河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 私たち親子が現役合格を叶えるまで
  4. 河合塾と学校は両立できる!

河合塾と学校は両立できる! 私たち親子が現役合格を叶えるまで | 河合塾で学ぶ

第一志望もやりたいこともあきらめない!強い意志がつかんだ現役合格 第一志望もやりたいこともあきらめない!強い意志がつかんだ現役合格

高1の4月から河合塾に入塾し、「第一志望もやりたいこともあきらめない!」という強い意志で現役合格を勝ち取った岡田さん。部活動や学校行事と勉強の両立に不安を抱えた高校生の皆さん、お子様をサポートする保護者様は、岡田さん親子の体験談をぜひ参考にしてみてください。

自身の高校受験や兄の大学受験の苦労から、「第一志望に合格する」という意志が明確に

――高校1年生から河合塾に通おうと思った理由は?

【拓磨さん】
高校受験のときは第一志望合格が叶わなかったため、大学受験では第一志望に合格できるよう、高校の初めからしっかりと準備したいと思いました。3学年上の兄も同じ高校に通っていましたが、塾に通い始めたのが遅かったので、受験で苦労している姿を見ていました。特に英語と数学が大変だと聞き、早くから塾で学ぶべきだと感じたのです。

【お父様】
兄を反面教師として、勉強と部活をしっかり両立させたいと考え、早くから塾に行くことを決めたようです。本人が高1から塾に行きたいと希望していたので、親としてはその意気込みを大事にしたいという思いでした。

「やりたいことをあきらめずに勉強と両立させる」 その意志を叶える河合塾に決定

――河合塾を選んだ理由は?

【拓磨さん】
週5日、合唱部の練習があるため、塾選びでは「部活と両立できること」が必須条件でした。また、映像授業は疲れていると集中力を維持するのは難しいと思い、「対面授業であること」も重視していました。対面授業は緊張感があり、優秀な講師にすぐに質問できるのも魅力だったからです。部活後に通える時間にも希望の授業があったので、入塾を考えるきっかけになりました。

【お父様】
一番大事なのは本人のやる気だと思うので、「やる気になれる塾であること」が大切だと思っていました。他塾とも比較検討しましたが、入塾説明会で説明を聞き、河合塾は受験のプロだと実感できました。さらに、河合塾は大手であり東大合格の実績も豊富なので、受験のことは河合塾にお任せすれば大丈夫だという安心感がありました。

受験のことは安心して河合塾にお任せ。その代わり、家でリラックスできるよう気配りを

――勉強を頑張るお子様とどのように接していましたか?

【お父様】
私が受験した頃の数十年前の経験や知識は役に立ちませんから、受験勉強に関して親ができることはほとんどありません。なので、基本的には本人の意志や行動を尊重し、受験に関して干渉せずにそっと見守ってあげるのが良いと思って接していました。そのため、受験のことは河合塾にお任せしていました。親としてできることといえば、家族が家に風邪を持ち込まないなど健康面に注意したり、「勉強をしなさい」と言ったり成績をしつこく聞くなどせず、プレッシャーをかけないよう気をつけることぐらいでした。あとは、ヤキモキしながら見守る感じでしたね。

――具体的にはどのようなコミュニケーションをとっていましたか?

【お父様】
顔をあわせたときには、何気なく勉強の様子をうかがうような会話はしていました。あとは土日などに料理を作ってあげて、食事をしながらコミュニケーションをとるなど、家ではリラックスできるようにしていました。

入塾後は河合塾をフル活用!特に思い出深いのは「講師」「自習室」「チューター」

――河合塾の授業・講師について

【拓磨さん】
講師のレベルがとても高く、一つの知識から関係性を生み出して体系的に覚えられる授業でした。東大受験に精通した講師のおかげで、効率よく的確な指導が受けられたと思います。基礎から応用までのエッセンスが詰まった河合塾のテキストを何回も解き直し、着実に実力をつけていくことに努めました。さらに発展的な問題では得意な部分を伸ばしていくなど、自分にあった勉強方法で取り組めたことも、モチベーション維持につながっていました。河合塾の指導を信じて、3年間継続したことで、順調に成績を伸ばすことができ、合格をつかむことができたと実感しています。

――河合塾の自習室について

【拓磨さん】
学校がある日は、帰りに塾に行き自習室で夜遅くまで勉強をしていました。自習室に行ってライバルが勉強している姿を見ると、「自分も頑張ろう!」というスイッチが入り、やる気が出ました。

――河合塾のチューターについて

【お父様】
受験で不安なことがあれば講師やチューターを頼って相談しているようでした。もし、塾に入っていなかったら、自己管理で受験勉強を計画的に進めることはできなかったでしょう。

【拓磨さん】
チューターは、模試後に「どうだった?」などと気さくに話しかけてくれて、その時点の成績状況に応じた客観的データに基づく的確なアドバイスをしてくれました。たとえば、過去に東大に現役合格した人はこの時点でどのくらいの成績だったとか、合格者のデータなどは特に参考になりました。何でも相談できるチューターの存在は大変大きかったですね。

部活・学校行事との両立成功は、早期から勉強を始めたおかげ

――部活・学校行事との両立について

【拓磨さん】
真剣に行事に取り組む学校だったので、受験の大事な時期となる高3の夏休みでも、体育祭の準備に追われたりと、勉強との両立が大変でした。また、部活は高3の10月初旬に合唱コンクールがありましたが、そこまでしっかりとやりきりました。受験だからといってやりたいことをあきらめることはせず、両立させるという意志を持っていたので、最後まで悔いが残らない高校生活にしたかったのです。

――高1から河合塾に通って良かったと思うことは?

【拓磨さん】
早くから入塾したことが、同級生より進んでいるという自信につながり、良いスタートが切れました。苦手科目があると受験時に苦労するので、早期から塾で苦手を克服し、東大を意識した勉強を計画的に実行できたのが良かったと思います。高1・2年時に勉強を後回しにしていた同級生は受験勉強が大変そうでした。高1から地道に3年間しっかりと対策をしてきたことで現役合格をつかめたと実感しています。

【お父様】
部活や学校行事などにも一生懸命取り組み、充実した学校生活を送りつつも、高1から部活と塾をしっかりと両立させると決め、3年間よく頑張ったと思います。落ち込むこともなく、がまん強く勉強を継続できたのは、河合塾という信頼できる場があったからだと感謝しています。

通塾を検討している高校生・保護者様に伝えたいこと

【拓磨さん】
河合塾の講師やチューターは、多数の受験生を合格へと導いてきた実績があるので信頼できます。指導に従って頑張ることが合格への近道だと思います。あとは、自分を信じて自信とやる気を維持することが、長い受験生活では大事なことだと思います。日々の積み重ねを大切にして、最後まであきらめずに頑張ってください。

【お父様】
映像授業ではなく、講師から直接指導を受けられる対面授業を本人が希望し河合塾を選びました。講師と直接対話できる環境はとても良かったようです。3年間、本人から不安を匂わせることはほぼ聞かなかったので、塾での勉強が順調であると感じることができました。受験に関しては河合塾にお任せ状態だったので、合格できたのは河合塾のおかげだと大変感謝しています。受験生の親はわからないことだらけなので、受験のプロである河合塾を信頼してお任せすれば間違いないと思います。

現役合格までフルサポート!高校生対象 高校グリーンコースのご案内はこちら 現役合格までフルサポート!高校生対象 高校グリーンコースのご案内はこちら

河合塾から受験生の皆様にお役立ち情報を発信しておりますので、お気軽にフォローください。