河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生

中3生 講座案内・時間割 | 東大現役進学塾 MEPLO

実践力養成期(Junior Stage)

大学入学後も必要となる幅広い教養を身につけるために、検定教科書の学習範囲を超えた内容も合わせて学習します。

数学

主に「数学Ⅰ」「数学A」の範囲を学習します。数学の問題を解くプロセスにおいては、判断や洞察力が必要となります。与えられた状況の中から導くべき結論を得るために、“何”を“どの方法”で“どの順番”に使っていけばよいのか。問題文を数学的に読み取り、題意を再整理する過程をこの1年間で学び取っていきます。生徒の皆さんの理解をより確かなものとするために、解法を出し合ったり、指摘し合うというようなグループによる演習を通じ、基礎の本質的な理解を得ることができるでしょう。なお、前講で学習した内容を確認するための「演習プリント」を授業内で実施します。また、復習用教材として原則毎週提出していただく「Let's Check」は授業担当講師が添削して返却します。

英語

1回の授業は90分×2コマで行われ、その2週分(90分×4コマ)を1クールと呼んでいます。1クールのうち2コマが「文法・語法」、1コマが「精読・英作文」、1コマが「ネイティブレッスン」となっています。
「文法・語法」の授業では、文法・語法・語彙を定着させるために、大学入試の文法問題の演習を通して網羅的により深く学習し、実際にどこまでのレベルに到達する必要があるのかを体感してもらいます。
「精読・英作文」の授業では、そのクールで扱った文法事項を含んだ英文和訳および和文英訳を通して、英文構造の把握力を向上させ、加えて正確な日本語を使うことにも心がけます。
「ネイティブレッスン」では、副教材を用いてリスニング問題に取り組んでもらうとともに、それに関連した内容に関して、ライティングの練習も行います。書いたものはネイティブ講師が添削して返却します。毎回書くことにより、英語で何かを書くことに抵抗がなくなり、添削によってどう書くべきかを学び、表現力が飛躍的に向上します。
なお、各学期の最終クールには、履修した文法事項に関する「復習テスト」を3回にわけて実施し、定着度を測定します。

MEPLOに関するお問い合わせ・お申し込み

よくあるご質問を見る

  1. 河合塾
  2. 高3生
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 高2生
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 高1生
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 小・中学生
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 中高一貫校生のための大学受験対策
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 難関大・医学部合格をめざす
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 東大現役進学塾 MEPLO
  4. 講座案内・時間割
  5. 中3生