河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>体験授業・イベント>知って得する!親子で乗り切る大学受験<現役合格への第一歩>開催レポート

知って得する!親子で乗り切る大学受験<現役合格への第一歩>開催レポート2014特別進学講演

戻る

日時

2014年6月15日(日)・21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)・7月5日(土)

会場

全国の河合塾54会場

対象 高2生および保護者の方
講演内容

Part1. 大学入試を知る
Part2. 行きたい大学・学部の見つけ方
Part3. 飛躍する夏休みの過ごし方
Part4.(会場別講演)講師・スタッフによる学習法ガイダンス

北海道・東北地区 首都圏地区 中部地区
札幌校、仙台校 麹町校、新宿校、池袋校、秋葉原館*、自由が丘現役館*、吉祥寺現役館*、調布現役館*、立川校、町田校、厚木現役館*、藤沢現役館*、横浜校、あざみ野館*、金沢文庫現役館*、大宮校、南浦和現役館*、川越現役館*、松戸校、津田沼校、千葉現役館*、水戸校 名駅校、名古屋校、千種校、豊橋校、岐阜校、浜松校、四日市現役館*、津現役館*、刈谷現役館*、岡崎現役館*、豊田現役館*、星ヶ丘現役館*
近畿地区 中四国地区 九州地区
大阪校、上本町校、天王寺校、京都校、神戸三宮現役館*、現役生教室寝屋川*、現役生教室豊中*、現役生教室堺東*、現役生教室岸和田*、現役生教室甲子園*、現役生教室三田*、現役生教室西大寺*、現役生教室八木* 広島校、福山校、現役生教室呉*、現役生教室五日市* 福岡校、北九州校
(学)河合塾主催。ただし仙台校は(学)文理学院、*の校舎は(株)河合塾進学研究社主催の校舎

2014年6月中旬~7月上旬にわたり、全国54会場で開催

(写真/横浜校)
毎回、多くの高校生・保護者の方々が集まる特別進学講演。
今回は、高2生と保護者の方を対象に「知って得する!親子で乗り切る大学受験<現役合格への第一歩>」と題して、6月中旬から7月上旬にかけて全国の河合塾54会場で開催されました。

もうすぐ迎える夏休みをどのように過ごすかを考える時期ということもあり、多くの方々が参加され、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
(写真/横浜校)

最近の大学入試の種類や内容、今後の入試動向を説明

「Part1. 大学入試を知る」では、大学や大学入試が、保護者の方々が学生だった頃とは大きく変化していることや、大学入試の種類とその内容、今後の入試動向などが説明されました。

大学進学率は年々上昇しており、2人に1人が大学へ行く時代です。大学全入時代と言われていますが、難関大学や医学部医学科は人気が継続しているので、今後も厳しい入試を突破する必要があります。大学入試の種類は、センター試験を含む一般入試、推薦入試、AO入試とあり、それぞれの入試制度が複雑化・多様化している、との説明がありました。

また、今後の入試動向について、来春から数学・理科が新課程での入試となり変化も予想されるため、これから高3の先輩たちが受ける2015年度新課程入試の問題で傾向や難易度を確認しよう、とのアドバイスがありました。

志望大学選びやオープンキャンパスについて

続いて「Part2. 行きたい大学・学部の見つけ方」では、高校受験と大学受験の違いや行きたい大学探しのポイント、大学を体験できるオープンキャンパスなどについて説明がありました。

高校選びと大学選びの違いについての話では、高校は自分の学力と志望校の難易度で決めますが、大学の場合、学力もさることながら将来の進路に基づいた大学選びが重要です。また、今の大学は同じような名称でも大学や学部により学べることがまったく違うこともあるので、どのような学びができるのかを調べることが必要です。さらに、大学の雰囲気を知ることも大学選びの重要なポイントなので、早いうちにオープンキャンパスへ参加した方がよい、との説明がありました。

目標が決まらないと効果的な受験対策が始められないので、自分の将来を考え、ホームページで調べたり、オープンキャンパスに参加したりして、志望大学・学部を早めに決めることが重要、とアドバイスがありました。

現役合格のポイントとなる高2の夏休みの過ごし方について

「Part3. 飛躍する夏休みの過ごし方」では、高2生の夏の過ごし方や忙しい部活動と両立する方法について、説明がありました。

2014年度センター試験[英語]の第6問の本文における各教科書の語彙のカバー率を河合塾で算出したデータを見ると、高2までに履修する英単語は9割となり、高2までの学習が大学入試においていかに重要かということがわかります。そのため、まとまった時間がとれる夏から受験に向けた学習をすることが重要です。飛躍する夏休みにするため、計画的に学習の計画を立て、苦手教科があれば夏休みを利用して克服しよう、とのアドバイスがありました。また、部活動と両立する方法について、大学生特派員からのアドバイスが紹介されました。

最後にまとめとして、現役合格の秘訣は、志望大学の決定をできるだけ早くすること、高2のうちから受験を意識した学習をすること、定期試験・模試を上手く活用すること、計画的に継続して学習することが重要であるとのとアドバイスがありました。

現役合格するための高校2年生の夏の学習法を具体的にアドバイス

札幌校
講師講演:札幌校
新宿校
講師講演:新宿校
札幌校では「講師が語る、現役合格のために今すること、これからすべきこと」、首都圏地区では「ココが違う!講師が語る、現役合格者の高2夏の学習法」、近畿地区では「成績を伸ばすための勉強法の"コツ"」と題した講師講演が行われました。また、仙台校では河合塾スタッフよる「ここで差がつく合格への習慣」と題した講演がありました。今回はその中から抜粋して池袋校で実施された講師講演をレポートします。

池袋校では、英語科講師から、「受験英語の学習法」と題して、現役合格するために必要な高2での学習や、この夏の学習方法について具体的にアドバイスがありました。
まず、実際の英語の入試問題が配布され、高2の終わりにはこの問題が解けるようになることが現役合格に結びつく、と説明がありました。その後、例示した英文から、学力別にこの夏の学習方法の説明がありました。入試問題や具体的な例文を提示したわかりやすい説明に、真剣にメモをとる姿が見られました。
講演終了後には、池袋校のスタッフによる個別学習相談が行われ、多くの方が個別相談に参加、熱心にこの夏の過ごし方を相談されていました。

各校舎の講演の様子

・札幌校
札幌校
・仙台校
仙台校
・吉祥寺現役館
吉祥寺現役館
・天王寺校
天王寺校
・広島校
広島校
・福岡校
福岡校

参加者の声

役立つ情報を知ることができました。志望校決定には、本人の情報収集も大切なことがわかりました。受験に対する意識はまだまだうすく、甘く考えているので今日の話を少しでも伝えたいと思いました。考えるキッカケになりました。部活の時間が遅いので、これから試行錯誤です。
(札幌校/保護者の方)

受験に関して普段からいろいろな情報を得ていたつもりでも、今回のお話の中で初めて聞いたことも多く、とても有意義な時間でした。
(仙台校/保護者の方)

子どもと参加することができなかったのですが、わかりやすい資料をいただいたので、お聞きした事を基に話し合ってみたいと思いました。これからどんな準備が必要になってくるのか参考にして、日々を大切にすごすよう意識させるキッカケになると思います。
(藤沢現役館/保護者の方)

自分が今一番伸ばしたいと思っている英語について今後どのような勉強をしていくか、また国立と私立の入試問題傾向の違いについて多く学べてよい機会でした。今後の学習に活かしていきたいです。
(町田校/高2生の方)

高2までの学習が受験の合否を左右することを改めて知ったので勉強のやり方のコツをうまくつかんで学習することが大事だと思いました。<生徒の方>
毎回、大変ためになる講演をありがとうございます。親子で聞くことでその後の進路についての話がスムーズに進められます。<保護者の方>
(池袋校/高2生の方・保護者の方)

高2でのこれからの勉強法がわかりました。英語では基礎の意味を知ることができ、良かったです。<生徒の方>
子どもと一緒にお話が伺えたので、今日から復習を繰り返していきたいと思いました。とても勉強になりました。<保護者の方>
(川越現役館/高2生の方・保護者の方)

初めてこのような"大学入試"についての講演に参加しました。親子で考えるきっかけにしたいと思いました。大変参考になりました。
(横浜校/保護者の方)

高2の夏はとても大切だということがよくわかりました。親の時代と今との入試の状況も随分変わってきていることもよくわかりました。
(名駅校/保護者の方)

大学入試のいろいろな方法や合格のための必要学力、学部の決め方や、2年生の夏休みに必要なことを知ることができて良かったです。
(岐阜校/高2生の方)

高2の時期がいかに大切かわかりました。できるだけ早く志望大学を決めて、苦手科目を2年生の間に克服することを子どもにも伝えたいと思います。模試の成績表の裏面の情報を見て苦手分野を確認することも参考になりました。
(津現役館/保護者の方)

授業の内容等を知ることができて、大変参考になりました。子どもはもちろんですが、親も勉強することがたくさんある事が良くわかりました。
(天王寺校/保護者の方)

夏休みにしっかり勉強できるよう頑張ろうと思いました。
(三田教室/高2生の方)

現役合格と目標を定めて、勉強するサポートのために役立てたいと思います。
(広島校/保護者の方)

夏休みの過ごし方と苦手教科をなくすことが必要だということがわかりました。
(現役生教室 五日市/高2生の方)

コンパクトに話をまとめていただき、とてもわかりやすかったです。今後の受験対策の役立てたいと思います。
(福岡校/保護者の方)

大学学部名称の多様化により、名称内容の具体的な特徴を調べることから始め、志望校・受験校の検討に取り組みたいと思います。
(北九州校/保護者の方)