河合塾グループ河合塾

緊急のお知らせ:関東・甲信越東海・北陸

学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 変わる新大学入試の対策について、河合塾の英語講師がわかりやすく解説!

変わる新大学入試の対策について、河合塾の英語講師がわかりやすく解説! 河合塾で学ぶ

変わる新大学入試、英語対策はどうすればいいの? 高1・2生のキミへ、河合塾の英語講師がわかりやすく解説! 変わる新大学入試、英語対策はどうすればいいの? 高1・2生のキミへ、河合塾の英語講師がわかりやすく解説!

2021年1月から「大学入学共通テスト」が新しく始まります。

英語は「読む・聞く・書く・話す」の4技能評価に変わるなど、「どんな対策をしたらいいの?」と不安を感じている方も多いはず。そんな高1・2生の皆さんの疑問に、河合塾の英語科講師がわかりやすく答えます!

1.英語の試験は大きく変わると聞きました。難しい試験になるのですか? 1.英語の試験は大きく変わると聞きました。難しい試験になるのですか?

問われ方が変わっても、求められる英語力の本質はこれまでと大きく変わりません。あまり不安になりすぎず、まずは“ゆるぎない基礎学力”を身につければ大丈夫。 河合塾 英語科講師 佐藤 進二 問われ方が変わっても、求められる英語力の本質はこれまでと大きく変わりません。あまり不安になりすぎず、まずは“ゆるぎない基礎学力”を身につければ大丈夫。 河合塾 英語科講師 佐藤 進二

新しくスタートする「大学入学共通テスト」は、「知識・技能」に加え「思考力・判断力・表現力」が問われる出題になると言われています。しかし、これらを問う出題は、難関大学では以前から当たり前のように出題されており、この方向性が再確認されるということです。
目先の変化に惑わされず、早いうちから基礎的な英語力をしっかり身につけることが大切です。

学習のポイント 学習のポイント

学習する内容が増えるわけではないので、不安になりすぎる必要はありません。「読む・聞く・書く・話す」の4技能を意識することは、外国語を学習するうえではむしろ当たり前のこと。まずは高校で学んでいること、やるべきことをしっかりやりましょう。

2.設問文が英文になるなど、全体の英文量が多くなっているようですが… 2.設問文が英文になるなど、全体の英文量が多くなっているようですが…

新しい大学入試では、英文を英文のまますばやく理解し解答するという“反射神経”も求められます。ポイントは、文章の趣旨・要旨を読み取ることです。設問の意図は何か、各パラグラフではどんなことを伝えようとしているのか、丁寧に考えながら英文を読む、これを普段から意識して、すばやく読めるように訓練を重ねていくことです。

学習のポイント 学習のポイント

高1生は、一文一文を “正確に”読む力をまず身につけてください。高2生になったら、英文量の多い問題を解きながら、英文読解のスピードアップをめざしましょう。

3.大学入学共通テストでは、リスニングの配点が増えると聞きました。いつぐらいから対策を始めればよいですか? 3.大学入学共通テストでは、リスニングの配点が増えると聞きました。いつぐらいから対策を始めればよいですか?

新しい大学入試では、音声問題の比重が高くなります。英語の“音”に対応する力は一朝一夕では身につかないから、一日も早く始めることが大切! 新しい大学入試では、音声問題の比重が高くなります。英語の“音”に対応する力は一朝一夕では身につかないから、一日も早く始めることが大切!

新しい大学入試の傾向として、音声問題が増えることは確実です。英語の“音”に慣れるにはそれなりに時間がかかるので、高3生になってからでは間に合いません。できるだけ早くから対策を始めることが必要です。

学習のポイント 学習のポイント

高1・2生は、普段から“音”を意識した学習を心がけましょう。たとえば、英単語を覚える場合にも、①音を知る、②スペルを知る、③意味を知る、④用例を知る、というように“音”に意識を向けることです。

4.スピーキングがとにかく心配です。どうしたらよいかわかりません… 4.スピーキングがとにかく心配です。どうしたらよいかわかりません…

恥ずかしがらずに、声を出すことから慣れていこう。教材の音声を聞いて、音読するのがおすすめです。 恥ずかしがらずに、声を出すことから慣れていこう。教材の音声を聞いて、音読するのがおすすめです。

声を出すことを恥ずかしがっている高校生もよく見かけますが、下手でもよいので、声を出すことに慣れましょう。教材の音声をよく聞いて、「音読」するのがおすすめ。これだけでも、スピーキングの基礎力は十分身につきます。

なお、英語の資格・検定試験は、高3生の4月~12月が受検期間。高2の10月になったら「もう試験まであと100日しかない」という気持ちで取り組んでください。早めに資格・検定試験で良い結果が出せれば、高3の残りの期間は安心して他の学習に取り組めます。

5.これから新しい大学入試に向けた学習を始めるときに、大事なことは何ですか? 5.これから新しい大学入試に向けた学習を始めるときに、大事なことは何ですか?

英語の資格・検定試験にばかり気をとられていると、大学入試で求められる学力は身につきません。“大学入試レベル”の英語力をつけることを忘れずに。 英語の資格・検定試験にばかり気をとられていると、大学入試で求められる学力は身につきません。“大学入試レベル”の英語力をつけることを忘れずに。

文法・和訳・英訳・内容説明・リスニング・・・さまざまな出題が想定されていますが、重要なのはいずれも“大学入試レベル”であるということ。英語で道案内をするような“日常生活レベル”の英会話ではありません。大学生として高いレベルの題材で議論ができるような、アカデミックな英語力が求められます。

学習のポイント 学習のポイント

高1生は、まずは基礎学力を鍛え“正確に”読む力をまず身につけてください。高2生になったら、実際の大学入試で出されるレベルの英文をたくさん読んでいきましょう。高1・2生ともに、“大学入試レベル”の質の高い教材を使って、英語の学力に磨きをかけていけると良いですね。

高1・高2のキミへメッセージ! どんなに変化しても、受験のプロが作った河合塾の教材を信じてください。 河合塾 英語科講師 柴田 卓也/しっかり基礎力を固めれば新入試も怖くない! 河合塾 英語科講師 佐藤 進二 高1・高2のキミへメッセージ! どんなに変化しても、受験のプロが作った河合塾の教材を信じてください。 河合塾 英語科講師 柴田 卓也/しっかり基礎力を固めれば新入試も怖くない! 河合塾 英語科講師 佐藤 進二

「大学入学共通テスト」が新しく始まりますが、傾向と対策の前に、まずは基礎固めが大切です。大学受験に照準をあわせた良い教材を使って、揺るぎない英語力を身につけましょう!
河合塾のテキストなどの教材は、受験のプロが「これができれば大丈夫!」という知見をすべてつぎ込んでつくられています。高1・2生のうちから大学入試に特化した教材に触れておけば、高3生になったときに周りに大きな差をつけられます。一緒に、新しい大学入試を勝ち抜きましょう!

河合塾の新カリキュラムは新しい入試に完全対応! 河合塾の新カリキュラムは新しい入試に完全対応!

①河合塾テキストと同じ趣旨・形式の問題が、試行調査(プレテスト)でも出題されました!「ズバリ!的中」は、河合塾ならではの分析力! ①河合塾テキストと同じ趣旨・形式の問題が、試行調査(プレテスト)でも出題されました!「ズバリ!的中」は、河合塾ならではの分析力!

2018年2月の試行調査(プレテスト)で出題された英語(リスニング)問題

大学の講義を聞き、ワークシートにまとめて問いに答えるという問題。非常に実践的であり、語学を運用という側面でとらえた新しい学力の傾向がうかがえる。こうしたリスニングの経験がないと難しい問題。

2018年2月の試行調査(プレテスト)で出題された英語(リスニング)問題

河合塾「ONE WEX英語」の問題と見比べてみよう!

ONE WEX講座の問題はもともと大学の講義という想定でつくられています。趣旨、形式ともプレテストと同じ。読み上げられる英文を聞いて、要点をまとめる問題です。

河合塾「ONE WEX英語」の問題と見比べてみよう!

②受験レベルの英語4技能に対応した授業 河合塾ではリスニング問題で文法を聞くなど、「読む・聞く・書く・話す」を総合的に学びます。 ②受験レベルの英語4技能に対応した授業 河合塾ではリスニング問題で文法を聞くなど、「読む・聞く・書く・話す」を総合的に学びます。

新しい英語カリキュラム 英語4技能ビルトイン 「聞いて書く」「読んで書く」「書いて話す」「聞いて書いて話す」という、つながりを意識した授業で、最大限の学習効果を引き出します。 新しい英語カリキュラム 英語4技能ビルトイン 「聞いて書く」「読んで書く」「書いて話す」「聞いて書いて話す」という、つながりを意識した授業で、最大限の学習効果を引き出します。

授業の進め方 授業前半 長文読解に取り組む 授業後半 Main Readingで学んだ内容を聴き取ったり、英語で文章を書いたり、話したりする 授業の進め方 授業前半 長文読解に取り組む 授業後半 Main Readingで学んだ内容を聴き取ったり、英語で文章を書いたり、話したりする

③英語4技能を評価・育成するサポート体制 河合塾 高校グリーンコース生は、ケンブリッジ英語検定を“無料”で受検できます。 ③英語4技能を評価・育成するサポート体制 河合塾 高校グリーンコース生は、ケンブリッジ英語検定を“無料”で受検できます。

塾生が無料で受検できるのは、高1生:A2 Key(CEFR:A2) 高2生:B1 Preliminary(CEFR:B1) 塾生が無料で受検できるのは、高1生:A2 Key(CEFR:A2) 高2生:B1 Preliminary(CEFR:B1)

[1]自分のCEFRレベルを技能別に正しく把握できる! [1]自分のCEFRレベルを技能別に正しく把握できる!

受験したレベルの合否判定だけでなく、上下3レベルの判定が技能別に出るので、今後の技能別対策学習に生かせる検定試験です。

[2]実践的な「対面ペア型」スピーキング試験! [2]実践的な「対面ペア型」スピーキング試験!

実生活での活用を想定した出題で、「伝えること」に重点を置いたインタラクティブな試験です。コミュニケーション能力を適正に評価することができます。面接官は毎年厳しい研修を受けて面接官資格を更新しているネイティブスピーカーが中心です。

日本の学習指導要領とも親和性が高い! 日本の学習指導要領とも親和性が高い!

国際標準試験でありながら、日本の教科書との親和性が高く、日頃の学習成果を測れます。

新入試英語は河合塾におまかせ!

新入試がよくわかる講演会など、無料イベントも実施中!

冬期・直前講習 高校生・高卒生対象

冬期・直前講習 駆け上がる、冬

効率よく、確実に学力をアップさせる短期集中講座
難関大学合格のための学力が身につく、熱くダイナミックなLIVE!授業。大学入試を視野に入れた合格が見えてくる授業で、この冬、不安を自信に変えよう!
高1生・高2生対象「共通テスト対策講座」で、新入試対策もバッチリ!