河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 変わる新大学入試の対策について、河合塾の英語講師がわかりやすく解説!

変わる新大学入試の対策について、河合塾の英語講師がわかりやすく解説! 河合塾で学ぶ

変わる新大学入試、英語対策はどうすればいいの? 河合塾の英語講師がわかりやすく解説! 変わる新大学入試、英語対策はどうすればいいの? 河合塾の英語講師がわかりやすく解説!

2021年1月から「大学入学共通テスト」が新しく始まります。

ニュースなどで報道されている通り、2021年度入試においては、「大学入試英語成績提供システム」の導入見送りが、文部科学省から発表されました。「大受入試はどうなるんだろう」「どんな対策をしたらいいの?」と不安を感じている方も多いはず。そんな高校生・高卒生の皆さんの疑問に、河合塾の英語科講師がわかりやすく答えます!

1.英語の試験は大きく変わると聞きました。難しい試験になるのですか? 1.英語の試験は大きく変わると聞きました。難しい試験になるのですか?

問われ方が変わっても、求められる英語力の本質はこれまでと大きく変わりません。あまり不安になりすぎず、まずは“ゆるぎない基礎学力”を身につければ大丈夫。 河合塾 英語科講師 佐藤 進二 問われ方が変わっても、求められる英語力の本質はこれまでと大きく変わりません。あまり不安になりすぎず、まずは“ゆるぎない基礎学力”を身につければ大丈夫。 河合塾 英語科講師 佐藤 進二

新しくスタートする「大学入学共通テスト」は、「知識・技能」に加え「思考力・判断力・表現力」が問われる出題になると言われています。しかし、これらを問う出題は、難関大学では以前から当たり前のように出題されており、この方向性が再確認されるということです。
目先の変化に惑わされず、早いうちから基礎的な英語力をしっかり身につけることが大切です。

大学入学共通テスト【英語】の特徴 大学入学共通テスト【英語】の特徴

(1)発音、アクセント、語句整序などを単独で問う出題はなくなります。

センター試験では、始めに「発音・アクセント」、「語句整序問題」が出されるのがおなじみでしたが、これはなくなります。「筆記」は「リーディング」に改称され、文章や文献など複数の資料から概要を把握する力、情報を読み取る力などを問うことをねらいとし、ほとんどが長文読解に近い問題になります。

(2)「リーディング」と「リスニング」が同配点になります。

センター試験での配点では、【筆記】が200点、【リスニング】が50点でしたが、大学入学共通テストでは【リーディング】100点、【リスニング】100点の同配点になります。今まで以上に、リスニングはしっかり対策していく必要があります。

(3)「リスニング」では1回しか読み上げられない問題も

センター試験ではリスニングの音声は必ず2回読み上げられていましたが、共通テストでは、問題によって1回読みと2回読みが混在するようになります。
さらに、1回のみ読み上げられる音声を聞いて、ワークシートを作成する問題や、聞き取った内容と資料やグラフをあわせて読み解く問題、リスニングで文法を問う問題など、慣れていないと本番で慌ててしまいそうな問題も出されます。

2.設問文が英文になるなど、全体の英文量が多くなっているようですが… 2.設問文が英文になるなど、全体の英文量が多くなっているようですが…

新しい大学入試では、英文を英文のまますばやく理解し解答するという“反射神経”も求められます。ポイントは、文章の趣旨・要旨を読み取ることです。設問の意図は何か、各パラグラフではどんなことを伝えようとしているのか、丁寧に考えながら英文を読む、これを普段から意識して、すばやく読めるように訓練を重ねていくことです。

3.大学入学共通テストでは、リスニングの配点が増えると聞きました。いつぐらいから対策を始めればよいですか? 3.大学入学共通テストでは、リスニングの配点が増えると聞きました。いつぐらいから対策を始めればよいですか?

新しい大学入試では、音声問題の比重が高くなります。英語の“音”に対応する力は一朝一夕では身につかないから、一日も早く始めることが大切! 新しい大学入試では、音声問題の比重が高くなります。英語の“音”に対応する力は一朝一夕では身につかないから、一日も早く始めることが大切!

新しい大学入試の傾向として、音声問題が増えることは確実です。英語の“音”に慣れるにはそれなりに時間がかかるので、できるだけ早くから対策を始めることが必要です。特に高1・2生は、普段から“音”を意識した学習を心がけましょう。たとえば、英単語を覚える場合にも、(1)音を知る、(2)スペルを知る、(3)意味を知る、(4)用例を知る、というように“音”に意識を向けることです。

新しい大学入試に立ち向かうキミへメッセージ! どんなに変化しても、受験のプロが作った河合塾の教材を信じてください。 河合塾 英語科講師 柴田 卓也/しっかり基礎力を固めれば新入試も怖くない! 河合塾 英語科講師 佐藤 進二 新しい大学入試に立ち向かうキミへメッセージ! どんなに変化しても、受験のプロが作った河合塾の教材を信じてください。 河合塾 英語科講師 柴田 卓也/しっかり基礎力を固めれば新入試も怖くない! 河合塾 英語科講師 佐藤 進二

「大学入学共通テスト」が新しく始まりますが、まずは基礎固めが大切です。大学受験に照準をあわせた良い教材を使って、揺るぎない英語力を身につけましょう!
河合塾のテキストなどの教材は、受験のプロが「これができれば大丈夫!」という知見をすべてつぎ込んでつくられています。早いうちから新しい出題形式の問題を含む質の高い教材に触れておけば、受験本番で周りに大きな差をつけられます。一緒に、新しい大学入試を勝ち抜きましょう!

河合塾のカリキュラムは新しい入試に完全対応! 河合塾のカリキュラムは新しい入試に完全対応!

河合塾テキストと同じ趣旨・形式の問題が、試行調査(プレテスト)でも出題されました!「ズバリ!的中」は、河合塾ならではの分析力! 河合塾テキストと同じ趣旨・形式の問題が、試行調査(プレテスト)でも出題されました!「ズバリ!的中」は、河合塾ならではの分析力!

新入試がよくわかる講演会など、無料イベントも実施中!

高校グリーンコース 高校生対象

ひとりひとりの現役合格プログラムを、キミへ。
「キミだけの学習プラン」で、志望大学現役合格を勝ち取ろう!
プロ講師による合格まで引き上げる授業と、情報力に裏付けされたチューターによるサポートで、効率的に学力を高められます。

大学受験科 高卒生対象

合格への最短ルートを示す、確かな指導力
長年にわたって蓄積された大学受験のノウハウと、最新の情報に基づき、合格に必要なエッセンスを凝縮した自分専用カリキュラム。河合塾の大学受験科は、変わる入試への不安を抱える受験生を徹底サポートし、入試を突破する力を養います。

冬期・直前講習 高校生・高卒生対象

まだ間に合う、逆転の冬。

入試直前期に確実に学力を伸ばす!
冬期講習は1講座90分×5講、直前講習(高3生・高卒生対象)は1講座90分×4講で構成。短期間で効率的に学力アップを図れます。
高3生・高卒生は、いよいよ入試目前。入試本番で1点でも多く得点できる力を鍛えよう!