河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>模試>全統模試案内>一般生のお申し込み>年間ラインアップ>高3生・高卒生>第1回 東大即応オープン(記述・論述式)

第1回 東大即応オープン(記述・論述式)高3生・高卒生 | 年間ラインアップ | 一般生のお申し込み | 全統模試案内 | 模試

  • 申込内容確認・変更/メールアドレス変更
  • お申し込み

2017年度の本模試の受付は終了しました。以下は2017年度の情報です。
2018年度の本模試は2018年5月下旬に公開を予定しています。

第1回東大即応オープン案内書
第2回
対象学年 高3生・高卒生
試験形式 本番対応
二次試験への備えを万全にするための、記述・論述型の入試対策模試
個人案内書の内容はPDF形式で閲覧しプリントアウトしていただけます。

特長

  • 難関大学を目指すハイレベルな受験生が多数参加し、本番入試さながらの雰囲気で受験できます。
  • 過去の各大学入試問題の出題傾向・難易度・形式などの、詳細な分析データをもとに、それぞれの大学入試問題に精通した専門スタッフが完成度の高い予想問題を出題します。
  • 第2回全統マーク模試とともに受験される場合は、第2回全統マーク模試と東大即応オープンの成績とをドッキングさせて、本番入試と同様の学力評価を行います。
  • 「学習の手引き(解答・解説集)」では、正解例の提示・解説に加え、“出題の意図・背景”から、“題意の把握の仕方、解法上のポイント”に至るまでを詳しくアドバイスします。
  • フォローアップ添削システムによって、皆さんの復習を徹底的にサポート。画期的なシステムを採用した“模試の未来形”として、単なる実力判定の枠を超え、合格力アップを目指します。

(1)プレ学習「第1回東大即応オープン受験活用法!」

東大即応オープンを最大限活用するために、あらかじめ知っておくべき情報を伝授します。

講義はWebを通して行い、PCやスマートフォンで視聴できます。

(2)フォロー学習「第1回東大即応オープンWeb解説講義」

解説講義では、本模試の出題意図、答案作成上のポイントや今後の学習指針などを解説します。

講義はWebを通して行い、PCやスマートフォンで視聴できます。

プレ学習・フォロー学習の視聴方法などの詳細については、下記ボタンからアクセスし、画面の案内でご確認ください。

(3)「フォローアップ添削システム」

受験生個々の弱点に応じた補強添削問題を出題します(後日お届けする個人成績表に該当の問題を提示します)。
提出締切は10月4日(水)です。

模試受験時にクリアできなかった分野について、Z会の添削指導者が復習問題の添削を通じて東大合格のための答案作成方法を指導し、解答例とともに返却します。

フォローアップ添削は、模試を受験(出席)された方が対象となります。

フォローアップ添削は、英語・数学・国語3教科に関して、受験生それぞれの弱点箇所1題ずつについて実施します。

(4)「英語リスニングCD」

東大英語の鍵をにぎると言われる「聞き取り試験」。東大即応オープンの受験者全員に、聞き取り試験対策用の「英語リスニングCD」を試験当日配付します。

2017年度東大入試問題も同時収録しています(音声は河合塾で収録しています)。

出題方法

  • 過去の東京大学入試問題の出題傾向・設問形式、難易度などの詳細な分析データをもとに、東京大学の入試問題に精通した専門スタッフが予想問題を出題します。
  • 出題科目や出題形式、時間・配点については、すべて東京大学(前期日程)の二次試験に準じます。

ねらい

東大入試対策に必須となる頻出重要事項を中心に出題し、夏時点での弱点分野のチェックを行います。また、秋以降の学習対策の方向づけも同時に行います。

スケジュール

会場によって「実施日が異なる場合」や地域によっては「実施しない場合」があります。

申込期間

6月1日(木)12:00より試験実施日の9日前※15:00まで

締切日が土日祝の場合は、前日(平日)が締切日になります。

試験実施日は会場により異なります。

公開会場実施日

年間ラインアップの模試一覧から試験会場実施日ボタンを押してご確認ください。

会場によって「実施日が異なる場合」や地域によっては「実施しない場合」があります。

「個人成績表」「生徒用資料集」発送日

9月22日(金)~※簡易書留にて発送

採点に関する問い合わせ用紙提出締切日

10月3日(火)必着

採点に関する問い合わせ用紙返却予定日

10月19日(木)

申込型・試験科目・・・・・・東大(前期日程)の二次本試験に準じます。

  • 合格可能性評価は第1志望のみ行います。

記載の試験時間や時間割は、2018年度入試要項の発表に伴い変更する場合があります。

受験型 教科 出題内容
文科 国語 国語総合、国語表現、現代文B、古典B
数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトル)
地理歴史 日本史B、世界史B、地理Bの3科目より2科目
英語 コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ
・試験の一部分に聞き取り試験を行います。(30分程度)
・記号解答部分はマークシートに解答(本番入試に準拠)
理科 国語 国語総合、国語表現
数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトル)
理科 物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物、地学基礎・地学の4科目より2科目
英語 コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、コミュニケーション英語Ⅲ
・試験の一部分に聞き取り試験を行います。(30分程度)
・記号解答部分はマークシートに解答(本番入試に準拠)

時間割

  • 時間割は試験会場により異なる場合がありますので必ず確認してください。
  • 試験当日は、最初に受験する教科・科目の試験開始時間10分前までに(ただし、受験する科目によっては受験届記入時間までに着席できるよう)時間に余裕をもって教室にお越しください。
文科
教科 時間帯
1日目 入室 14:05~(予定)
国語 14:30~17:00(150分)
数学 17:15~18:55(100分)
受験届記入 18:55~19:05(10分)
2日目 入室 8:35~(予定)
地理歴史 9:00~11:30(150分)
昼休み 11:30~12:30(60分)
英語 12:30~14:30(120分)

地理歴史は日本史B、世界史B、地理Bより2科目選択

理科
教科 時間帯
1日目 入室 14:05~(予定)
国語 14:30~16:10(100分)
数学 16:25~18:55(150分)
受験届記入 18:55~19:05(10分)
2日目 入室 8:35~(予定)
理科 9:00~11:30(150分)
昼休み 11:30~12:30(60分)
英語 12:30~14:30(120分)

理科は物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物、地学基礎・地学より2科目選択