河合塾グループ河合塾

緊急のお知らせ:東海・北陸

学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 体験授業・イベント
  3. 近畿 <9月から始めよう>イベント・講演会のご案内
  4. 高3 ハイパー講座 -東大理三・京大医学部医学科 現役合格への最短距離-

高3 ハイパー講座 -東大理三・京大医学部医学科 現役合格への最短距離- 近畿 <9月から始めよう>イベント・講演会のご案内

東大理三・京大医学部医学科 2016年度受講生合格率100% ハイパー講座 東大理三・京大医学部医学科 2016年度受講生合格率100% ハイパー講座

ハイパー講座とは

最強の講師

ハイパー講座を担当するのは、数十年に渡って東大・京大入試を分析し、数多くの合格者を送り出してきた最強の講師陣です。超トップ生を指導し続けた講師だけが持つノウハウを惜しみなく披露します。

最良の問題

東大・京大入試レベルを凌駕する問題を扱います。それらは単に難しいだけでなく、解く意義のある最良の問題ばかりです。授業や自宅学習で最良の問題演習を積む実戦向きの講座です。

最高の授業

授業が単なる問題解説にとどまらないことは言うまでもありません。ときには高校学習範囲を飛び越えながら、各教科の内容をとことん奥深くまで掘り下げます。必死でついてきた方は、容易に合格できるだけの力を手に入れることでしょう。

最強の講師による、最良の問題を取り扱う、最高の授業が、キミを東大理三・京大医学部医学科といった最難関大の現役合格に導きます。2016年度ハイパー講座受講生合格率 東大理三・京大医学部医学科100%(受験者の合格率) 最強の講師による、最良の問題を取り扱う、最高の授業が、キミを東大理三・京大医学部医学科といった最難関大の現役合格に導きます。2016年度ハイパー講座受講生合格率 東大理三・京大医学部医学科100%(受験者の合格率)

2017年度入試合格者の声

ハイパー講座を受講して現役合格しました!

東京大学 理科三類 林航平さん(灘高校出身)

先輩や友達から担当の大西先生が良いと聞いて受講しました。取り扱う問題が難しく、非常にスピーディーに授業が進むのですが、重要なことをわかりやすく端的に教えてくれたので、自分の中で腑に落ちることが多かったです。受講して正解でした。

東京大学 理科三類 廣谷優一さん(灘高校出身)

大西先生の授業を受けていた阪大医学部出身の父のすすめで受講しました。授業では初見では対応できないような東大の過去問よりも難しい問題を扱っていましたが、おかげで合格点を取ることができる学力と自信が身につきました。

ハイパー講座の仕組み

思考力に切り込んだ授業展開

超難関大入試でのみ要求される知識、応用力、イメージ、論理的な展開力、が存在します。講義を聞くだけでなく、実際に手を動かしながらこれらを体感する授業です。小手先の技術を養成する授業ではありません。解答までのプロセスをいかに組み立てるか、どのように論証展開していくかが重要になります。

ハイパー講座専用のテキスト!

東大・京大入試攻略を熟知し、テキストや模試を作成している講師がハイパー講座専用に開発しました。

一人ひとりを見つめた添削指導

添削演習や授業内で実施される実戦テストの答案は丁寧に添削して返却し、一人ひとりの合格答案作成力を鍛え上げます。

年間スケジュール

前期 1学期11講+夏期ゼミ5講→後期 2学期11講+直前ゼミ2講→東大・京大現役合格 前期 1学期11講+夏期ゼミ5講→後期 2学期11講+直前ゼミ2講→東大・京大現役合格

ハイパー大竹理系数学

担当講師:大竹 真一

担当講師:大竹 真一

大学の非常勤を兼任するなど、全国規模で活躍。著書には受験生向け参考書や大学生向け教科書をはじめ、一般書の『どうして高校生が数学を学ばなければならないの?』(大阪大学出版会)、『数学が面白くなる東大のディープな数学』(KADOKAWA)がある。

授業日程(1学期)

木曜日 5・6限(18:00~21:10)
代数的分野(2)
第1講 4月19日(木)
第2講 4月26日(木)
第3講 5月10日(木)
第4講 5月17日(木)

解析的分野(1)
第5講 5月24日(木)
第6講 5月31日(木)
第7講 6月7日(木)
第8講 6月14日(木)
第9講 6月21日(木)
第10講 6月28日(木)
第11講 7月5日(木)

授業日程(夏期ゼミ)

8月6日(月)~10日(金) 17:20~20:40
解析的分野(2)
第12講 8月6日(月)
第13講 8月7日(火)
第14講 8月8日(水)
第15講 8月9日(木)
第16講 8月10日(金)

授業日程(2学期)

木曜日 5・6限(18:00~21:10)
幾何学的分野
第1講 9月6日(木)
第2講 9月13日(木)
第3講 9月20日(木)
第4講 10月4日(木)
第5講 10月11日(木)
第6講 10月18日(木)

確率
第7講 11月1日(木)
第8講 11月8日(木)
第9講 11月15日(木)

総合演習(1)
第10講 11月29日(木)
第11講 12月6日(木)

授業で扱うレベル

授業で扱うレベルの画像 授業で扱うレベルの画像

講師からのメッセージ

講師からのメッセージの画像 講師からのメッセージの画像

ハイパー別宮物理

担当講師:別宮 聖治

担当講師:別宮 聖治

トップレベル、医学部志望の受験生の授業を中心に担当。物理の本質的理解に導く丁寧な授業には定評がある。京大即応オープンの作成にも携わり、難関大学の入試問題にも精通している。

授業日程(1学期)

水曜日 5・6限(18:00~21:10)
円運動
第1講 4月18日(水)

単振動
第2講 4月25日(水)

万有引力
第3講 5月9日(水)

波の性質
第4講 5月16日(水)
第5講 5月23日(水)

音波
第6講 5月30日(水)

光波
第7講 6月6日(水)

熱力学
第8講 6月13日(水)
第9講 6月20日(水)

気体分子運動
第10講 6月27日(水)

総合問題
第11講 7月4日(水)

授業日程(夏期ゼミ)

7月19日(木)~23日(月) 17:20~20:40
電場
第12講 7月19日(木)
第13講 7月20日(金)

直流回路
第14講 7月21日(土)

磁場
第15講 7月22日(日)
第16講 7月23日(月)

授業日程(2学期)

水曜日 5・6限(18:00~21:10)
電磁誘導
第1講 9月5日(水)
第2講 9月12日(水)

過渡現象
第3講 9月19日(水)

交流回路
第4講 10月3日(水)

粒子性と波動性
第5講 10月10日(水)

原子構造
第6講 10月17日(水)

原子核
第7講 10月24日(水)

実戦問題演習
第8講 11月7日(水)
第9講 11月14日(水)
第10講 11月28日(水)
第11講 12月5日(水)

内容

物理量がどう定義され、基本法則が何を表しているか、これを正確に理解することなしに、物理現象を正しくとらえ説明することはできません。本講座では、解き応えのある問題演習を通して基本法則に基づいた物理的観察力・思考力を一つずつ確実に身につけていくことで、入試のどのような難問題にも完璧に解答する学力を養います。

授業で扱うレベル

授業で扱うレベルの画像 授業で扱うレベルの画像

講師からのメッセージ

例えば上に掲載した問題で、問Iについては何が起こっているかわからなくても、力学的エネルギーは保存されそうだから、とりあえず保存則を用いて計算し、多くの受験生は正解するであろう。しかし、問IIで、らせん軌道の運動は習っていないし、問IIIにいたっては、剛体の回転運動を伴うので、高校物理を逸脱した出題であり、ほとんどの受験生が解答不能となってしまうであろう。
このような問題を最後まで完答するためにはどうすればいいのだろうか。高校物理を超えた内容の法則が使えるように、大学の物理学を先取り学習することが本当に必要なのだろうか?
ハイパー別宮物理では、基本法則から、あらゆる法則が導出されることを重視した講義を展開します。その中で、自然に高校物理を超えた内容に踏み込んでいることが多々あります。無理に逸脱した内容を教え込むのではなく、自然に逸脱していける物理的思考力を養い、どんな難問題でも正解してもらいたいと思っています。

ハイパー大西化学

担当講師:大西 正浩

担当講師:大西 正浩

現役生・高卒生クラスともに、東大・京大・医進といったトップレベル講座を担当。的確で緊張感溢れる授業を展開し、トップレベル生から絶大な支持を得ている。
河合塾模擬試験作成にも携わっており、中でも京大即応オープンは作成の中心者である。

授業日程(1学期)

金曜日 5・6限(18:00~21:10)
原子・元素の性質、化学結合・結晶
第1講 4月20日(金)

熱化学
第2講 4月27日(金)

気体・蒸気圧・理想気体と実在気体
第3講 5月11日(金)
第4講 5月18日(金)

溶液
第5講 5月25日(金)

反応速度・化学平衡
第6講 6月1日(金)

酸・塩基・塩
第7講 6月8日(金)

電離平衡
第8講 6月15日(金)
第9講 6月22日(金)

酸化・還元
第10講 6月29日(金)

電池・電気分解
第11講 7月6日(金)

授業日程(夏期ゼミ)

7月30日(月)~8月3日(金) 17:20~20:40
理論、無機理論
第12講 7月30日(月)
第13講 7月31日(火)
第14講 8月1日(水)
第15講 8月2日(木)
第16講 8月3日(金)

授業日程(2学期)

金曜日 5・6限(18:00~21:10)
有機化学の基礎、炭化水素
第1講 9月7日(金)

脂肪族化合物
第2講 9月14日(金)
第3講 9月21日(金)

芳香族化合物
第4講 10月5日(金)
第5講 10月12日(金)

糖類
第6講 10月19日(金)

アミノ酸・タンパク質・酵素・核酸
第7講 10月26日(金)
第8講 11月9日(金)

油脂とセッケン
第9講 11月16日(金)

合成高分子化合物
第10講 11月30日(金)
第11講 12月7日(金)

内容

年々難度が増す東大・京大入試には、受験テクニックは通用しません。どのような内容が出題されようが、十分に対応できる基礎力の養成は当然として、問題の背景まで理解しようとする授業内容です。

授業で扱うレベル

授業で扱うレベルの画像 授業で扱うレベルの画像

講師からのメッセージ

講師からのメッセージの画像 講師からのメッセージの画像

受講料・申込方法等

詳しくはこちら

会場

大阪校医進館

実施曜日・時間

【ハイパー大竹理系数学】
木曜日 18:00~21:10(180分)

【ハイパー別宮物理】
水曜日 18:00~21:10(180分)

【ハイパー大西化学】
金曜日 18:00~21:10(180分)

  • 夏期ゼミ、直前ゼミは日程が異なります。

受講料※入会金は不要

【塾生】
◆前期(1学期+夏期ゼミ)
40,000円(税込)[2,500円×16講]

◆後期(2学期+直前ゼミ)
32,500円(税込)[2,500円×13講]

【一般生】
◆前期(1学期+夏期ゼミ)
48,000円(税込)[3,000円×16講]

◆後期(2学期+直前ゼミ)
39,000円(税込)[3,000円×13講]

  • 途中で受講を取りやめた場合でも返金はいたしません。あらかじめご了承ください。
  • 途中からご受講いただく場合は、受講講数×(2,500円または3,000円)をお支払いいただきます。
  • 受講料は、2018年度塾生は口座振替でのお支払いとなります。一般生の方は、初回授業開始までに大阪校医進館の窓口にてお支払いください。

受講者特典

●大阪校医進館の自習室を利用できます。
●チューターによるサポート(進学相談・面接対策など)を受けることができます。

申込方法

大阪校医進館窓口またはお電話にてお申し込みください。

  • ハイパー講座を受講するためにテストを受ける必要はありません。(認定不要)
  • 東大理三・京大医学部医学科を本気でめざし、超難問を取り扱う授業についていく自信と覚悟がある方のみお申し込みください。

校舎案内・お申し込み

大阪校医進館

大阪校医進館地図

【受付時間】 11:30~19:30(日曜・祝日は11:30~17:00)