河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>校舎・教室>校舎・教室一覧(宮城県)>河合塾NEXT<泉中央教室>>スタッフからのお知らせ

スタッフからのお知らせ河合塾NEXT<泉中央教室>

先生からのメッセージ

教室長 村上 大輔

教室長 村上 大輔(教科:社会・理科・数学)

「仮にトップ高に合格したとして、果たしてどれくらいの位置にいたら難関大が視野に入るのか。」
現在トップ高を目指していても、この視点をもって日々の学習に取り組んでいる生徒は少ないと感じます。高校合格がゴールではありません。大切なのは、大学受験を常に視野に入れた学習です。大学受験から逆算して、その時々に必要なことを身につけていく。そのためには、大学受験のこともよく理解した講師の授業、カリキュラム、そして切磋琢磨できる仲間が必要です。河合塾NEXT泉中央教室で、高校合格に留まらない、さらにその先まで見据えた力を身につけていきましょう。

時間割・費用

★時間割・費用詳細。対象学年をクリックしてください。

合格実績

河合塾NEXT北エリア 2022年度入試 高校合格実績 仙台二高3名 仙台一高7名 仙台三高12名 宮城一高7名 泉館山8名 泉高8名 など ※河合塾NEXT北エリア在籍生の実績です。講習生・テストのみの参加者は含みません。 河合塾NEXT北エリア 2022年度入試 高校合格実績 仙台二高3名 仙台一高7名 仙台三高12名 宮城一高7名 泉館山8名 泉高8名 など ※河合塾NEXT北エリア在籍生の実績です。講習生・テストのみの参加者は含みません。

合格体験記 2020年 春 卒業生

仙台二高合格 F.S.(宮城教育大学附属中学校出身)

私は小学6年生から中学2年生までは本町教室で、中学3年生の1年間は通塾の負担を減らすために、泉中央教室でお世話になりました。泉中央教室に移ったことで、自習に行く頻度も高まり、受験や高校生活に向けての学習をする習慣がつきました。また、先生方は勉強のことだけでなく、日常生活で抱えた問題や単に受験勉強に留まらないその先の学習についての相談にものってくださり、安心して受験に臨むことができました。4年間、本当にありがとうございました。

仙台一高合格 Y.Y.(寺岡中学校出身)

入塾前、私はいくつかの塾を体験しましたが、河合塾NEXTの先生は授業が分かりやすく、質問への対応が丁寧で、それが入塾の決め手となりました。周りの生徒も授業に向かう姿勢が真剣で、良い刺激を受けましたし、トップ高を目指す仲間と共に切磋琢磨し合うことができました。自分が進路に関して悩んだ時も、先生方はしっかりと向き合ってくれ、文字通り自分の受験を支えてくれました。河合塾NEXTに感謝しています。

ここがポイント!泉中央教室

「他校の生徒と共に切磋琢磨できる環境」

地下鉄泉中央駅から徒歩5分圏内。泉区や富谷市の生徒はもちろん、地下鉄を使って青葉区から通塾する生徒もいます。トップ高から県内有数の進学校を目指す生徒を中心に、多数の学校から塾生が集まり、同じ目標をもつ他校の生徒と共に過ごすことで、ライバル意識と一体感が生まれ、刺激的かつ親和的な学習環境となっています。

「土曜クラス設置」 「個別指導も実施」

平日に通塾するのが難しいという方もいらっしゃいますので、中学生各学年において、英数の授業に限って土曜日にも授業を設けております。平日の授業を休んでしまった際の振替や、授業の理解が不足した際のフォローとしても利用できます。
また、完全1:1の個別指導も実施しており、苦手な教科を個別で鍛えることもできます。

「大人気の自習室」

自習室の書棚には過去問を含めて、問題集がズラリ。どんどん活用して、力をつけていきましょう。毎日理系・文系の先生が必ず複数名いるので、自習していて分からないことがあれば、いつでも質問ができます。
「分からないことを翌日に持ち越さないようにする。」これを泉中央教室の塾生の目標の1つとしています。

お問い合わせ

受付時間
火~土 15:00~21:00(日曜不定休・月曜定休)

63件の新着情報があります。 21-30件を表示

中1春からの入塾を勧める理由②

2022年2月13日 更新

河合塾NEXT泉中央教室 副教室長の松本です。

今週前半まで、中3生の進路面談で大忙しでした。
どこの高校を受けるか、最終決定しなければならない・・・。
現在の成績と本人の希望、親御さんの考えなど、様々な要素を加味しての決定です。簡単なものではありません。
しかし、道が決まれば突き進むのみ!がんばれ中3生!!

で、前回の続きですが、「中1入塾の利点」についてです。
中1入塾の利点② 「洗脳しやすい。」

春期講習に参加されて、4月からの入塾を躊躇するご家庭は少なくありません。
理由は、様々ですが、最も多いのは「塾は中学生活に慣れてから」というものです。
もっともな考えで、それを否定するつもりはありませんが、こういう考え方もできます。
「中学生活に慣れてしまうと、かえって塾を追加する余裕がなくなってしまう。」
どんな環境でも、それに適応すべく数か月で自分の生活ペースが形成されます。
一度形成された生活ペースに新しい習慣を上乗せするのは、意外と大変です。

「中学生活に慣れる前に、塾を含めた生活ペースを形成してしまう。」
これが、最適解の一つかと思います。
「中学校生活は部活や塾も含めて忙しい。そういうものだ!」と洗脳してしまうのです。
上位高校の皆さんが勉強ができるのは、「勉強ができる人が集まっているから」だけではありません。
「難関大学を目指すのが当たり前」という環境に身を置いているからです。
人の成長には環境が大きく影響します。
塾を含めた環境に早いうちに慣れさせることが、勉強を楽しむ方法の一つだと思います。
お問い合わせ、お申し込みは
河合塾NEXT 泉中央教室
022-371-9291

小6中学準備講座②

2022年2月5日 更新

小6中学準備講座②

泉中央教室では、(火)または(水)17:00~18:50にて、中学準備講座(英数)を行っております。

6月の前期中間考査に向けて、今のうちに「中1ではこういうふうに勉強していく」という意識を付けていきます。

中1数学では、「自然数」、「素数」、「素因数分解」などを習います。
問題自体はそこまで難しくないのですが、大切なことは、自然数、素数、素因数分解がどういうことなのかという「定義付け」とそれを「説明する」ことです。
中1から習うことは「難しくないこと」ではありますが、初めから習うものなので「重要なこと」でもあります。
よって、入試問題では、「次の条件を満たす自然数をすべて答えなさい。」とか「素数のうち~」など問題文に登場してきます。
余裕のあるこの時期から、そもそもの「定義付け」や「説明」など意識してみませんか?
↓資料請求はこちらをクリック
中学生用
 
小学生用

中1春からの入塾を勧める理由①

2022年1月30日 更新

河合塾NEXT泉中央教室 副教室長の松本です。

この春から中学校に入学するお子さんを持つご家庭は、中学校の入学準備で大忙しですね。
大忙しであるがゆえに、塾については後回しになるケースが少なくありません。
「中学生活に慣れてから」「部活が決まってから」「1回目の成績が出てから」などなど
様々な理由で塾の検討は先送りにされがちです。

しかし、塾側の立場から言えばこれは非常にもったいない!
中1からの入塾で、塾も保護者も生徒も、三者がWin-Winの関係を持てるからです。
今回から数回に分けて、その理由について説明します。

中1入塾の利点① 高い内申点を獲得しやすい。
現在、中3生は出願校決定に頭を悩ませる時期ですが、3年間で積み上げた「内申点」
が出願校決定に大きく影響しています。
志望校に対して、学力は足りているのに内申が足りないため、出願に足踏みする生徒は
少なくありません。
受験を水泳に例えると、内申が低い生徒は、20㎏のおもりを背負って、泳いで勝つことを
要求されている。そんなイメージを持ってください。
河合塾NEXTでは、すでに中学準備講座をスタートさせて、6月の定期試験の対策を
徹底して行っています。
しっかりと点数がとれれば、勉強が面白くなる。結果、授業態度も洗練され、より内申評価が高まる。
逆もまた然りです。
次回は、「洗脳」(言葉の響きが怪しい・・・)についてお話します。

お問い合わせ、お申し込みは
河合塾NEXT 泉中央教室
022-371-9291

小6中学準備講座

2022年1月25日 更新

小6中学準備講座

泉中央教室では、(火)または(水)17:00~18:50にて、中学準備講座(英数)を行っております。

6月の前期中間考査に向けて、今のうちに「中1ではこういうふうに勉強していく」という意識を付けていきます。

英数とも初めのところは、簡単なのではと思いますが、初めだからこそ大切です。
わからなかったところ、まちがったところの「中学生版の直し方、向き合い方」も指導します。
2月になると、前期中間考査まであと4か月になります。4月、5月と「中学生活に慣れるまでは、、、」と言っている間に6月になってしまいます。
今のうちに、中1の4月~6月の学習のイメージしてみませんか?

↓資料請求はこちらをクリック
中学生用
 
小学生用

志願者倍率について知っておいてほしいこと

2022年1月23日 更新

河合塾NEXT泉中央教室 副教室長の松本です。

先日、2022年度入試における出願希望調査の結果が公表されました。
受験生にとっては、「志望校の倍率」=「合格のし易さ」というイメージがあるため、
かなり重要な情報といえます。

倍率は「■人のうち、1人合格する。」という意味なので、低いにこしたことはありません。
例えば倍率が2.0 倍であれば「2人に1人が合格する。」という意味になります。
■が大きくなるほど、競争が激しくなるということですね。
しかし、受験生が倍率に関して勘違いしやすいことがいくつかあります。

勘違い① 定員割れ(倍率1.0未満)は合格確定となる。
そんなわけないです。学校側には入学を認める最終ラインがあります。
それを下回ると定員割れでも合格できません。
勘違い② 倍率が低い学校ほど合格しやすい。
間違いではないです。が!それは、比較する高校が同レベルの場合です。
その学校に対して学力が足りなければ、低倍率でも合格の可能性は低くなります。
倍率は高いが、学力が足りている学校を選択したほうが可能性が高まるケースは少なくありません。
実力に見合う受験校で合格可能性を判断するのに、倍率は役立つのです。
勘違い③志望校が出願希望調査で高倍率になったので、避けたほうが良い。
みんな同じことを考えます♡ 
希望調査では定員割れだったのが、本出願では一気に高倍率になるケースもあります。
そういった意味で、希望調査結果はあくまで、目安としてとらえましょう。
残り1か月とちょっとです。倍率に踊らされることなく、着実に実力をつけましょう!
お問い合わせ、お申し込みは
河合塾NEXT 泉中央教室
022-371-9291

中1中2後期期末考査に向けて

2022年1月15日 更新

"

中1中2後期期末考査に向けて

泉中央教室では、テスト1か月前から学校ワークや、塾で配布された準拠ワークを消化するため、「Premium Camp(プレミアムキャンプ)」を実施します。テストへ向けて充実した週末を泉中央教室でともに過ごしましょう。

いよいよ現学年最後の定期試験が2月に実施されます。今のうちに計画を立てて、自己ベストを目指しましょう。
☆★キャンプ日程★☆→1月23日(日) 30日(日) 2月6日(日) 13日(日) 13:00~18:00
定期試験は、
① 学校のワークやプリントをどのタイミングで1周終わらせられるか
② テスト当日までの間に反復学習し理解を深めることができるか
にかかっています。
☆★キャンプ日程★☆ 1月23日(日) 13:00~18:00 1月30日(日) 13:00~18:00 2月 6日(日) 13:00~18:00 2月13日(日) 13:00~18:00
↓資料請求はこちらをクリック
中学生用
 
小学生用

"

過去問題に取り組む4つの目的

2022年1月15日 更新

河合塾NEXT泉中央教室 副教室長の松本です。

いよいよ1月中旬ですね。入試が目前に迫ってきました。
本日時点で公立入試まで48日、私立入試(A日程)まで17日です。

受験直前期に必須となるのが、「過去問演習」になります。
過去問に取り組む目的は4つあります。しっかりと意識して取り組みましょう。
1.出題傾向を把握する。
出題形式、配点の理解とよく出る問題の把握です。何を学習すれば効率よく点が伸ばせるのか。
直前期はこの「効率」を重視した学習が必要で、そのためには傾向の把握が必須です。
2.時間配分の改善
必ず本番を想定して、時間を図って取り組みましょう。
解ける問題が時間切れで解けなかった場合、時間配分の改善が必要です。
どこで時間が短縮できるかを精査し、それを次の過去問演習に生かしましょう。
3.弱点単元の洗い出し
失点の原因が特定単元によるものであれば、徹底して補強しましょう。
ただし、傾向と合わせて考える必要があります。それがほとんど出題されない単元
または、配点が少ない単元であれば時間をかけて補強すべきかは要検討です。
自分にとってリターンが大きいところを徹底して攻めましょう!
4.受験に対する不安の払しょく
不安は「わからないこと」に対して生じるものです。
過去問の結果をスタッフに提出すれば、その年での大まかな合否を伝えられます。
合格が続けば、ゆるぎない自信がつきますね!(そうなるよう頑張ろう!)

お問い合わせ、お申し込みは
河合塾NEXT 泉中央教室
022-371-9291

レギュラー授業 1月11日(火)から順次スタートします。

2022年1月6日 更新

"

レギュラー授業 1月11日(火)から順次スタートします。

謹賀新年 昨年中は格別のご愛顧を賜り、衷心より感謝申し上げます。
2022年も誠意をもって精励する所存ですので、何卒倍旧のお引き立てならびにご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

レギュラー授業は1月11日(火)から順次スタートします。
3月12日(土)まで各曜日9回の授業を行います。尚、中3生は冬期講習時に使用している通称「赤テキ」「白テキ」を3学期の授業でも使います。
また、2学期まで使用していた青テキストも持参するようにしてください。
小6中学準備講座の英語・数学の授業でも冬期講習のテキストを使用しますので持参してください。


↓資料請求はこちらをクリック
中学生用
 
小学生用

"

試験の答案作成で注意すべきこと

2021年12月11日 更新

河合塾NEXT泉中央教室 副教室長の松本です。

当塾では年間を通して3種類の模試を実施しています。
受験者数や受験者レベルも模試によって変わるので、さまざまなケースから生徒の成績
を考察できるので、より正確に進路指導ができるようになっています。

外部模試の場合、採点はその模試を運営する会社が行うのですが、先日
「なぜこれが不正解なのか?」
と首を傾げる記述問題の答案がありました。

不正解の理由を生徒に説明するために、模試の運営会社へ連絡したところ…
「答案で使用されている漢字の画数が正しい漢字と異なるので、不正解にした。」
とのことでした。
伝わりますかね~。例えば「口」という漢字を書くのに、癖字で逆三角形になる人って
いますよね。そういうのは不正解になるとのことです。

目からうろこでしたね。記述の内容ばかりに気を取られていたので「そこか~!」と感心
させられました。いや、漢字のミスは不正解か減点になるのは常識ですが、その基準が
かなり厳しいことに感銘を受けましたね。

答案は、採点者へ自分の学力を伝える「文書」であるといえます。
相手にしっかりと伝わる文書を、丁寧に書くのは、社会に出てからも重要なことですよね。
早速、その日から授業で生徒にそのいきさつを伝えていきました。
不要な失点を防ぐためにも「答案は丁寧に書く」をしっかりと意識しましょう!
お問い合わせ、お申し込みは
河合塾NEXT 泉中央教室
022-371-9291

中3冬期講習 単科ゼミ

2021年12月10日 更新

中3冬期講習 単科ゼミ

教室長の村上です。本日は中3単科ゼミをご紹介します。

12月18日(土)より冬期講習が始まります。
河合塾NEXTでは、総合コースのほかに、実戦力強化に向けて弱点補強や応用力を養成する「単科ゼミ」も行います。

その中で、本日は社会単科ゼミ「宮城の記述」をご紹介致します。
暗記知識だけでは対応できない宮城県公立高校入試独特の記述問題の解法と答案作成力を1日50分×3で磨き上げます。
宮城県社会の記述問題は1問5点×5問、計25点ですので、ココで差がつくと言っても過言ではありません。

↓資料請求はこちらをクリック
中学生用
 
小学生用