河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(東京都)>河合塾Wings石神井公園教室>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ河合塾Wings石神井公園教室

教室長からのメッセージ

教室長:村上 正之(指導教科:数学)

教室長:村上 正之(指導教科:数学)

「キミの、いちばんの、都立高校へ。」
河合塾Wingsの特色は、このことばに要約されています。
キミのいちばんの都立高校を見つけるところから始まり、一人ひとりの夢の実現に向かって、学習・情報・キャリアガイダンスなど様々な方面から、サポートをしてゆくのが河合塾Wingsです。主役はあくまで、きみたち自身です。
だから私たちは、分かりやすく・楽しく教えるだけではなく、どうしたら進んで勉強するようになるか、学習の根本にある「学ぶ意欲」を出すことにこだわって指導していきます。
行ける高校ではなく、行きたい高校へ。
河合塾Wings石神井公園教室は〈キミの、未来につながる学習の場〉となることを約束します。

教室スタッフ紹介

中川 卓哉(指導教科:英語)

中川 卓哉(指導教科:英語)

知識が増えれば「わかる!」が増え、理解することが「楽しい」と感じられれば、成績も自然と向上していきます。正しい学習ができるよう、さまざまな方向からサポートさせていただきます。
まずは「英語って楽しい!」と感じてもらえるよう、楽しく丁寧に授業を進めてまいります。
本格的な〈英文法〉の世界を、一緒に探検していきましょう。
教室でみなさんにお会いできる機会を楽しみにしています。

今 博幸(指導教科:数学)

今 博幸(指導教科:数学)

数学の成績を上げる秘訣は何だと思いますか?「公式の暗記」「解法の理解」「類題の演習」・・・
もちろんどれも大事ですが、一番重要なのは「本質を理解する」ことと、「理解から自身で解けるレベルに変える」ことです。とは言っても、ひとりで簡単にできることではありません。ぜひ、私にお手伝いさせて下さい。数学が嫌いな子も好きになってくれるような授業でお待ちしております!

教室時間割

教室時間割

高校合格実績

2021年度 高校合格実績

教室紹介

河合塾Wing石神井公園教室で勉強するメリット

1.高校受験専門塾なのでバックアップ体制が万全です。

中学受験コースが併設されているわけではないため、講師が100%高校受験指導に専念できます。 そのため、授業前後や授業日以外のフォロー対応がしやすくなっています。 高校入試に精通した講師が丁寧に添削・質問対応なども行います。

2.精鋭講師陣が本物の授業を行います。

集団授業を担当する講師の中に、学生講師はおりません。指導歴10年以上のベテラン講師が中心となって指導しています。
→生徒たちの様子に応じて臨機応変に対応して指導します。
→カリキュラムに縛られすぎない指導が可能です。

3.都立入試に特化しているので無駄のない指導が受けられます。

都立高校入試に向けた合理的なカリキュラムを組んでいます。

クラス編成は「自校作成問題」対応クラスから「共通問題」対応クラスを用意しています。

都立入試に特化した教材や担当講師のオリジナルサブプリントが豊富です。

4.シンプルかつ良心的な授業料設定。

テスト費、教材費、教室維持費、消費税等はすべて授業料に含まれています。(年間概算が一目瞭然)

無駄、無理のない厳選された選択講座のみオプションとして実施します。
(年間途中の突発的なオプション講座(○○特訓、短期合宿etc)はありません。)
→パンフレットに記載のないオプション講座・有料イベントは一切ありません。

なお、下記のようなご不安については、入塾説明会にお越しいただければ詳しくお話いたします。また、その他教育に関するご相談等も随時承っております。

1.どんな先生が教えてくれるのかしら?
2.うちの子は難関都立なんて、とてもじゃないけれど、大丈夫かしら?
3.私立入試への対応は難しいのかしら?
4.集団授業についていけるかしら?
5.年間の授業料は?
6.定期テストの対策は?
7.合格実績は?

もちろん入塾が前提になるものではございませんので、お気軽にお越しください。

石神井公園教室

34件の新着情報があります。 1-10件を表示

前の10件|1|2|3|4|

復習、してますか?

2021年10月5日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

久しぶりにまじめな教室紹介ブログを書きます!

気付けば10月… と思いきやまた夏のような暑さですね。
感染者数も減りつつありますが、マスク・消毒など対策を徹底してまいります。

さて、いよいよ10月に入ったわけですが、
「中3の受験対策は10月が勝負」と考えています。

理由としては、10月はほとんどの学校で定期試験などがなく、
11月は2学期期末試験、12月は冬期講習、1月以降は入試本番と考えると、
「受験勉強」だけに打ち込むことができる期間はこの10月だけだからです。

石神井公園教室では毎月末に3教科で同じ学校の過去問演習をします。
毎月自分の実力と実際に必要な点数の比較をしていくことになります。
「できなかった」で終わりにするのではなく、質の高い復習をすることが大切です。
今できなくても、入試までに「自分のもの」にすることができれば問題はありません。
むしろ今できないものを放置しておくことの方が大問題です。

定期試験の復習、授業の復習、実戦力の復習、Vもぎの復習…
やるべき「復習」はたくさんあるはずです。順序を決めて取り組みましょう。

都立高校入試(2/21)まで残り169日


語源をたどると、英語は社会とつながっていきます。

2021年9月25日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

先週のTTの英語では「紅茶」に関する話を扱いました。
みなさんは紅茶は好きですか?そして紅茶と言えば何を想像しますか?

今週扱った長文はイギリスの紅茶文化についての内容で、
「イギリスでは1日に何度も何度も紅茶を飲む」
といった内容でした。本当に、驚くほど頻繁に紅茶を飲んでいましたよね。

ところで、「紅茶」というように日本語では「茶」と言いますが、
英語だと(ご存知の通り)"tea"という表記に変わります。
ちなみに「緑茶」は英語で "green tea"と表記します。(抹茶はmatcha)

これがヨーロッパの言語になると、
(スペイン語・イタリア語ではtè(テ)、ドイツ語ではtee(テー)など)
ところが、ポルトガル語だけ、chá(シャ)と発音します。

紅茶の起源は中国なのですが、実はこの違いというのは、
「中国からどのようにその国までお茶が伝わったか」によって違うのです。

…と、このように、英語の入試問題では、
内容をつかむうえで社会の知識が役に立つこともあります。
とくに自校作成の英語でありがちですが、理系の内容が求められることもあります。
詳細を理解していなくても、「なんとなく知っている」が役立つこともあります。

ただ机に向かって勉強するだけではなく、
各先生の授業で話される内容を「知っていく」と学習は楽しくなります。
受験生のみなさんも毎回の授業での発見を大切に、
受験生でないみなさんはぜひ様々なものに触れて、見聞を深めましょう。

ラテン語を知っていますか?

2021年9月3日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

しばらく期間があいてしまいました。
気づいたら夏期講習も無事に終わりを迎え、
明日のガイダンスから2学期が開講となります。
私は先週中3入試セミナーを担当しましたが、
「終わってみたらあっという間だった」
という生徒が(予想通り)多かったようです。

さて、昨日の入試セミナーで触れた内容の一部です。
みなさんは「ラテン語」を知っていますか?
現在では聖書と学名で見ることがほとんどで、
実際にラテン語を話して生活している人々はいませんが、
英語に大きな影響を与えている言語の1つです。
例えば…
■接頭辞mil:1000 or 1000分の1
 million(1,000,000:1000が1000個)
 millennium(1000年間)
 millimeter(mm:1mの1000分の1)

■接頭辞cen(cem):100 or 100分の1
 cent(セント[通貨]:1$の100分の1)
 ※1セント玉=日本円で1円玉に相当するもの
 century(100年間)
 centimeter(cm:1mの100分の1)

■接頭辞oct:8
 October(10月:8番目の月)
 octopus(タコ:8本足)
 octave(オクターブ:8度音程)

今回は数字をメインで紹介しましたが、
このような例はほかにもたくさんあります。

もちろん丸暗記することが必要なものもありますが、
共通点を見つけると学習は楽しく進められます。
(これに関するテーマが入試で出題されたことも…)

9月からの中3授業は「範囲」がありません。
私が担当するTTの授業では、
共通問題レベルで失点しないようにするのはもちろん、
教養として英語に関する知識をつけてほしいと思っています。
楽しく、様々なことを一緒に知っていきましょう。

お盆明け最初の授業は「文型」から。

2021年8月17日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

お盆休み、いかがお過ごしでしたでしょうか。
ここからまた、夏期講習終盤に向け学習が進みます。頑張りましょう。

中2は英語(後期)が始まり、
このタームでは文型、接続詞、動名詞の3つを取り扱います。

文型について
個人的意見ですが、文型は教える先生により教え方が大きく異なります。
私自身、文型は英語の中で一番教えるのが好きな単元です。
一方で、生徒からすると「何ができればいいのか」が見えづらい単元でもあります。

たとえば…
①I got a letter from my friend.
②I got sick yesterday.
➂I got him a ticket for the concert.

上の3つの文はいずれも動詞がgetですが、
それぞれのgetは使い方が異なります(中2のみんなはもう大丈夫ですね?)

英語は動詞の種類によりうしろの言葉との関係が決まるのですが、
そこを読み解くために必要な道具こそが「文型」なのです。

昨日の授業では、最低限必要(=テストで必出)な内容に絞りましたが、
「文型」は実際はもっともっと奥が深いですし、わかるとおもしろい単元です。

昨日は時間的な制約があったため、より詳細を伝えるのは9月以降になります。
9月以降、英語だけでも、
動名詞・文型・接続詞・名詞/代名詞・比較・受動態…
と、重要な単元ばかりになっていきます。
言うまでもなく、国語・数学も入試に直結する内容が連続します。

「2年生の後期が終われば入試範囲の7割近くが終わる」
わけですから、我々も心して(時には心を鬼にして)指導を進めています。

「3年生に向けてそろそろ塾を探してみようかな」という方、
(このブログを書いている中川ってどんな人間なんだろうと思われた方も)
まずは9月4日(土)の説明会でお待ちしております。


入塾説明会はこちらから!

プチ英文法コーナー3 意外と身近にいる「助動詞」について

2021年8月9日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

英文法コーナー、3本目になりました。
読んでいただいている方、楽しんでいただけていますか…?
9月以降はTTの授業で扱う長文ネタのこぼれ話など、
文法に限らずバラエティに富んだ話を書いていきたいと考えています。
引き続き、よろしくお願いいたします。

「助動詞って何があるの?」
と聞けば、中1ならcan、中2ならmust・shallなどが返ってくるでしょう。
それらのものは当然「助動詞」なのですが、
実は中1で学ぶdoやdoesも「助動詞の一種」なのです。

I don't play the piano.
Do you play the piano?
のような、中1で学ぶ疑問文・否定文について考えてみると、
「doが突然出現した」という印象を感じる人も少なくないでしょう。

しかし、「一般動詞=do+動詞」(上の文ならplay)だとすると…?
・否定文にしたいときはdoの「うしろにnot」をおく
・疑問文にしたいときはdoだけを「文頭へ」移動する
いずれも、canのような助動詞と同じルールで成り立っていることに気づきます。

ただし、canのような助動詞と決定的に異なる点があります。
それは、「doは活用する」というところです。
中1夏期講習の後半に扱う「3人称単数現在形」や「過去形」のように、
doは使われる状況&主語によって活用させる必要があります。
実際に私が授業をするときにもこの視点からはお話しませんが、
ここがわかるとDoesから始まる文やdoesn'tのあとが「原形」になる、
ということがよりわかりやすくなるはずです。

英語のルールは「後付け」のものにはなりますが、
仕組みを覚えるのは時に辛いこともあるように思います。
共通点・相違点を見つけていくことが、大いに役立つ場面もあります。

☆休館日のお知らせ
 8月11日(水)~15日(日)は完全休館となります。
 自習室・受付含め、すべてご利用いただけません。
 よろしくお願いいたします。



プチ英文法コーナー② 助動詞の過去形

2021年8月5日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

先日に続き英文法コーナーです。
もともと英文法が好きな人間なので、こういうブログを書くのは楽しいです。

さて、先日のブログで書いた③の文ですが…
➂He would help me if he were free.

これは、今年から中3で扱うようになった「仮定法」という文法を含む文です。
"he were"の部分を見て、打ち間違い?と思った人もいるかもしれませんが、
これは打ち間違いではなく、「わざと」変な動詞になっているのです。
(たまたまですが、本日ブログを書いている横で仮定法が解説されています 笑)

昨日のifの文と異なる点はもう1つあり、
主節(ifがない方)に「助動詞の過去形」が出てくる点です。

Will you go to the supermarket?
Would you tell me the way to the station?
この2つはいずれも中2の夏期講習ですでに扱った内容です。
では「この2文は何が違うの?」という説明をするときに、
英文中に含まれる「助動詞の過去形」がヒントになります。
(そもそも未来の助動詞のwillの過去形って何?というのもありますが…)

出てくるタイミングも内容的にもまったく異なる文ではありますが、
実は「助動詞の過去形」をヒントに考えると、すんなり理解できます。
Will you~?≒Would you~?≒Please~.と教えるのは容易ですが、
「では何が違うの?」というところを考えると、英語学習はおもしろくなります。

ところで、このブログ中に頻繁に「助動詞」が登場しましたが、
中1の1学期にも(can以外の)助動詞がすでに登場しています。
次回の本コーナーでは、助動詞の種類についてご紹介できればと思います。


プチ英文法コーナー① ifの訳し方

2021年8月1日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

夏期講習も本日で13日目。
中3と中2国語は、このタームの最後にテストを実施します。

今日のブログは趣向を変えて、少し英文法のお話をしてみます。
☆「if」の使い方について
(今年度は中2夏期講習で初めて学ぶ内容になります)
①I will go on a picnic if it is fine tomorrow.
②I don't know if he will come to the party.
➂He would help me if he were free.

①のifは「もし~なら」と訳されるもので、教科書でも登場します。
「明日晴れるかどうか」はわからない(まさに「神のみぞ知る」)ので、
条件を表す接続詞のカタマリとみなし、未来のことも現在形で表します。
(よく勘違いされる話ですが、これはifでない場合にも発生します)

では②は?
そもそも①と異なり、I don't knowだけで文を完結させることはできません。
(会話で"I don't know"は使われますが、前後に文脈が必要です)
となると、これは「彼がパーティーに来るなら」ではないだろう、とわかるでしょう。
「もし…」と訳すとするならば、ifのカタマリなのにwillを使っているし…
というところを、「文法」という道具を使って解体していくのです。

答えだけ言ってしまえば「knowの目的語になる名詞節」ということなのですが、
そのきっかけは「もし~なら」だと意味的におかしい、というところです。
その「おかしい」という感覚に「理由」をつけていくのが英文法です。
我々が話す日本語に対していちいち文法をベースに考えないように、
英語を母国語とする人々も理屈ありきで言語を話すわけではありませんが、
我々は「外国語」として英語を学ぶ以上、理屈から覚えた方がラクな場面もあります。

英語というと暗記が多いと思われがちですが、
実際には考えながら「なるほど」を発見していく科目だと考えています。
(※もちろん、単語など暗記しなければいけない分野もありますが…)

実はこのブログの内容は先ほど中3の生徒に質問されたものなのですが、
このブログ+αの内容を解説し、①②の共通点・相違点に気づいてもらいました。

では➂は?というところですが、長くなってきたのでまた次回に書こうと思います。
※もしこのブログを読んでいる中2の生徒がいたら、
 次の中川の授業時に声をかけてください。少しこの内容についてお話しします。

ここのかめ。

2021年7月27日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。


最近、石神井公園駅に駅員さんの写真入りポップが作られたみたいです。
通勤時毎日駅員さんと目が合う感じで、少しほっこりしています。

さて、話を戻しまして…
夏期講習、本日で9日目が終了となります!

中3のみなさん、夏期講習は充実していますか?
1日あたり70分×5科目=350分(5時間50分)ですし、
TTの英語(中川担当)では毎日膨大な予習に追われているでしょう 笑

塾で自習していく中3もこのところ増えてきました。
「1日10時間」を目標に、課題+αの学習をどこまでできるかがカギです。

そして中1も開講となりました。
3月と比べると人数も増え、大変活気がある学年になってきています。
私が今ブログを書いている間も、数学の授業が展開されています。
英語は次のタームからですが、単語力はしっかりつけていきましょうね!

克己!
素晴らしき夏をつくっていきましょう。

よろしくお願いいたします。

Let's get started!

2021年7月18日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

梅雨明けして突然暑くなりましたね。
水分補給も欠かさずにいきましょう。

さて、本日7/18ですが、
①中2夏期講習開講
②難関都立高校判定模試
と、大きなイベントが実施されます。

私もこのあと難関都立高校判定模試の解説です。
各科目、難しい内容も一部含む試験ではありますが、
「いまの自分の立ち位置」を知ることが目的の模試です。
できなかったところ、知識があやふやだったところは、
この講習中が学び直すラストチャンスだと考え、しっかり回収しましょう。

そして中2。
おかげさまで、かなり個性豊かな大所帯になってきました。
この夏は前半から後半まで盛り沢山の内容です。
学習習慣があやふやな生徒は習慣の確立を、
できている生徒は志望校に向けてステップアップを図れるよう、
全力で臨んでください。

さぁ、夏の始まりです!
一緒に頑張りましょう!

GO Beyond!!(自分を超えていけ)

気付いたら7月の授業も…

2021年7月10日 更新

こんにちは。石神井公園教室の中川です。

最近はジメジメしてうっとうしい天気ですね。
早いところ「熱い夏」を迎えたいものです。

夏といえば、
本日で1学期レギュラ-授業は終了です。
そして、
7/18(日)~は「夏期講習」が開講となります!

まずは明日実施の実力テストに向けての準備を終え、
それが終わったら夏期講習への準備を始めましょう。

例年夏期講習を担当していると、
「終わってみたらあっという間だった!」
という声をよく聞きます。
実際には2~3か月分の授業が進むのですが、
そのくらい充実した熱い期間になっているということでしょう。

実際に何をすればよいのかはガイダンスで示しますが、
それぞれ「必要なこと」に取り組んでいきましょうね。
我々も全力でサポートさせていただきます。

◇夏期講習からの通塾をご検討中の方へ◇
夏期講習向けの説明会は7/17(土)が最終回となります。
ご検討中の方はWEBかお電話でお申し込みください!
(夏期講習中については、土曜日の説明会は実施しません)
ソーシャルディスタンス確保のため、
現在、各教室の席数を例年より大幅に減らして運営しています。
定員(席数)間近のクラスも出てきています。

我々はさらに多くの生徒さんに来ていただきたいと考えていますが、
一方で、昨今の状況を鑑みると、席の増設は難しいと思われます。
夏期講習からの通塾をご検討中の方は、お早めにご連絡ください。 


よろしくお願いいたします。

前の10件|1|2|3|4|