河合塾グループ河合塾

緊急のお知らせ:近畿中・四国九州・沖縄

学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 中学グリーンコース
  4. 小学・中学グリーンコース 東海
  5. 合格体験談

合格体験談 小学・中学グリーンコース 東海

後輩に伝えたい!河合塾で学んで、合格できた理由。

見事合格を勝ち取った先輩たちに、河合塾での体験を語ってもらいました。先輩たちのリアルな体験談やアドバイスをぜひ参考にしてください。保護者からの体験談も掲載しています。

2020年度 高校入試 合格体験談 2020年度 高校入試 合格体験談

[公立]

[私立]

旭丘高校入学 A.Kさん(千種校トップレベル)

僕は小学5年生からお世話になっていました。中3の夏まで部活をやっており、そこそこの成績を残しました。そのときまでは他の問題集に手を出さず、河合塾のテキスト、プリントをとにかくやっていました。部活が終わって時間もなく、体も疲れていましたが、河合塾の予習と復習だけは欠かさず行っていました。この「勉強をする」という習慣があったからこそ、合格できたのだと思います。後輩たちへ。合格したいのなら、講師から言われたことはきちんとこなすこと。何があっても予習・復習はすること。河合塾のテキストをとことんやること。成績がなかなか上がらないかもしれないけど、辛抱強く淡々と続けてください。最後までやり抜いたと思えれば、安心して入試に臨めます。これから入試まで、河合塾と自分を信じて頑張ってください。

保護者の声

不安になっても講師が親身に相談に乗ってくださり、安心でき本当にありがたいと感じていました。受験生の親として心掛けたことは①体調管理②勉強のことは河合塾にお任せ(口出ししない)。河合塾には講師、チューター、スタッフの方々皆さんに守られているような安心感がありました。信頼できる塾に出会えて良かったです。本当にありがとうございました。

旭丘高校入学 K.Kさん(千種校トップレベル)

僕は、3年生になってから河合塾に入りました。河合塾に入って思ったことは、調子に乗せてくれないということです。実力テストではかなりいい成績をとれました。しかし河合塾は、教材や授業のレベルが高く、とても調子に乗ってなどいられませんでした。このように、いつでも勉強に気を抜けない河合塾は、高校合格には決して欠かせなかったと思います。

保護者の声

河合塾に通わせて良かったことのひとつに、クラス担任と保護者との面談がある。学校の先生とは異なる観点での進学のアドバイスをくれるなど、保護者にとっても有意義な塾だと感じる。

旭丘高校入学 S.Rさん(千種校トップレベル)

私は中2から約2年間、河合塾に通いました。初めは進度も速く内容も学校とはまるで違って自分のペースを作るのが大変でしたが、予習・復習をかかさず続けたことで力がついたように思います。何より授業が楽しく、他校の友達と会うのも新鮮で、毎週日曜日が楽しみでした。講師のところに質問しに行くと、いつもわかるまで説明をしてくれたので、理解が深まりました。河合塾で学び講師の言葉を信じてついていき、チューターの応援、スタッフの方たちの支えがあったおかげで、第一志望の合格をつかみ取ることができました。河合塾生で良かったと心から思います。本当にありがとうございました。

保護者の声

予習を重視する考え方や英語を構文で教えること、いつまでに何を終わらせるというようなスケジュール管理は学校では行われないので本当にありがたかったし、今後勉強していくにあたっても役に立つことだと思います。部活ややりたいことを制限せずに無理なく通塾できた方が子どもの中学校生活も満足できるものになると思うし、特に塾での友達は第2のクラスメートになり、毎週とても楽しみに通っていました。部活も勉強も両方頑張れる手助けをしてくれる塾に出会えて、本当に感謝しています。

旭丘高校入学 N.Hさん(千種校トップレベル)

僕は小学生の頃から河合塾に通っていて、塾での生活を通してたくさんのことを学ぶことができたと思っています。河合塾にはハイレベルな生徒がたくさん集まっていました。河合塾で出会った仲間たちとは互いに切磋琢磨して学力を向上させていくことができました。また河合塾の講師の方々もとても個性的で、受験に関する知識はもちろん、将来生きていくうえで必要なことも教えてくださいました。そして講師室に行ったときには質問に丁寧に答えてもらえるだけでなく、学習面でスランプを感じた自分を励ましてくださったり、志望校合格へのエールをくださったりしました。塾での生活の中でいろいろな人に関わり、合格へ近づいていくとともに自分も成長していくことができました。本当に感謝しています。

保護者の声

サッカー部に所属しており、毎日の朝練、午後練に加え、土日も試合の場合が多く、引退までは塾の振替制度を利用し、試行錯誤しながら、勉強と部活を両立させていたように思います。そんななかでも、講師の方々のご指導により、予習→授業→復習というサイクルを本人なりにしっかりと繰り返していったことにより、着実に実力をつけていただいたと感じています。おかげさまで、部活では県大会に出場することができ、受験でも第一志望の高校に合格することができました。部活に注いだエネルギーを引退後は受験勉強に向け、最後は本当に集中して頑張っていたと思います。これも塾の講師の方々やチューターの方の的確なご指導と温かい励ましのおかげと大変感謝しています。本当にありがとうございました。

旭丘高校入学 N.Yさん(千種校トップレベル)

私の内申は40と、志望校を受けるにあたって、あまりよくありませんでした。しかし、河合塾で講師が「40でも受かる。きちんと指導通りに学習すれば受かる」とアドバイスをしてくださり、中3の2学期になって実力がグンと伸びました。12月の統一テストでは低迷して悩むときもありましたが直前の直前になってもあきらめず、夢を追いかけることは大切です!よく講師室に行って、講師にアドバイスをもらっていました。あきらめたらそこで終了です。0%です。どんなことがあろうと、自分の実力と河合塾を信じて頑張ってください!

保護者の声

受験生の親として心掛けたのは、高い目標を常に持ち、常に努力を怠らないようにすることでした。2年次にはクラスのレベル変更も経験し、本人は落ち込んだ時期もあったようですが、とにかく励まし続けました。最後まで志望校を貫き、講師、チューターのサポートもあり、無事合格することができました。感謝です。

旭丘高校入学 H.Tさん(千種校トップレベル)

僕は3年生から河合塾に入塾しました。点をとるための受験勉強は大嫌いでしたが、河合塾の講師の方々は皆とても個性的でおもしろい授業をしてくださったので、続けられました。受験勉強に打ち込むことができ助かりました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

保護者の声

予習して授業でわからなかったことのチェック、復習というシステムが息子の性格にあっていて良かったです。(宿題でドリルやプリントを沢山やるのが好きではないので)授業がおもしろかったみたいで、楽しく通うことができました。受験に向けていつまでにどこまでの勉強をやればいいかを具体的に教えていただいていたので、落ち着いて勉強に取り組めたと思います。ありがとうございました。

旭丘高校入学 M.Mさん(千種校トップレベル)

短期集中型だった自分には基本的に週1日しかない河合塾の授業がとても性にあっていて、あきることなく毎週楽しく学ぶことができました。私は塾のクラスのみんなほど頭は良くなくて、毎週のテストもなかなか低い点数を取っていましたがそのたびに「今日できなくても受験の時にできればいい」と常に楽観的な考えでいました。高校進学倶楽部でも最後の最後まで第一志望の高校の判定はBでしたが、「絶対当日は大丈夫だ」と思い込みました。そんな考えを持てたのは日々の授業で自分は確実に学んでいいる、できあがりつつある、という実感があったからです。河合塾のおかげで私は心の強さと頭を柔軟に使う力を手に入れました。河合塾のすべてにとても感謝しています。

保護者の声

部活動が毎日土日祝日もあった為、平日の夜に疲れて通塾したくないという本人の強い希望で日曜のみの河合塾に決めました。学校に毎日通うのはしぶしぶという生活でしたが、日曜の塾はイヤだと言った事は一度もありませんでした。本人が納得し楽しかったと帰ってくることで通わせて良かったとつくづく思います。保護者セミナーで「本人の納得する受験をさせてください!」といつも言われ、私とは意見のずれがありましたが結局本人の意志を尊重し、親としてはドキドキでしたが見守ることしかできずでした。第一志望に合格し、私立のチャレンジ校にも合格し、本人が納得のいく受験をさせて本当に良かったです。

旭丘高校入学 Y.Mさん(千種校トップレベル)

僕は中1の頃から河合塾に通い始めました。最初は70分授業に慣れず、大変だと思っていました。ですが、時間が経つにつれて授業の形式に慣れて、授業にも集中して取り組むことができました。中3になって、講座が増えて、予習や復習が完全にできる状態ではないことが多くなりました。ですが、授業で繰り返し習っていた部分が受験のときに出たので、講座を一生懸命取り組んでおいて良かったです。講師の方々も個性的な方が多く、授業で雑談も交えつつ、楽しく学ぶことができました。塾自体の設備も整っていて、勉強するのにもってこいの環境だと思います。後輩の皆さんも楽しみながら勉強に取り組んでいってください。僕は河合塾千種校に入って良かったと思います。3年間ありがとうございました。

旭丘高校入学 N.Nさん(千種校ハイレベル)

私は苦手な科目を1年生と2年生は気にすることなく過ごしてしまったため、3年生になって苦労することになりました。3年生から苦手な科目の克服を始め、ぎりぎり間に合うことができましたが、もっと前からやっておけばよかったと後悔しています。少しでも苦手だと思ったら講師に相談するのが一番だと思います。どんな小さなことでもわかりやすく教えてくださるので、質問に行きやすいです。私は結果が良くないことが続き、勉強法が自分にあっているのかわからなくなることもありました。しかし、続けて行うことで結果に必ずつながります。困ったら自分1人で考え込まず講師に相談して不安を少なくしましょう。安心することで勉強にも力が入り、充実した勉強することができると思います!

保護者の声

中3の秋頃より成績が思うような結果が出ず悩む日が続きました。そんなときは講師に質問に行ったり、面談をお願いし、適切なアドバイスをいただきました。受験が近づいてきても成績は思うように上がりませんでしたが、講師に励ましていただき、最後まであきらめることなく努力を続け合格することができました。苦手科目も最後に良い結果を出すことができたのは娘に必要な勉強方法を具体的にアドバイスしていただいたおかげだと思っております。ありがとうございました。

旭丘高校入学 M.Nさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は「旭丘・明和高校進学倶楽部」を受講していました。正直中学校のテストなどでは上の方にいたので、受講する前はそんな勉強しなくてもよいと思っていました。しかし、実際受けてみると結果は合格可能性20%以下のDでした。とてもショックで、しかも周りの子たちが点数を言いあっているのが聞こえて、かなり落ちこみました。自分が得意だと思っていた数学では11点、好きな英語は13点でした。今では考えられない点数です。しかし、回を重ねるごとに問題の新しい捉え方、考え方が身についていき、最終的に数学は20点、英語は21点ぐらいとれるようになってきました。本当に井の中の蛙だった私を気づかせてくれた河合塾には感謝です。自分の実力を試したい人、今の自分では不安な人は本当に河合塾に入ることをおすすめします!

保護者の声

高校進学倶楽部は、テスト形式で順位が出るので、前回よりも順位が上がったときは喜び、下がったときは反省し、モチベーションのアップに役立ちました。個性的な講師が多く、授業も楽しかったようで、帰宅後、講師の話をよくしてくれました。

旭丘高校入学 K.Rさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕はもともと塾に通っていませんでしたが中3生の夏休みから単科ゼミと高校進学倶楽部に通い始めました。最初はテスト慣れしておらず、なかなか点数がとれませんでした。なかでも数学は全県模試でも点数が低く、不安でした。そこで、講師に解説された覚えたほうが良いデータや注意すべき点、問題の見方をしっかり覚え、その日のうちに復習することを繰り返しました。“疑問ノート”という模試や問題集でわからなかった知識、発展した知識、図形の見方をまとめたノートを作りました。最後の高校進学倶楽部で大きく点を落としてしまい自信を失いかけましたが、それでも復習し、倶楽部の問題をやり直し続けました。本番では、あまり緊張せず落ち着いて解くことができ、無事合格しました。きつく大変だった高校進学倶楽部や冬期講習もやった甲斐があったと思えました。

保護者の声

高校進学倶楽部に入って良かったことは、まず講義の開始に間に合うように地下鉄に乗り千種校に行ったこと。実際の入試より難しい問題を5分短い時間で解くことで時間配分に慣れたこと。何度も本番同様の試験を受けることで試験そのものに慣れたこと。本番もいつも通りの感覚で受けることができたそうです。ありがとうございました。

旭丘高校入学 T.Kさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は中学校で3年生の前期に生徒会長をやっており、前期いっぱいは忙しくて本格的に受験勉強ができませんでした。そんな中で何もやっていない自分に焦りを感じ、4日間だけ夏期講習に申し込んだのが河合塾に通った最初のきっかけです。そこで授業のレベルの高さとグリーンコース生ではない私にも、質問に丁寧に対応してくださる講師の方々に大きな魅力を感じ、高校進学倶楽部の受講を決めました。高校進学倶楽部に入って良かったと思うことは2つあります。1つ目は同じ目標をめざす人にたくさん出会えることです。同じ中学校から同じ志望校を受験する人が私だけで、モチベーションが下がりがちでした。そんなとき、高校進学倶楽部に行くと高いレベルで自分以外に頑張り、結果を出している人の姿を見て危機感とやる気を持つことができました。2つ目は高校進学倶楽部の問題はもちろん、河合塾のさまざまなサービスを利用できることです。私はグリーンコース生ではないので、わからないことも多く、毎回講師室へ行き、講師の方々からたくさんのアドバイスを頂きました。また、自習室もたくさん利用しました。高校進学倶楽部でモチベーションを高め、河合塾のサポート体制をフルに活用し、しっかりと学力をつけたおかげで、自信を持って入試に臨み、第一志望合格をつかむことができました。

保護者の声

自宅で1人で学習を進めてきた娘にとって、夏休み明けからの高校進学倶楽部での経験は大変貴重であったと思います。周りから受けるさまざまな刺激を楽しみながら、そしてサポートに励まされながら通った約半年間でした。短期間ではありましたがお世話になり、本当にありがとうございました。

旭丘高校入学 T.Yさん(名古屋校トップレベル)

僕は、2年生の冬まで塾に通わずに、自分で勉強をしていました。大した問題集も持っていなくて、定期テスト前にはやることがなくて困ってしまうくらいでした。それでも学校では満足な成績をとれていたので、問題視していませんでした。しかし、受験のことも気になり出して、河合塾に入ると、とても驚きました。世の中にはこんなにも難しい難問があるのか・・・と。河合塾のテキストは難しいことが載っていましたが、すべてが受験で役立つものばかりでした。だから僕はそれを無駄にしまいと復習しました。間違えた問題に印をうったり、自分が理解できたときのメモを書き込んでおいたりすると受験前にさらに役立ちました。河合塾のテキストを持っている人はぜひ無駄にしないでほしいです。

旭丘高校入学 S.Tさん(名古屋校トップレベル)

私は小学校6年のとき初めて河合塾に行き、そこで田村先生の授業を受けました。今でも鮮明に覚えていますが、わかりやすすぎて、衝撃でした!そして中学ではトップレベルに在籍してました。そのとき、麦谷先生の英語の授業を受けて、また衝撃でした!英語は難しくみえるけど、実は数学みたいに公式にあてはまっててパズルみたい!と気づき、楽しめるようになりました。そして中2、3と国語の小澤先生の授業を受けました。アシスタントのニャンニャン棒と共に、普通とは違う視点から文法を教えてくださったおかげで苦手を克服することができました。講師の方々には感謝してもしきれません。普通の学力だった私をここまで成長させてくれたのは講師の方々のおかげです。合格をつかみとれて本当に良かったです。もう講師の方々の授業を受けられないのは寂しいけれど、本当に楽しく、面白く、わかりやすすぎる授業をしてくださり、本当にありがとうございました。これからも頑張ってください!

保護者の声

私がネガティブなので、講師の方々の明るさと自信は子供にとって何よりのよりどころであったと思います。私は、全て塾に任せ、夜あまりにも早く寝てしまったり、普段通りの生活で、受験生としてこれでいいのか?と思っておりましたが、講師の方々の「今、ガツガツしている子は伸びない。むしろ今、普通でいられる子ほど伸びる」と聞かされ、いつも納得して面談から帰ってきました。思えば、3年間その繰り返しでした。

旭丘高校入学 S.Yさん(名古屋校トップレベル)

私が河合塾に入塾して良かったことは、最高の講師に出会えたことです。授業では応用問題を扱うことが多く、一人では解くことが難しい問題も、解き方の手順を丁寧に教えてくださったので理解することができました。また、基本的な問題でもさまざまな視点からの解き方を紹介してくださり、授業を受けるたびに新たな発見がありました。わからないところがあれば講師室へ行って質問できることも河合塾の魅力の一つです。私はすぐにさまざまなことに対して疑問を持ってしまうのですが、私が納得するまで教えてくれたり、質問以外にも相談に乗ってくれたり、時間があれば講師とおしゃべりを楽しむこともできました。このように河合塾の講師は授業がとてもわかりやすいのはもちろん、生徒一人ひとりを大切に見てくれるので、メンタルが弱い私も不安な受験を乗り越えることができました。

保護者の声

河合塾の講師の方々には、子どもの質問に対してとても親切丁寧にご対応いただき、本当に感謝しています。講師の方々のおかげで、子どもの勉強に対するモチベーションを保つことができました。人生初めての受験で不安もあったと思いますが、河合塾で学んだことを繰り返し見直し、やり直すことで実力が備わったと思います。なお、受験生の保護者として一番心配だったのは健康に関することでしたので、12月頃からはなるべく夜更かししないよう声掛けをしました。又、子どもがナーバスにならないよう試験当日も含め普段通り明るく接するようにしました。1回1回の模試の結果にとらわれず、そこに至った努力をほめるようにしました。

旭丘高校入学 K.Mさん(名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は高校進学倶楽部を受講しました。周りの人たちのレベルがとても高く、私にとって良い刺激となりました。講師の方々は漠然とした質問にも丁寧に対応してくださり、理解が深まりました。進学倶楽部は、「テストだ」という緊張感があり、高校入試においての1点の大切さを体感しました。正答率が答案返却時にわかり、正答率が高いと「ここはミスをしてはいけなかった」、低い問題で単純なミスをすると「あと少しだったのに!」と悔しい気持ちが湧き、次回へのやる気が起きました。私は、高校進学倶楽部を受講して、本当に良かったと思います。難しい問題に苦戦することもありましたが、「本番ではもう少し簡単な問題が出る」ということが、受験するときの自信や、第一志望校の合格につながりました。

旭丘高校入学 A.Mさん(名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

「少しでも合格に近づきたい」と思い3年生の2学期から高校進学倶楽部に通うことを決めました。私はテストで焦ってしまう性格だったので、テスト慣れをして当日に自分の力を発揮できるようにしようと思いました。最初の5回は時間が短縮された中でのテストだったので見直しの時間も短くなってしまいましたが、テストを受けるごとに時間配分も身に付いていきました。また、私は数学が苦手だったのですが、講師の方が教えてくださった数々のテクニックのおかげで、多くの問題が解けるようになりました。初めは7回のテストで変わるかなあ・・・と心配していたのですが、同じ志をもっている同級生と共にテストを受けるという本番同様の環境と河合塾の熱心な指導のおかげで大きく成長できたと思っています。その結果、本番で、半年前の自分では信じられないほど落ち着いてテストを受けることができ、合格することができました。河合塾には感謝しかありません。

保護者の声

受験生の親としてできることは、食事や生活面の環境を整えることと、精神面で支えてあげることのみだと思います。あとは子どもを信じ、どこの学校に進学が決まろうが、それはご縁であると思い、どんと構えていることでしょうか。

一宮高校入学 U.Nさん(名古屋校トップレベル)

私が合格を勝ち取れたのは、いつもそばで励まし続けてくださった講師の方々のおかげです。私は模試やドリルの結果ですぐに自信をなくし、不安にかられてしまいます。特に滝高校の入試前は本当に辛く、もう無理だと何度も思いました。しかし、麦谷先生が「絶対に大丈夫。あなたは自信がなさすぎる」「間違いは次へのgift」と言い続けてくださったことで、前を向き、ねばり強く進むことができました。他にも、田村先生の「赤ずきんの水くみ」の授業は、おもしろすぎて頭から離れませんでした。いつも質問マンの私を嫌な顔せず受け入れてくださり、感謝で一杯です。これまでありがとうございました。

一宮高校入学 M.Kさん(名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は夏から河合塾に通いはじめました。高校進学倶楽部では、本番を意識して練習できたので入試本番で緊張せず受けることができました。最初は、時間が短いのですばやく解く力をつけられて、あせらず時間内にとけるようになりました。高校進学倶楽部のおかげで、入試に必要な実力をつけることができました。

保護者の声

1カ月に1~2回と回数は少なかったのですが、1日かけて5教科テストをして、その後、解説があるという授業形態がとても良かったと思いました。その訓練が本番で生かされて、時間配分や問題の把握する能力がついたと思います。解説では、細かく教えてもらったことを喜んでいました。約8カ月と短い期間でしたが、受講させてよかったと思っています。

刈谷高校入学 F.Mさん(豊橋校岡崎・時習館高校進学倶楽部)

本番そっくりな問題を解くことにより、習得できていない部分に気づくことができ、次の家庭勉強へと進むよいきっかけになったと思います。「入試セミナー」、「3点アップ」、「ファイナル講義」など、すべてがまとまっていて勉強しやすかった。それから、数学と理科の講師が手書きの解説を出してくれ、とても親切だと感じました。

保護者の声

子どもは中3の夏くらいから学校の勉強と入試対策の両立がうまくいかず、悩んでいるようでした。河合塾の担当の方に現状の勉強の悩みを相談しているうちに、記述など少し手助けしたり、必要な部分を見極めたりするなど、親がすると良いことを教えていただき、そのように接していきました。子どもは次第に落ち着き、入試はとても良い状態で臨めたと思います。勉強するのは子どもですが、周りの支えで大きく変わると感じました。河合塾の担当の方はベテランなので、その都度相談すると良いと思います。

菊里高校入学 I.Kさん(千種校トップレベル)

自分の弱点とする分野に力を注ぐことは重要ですが、得意とする教科の勉強の手を抜くことは絶対にやめてほしいと思います。僕は数学が苦手で、2月初期は数学ばかりやってしまい、その影響が旭丘高校不合格に繋がってしまったと思います。また、他校に友人を作ってほしいと思います。互いに刺激し合うことでたくさん成長できると思うし、事実、僕も成長することができました。最後まであきらめず頑張ってください。

保護者の声

通わせて良かったことは、信頼できる講師の方々に出会えたことと、刺激を受けるお友達ができたことです。受験生の保護者として心掛けたことは、本人はもちろん家族の体調管理に気を配ることです。後は、普段通りに過ごすことにしていました。

菊里高校入学 N.Tさん(千種校トップレベル)

僕の内申点は36でした。しかし中1のときからずっと河合塾で勉強していたので、第一志望だった菊里高校に合格することができました。僕から言えることは当日点の大切さです。僕のように内申点が足りなくても、当日高得点をとれば合格することができます。内申点が低くても頑張って勉強してチャレンジしてください。

保護者の声

河合塾に通わせて良かったことは、日中に通えたこと、テストゼミで授業がわかりやすく、集中できたこと、入試情報が豊富だったことです。部活は平日と土日のどちらかに活動していましたので、振り替えをしながら土or日に塾へ通いました。平日は自宅で学習しました。息子は資料の整理がうまくできなかったので、毎回のテストゼミのファイリングを私がしていました。中3の2学期からは入試に向けてスケジュールも複雑になるので、11月~3月までの合格発表のカレンダーを作り、スケジュールを目に見える形にしました。体調管理も気づかいました。

菊里高校入学 K.Yさん(千種校ハイレベル)

私は、中3になるまではピアノとバレエを、中3の夏休みまでは部活をやっていたので本格的に受験勉強を始めたのは夏休みからでした。夏休みは理科・社会に時間をかけて勉強しました。2学期に学ぶことは何度も覚え直す時間はないと思ったので、一つひとつしっかりと習得するようにしました。3学期の私立高校の入試が終わってからは、あまり新しいことをやらずに、夏期・冬期講習の間違っていた部分やあいまいなところの分野を繰り返し解きました。私は、歴史があまり覚えられていなかったので、国内・国外の出来事が一緒になった年表をよく見ていました。第一志望の高校に合格できなかったけれど、行きたい高校の一つに入学できてうれしいです。ありがとうございました。

保護者の声

兄の高校受験の様子を身近で見ていたため、志望校は中学入学時から決まっていました。しかし、勉強以外の習い事2つと部活(運動部)とやりたいことが多く、それらとの両立に苦労しました。中2までは学校から帰宅後も部活で疲れているなか、習い事に毎日のように行っていました。今思うと、これらの時間を少しでも勉強に使っていれば第一志望校に届いたのではないかという思いもありますが、そのときにやりたいこと、できることを精一杯やった結果、本人は何の悔いもなく受験を終えることができたと思います。親としては本人の気持ちを一番に考えサポートすることを心掛けました。河合塾で学んだことはこれからも高校生活で生きてくると思うので、引き続き大学受験に向けてお世話になります。

菊里高校入学 M.Nさん(千種校ハイレベル)

僕は第一志望の菊里高校に入学することができました。これも河合塾のおかげだと思います。河合塾で本番に似た問題を解いたことで、当日の得点を伸ばすことができました。また、進学倶楽部で公立の傾向をつかみ対策できたことも良かったです。目標を高く設定して決してあきらめず頑張ってください。

保護者の声

河合塾はレベルの高い生徒さんが多く、“自分もやらなければ”という思いになったのだと思います。最後まであきらめずに勉強を続けたことで、合格できたと感じております。大変お世話になりました。ありがとうございました。

菊里高校入学 S.Rさん(名古屋校ハイレベル)

私の受験生活は苦難の連続でした。勉強しても点数が伸びない。模試や進学倶楽部の判定はDばかり。私立受験の2週間前に足を怪我して松葉杖での受験になるなど。それでも私が第一志望に合格できたのは、河合塾に通っていたからです。河合塾の講師の方々はどんなときでも「できる」「大丈夫」と前向きな言葉をかけてくれました。その度に不安が自信に変わり、自分を強くすることができました。私が一番伝えたいことは「何が起こるかわからない」ということです。自分を信じて、目標に向かって最後まであきらめずに努力し続けることが大切だと思います。

保護者の声

2年生から長いスランプがあり、どう学習をしていけばよいか分からなくなりましたが、河合塾の学習法により、少しずつ理解型が定着していき、本番は慌てることなく力を発揮することができたと思います。講師の方々の熱心で引きつけられる授業や励ましが強さになり、たくさんの知識をつける大切さを知ることができました。あきらめない強い心と最後まで気を抜かないこと。目標に向かって努力することを学び、ひと回り大きくなった姿を見ることができたこと本当に感謝しています。ありがとうございました。

岐阜高校入学 K.Nさん(岐阜校トップ公立高校進学倶楽部)

最初はどう勉強したらよいのかわからなかったけれど、1回1回の授業の復習をしていくうちに自然とテストの点数が上がっていきました。授業もテクニックなどを教えてくださったため、理解を深めることができました。チューターと受験期の不安について話すことができたので、悩みなども解消することができました。周りもみんなライバルだったのでとても楽しかったです。河合塾に行くまでは自分が一番だと思っていたので挫折を知り、とても楽しい思い出になりました。ありがとうございました。

保護者の声

高いレベルの授業が展開され、自分の弱点を確認することができました。通塾されている生徒たちのレベルも高く、良い刺激を受けることができました。また、年齢の近いチューターが相談に乗ってくれたため、精神的に落ち着くことができました。

向陽高校入学 N.Mさん(千種校ハイレベル)

私は中1・2年の頃にあまり勉強をしていなく、受験生になっても何を勉強すればいいのかわからず、学校の課題をやっていただけでした。しかし河合塾の各教科の講師が「これは覚えていた方が良い」だとか、「これをしておくべき」とやるべきことを明確に伝えてくださったので、そこから机に向かう時間も長くなりました。もちろん自分の学習状況に応じて「自分でこれをやる」と決めましたが、以前に比べて何をしようと悩む時間は減りましたし、その分集中して勉強することができました。

保護者の声

第一志望の公立高校合格発表で「本校に合格」の文字を見たときには目を疑いました。「楽しそう!」高校説明会での印象で決めた志望校。夏の時点では無邪気な希望ととらえていましたが、本人は真剣だったようでぶれずに第一志望にあげていました。2学期の成績も厳しい結果でしたが、12月の河合塾の面談で「この内申点で合格する方法を考えましょう」といただいた具体的なアドバイスでチャレンジし続けることができました。1月・2月の集中は目を見張るものがあり、学年末の内申点に結果としてあらわれたことも功を奏し、当日の試験に前向きに挑めたのだと思います。私立受験もチャレンジ校に合格でき、自信をつけることができました。「7割とれれば受かるって先生言ってたよ」、と7割をめざす緩い娘でしたが、河合塾で膨大なデータと経験値に裏打ちされた無駄のない指導を受けることができた結果だと思います。本当にありがとうございました。

向陽高校入学 M.Hさん(千種校ハイレベル)

私は中3の夏休みまで1度も塾に行ったことがありませんでしたが、塾の説明会で講師の方々がとても気に入り、入塾を決めました。入塾後に行われた進学倶楽部でも第一志望はB~D判定と、とても合格できるような成績ではありませんでした。第一志望とは言っても、志望校を決めることすらできませんでしたが、担任だった福春先生の助言もあり最後はとても良い決定ができたように思います。私は、本番でAグループは90点台、Bグループは80点台前半と差が大きかったので第2志望は少し下げて受験して本当に良かったと思います。ちなみに、受験の直前は過去問の点数があまり良くなかったので、苦手教科の基礎を1年生からほとんど全てやりました。その成果もあり、本番では他の教科と同じくらいの点数が取れ、無事合格することができました。

向陽高校入学 A.Mさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は夏の統一テストで進学倶楽部の存在を知り、体験授業を受けた後、入塾を決めました。1学期の内申が41で旭丘・明和高校進学倶楽部を受講することになったのですが、最初の授業で教室にたくさん人がいてびっくりしました。(当時、統一テストの偏差値54で、旭丘・明和高校進学倶楽部の偏差値での基準は60だったものですから)「私より頭のいい人がたくさんいる!?」と向上心を刺激されました。それから真剣に勉強をし始め、冬休みごろにクラスの真ん中らへんの成績を取れるように、それでも落ち込み半分楽しさ半分でやる気に満ちあふれた半年間でした。河合塾では、学校とは違いクラスのみんながライバルなので、毎月自分とみんなの努力の比較ができて競い合っている間に偏差値も60をとれるようになり、気づいたら成績が上がっていてビックリしました!!

保護者の声

我が家は、中3まで塾に通ってませんでした。(子どもの希望)小学のときに公文をさせていたのですが、ここまで取れたら辞めていいという基準をマスターしたらちょっと休憩に入りました。私と学校の成績が落ちたら塾に通うという約束をしたため、塾に通いたくないと言ってテスト勉強はしていました。中3の夏に本人のやる気が一番出て、本当に頑張って通い勉強していました。おかげ様で見事に第一志望に合格できて本当にうれしかったです。あんまり勉強しない子どもに不安になる日もありましたが、信じて待つのが(うるさく言わない)今思うと一番大変だったかもしれません。

向陽高校入学 O.Aさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕は中3の夏休みに試しに公立の入試問題を解いてみたのですが、そのとき解くのにものすごく時間がかかり、文章量が多く感じられ、このままではだめだと思い入塾しました。進学倶楽部では、初め思うようにいい結果が出せなかったのですが、回数を重ねるごとに問題を解くスピードが速くなったと感じ、実力がついていきました。高校進学倶楽部を受けていたから志望校に合格できたと思います。受けて本当に良かったです。

保護者の声

中3の1学期まで、特に受験対策もせずに、学校の授業の復習と定期テスト対策を中心に勉強を進めてきて、それなりの成果を収めていました。しかし、夏休み中に試しに解いてみた公立入試過去問が文章量も多く難しく感じられ、1教科に1時間以上もかかることから、入試レベルを意識した実戦的な練習が欠かせないと強く感じ、入塾を決意しました。毎回、厳しい判定(成績表の)に心が折れそうになりましたが、解けなかった問題の見直しを中心にコツコツと努力を重ね、一歩一歩階段を上がるように実力をつけて、何とか志望校合格に手が届きました。河合塾での半年間がなければ、合格もなかったと思います。ベストな教材、実戦練習の機会、良き講師に恵まれたことに心より感謝いたします。

向陽高校入学 T.Yさん(名古屋校トップレベル)

高校入試統一テストはなかなか難しい。私自身、「大丈夫か、これ?」と思うレベルをとったこともある。しかし、できなくても返却された後が大事だと思う。私は、できなかったところをピックアップして、何回もやり直した。すぐには結果が出なくても、確実に力はつくと思う。最初からできればなお良いが、復習に力を入れるのも忘れないようにしたほうが良いと思う。

保護者の声

塾へ行かせると、他の人に刺激を受け、やらなければいけない雰囲気になるようで、良かったと思います。

向陽高校入学 H.Mさん(名古屋校ハイレベル)

河合塾の授業は70分授業なので、とても充実した濃い授業です。70分という時間があることで、詳しく問題の解説が聞けるだけでなく、多くの知識や解法を知ることもできました。教科書以上のことを学べたのは、私立の問題にも対応できることに繋がると思います。講師は入試のプロで、しっかり生徒に向き合って授業をしてくれる講師ばかりです。

保護者の声

講師の方々のプロ意識とわかりやすい授業、ポイントをしっかりおさえたテキストのおかげで、子どもの成績も安定していました。部活は秋まで続いたので不安もありましたが、最後までやりきった達成感も、その後の受験モードへのパワーになったと思います。本人は目の前の勉強で精一杯なので、私は保護者セミナーに参加したり、先輩ママに高校の様子や体験談を聞いて、本人にたくさんの情報を伝えるようにしていました。

時習館高校入学 N.Sさん(豊橋校ハイレベル)

私は中学校2年生から河合塾に通い、土日に5教科の授業を受けました。そのなかで,毎週の予習・復習をかかさず平日の空いた時間に行いました。学校の定期テストとの両立が難しかったです。3年生では内申のために学校の勉強を優先し、安定して内申をとることができました。そして入試前の時習館高校倶楽部やBグループ入試対策ゼミで、入試の練習をたくさんすることができ、おかげで本番は落ち着いて取り組むことができました。また、河合塾のレベルの高い授業、講師のわかりやすいアドバイス、毎週の予習・復習、夏期、冬期講習に休まず通ったことが、第一志望校合格につながったと思います。高校でも目標を決め、日々の積み重ねを大切にしていきたいと思います。

保護者の声

塾と部活の両立は一番大変だと考えていましたが、河合塾は平日は部活を頑張って、休日に集中して勉強できる環境だったので、その点は娘にとても合っている勉強法でした。体調が悪くて休んでもプリントを必ず郵送してもらえたので、自分で予習・復習ができたので良かったです。

時習館高校入学 N.Sさん(豊橋校ハイレベル)

私は1年生のときから、3年間河合塾に通いました。講師にいつでも質問できたり、チューターに相談できたり、自分の学習を充実させてくれる環境が整っていました。講師は質問に対して、時間をかけて丁寧に教えてくれました。チューターは学習方法だけでなく入試前の不安を聞いてくれて、気持ちが楽になりました。周りの人もレベルが高いので、自分も頑張ろうとやる気になれました。成績が上がらず、悩んだ時期もあったけれど、講師やチューターが親身になって考えてくれたので、3年間頑張り続けることができました。

保護者の声

3年生の2学期ごろ成績がものすごく落ちてしまい、本人もとても苦しんでいました。すっかりやる気をなくしてしまい、塾を続けることも困難かと思った時期もありました。そんなときチューターが親切に対応してくださいました。ご自身が受験で得た経験を子どもに伝えてくださり、どうスランプを乗り越えたか、苦手とする問題にどう対応したか、勉強の仕方などしっかりサポートしてくださいました。今回志望校に合格することができ、本当に感謝しております。ありがとうございました。

松蔭高校入学 K.Kさん(名古屋校ハイレベル)

保護者の声

河合塾には小学校6年生からお世話になりました。今まで息子を見てきて、テスト結果から厳しい言葉を投げかけたこともあります。しかし、息子は決してあきらめることなく、弱音を吐くこともなく、ひたすら前を向いて進み続けました。今まで息子を支えてくださった講師、チューター、教務の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。第一志望には残念ながら合格しませんでしたが、努力し続ける大切さ、根気、強さを身につけることができ、本当にありがとうございました。

昭和高校入学 M.Kさん(千種校ハイレベル)

板書だけでなく、講師が話してくださるおもしろい話などもメモをしておくと、後で見返すとそのときの講義内容が思い出されるので、やっておいて良かったです。

保護者の声

息子には塾と部活の両立は難しいと思い、中3夏までは部活引退してからは勉強に気持ちを切り換えてくれると期待していましたが、実際には言われるまで机に向かわない毎日でした。河合塾の授業は大事にいていたようですが、家では休憩ばかり→親が口を出す→言い合いになるの繰り返しで、家の雰囲気も良くないことが多かったです。親が口を出さずにでーんとかまえることが大事だとわかっていてもその通りにはできませんでしたが、本番が近づくと自分から考えて行動するようになり成長を感じることができました。終わってみれば、すべてがいい経験でした。7カ月ぶりにバスケを楽しんでいる息子を、これからも応援したいと思います。

瑞陵高校入学 K.Mさん(千種校トップレベル)

私は中学3年生から河合塾に入塾しました。入塾して思ったのは、講師はもちろん、スタッフの方たちもとても頼りになるということです。入塾したての頃は、教室の場所や授業を受けたりテストを受けたりした後、どのように活用すれば良いかがまったくわかりませんでした。しかし、スタッフの方たちが丁寧に説明してくださり、安心して塾に通うことができるようになりました。入塾してしばらく経ち塾に慣れてからもたくさんお世話になりました。私は内申点がとりにくい中学校に通っていて、また副教科があまりできなかったため、内申点が志望校合格のためには全然足りませんでした。しかし、“内申点が低い人はこうすると良いよ”というアドバイスや心構えについてなども、スタッフの方たちは教えてくださいました。私が志望校に合格することができたのはスタッフの方たちのさまざまなサポートがあったからだと思います。みなさんも困ったときは両親や友達、講師だけではなくスタッフの方たちにも相談してみてください。必ず力になってくれると思います。

保護者の声

河合塾の講師は大変優秀で講義内容の面でも、それ以外の教養という部分でも「学ぶ」ということは楽しいことだと思えるような教え方をしてくれました。高校受験は確かにひとつの山場であり、ビッグチャレンジですが、人生のゴールでも何でもない、今後につながる。でなければというスタンスを感じて子どもも親も大変ありがたく思っています。親は子どもかわいさのあまり、つい余計な心配やお節介をしがちですが、保護者会や面談で講師が親のガス抜きのフォロー、ブレーキのかけ方を教えてくださり、子どものケアだけでなく保護者まで含めてフォローしていただけて本当にありがたかったです。親は所詮子どもの健康管理、ストレスのはけ口の相手、環境整備しかできないですが、それで良いのだと安心して、どっしり構えて最後まで自分の子どものことを信頼して見守り、合格の日を迎えることがいろいろなスタッフのお力添えでできました。本当にありがとうございました。

瑞陵高校入学 M.Aさん(名古屋校ハイレベル)

私は、3年生の春期講習から河合塾へ入塾したのですが、始めは講師へ質問に行くのが怖く、春期講習中は一度も質問に行けませんでした。でも、レギュラー授業が始まり、勇気を出して質問に行くと、どの講師もとても優しく、丁寧に教えてくださり、たわいもない話で盛り上がることもありました。それから私はどんどん質問に行くようになり、また国語では毎回要約を見てもらいました。それと同時にぐんぐん成績ものびて志望校に近づいていきました。なので怖がらず質問へ行ってください!また、私は夏休みに人一倍勉強したと思えるぐらい勉強しました。毎日、河合塾で朝9時~夜9時まで自習室で勉強しました。私は特に理科と社会に力を入れ、単科をとったり、自作年表を作って日々勉強しました。時には、後向きになったり、投げやりになることもありましたが周りの人々の支えもあり無事走り切ることができました。努力は必ず報われます!どんなに辛くても、自分のために頑張ってください!第一志望校の掲示板で「本校に合格」という文字を見た時の喜びは忘れられないほどのものです!

保護者の声

一つ上の兄に憧れ、中3から河合塾に転塾しました。以前の塾では上位だったのが河合塾では底辺なんだと思い知らされるところからのスタートでした。部活と生徒会をやっていたのでなかなか時間が取れず、予習・授業・復習のサイクルがなかなか定着せず苦労していました。夏休みには周りに圧倒され、勉強にも追われ、精神的にかなり追い込まれ心配しましたが、何とか必死に頑張り夏休み明けには成績が一気に上昇し本人に自信がつきました。毎日毎日最終まで塾に残り続け勉強した頑張りに、入塾当時、自信がなく泣いていた子どもの成長を感じました。ボーダーギリギリの挑戦でしたが必死に頑張り、県内一の倍率を突破し見事合格を勝ち取ることができました。この一年大きく成長した子どもと講師をはじめ、スタッフ、チューターには感謝しかありません。ありがとうございました。

瑞陵高校入学 S.Tさん(名古屋校難関公立高校進学倶楽部)

進学倶楽部では、全7回のうち、前期4回は実際の入試時間よりも5~10分短い時間で解かなければいけないので初めは大変ですが、その時間に慣れると、後期3回で、実際の入試通りの時間で解いたときに、余裕をもって問題に取り組むことができます。問題もよく考えられていて、基礎レベルの簡単なものから、応用レベルの難しいものまであるので、どのような問題を取りにいき、また捨てるかといった判断力も身につきます。問題の解説も、30分という短い時間ですが、講師の方々が要点を絞って丁寧に教えてくださったので、とてもわかりやすかったです。僕はこの進学倶楽部のおかげで、第一志望の学校に合格することができました。「〇〇高校へ行きたい!」といった強い意志のある人は受けるべきだと思いました。

保護者の声

進学倶楽部のテストは全県模試より大分難しかったようです。なかなか結果が出ず、親子で落ち込むことも度々でしたが、受験本番ではないので、苦手の洗い出しができて良かったと思いました。同じ問題を最低3回は問いていけば、9月からでも十分間に合います。河合塾の講師の方々は皆親身になって相談に乗ってくださいます。受験に関することは何でも話していけばいいと思います。

津高校入学 S.Aさん(津現役館トップ公立高校進学倶楽部)

私の父が河合塾に通っていたので興味はあったのですが、塾に通ったことがなくマイペースに勉強するタイプなので、月に2回で宿題のない高校進学倶楽部が自分にぴったりだと思って受講しました。授業はテスト形式でその都度自分の実力を知ることができて、入試と同じ形式と時間だったので、本番もあまり緊張することなく実力を発揮できました。入試直前は何度も繰り返し授業で使った冊子(テスト)を解き直し、わからない問題はチューターに聞いて解けるようにして入試に備えました。講師、チューター、丁寧に教えてくださってありがとうございました。スタッフの方も親身に相談に乗っていただきありがとうございました。

保護者の声

とにかく高校受験は子どもだけでなく、保護者の助けがかなり必要だと思います。例えば健康管理や子どもの声を聞いてあげることがかなり重要です。どんな子どもでも受験が近づいてくると焦ったりイライラしたり時には後ろ向きな発言になったりするので、親は「どっしり」構えて微笑んであげた方が良いと思いました。私は常に子どもに「貴方なら大丈夫」と言い続けました。

豊橋東高校入学 K.Hさん(豊橋校ハイレベルレクチャー)

保護者の声

ネガティブなことばかり言わないように気をつけました。レベルの高い人たちとともに勉強することで自分の位置を自覚し、やる気になったように思います。新しい教材にばかり手を出さず、毎回のテストを繰り返し解くことで学力が上がったように思いました。

豊橋南高校入学 I.Cさん(豊橋校ハイレベルレクチャー)

入塾したときは入試のことをあまり知らなかったけれど、志望校を確定せずに勉強を進めていたのはやめた方が良かったと思った。入試に役立つ情報や、過去問について知っていくなかで、自分にあった高校を見つけて、その高校に合格するための勉強方法でやっていくのが大切だと思った。私はチャレンジ校-安全校で受けていたので、チャレンジ校に合格するための応用問題に慣れるための勉強をしておけば良かったと思った。

保護者の声

受講生の人数が少ないのもありますが、チューターの方々には気をかけてもらい、安心して通えたみたいです。ありがとうございました。

西春高校入学 S.Aさん(名古屋校トップレベル)

2学期から塾へ通い、テキストは難しい問題ばかりで、ついていけるか不安でしたが、予習をして、その問題を授業で分かりやすく解説してくださるので、理解が深まりました。問題を時間短縮して解ける公式やコツを教えてもらい、とても学習に役立てられました。河合塾に通い、学力が上がったと思います。学校だけでは学べないことがあり、入試対策が十分にできました。通って良かったと思います。

保護者の声

休日に集中して受講したことで、平日夜遅くまで塾に通う必要がなく本人、家族はゆとりを持てました。長年のデータに基づく指導のノウハウがしっかりしていて安心して通わせることができました。

半田高校入学 N.Rさん(名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部の良いところはテスト問題の質です。本番と同じ形式の問題、実際の入試よりも難しい問題に触れることができました。数学の図形問題は数学が苦手な自分にとって、特に難しく、気持ちが落ち込むことがありました。しかし、冬期講習の「図形」の単科講座を受講し、難しい問題を多く解くことで、解法を思いつくのが速くなり、過去問を解くときにはあまり難しく感じませんでした。河合塾のレベルの高い授業を受けて良かったです。

保護者の声

地元の塾などでは「そこまではやらない」、でも「知っていたら差がつく!」というところまで、毎回の進学倶楽部以外にも無料で開催された各種イベントでも丁寧に教えていただけたと思います。また保護者セミナーでは、豊富な情報から入試の実状や2学期以降の過ごし方等を教えていただき非常に役立ちました。

明和高校入学 S.Tさん(千種校トップレベル)

中3生になり、初めて河合塾に入塾しました。そのときから、明和高校をめざしていました。当時の自分の偏差値(全県模試より)は63.5。当然、受かるとは思いませんでした。しかし、一念発起し、自分の弱点を多角的な視野を基に分析し、そして計画を立て、塾のテキストは問題も解答もその手順も覚えるほどやり込み…という具合に、抜け漏れのないよう、やれることは2月に入るまですべてやったが、成績向上や内申点が自己最高得点だったこともあり、やらなくてはならないものを放棄しだしました。合格できたのでいまとなっては笑って話せるが、我が身を振り返り、本当に反省しています。この文面を見ているあなたは、私の伝えたいことがいまはまだはっきりしていないかもしれません。しかし、いま、あなたは、上記の「私」のようになっていませんか?それはマズイです。はっきり言って、合格可能性が下がると思います。「私」を反面教師にしてほしいです。このような失敗をしてはいけないと思っていただいて結構です。受験界は弱肉強食です。準備を怠る者は、すぐに下降してしまうので注意です。

保護者の声

中1、2生の頃は他の塾に通わせておりましたが、平日は19~22時を週2回、土曜も18時~22時と夜型の生活に片寄ってしまいがちでした。講義内容も説明型で、生徒がたくさん問題演習に取り組むことができる河合塾とはまったく異なっていたため、思うような成果が得られず苦しんでいる子どもを見て、多少家から遠くとも、「内容を重視して塾選びをするべきだったな」と後悔しました。目論見通り、中3からという遅めの河合塾スタートではありましたが、着々と成績を上げることができて、第一志望校に合格できました。もし成績の伸びがイマイチで悩んでいらっしゃる方がいれば思い切って塾を変えてみるというのも一つの選択肢に入れてはいかがでしょうか?

明和高校入学 O.Nさん(千種校ハイレベル)

私は1・2年生の頃はいつでもテストでトップ5に入れたのですが、3年生になるとなかなか勉強しても良い点数、順位をとれず、スランプを感じました。そこで、親の勧めで河合塾の夏期講習を受講し、そこから入塾しました。塾で驚いたのは周りのレベルの高さです。正直自分はずっとトップにいると思っていましたが、テストを受けるとハイレベルに。ショックでしたが、そこから頑張ろうと決意しました。ですがその先にはまだ壁があり、2学期になっても低迷したままでした。原因としては、塾に入れば自然と成績が良くなるという気持ちや、塾のシステムを上手く活用できていなかったところにあると思います。ですがそこで気持ちを入れ替え、最後のテストで確実に内申をとり、進学倶楽部・毎週のテスト・講座すべてを復習し、チャレンジ校に合格できました。まだまだ書きたいことはありますが、一番はあきらめない心だと思います。

保護者の声

部活動があったため、夏からの入塾でした。中2まで自宅での通信教育だけでトップの成績を取れていたのですが、中3の一学期で少し下がってしまい、どう勉強を進めたら良いのか迷っているようだったので、入塾を勧めました。途中、模試などで思うような結果が出ず、落ち込むこともありましたが、他の塾生の勉強への姿勢に刺激を受け最後まで頑張れたようです。

明和高校入学 H.Tさん(千種校ハイレベル)

自分は中1の夏期講習から河合塾に通わせてもらっていました。3年生になるまでそれほど勉強はしていませんでした。3年生になってから理・社は得意だったのですが、他の3教科が苦手で特に英語が苦手でした。国語と数学はそれなりに成績が上がってきたのですが、英語はずっと成績が上がらないままでした。ですが突然、直前期に入るとテストの点数が上がってきたのです。最終的には私立も公立もすべて英語が一番点数が高かったです。このように最後まで何があるかわからない、あきらめずに最後の最後まで努力し続けることの大切さを知りました。講師、チューターのみなさん、自分を指導してくださり本当にありがとうございました。

明和高校入学 A.Mさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部は毎回のテストの点と内申点をもとに合格判定を行う点と、7回の進学倶楽部を通して問題慣れができる点が良いと思います。さまざまな問題に触れることにより、多くの問題に対応できる力がつきました。私は初めからずっとC判定で、一回B判定になりましたが、最後もC判定でした。学校の学年末テストや私立入試でもなかなかうまくいかず、志望校を変えようと思いましたが、講師の方から「ずっとめざしていたならあきらめず頑張れ」と声をかけていただいたおかげで最後まで志望校を変えずに頑張ることができました。私は3年生の9月までずっと塾には通わずやってきましたが、やはり合格を手にすることができたのは高校進学倶楽部があったからこそだと思います。進学倶楽部だけでなく、講習なども通して入試に対応できる力がつきました。日々の努力は実ります。あきらめず頑張ってください。

明和高校入学 O.Sさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

215.5点。これは、私の高校進学倶楽部での最高得点です。学校のテストが好成績で内申が良い(1学期・44、2学期・42、3学期・44)こともあり、明和高校に合格できると思っていた私に、河合塾は喝を入れてくれました。倶楽部のテストの得点は82・83・80・82・85・86・85で90点台に1度も届かず、合格判定は最後までBとCを繰り返していたので、「自分なんてこんなものなんだ」「このままじゃ合格できない」と、不安な日々でした。勉強時間が少なめだったことも不安要素の1つでした。しかし、直前のプレテストでは落ち着いて取り組め、凡ミスがゼロになって、97点というとったことのない点がとれました。最後は「慣れ」なのだと実感しました。倶楽部では、7回のテストを通して、試験に「慣れる」ことができます。当日は、しっかり読めば正解できた問題がいくつかあり、そのせいで5点分落としてしまいました。しかし、それでも92点とることができ、合格できました。明和高校を突破できた理由は、倶楽部で「慣れた」こと、苦手を見つけられたことにあると思っています。最後に、受験生の皆さん、すべて終わったあとで、「あのときに戻ってもっと勉強したい」と思ってもそれはできません。少しずつ休憩しながら残りの日々を積み重ねてください。応援しています。

明和高校入学 N.Yさん(名古屋校ハイレベル)

僕は、中2まで塾に通っていませんでした。なので河合塾に入って最初の頃はついていけず、集中力も続かず、とても大変でした。そして、だんだん慣れてきて、高校進学倶楽部が始まりました。すると、今まで一生懸命やってきたつもりだったのですが、いざテストをすると点数が取れませんでした。得意だった英語も、いつしか苦手になってしまいました。そこで助けてくれたのは、田村先生と麦谷先生でした。講師の方々は、相談に乗ってくれるだけでなく、励まし、そして支えてくれました。講師の方々のおかげで、当日では、自分の力を出し切り、全体的に点数が取れ、英語もほぼ満点まで取ることができました。本当に今まで関わって下さった講師の方々に感謝したいです。ありがとうございました。

保護者の声

本人が第1志望に合格できたのは以下の3つのことが決め手ではないかと感じています。第1に、簡単に志望校を変えないことです。河合塾では学期ごとに講師と面談があります。面談では、その高校に行きたいのであれば志望校は簡単に変えてはならないとアドバイスをいただきました。模試の結果が良くないとき、親は早々と志望校の変更を提案してしまっていましたが、本人は1度も志望校を変更しようとはしませんでした。進学するのは本人であって親ではありません。自分の学力に合わせて志望校を選ぶのではなく、志望校に届くような学力を身につけていくために努力していくことが大切なのです。それが、本人が決めた志望校なら、なおさらだと今になって思います。第2に不得意教科の克服です。河合塾のカリキュラムでは、理解があいまいな教科やその部分が浮き彫りになるように作られているため、ごまかそうとしてもはっきり点数になってわかります。それをできるだけ早いうちに気づいて受け入れ、そして講師に相談した結果、とても丁寧に教えていただき、入試では満点に近い点数を取れるくらいまでに克服できました。そして第3に、得意教科をさらに伸ばすことです。河合塾の講師の方々の授業は、本当に熱心で、新しい情報や難易度の高い問題にチャレンジする機会を与えてもらえるなど、本人はとても楽しいと言って、生き生きした表情をみせてくれていました。その結果、得意なものはさらに得意になっていき、点数に反映されていきました。これらのことが第1志望校に合格できた要因であると、今振り返ってとても思います。河合塾に通わせて心から良かったと思っています。

明和高校入学 M.Nさん(名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

始めはなかなか点数が良くならず、悩んだり、困ったりしたけれど、そこで弱点を見つけてつぶせることができたので良かったと思います。

保護者の声

冬期講習、私立高校や公立高校の直前セミナーは受けれるだけ受けた方が良いと思います。入試に出る問題ばかり、取り上げてくださったようで、冬の最後の追い込みが点数につながったと思います。本人は大変だったようですが。直前期が一番伸びます。最後まであきらめずに頑張ってください。

四日市高校入学 N.Dさん(四日市現役館トップ公立高校進学倶楽部)

僕は夏まで部活に力をいれていたため塾には通っていませんでしたが、部活を引退すると、親に勧められて高校進学倶楽部に通い始めました。高校進学倶楽部の授業では、毎回入試と同じ形式の問題に取り組んだことで慣れることができ、時間配分を身につけられました。解説では、国語の問題文の読み方、数学での見方や考え方などを教えてもらうことができ、とても力がつけられた、本当に貴重な経験でした。ハイレベルな内容もたくさんあり、入試で点数を取るための勉強がしっかりできました。このおかげで志望校に合格することができました。高校進学倶楽部に通っていなかったらこれほど力をつけられなかったと思います。

保護者の声

受験生の保護者として最も気にしていたことは、「病気にならないようにすること」です。衛生面、栄養面での気遣い等、万全の状態で試験に臨めるように気を付けていました。部活優先で過ごしてきたため、塾には通っていませんでした。野球チームの練習に参加していたため、人より受験勉強を始めたのが遅く不安がありましたが、最後の2カ月追い込んで合格することができました。部活を一生懸命にやっていたことが、集中力や体力をつけることにつながったのだと思います。高校進学倶楽部でお世話になり、丁寧な解説をしてくださる講師の方に刺激を受け本人も学ぶ楽しさを実感したように思います。高校では相変わらず部活優先にはなると思いますが、河合塾で引き続きお世話になり、大学受験を突破したいと思います。

愛知高校入学 K.Nさん(名古屋校ハイレベル)

「河合塾ってみんな頭良いから、私に合わないかも・・・」というのが、河合塾への第一印象でした。授業についていけないんじゃないか。しかし、それは違いました。わかりやすい授業、質問に対する丁寧な対応・・・。わからないところ、疑問に思うところを徹底的になくしていく講師の方々の指導のおかげで学年10位以内をキープできるようになりました。体調不良などが原因で学校に行けなくなった時期もありましたが、進路の相談にのってくださったり「この志望校で大丈夫」と太鼓判を押してくださったり・・・本当にありがとうございました。学校に行けなかった時期も12位を下回ることがなく、私立推薦をもらえたのは河合塾の講師の方々、チューター、そして常に高めあえる存在だった友達のおかげです。河合塾でよかった!ありがとうございました!

滝高校入学 O.Aさん(豊橋校ハイレベル)

私は中学2年生の夏に入塾しました。授業の進度が速く、学校で習っていない範囲の授業も多かったため、基礎的な問題の予習や復習は必ずするようにしていました。それでもわからない所は、講師やチューターに聞きに行くことで、わからない所を残さないように心がけました。定期的に行われる実力テストや模試ではなかなか成績が伸びず、不安になることも多くありました。でも、スタッフやチューター、講師がさまざまなアドバイスをくださって支えてくれたため、志望校の受験まで頑張ることができました。私が第一志望にしていた高校は私立だったため、進学倶楽部とは別で対策の講座があり、冬期講習と直前講習の2回で対策を行うことができました。その講座では、受験までに行うことや勉強方法だけでなく、精神面、体調面のアドバイスをしてくださり、なんとか第一志望に合格ができました。

保護者の声

通わせて良かったことは、お友達に恵まれたこと。伝えたいことは保護者会やイベントを活用するととても良いということと、保護者が受験に向けてやるべきことをわかりやすく学ばせていただけたこと。心掛けたことは健康管理、気持ちのコントロール、目標と実際の成績のギャップの確認と目標設定。部活との両立は困難でした。塾とは関係なく中3の夏前に、試合などの参加を控えました。

中京大学附属中京高校入学 N.Sさん(千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

入試情報の少なさに不安を感じていたとき、親にすすめられて高校進学倶楽部に入りました。高校進学倶楽部では毎回本番に近い環境でテストを受けることで自分の学力を確認したり、大勢の中で受ける入試の雰囲気に慣れることができました。またテスト後の解説では、解法の裏ワザやポイントを教えていただき、とても役に立ちました。家で1人で勉強していただけでは感じられない「みんな頑張ってるから私も頑張らなきゃ」という気持ちを感じることができた点もとても良かったです。

東海高校入学 K.Sさん(千種校トップレベル)

高校入試本番までに、たくさんの入試対策のテスト、講義があったのが印象的でした。1・2学期は「通常授業」+「実力テスト」、「高校入試統一テスト」で自分の課題を見つめ直す機会として有効活用し、冬期講習ではテスト形式の講義の繰り返しで、本番に対応できる能力を身に付けることができたと思います。特に自分の支えになったものは、本番と同じ問題形式で直前に行う「プレテスト」です。直前に見直しておくべきポイントが明確にできて、より安心した気持ちで入試に取り組むことができました。

保護者の声

聞きたいことがありメモをして持っていきましたが面談の際に察知されてるかのように聞く前にすべての答えをくださいました。講師にお教えいただいたように素直に行動したところ内心は「無理かもなぁ?」と思ったことまでがすべて良い結果になり、親子で大変驚き、感謝でいっぱいです。本当に辛いとき、子どもは講師の方々の言葉にとても助けられました。親では何ともできない部分は講師の方々に助けていただきました。信じてやってみることに重きをおくと良いと思います。

名古屋高校入学 M.Yさん(名古屋校ハイレベル)

僕は中1で河合塾に入りました。最初の方は真面目にやっていましたが、6月ぐらいからまったくやらなくて、クラスも落ちてしまいました。まったく勉強しないまま2年になってしまいました。やばいと思って少しは勉強をしましたが周りとの差がうまらず、志望校との差が大きいことに初めて気づかされました。そして3年の秋に河合塾でもらったファイルで同志社高校を第一志望にしました。そのことが自分にとって初めて本気になれました。結果的にその高校には行きませんでしたが、とても良かったです。

お問い合わせ・お申し込み

  1. 河合塾
  2. 小・中学生の方へ
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 中高一貫校生の方へ
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 高校合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 学校の成績を伸ばしたい
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談