くことが出来ました。

12/9(土)は日比谷高校、12/10(日)は国立・八王子東・町田高校をめざす方のための講演会を開催します。
まだ、少しですがお席のご用意がありますので、少しでも興味がある方はぜひご参加ください。

12/9(土)・10(日)ひとつ上の都立高校をめざす講演会
お申し込みはこちら

前の10件|1|次の10件