河合塾グループ河合塾

緊急のお知らせ:近畿中・四国九州・沖縄

学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 河合塾Wings
  4. 河合塾Wings 東海
  5. 令和2年度 愛知県公立高校入試 問題分析&解答
  6. Bグループ問題分析&解答

Bグループ問題分析&解答 令和2年度 愛知県公立高校入試 問題分析&解答 | 河合塾Wings 東海

プロの講師による問題解答と分析

難易度や出題傾向の変化、新しい傾向などについて、変化した入試をしっかりと分析しています。

Bグループ問題分析&解答

国語

古文含め読みやすい

田中 千草

現代文二題は説明的文章からの出題。古文も含め、文章は読みやすく、設問も解きやすいため、Aグループよりやや易化したといえる。正しい選択肢をすべて選ぶ設問や、文章全体を把握して答える2点問題は、普段から細かく文章や選択肢の文を読み、正答を導き出す訓練が必要である。その訓練をさまざまなジャンルの文章で積み重ね、根拠を持って解答する習慣を身につけてほしい。

難易度の変化

昨年と比べて、やや易化した。
・現代文も古文も、文章の内容が理解しやすいものであった。
・全体で文章量が約750字減少し(約5600字→約4850字へ)、文章を読む負荷も下がった。
・設問も解答しやすいものばかりであった。

Aグループと比べて、やや易化した。
・Aグループと比較しても、文章の内容は理解しやすく、設問も理解しやすいものが多かった。
・Aグループよりも文章量が少なかった。(A:約5300字、B:約4850字)

出題傾向の変化

2019年度は、Bグループの方で文学的文章(小説)が出題されたが、2020年度はA、B両グループで出題されなかった。
Aグループ同様、現代文は2題とも説明的文章(随筆と論説)であった。

新しい傾向の問題

・一(六)で、生徒の感想文に対する脱文挿入の問題が出題された。
・二(二)で、ことわざの空欄補充が初めて出題された。

数学

正確な判断力が必要

臼井 秀一

昨年度のBグループと比べ、出題傾向に変化はないものの、難化した。確率や自然数を扱った問題では、問題文を正確に読み取って条件にあてはまるかどうかを判断する必要があり、思考力が問われた。配点も2点のため、差がついたのではないか。また、関数や図形の問題には複数の解き方があるため、日ごろから意識して、最適な解法を考えていくことが重要である。

難易度の変化

昨年と比べて、難化した。
図形分野の問題においては、2019年度と同程度の問題であった。
しかし、大設問2において、確率・自然数・一次関数を題材とした各設問で、条件を正確に読み取り判断することなど、負荷の大きい問題が出題されていた。

Aグループと比べて、難化した。
Aグループと比較した場合も2019年度と比較した場合と同様で、大設問2における負荷が大きい。

出題傾向の変化

昨年との比較
A、Bグループの一方で出題されていた「証明」の出題がなかった。
2019年度から続けて「数の規則性」に目を向けた題材が出題されている。

新しい傾向の問題

新しい傾向の問題は見られなかった。

社会

なじみ薄い語句出題

吉田 康浩

例年以上に、文章から出題意図を読み取って、正解を導き出す設問が多くみられた。「倫理的消費」や「日本三大人工林」という馴染みの薄い語句の説明を読んで解答する設問では、戸惑った受験生も多かったのではないか。このような問題に対応するためには、教科書や資料をもとに、さまざまな方面から考察する訓練が必要である。そして、教科書を精読し、社会科の知識を十分に深めてほしい。

難易度の変化

昨年と比べて、やや難化した。
3分野ともに資料や文章の読み取りにおいて、複数の資料等を組み合わせて深く思考しないと正答にたどりつけない出題が複数見られた。

Aグループと比べて、やや難化した。
中位層の生徒にとって、特に難しく感じられる問題であったと思われる。

出題傾向の変化

昨年との比較
・昨年は完答問題が5問あったが、今年は2問に減った。
・3分野ともに資料の読み取りの問題が出題されたのは昨年と同じであるが、複数の資料を組み合わせる問題が増加した。

Aグループとの比較
・Aグループでは完答問題が5問あったが、Bグループでは2問であった。
・Aグループでは論述問題の代わりに文中からの抜き出しの問題が出題されたが、Bグループでは2つの語句が指定されての論述問題となった。

新しい傾向の問題

昨年と比べて、論述問題では指定語句の使う順番も指定された。

理科

多い文章量に対応を

新谷 匡平

Aグループ同様、問題文を整理し、情報を取捨選択する力が問われた。特に化学反応や電流の問題は、実験の内容を素早く読み取り、原理原則と結び付けられるかがポイントとなった。また、プレートの移動に関する問題は、選択肢を精査すれば正解を絞ることができる。
近年の傾向として、文章量の多い問題が出題されていることから、短時間で問題の意図を読み取る学習が必要となる。

難易度の変化

昨年と比べて、易化した。
教科書範囲を発展させた内容の出題は大設問1(1)のみで、出題分野も化学変化、電流、人体と取り組みやすい単元からの出題であった。

Aグループと比べて、やや易化した。
選択問題の難易度は下がっているが、問題の設定が多く全体への負荷が大きかった。

出題傾向の変化

昨年との比較
昨年と同様、記述・作図の出題はなく、グラフを描く問題が1問出題された。
また、文章の穴埋めも昨年と同様に出題された。
完答形式も2019年度同様出題された。2019年度は3つの解答が合っていて正解となるものであったが、2020年度は2つの解答が合っていて正解であった。

Aグループとの比較
Aグループと同様、記述の出題はなかった。

新しい傾向の問題

新しい傾向の問題は見られなかった。

英語

英作文は表現力必要

広中 直哉

Aグループ入試と比べ、易しくなった。しかし、英作文では資料の内容に基づいて自分の考えを述べることが求められ、差がつく問題となったと言える。
来年度に向けた対策としては教科書の単語や表現をただ暗記するだけではなく、「英文として書く」ことを想定して学習する必要がある。そのためにはさまざまな英文に触れながら、的確に相手に伝えられる表現力を身に付けたい。

難易度の変化

昨年と比べて、やや易化した。
条件英作文の問題が、場面設定においても指定語数においても易化した。
例年、Aグループが“5語以上”、Bグループが“7語以上”だが、今年はBグループも“5語以上”のままであった。

Aグループと比べて、やや易化した。
適語補充の問題が教科書に載っている表現を素直に答えるものになり、思いつきやすいもであった。

出題傾向の変化

昨年との比較
大設問1の条件英作文が、グラフの内容を参考にし、自分の考えを述べる形式であった。

新しい傾向の問題

新しい傾向の問題は見られなかった。

資料請求はこちら

  1. 河合塾
  2. 小・中学生の方へ
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 令和2年度 愛知県公立高校入試 問題分析&解答
  5. Bグループ問題分析&解答
  1. 河合塾
  2. 高校合格をめざす
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 令和2年度 愛知県公立高校入試 問題分析&解答
  5. Bグループ問題分析&解答
  1. 河合塾
  2. 学校の成績を伸ばしたい
  3. 河合塾Wings 東海
  4. 令和2年度 愛知県公立高校入試 問題分析&解答
  5. Bグループ問題分析&解答