河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 中学グリーンコース
  4. 小学・中学グリーンコース 東海
  5. 合格体験談

合格体験談 小学・中学グリーンコース 東海

後輩に伝えたい!河合塾で学んで、合格できた理由。

見事合格を勝ち取った先輩たちに、河合塾での体験を語ってもらいました。先輩たちのリアルな体験談やアドバイスをぜひ参考にしてください。保護者からの体験談も掲載しています。

2019年度 高校入試 合格体験談 2019年度 高校入試 合格体験談

[国立・公立]

[私立]

旭丘高校入学 K.Hさん(千種校トップレベル)

自分が受験勉強を始めるにあたって、最も困ったのは、「いつ、何をすればよいのか」ということでした。その疑問に対して、講師の方々が一貫して学習の方針を提示してくれていました。「11月までは基礎を固める」「過去問はその後で」など、具体的なプランニングがあったことで、自分も軸がブレることなく、先を見据えて計画的に学習を行うことができました。そんな中でも壁に突き当たることがありましたが、そのときは当初の計画に立ち返り、必要性の高い順にコツコツと崩していくことで、その壁も乗り越えられることができていました。この過程には当然講師への相談があり、自分の弱点の洗い出しがありました。このように、広い視野と狭い視野の両輪を身につけられたのが河合塾です。

日曜日の朝から夕方までだったので平日は部活をめいっぱいしたいという息子のニーズにあっていました。おかげで部活動で全国大会に出場したり12月まで部活動を続けたりしたにもかかわらずトップの成績をとり続けることができました。またテスト週間にもテスト範囲外(もっと先に進んだ)の塾の予習・復習をしなければならないのであらかじめテスト勉強はこのあたりから始めようなどと自ら計画的に学習する力が身についたように思います。母として心掛けたのは、塾からのお便りに必ず目を通したり塾や学校でどんなことがあった?などと息子に話しかけたりすることぐらいです。

旭丘高校入学 K.Fさん(千種校トップレベル)

私は本当に内申点が足りなくて困っていました。そのことを河合塾の講師に相談すると”当日点でカバーすれば良い”と言われ、ここから私の入試対策が始まりました。まず、高校入試統一テストやテキストのまちがえた箇所、講師から配付されたプリントや高校進学倶楽部の復習など、とにかく不安な箇所をなくすように努めました。このときにとても役に立ったのは、ノートに自分のまちがえた箇所とその原因、改善方法を書き留めておくことです。これを入試当日にもっていって確認しました。次に、わからない箇所をできるだけ早く講師に質問するようにしました。講師室に入るときは最初は緊張すると思いますが、すぐに慣れるので大丈夫です!いずれにせよ合格へは努力した人が一番近づけます。最後まで絶対にあきらめずに頑張ってください!

いつまでに何をすべきか、今何をすべきかと講師の方々から的確にアドバイスをいただけたことで息子もその通り学習を進めて行きました。おかげで苦手だった社会が得意科目に変わり、国語の読解力UPにもつながりました。上位校を目指すには苦手科目を作らないこととの話があったので、夏・冬の講習で単科ゼミを活用し克服に努めました。講師はみな熱心で、生徒のやる気を持続させてくれ、受験に対する不安や悩みにも適切なアドバイスをしてくれます。色々な面で河合塾にはお世話になりました。ありがとうございました。おかげ様で第一志望校に合格することができました。

旭丘高校入学 I.Kさん (千種校トップレベル)

私は最初入塾した時はハイレベルクラスで、旭丘高校を受けるなんて考えたこともありませんでした。中3になってトップクラスにあがると、学校では自分より頭が良い人は少ないのにトップクラスでは自分よりできる人ばかりで焦りました。そんな仲間たちと毎週一緒に授業を受けると「自分も旭丘高校へ行ってみたい」と思うようになり、前より勉強を頑張るようになりました。レベル別にクラスがわかれる利点の1つだと思います。最初は講師室に質問に行くのは嫌だったけど、友だちに聞くより講師室に行った方がその質問の答え以上のことを学べます。質問では「解き方」だけではなく「その問題へのアプローチ法」を聞くのも1つの手です。受験の年を迎えると、今までないような悩みや焦り、不安や失望を感じることもあるかもしれません。最後まで自分を信じてください。あまり周りと自分を比べないで、なるべく落ち着いて1つずつ課題をなくしていくのが合格への近道です!

旭丘高校入学 H.Iさん (千種校トップレベル)

合格するために一番大切だと思うことは、「この学校に行きたい!」という思いだと受験を通して感じました。その思いが強ければちょっときついなと思うことも乗り越えられると思います。私は、入塾したての時は、第一志望校は自分からはとても遠いところでした。しかし、この学校に行きたい!という気持ちに支えられて、講師のアドバイスをよくきいて、質問にもたくさん行きました。高校進学倶楽部などでひどい結果になったときは落ち込みすぎず、むしろできないところが知れてラッキー!と前向きにとらえました。自分の気持ちとたくさんの周りの人たちに支えられて第一志望校に合格できたときはものすごく嬉しかったです。支えてくださったみなさん、ありがとうございました。そしてこの文章を読んでくれている後輩のみなさんにもこの喜びを味わってほしいです!いつも前向きに目標へ向かえば達成できると思います。応援しています!

部活が3年から土日のどちらか休みになったため、河合塾に行きはじめました。実は1学期は他塾に夜行っていました。学校の友達も多く楽しかったし、先生も生活態度などの指導もあり手厚くて良かったのですが、緊張感に少し欠け河合塾へ。トップクラスに入れるつもりで行ったが、ハイレベルを診断され、おっと!テストを必死で受けなんとかトップレベルへ。その後も講師に何度かアドバイスいただきました。アドバイスはシンプルで的確!良かったです。ありがとうございました。

旭丘高校入学 K.Mさん (千種校トップレベル)

私は中3生の夏から河合塾に入ったのですが、入塾して本当に良かったと思います。河合塾のテキストは基礎から応用まで問題があり、力をつけることができました。それに何より授業が楽しく、知らないことを学べて塾に行くのがいつも楽しみでした。勉強をするのが嫌になっても塾に行けばおもしろい授業を受けれるし、みんなも大変だけど頑張っているということがわかるのでモチベーションを上げることができました。これから大変なことはたくさんあると思いますが、それはみんなも一緒で、河合塾でコツコツ頑張れば乗り越えられます。最後まで志望校への気持ちを強く持ち続けて頑張ってください。

比較的練習時間や日数の多い部活に所属していたため、3年生で部活を引退するまでは自宅での通信教育のみをしていました。河合塾には3年の夏期講習から入塾しましたが、通いはじめて間もなく塾が楽しくて仕方がないといった感じで各教科の講師の話をしてくれるようになりました。部活で培ったコツコツ続ける力や根性を土台に楽しんで通うことのできる塾と出会えてだんだんと実力がついていくのがわかりました。そして最後の高校進学倶楽部では志望校S判定をとることができ、入試も無事合格することができました。部活がある間は自宅での学習を続け、引退後にはみっちりと塾で指導してもらうという選択をしてとても良かったと思います。

旭丘高校入学 R.Sさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕は中2の夏期講習から河合塾に通い、中3の9月から高校進学倶楽部に入塾しました。高校進学倶楽部のテストは毎回本番と同じ形式で行われるため、その形式に慣れることができ、過去問もスムーズに解くことができました。また、初めのうちは学校の進度に近い範囲設定だったので、安心して受講できました。テストの解説は、愛知県入試を知り尽くした講師が行い、ただ問題の解き方を教えるだけでなく入試の出題傾向なども聞くことができるので、全問正解のテストのときも退屈せずに聞けました。高校進学倶楽部生は自習室を利用することができるので、休日などは絶対に行った方がいいと思います。多くのライバルたちと同じ空間で勉強できる自習室は最高の勉強環境です。わからないことがあれば、すぐに講師に質問に行くこともできたので、とても良かったです。テストは本番と同じか、それよりも短い時間で行われるので、本番では焦らずに受験できました。そして、本番の会場では河合塾生を数多く見かけ、それによって緊張もほぐれて自分の実力をしっかりと発揮できました。みなさんの合格を祈っています。頑張ってください。

河合塾に通うことによって身近にはあまりいなかった同じ高校をめざすライバル達の存在にふれて知らないうちに自分から学ぶスタイルが定着したように思います。河合塾に通うようになってからは自分で勉強の計画もしっかり立てたり、その都度”今やるべきこと”をしっかり考えて実行しているように思いました。親としては健康管理に一番気をつけるようにし、受験期後半は勉強の方は河合塾の講師に相談質問したりと自分で考えて進めているようで本人に任せることができました。

旭丘高校入学 Y.Sさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕は、旭丘・明和高校進学倶楽部を受講していました。高校進学倶楽部では、内申点と本番さながらのテストを掛け合わせてS~Dまでの5段階評価をしてくれます。しかし、僕の第1回のときの判定はD(旭丘)でした。正直なところ、かなり焦ったし、あきらめかけたこともありました。ですが、さすが河合塾。やすやすと順風満帆にというわけにはいきませんでしたが、回数を重ねるごとに「前より解くのが速くなった」「前よりおしいところまで考えられた」と実力がついてきている実感がありました。それは結果にもちゃんと出ていて、C、Bと判定を地道に上げられ最後の第7回ではA判定をとることができ、学年末の内申点で考えればS判定にも入っていました。(その時点では2学期の内申で結果を出していたので)そして、高校進学倶楽部の問題が少し難しめだったおかげで、今まで見たことのない形式の問題や例年より複雑だった教科もそう焦ることなく、落ち着いて取り組めました。こうは書きましたが、最終的には自分次第です。河合塾でもらった問題を復習するなどうまく利用して気持ちを前に向けて頑張ってください。

やはり、大きな塾の強みである「情報」「分析」「チューター・講師の方々のアドバイス」など短い時間に得られる子どもにとって必要な力をいただけたことに大変感謝しております。中1~中3夏まで、自宅学習のみで周りとの比較や情報がなく不安が増えてきた頃にとてもわかりやすい「残り時間をどう使い、どう進めていくか」を示していただきながらの進め方にも力をいただきました。保護者としてできることは限られていますが、健康管理を第一にあとは塾での状況をたまに聞いたり模試の結果を一緒に共有して乗りこえるような思いを伝えることで、心の負担を少しでも軽減できればと、それが結果につながると信じてきました。

旭丘高校入学 N.Aさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

入塾前は勉強はまあまあできる方だと思っていたのですが、高校進学倶楽部の第1回テストで英語が9点しか取れませんでした。それまでは、英語を苦手科目だと思っていなかったので、かなり落ち込みました。入試形式の問題に慣れていなかったのだと感じ、自分の勉強不足を思い知らされました。そこからは、特に英語を重点的に勉強するように心掛けました。冬期講習の長文読解や、リスニングを受講し理解が深まっていきました。そして3学期に入ってから行ったテストでは英語を18点まで上げることができました。足を引っ張っていた英語を改善できたことにより、無事に志望校へ合格することができました。途中何度か不安になったこともありましたが、最後まであきらめずに頑張って良かったです。もし、高校進学倶楽部を受講するか迷っているなら入ることをおすすめします。

高校進学倶楽部に通わせて良かったと思っております。受講した当初は、勉強不足の教科が浮き彫りとなり落ち込んでいましたが、講師との面談を経て、冬期講習までコツコツと取り組み、年明けごろには実力がついてきたように思います。保護者セミナーは毎回とても参考になりました。各教科の講師の方々から時期に応じたやるべき事の説明があり、子どもに具体的にアドバイスできて喧嘩にならずに済みました。たびたび不安になることもありましたが、入試の情報も豊富なので子どもの実力を客観的にみることができ、最後には家族で納得して受験校の決断ができました。ありがとうございました。

旭丘高校入学 A.Jさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部は、僕の受験勉強の軸になりました。具体的には、毎回のテストの結果から志望校合格のためにあと何点必要かが明確にわかるのでそれを受けて自分でどの教科を伸ばすべきか、そのために何をすべきか考え、実行していきました。思うように点数が伸びないときには、他の方法を試すことで大きく伸びたこともあったので、そのように毎回の結果に対して柔軟に対応していくことが重要だと思います。また、高校進学倶楽部ではこれまでの傾向をふまえた問題はもちろん、出たことのないタイプの問題や高難度の問題もありました。僕の第一志望校の受験の時には新たなタイプの難しい問題が多く出題されましたが、それらに対応できたのは高校進学倶楽部で似た状況を経験していたからだと思います。さらに高校進学倶楽部を通して見たことのない問題にも対応できる真の実力がついたと思います。しっかりとした学習の見通しと、高い実力は高校進学倶楽部を受けていたからこそ手に入ったのものだと思います。受けていて本当に良かったです。

旭丘高校入学 Y.Aさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部の最大の利点は、入試本番の半年前から本番形式の問題に触れることができることです。また、さまざまな範囲からまんべんなく出題されることも良いです。旭丘高校に合格できるとはずっと思っていませんでした。しかし、合格してやるという気持ちは消えませんでした。高校進学倶楽部や高校入試統一テストの結果に一喜一憂しがちでしたが、良い結果を支えにして頑張って来ました。質の高い問題とレベルの高い生徒に囲まれ良い学習環境でした。河合塾に入って良かったです。

旭丘高校入学 R.Yさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕が高校進学倶楽部に入ろうと決めた理由は、親にすすめられたからです。最初のうちは「祝日が丸一日潰れる」と思っていたけれど、受験が近づくにつれて段々乗り気になっていきました。なぜなら回を進めるごとに自分の苦手傾向がわかるようになり、また、その解法も理解できるようになっていったからです。高校進学倶楽部を受けるにあたって意識したことは、わからなかったところの復習。できなかったことをわかるようにするという意味で、とても有意義な時間だったと思います。

旭丘高校入学 S.Fさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

私は12月にある高校入試統一テストを受験したとき、入塾直後だったこともあり、ほとんど勉強できずに受け、結果はやはりひどかったです。第一志望の合格可能性は20%以下。かなりショックでした。でも、それにより自分の実力がどの程度なのか知れて良かったです。気合を入れ直せました。その後の3ヶ月は苦手教科や分野を重点的に勉強して少しずつ苦手を潰しました。

旭丘高校入学 C.Bさん (名古屋校トップレベル)

3年生になってから勉強方法について悩むことが多くありました。今の時期はどんな勉強をすればいいのか、模試や過去問をどのように利用すると効果的なのかなどです。そんな私の疑問に講師の方々は丁寧に答えてくださいました。受験生を長年指導なさってきた立場だからこその的確なアドバイスでした。そのおかげで、受験直前期の不安に負けることなく、最後まで頑張ることができました。また、私は休み時間によく質問に行きました。講師の方々は忙しい中でも、時間をつくって質問に答えてもらえました。時には、私が添削をお願いしたプリントをわざわざ家でチェックしてくれることもありました。このように講師の方々は私にとても親身になってくれるように思います。数学の田村先生、国語の窪田先生、朝倉先生、英語の麦谷先生、松尾先生、社会の志村先生、理科の熊崎先生をはじめとした河合塾の講師の皆様、本当に本当にありがとうございました。

旭丘高校入学 K.Kさん (名古屋校トップレベル)

とにかく夏休みに死ぬほど勉強したら実力がものすごくついて2学期、3学期は楽に過ごせました。終わったらゲームやりたい放題だというのを心の支えにして頑張ってこれました。冬期講習のテストゼミで心が折れそうになったときもあったけど、「何ができないのか」を分析して「何をすべきか」を見つけてなんとか持ち直していけました。

河合塾なら、間違いないと通わせたものの、学校の授業内容よりも受験対策が中心なので、学校の定期テストとか大丈夫なのかという不安はありましたが、定期テスト対策もやっていただけて常に成績上位にいれて、本当に感謝しております。テストの点数が悪くてもできないところを見つけられて良かったねと前向きに励ましました。

旭丘高校入学 O.Rさん (名古屋校トップレベル)

僕は4年間河合塾に通っていました。時には面倒だと思うこともありましたが、今となっては通っていて本当に良かったと思うし、河合塾でなかったら今の自分はなかったと思います。3年生になってからの1年間は苦労することがたくさんありました。ですが、講師、チューター、教務の方々の支えでなんとか1つ大きな壁を乗り越えられました。皆さんはこれから高校入試をされると思います。勉強時にはうまくいかなくてイライラすることや悩むことが何度も何度もあります。投げ出したいときもあります。ですが、河合塾、そして自分を信じて合格を勝ち取ってください。「合格」を見たときのことを今でも鮮明に覚えています。陰ながらではありますが応援しています。頑張ってください。

河合塾には小学6年生からお世話になりました。この4年間はあっという間に過ぎたように思います。今まで息子を見てきて、やる気のない姿やテスト結果から厳しい言葉を投げかけたこともあります。入試前には弱音を吐くこともありましたが、あきらめずに河合塾で教わったことを繰り返し勉強し、第一志望校に合格することができました。今まで息子を支えてくださった講師、チューター、教務の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

旭丘高校入学 H.Mさん (名古屋校トップレベル)

河合塾の良いところは、同じ教室の中に優秀な人がたくさんいるところです。3年生で一度トップレベルからハイレベルに落ちてしまったり、私立高校の第一志望校が不合格だったとき、僕は必死に勉強して周りの優秀な人に追いつこうとして、学力を伸ばすことができました。また、講師が良い人ばかりだというところも良いところだと思います。僕の苦手な国語を克服させるとめに、要約の添削をしてくださったり、私立高校の第一志望校に不合格で落ち込んでいた僕を励ましてくださいました。僕は、高校受験のための学習塾を河合塾にして良かったと思っています。

一宮高校入学 T.Rさん (名古屋校トップレベル)

受験を終え、「これをやっておけば良かった」ということがいくつかあったので紹介します。まず、後から見直しやすいノートをとること。受験期直前になるといろいろなことが不安になってきます。そんなときに、自分の苦手なところや、よく間違えるところを見直しやすいノートがあれば、自分に一番適した見直し方ができることでしょう。2つ目は、わからないことは早めに質問すること。なかなか解決できないと感じるときは早めに質問したほうがいいと思います。そうすれば、次のことに時間を回すことができます。質問をするのをあまりためらう必要はありません。皆さんの健闘を祈ります。

一宮高校入学 M.Fさん (名古屋校ハイレベル)

僕は小6から河合塾に通っていて、中1の1学期にトップレベルに上がりましたが、中2のある時期を境にどんどん学力が落ちて、中3の7月の模試で偏差値45くらいまで落ちていました。しかし11月くらいに急に勉強に力が入りました。その理由は「時間が余ったから自習室に行こう」という意味不明な理由だったのですが、なんとか私立高校に受かり、高校進学倶楽部で90点以上を取ることに成功しました。それでも、僕は内申が低かったので、周りからは受かるとは思われていませんでした。さらに、本番前のプレテストで、国語13点と、むしろ誇らしい点数を取って、本番を迎えました。

やはり講師の方々による授業は本人にとってわかりやすいものだったと思うし、何度もテストを体験することは本番慣れできる良い機会だと思います。勉強は本人が頑張るしかないので、体力がつくよう食事に気を配ることくらいしかできませんでしたが、最後まであきらめないことも大切だと改めて思いました。

大垣北高校入学 K.Oさん (岐阜校中3難関高校突破特別講座)

要点が簡潔にまとめられていて、わかりやすい。また、「コラム」のページもとても役に立った。問題は難しいものもあったが、良問が凝縮されていて無駄のないテキストだったと思う。また、さまざまな見方を身につけたり、粘り強く考えることができるようになった。

子どもは、講師の方々の講義をとても楽しみにして通っていました。それでも秋までは、問題が難しくて嘆いていましたが、直前期になると成績が上がってきて問題の質の良さを実感できました。子どもとよく「あの辛さがあったから今がある」と話していました。また、その時々の学習相談では的確なアドバイスをいただき、迷いをなくして受験勉強ができ、志望校に合格しました。本当にありがとうございました。

岡崎高校入学 I.Kさん (千種校トップレベル)

僕は少し遠いところから通っていましたが、授業が土日にあって通いやすかったです。 また、平日などは部活にも参加できて両立もできました。また周りもレベルが高い人が多かったのでやる気をもって取り組むことができました。

河合塾に通わせて良かったことは、よい講師に教えていただけたことです。ありがとうございました。

岡崎高校入学 Y.Yさん (名古屋校トップレベル)

僕は河合塾には中3生の6月から入塾しました。それまでは本屋で自分が気にいっていた問題集をいろいろ買ってやっていました。しかし、どれも満足のいくものはなく途中で飽きてしまうことがほとんどでした。河合塾に入塾して、河合塾のテキストだけをしっかりやり、他の問題集に手を出すのをやめることにしました。あれこれ手を出さず、テキストをの予習・復習をしっかりやったことがとても良かったような気がしました。受験校すべてに合格したとき、僕がやってきたことには間違いなかったと改めて思いました。河合塾に入って良かったと思いました。

河合塾には中3生の6月から入塾しました。入ったのが中3なので不安でしたが、テキストの予習、復習をすることで、勉強する習慣をつけることができました。河合塾のテストを予習、復習するだけで、実力をつけることができたように思います。また、講師との面談をすることで親としても「まだ伸びる」「大丈夫だ」と思うことができ、子どもを見守ることができました。河合塾の授業のシステムのおかげで本番も緊張することなくテストに臨むことができ、良かったと思いました。

加納高校入学 Y.Sさん (岐阜校中3難関高校突破特別講座)

私は、春期講習・夏期講習などのテキストを持ち歩き、わからない、うろ覚えなどのときに見たりした。テキストは要点だけをわかりやすくまとめてくれていて、便利だった。また、1、2年生の復習をするときや、テスト直前など、いろいろな場面で使い込んでいた。私にとってテキストは参考書のようなものだった。受験前の数ヶ月間も、よく読んで基礎を定着させていた。

少人数だったので丁寧に教えてくださって、息子は満足していたようでした。定期的にテストもあり、実力もしっかり測れたことも良かったようです。モチベーションが保てるよう、講師の方々も関わってくださり心強かったようでした。

岐阜高校入学 M.Sさん (名古屋校ハイレベル)

私は入試直前の1月頃からは、高校進学倶楽部の教材と学校の教科書を中心に勉強しました。進学倶楽部のテストは入試に近い形でつくられているので、自分が間違えやすい分野を見つけたり、本番で焦らないように時間配分を考えることができました。特に、私の苦手な数学では自分がどのようなケアレスミスをしてしまうのかがわかったり、どれに時間をかけるべきか入試前にある程度考えることができ、本番ではあせらずに落ち着いて解くことができました。理科、社会では進学倶楽部のテストで自分が勉強しなければいけない部分を見つけることができました。入試は教科書から問題が出るので、教科書を中心に勉強しました。社会の年表は同時期に起こった世界の動きについても書かれている河合塾のテキストにある年表を使って覚えました。

一般に高校受験よりも大学受験のイメージが強い河合塾ですが、自主性を基本とした高校生、既卒の大学受験生を主体とした塾のスタイルが本人にはあっていたのかもしれません。先の事も考えてそうしたスタイルも選択の理由の一つでしたが、もっと追い立てる塾のほうがいいのではないかと思う時期もありました。しかし最終的にはしっかり受験に向き合えたのだと思います。担当の講師緒の方々、チューター、クラスの皆さんの雰囲気もあって最終的には少し難しい挑戦を自ら決めて行い、乗り越えることができました。今後の本人にとっての糧になるような経験ができたと思います。ありがとうございました。

岐阜高校入学 S.Kさん(岐阜校中3難関高校突破特別講座)

私は決して真面目ではなく、どちらかと言えば調子に乗りやすく面倒くさい性格だ。そのせいか、この1年はかなり浮き沈みが激しかった。中3生の夏休みは部活で忙しく、夏期講習は一週間につめこんだ。だが、県の模試は志望校内で20番台という成績だったのだ。ここで私は調子に乗り、8月の下旬は一切勉強をしなかった。思い上がっていた日々も束の間、12月、実力テストの結果が返ってきた。合計点が40点ほど下がっていた。さらに、1月の最後の県統一模試。そこでも順位が170位くらい下がった。数学を見れば圏内だが、そんなことはどうでも良かった。怠けていた自分を殴りたいと何度も何度も思った。解けない問題が1問でもあると泣けてきた。でもやっぱり、志望校をあきらめられなかった。絶対行ってやると覚悟を決め、「合格できる」とプラスの言葉を声に出して言い聞かせた。合格できたときは本当に嬉しかったし、安心した。下克上なんていつでもできる。スランプになってもメンタルを強く持てば、絶対に大丈夫。自分を信じて最後までやりきってください。

質の高い授業とテキストにより、効率よく受験の準備を整えることができました。生徒の自主性を重んじる指導も子どもには非常にあっていたのではないかと思います。また、チューターの方々には受験生特有の不安な気持ちに寄り添っていただきました。子どもの悩みに対するチューターの方からのお返事は、子どもも大切にしてお守りとして持っていたようです。大学受験に取り組む生徒も通っていて、集中して勉強する姿にも刺激を受けることができたように思います。

岐阜北高校入学 A.Hさん(名古屋校ハイレベル)

河合塾のテキストには高校入試に適した内容がたくさんあります。一番はそのテキストを予習し、授業も理解したうえで「復習」をすることです。しかし自分は復習ができずたくさんのことを忘れたまま進んでしまいました。復習を怠ったことから覚えることの多い理科や社会はどの種類のテストでも点数が低かったです。そこから点数を上げるのはとても大変です。当然やる気も起こりませんでしたが、河合塾で時々ある復習講一つ一つを大切にしていくことで用語を覚えることができました。なので復習する機会を有効に活用することを忘れないでください。

岐阜県の公立進学校入試は調査書180点満点、学力検査500点満点を3:7にして判定を行います。調査書300点換算、学力検査700点換算の合計1000点満点で判定されているように思います。いくら学力検査の比率が高いとはいえ、内申点が足りないと岐阜県では厳しいです。内申点用に地元の塾、当日の学力検査得点用に河合塾を利用するのが岐阜県ではお勧めです。

向陽高校入学 K.Hさん(千種校ハイレベル)

私立高校受験では、僕は12月くらいから私立高校の過去問を中心に勉強していました。1月からだと学校の学年末テストと時期がかぶって時間が取れないと思ったからです。私立高校の過去問はどこもハイレベルで最初は半分くらいしか取れませんでしたが、たくさん数をこなすことによって慣れてきました。また、3日前くらいからは高校入試統一テストを全てやり直しました。高校入試統一テストはズバリ的中があるので、入試で出るかもしれない、と思ったからです。公立高校受験では、高校進学倶楽部をお勧めします。志望校までの距離が分かるので、自分のモチベーションを上げられるからです。僕は1月くらいまでB~D判定を繰り返していて、辛い時もありましたが、最後にA判定が出て出願を決めました。また、近年は思考力を問う問題が多いので、河合塾のレギュラーテキストを使うとよいと思います。問題形式は違っても、問われている内容は似ているからです。

向陽高校入学 I.Wさん(千種校ハイレベル)

私は中3の始めの頃、志望校について「自分はそんなに頭が良くないのに志望して良いのか」と思っていました。高校進学倶楽部も「D判定」ばかりで大丈夫かな、と思っていました。ですが、中3の始めの頃のままの学力で試験本番を迎えるわけではなく、これからどんどん学力は上がるので心配しなくても大丈夫です。私は第3回の高校入試統一テストも偏差値は48、高校進学倶楽部の最低点は68点、1学期の内申点36しかなかったのですが、本番では第一志望の日に当日点90点内申は39まで上げることができ、無事第一志望の高校に合格することができました。ここまで成績を上げることができたのは講師の方々が質問に丁寧に答えてくださったり、家族をはじめ私の周りの人がたくさん支えてくださったからです。受験は周りの人の支えがないと乗り越えられないと思うので塾を存分に活用するといいと思います。頑張ってください。

受験は志望校が同じ人たちがライバルだと考えがちですが、一番相手にしなければならないのは自分自身だと思います。勉強していても思うように成績が上がらなかったり、怠け心やイライラ、不安な気持ちなど、勉強しているときもしていないときも自分と戦っています。保護者は子どもの心が弱っているときに、元気になるように助けることが大切だと思います。子どもがやり切ると最後まで信じて進学先が決まったらそれがどこであっても心から祝福してあげてほしいです。

向陽高校入学 C.Nさん(千種校難関公立高校進学倶楽部)

学校で学習しているだけでは、実戦形式のテストはできなかったと思うので、高校進学倶楽部に入ってとても良かったと思います。自分のできていない所が明確にわかるし、試験の緊張感も味わうことができるので試験当日も落ち着いて取り組むことができました。学校の定期テストの順位では厳しいと言われ続けていた志望校でしたが、合格することができました。

高校進学倶楽部のテストを通して弱点を把握し、力を入れて学習するポイントが見つかり、効率よく勉強するようになりました。冬期講習と直前講習も参加することで、得意科目を強化し、弱点科目の補強ができました。全7回のテストで自信がついたことにより、本人の行きたい高校を志望校に決定しました。中学校の先生からは「合格は難しい」と言われましたが、あきらめず本人の意志が良い結果となって良かったです。

向陽高校入学 K.Kさん (名古屋校ハイレベル)

僕の受験生活は大荒れでした。1~3年の夏休みくらいまでは塾が終わると遊びに行っていました。また、授業の間の放課も野球中継を見ていました。今思えば、授業の復習をしてから遊べば良かったと後悔しています。しかし、そんな僕も3年の1月くらいになると平日も塾に自習をしに行きました。1月から3月まで僕が大切にしたことは、授業の復習はその日のうちに、チェックドリル等での間違いはその日のうちと次の週にも行いました。予習→授業→復習のサイクルをしっかりつくれば、自然とできるようになると思います。チューターや講師、教務の方々、ありがとうございました。

息子は中学受験で第一志望校に合格できず、公立中学に進む道を選択したところから新たな戦いが始まるはずでした。しかし、本人はまったく勉強に身が入らず、クラスもトップレベルからハイレベルに下がり、2年以上成績は低迷していました。しかし、3年生の12月あたりから、少なからず自覚したようで、学校から帰ると、毎日電車に乗って河合塾の自習室に通うようになりました。それでも、最後の愛知全県模試も第一志望、第二志望ともに合格ラインには程遠い結果でした。それなのに、本人はなぜか自分は合格できると信じていました、第一志望の私立高校は不合格でしたが、無理と思われた公立高校の第一志望校は合格することができました。ゲームやスマホに翻弄される息子に親は時に叱咤激励、ときにはぐっとこらえて見守る日々でしたが、結果としては、努力が報われたと思います。勉強はもとより、精神面でも親子共に支えていただいた麦谷先生はじめ講師の方々、多くのチューターの方、教務の方には心より感謝申し上げます。

向陽高校入学 K.Oさん (名古屋校ハイレベル)

私は中3から河合塾に入塾しました。それまでは塾に通ったことがなく、自分が知っていることは学校で習った情報だけであり、入試でどんな問題が出るかなどはまったく知りませんでした。もちろん定期テストではそれでも通用しますが入試対策を中心とする河合塾ではそうもいきません。実際、初めて高校入試統一テストを受けて結果が出たとき、とてもショックだったのを覚えています。学校の成績で少し天狗になっていた私は自分の現実を思い知らされ、気力が出ずにその後も力が伸びることもなく時間が過ぎていました。ですが、冬休み前になって少しだけ内容を理解できるようになっていることに気づきました。受験をあきらめかけていた私だったのですが、そこで私は最後のチャンスだと思い、冬休みから全力で勉強しました。その結果遅すぎるスタートではあったものの、何とか志望校に合格することができました。これはこんな私に熱心に向き合ってくださった講師、チューターのおかげです。本当にありがとうございました。

向陽高校入学 D.Aさん (名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

あきらめようと思うときもあると思います。しかしあきらめてしまったら、その道は絶対に開けません。入試は最後の最後までわかりません。絶対にあきらめず最後までベストを尽くしてください。

向陽高校入学 T.Tさん (名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

旭丘・明和高校進学倶楽部では高校入試のときに落としたくない問題、取れたら差がつく問題などが多く扱われていて、本番でも落ち着いて問題と向き合うことができました。高校進学倶楽部のときの講師の解説は、本番でも考える時間を短縮するなどの手助けをしてくれました。また、ファイナルチェックブックは本番前の確認に使っただけではなく、知らなかった解き方が載っていたことで勉強になり、とても役立ちました。

うちの場合、部活も引退し、これから受験勉強に専念するという時期に入塾しました。「高校進学倶楽部」に通いましたが。1人で電車に乗り丸一日塾で勉強してかなり周りから良い影響を受けたようです。本番さながらの模試をたくさん受けるうちに問題を解く順番が自然に決まったり、パターンにも慣れていったようです。講師の方々の熱のこもった授業にもとても喜んでいたようです。三者面談していただいたとき、かなり親身に助言をくださり、厳しい中にも愛情のこもった言葉に親子共々発奮し、無事合格できました。ありがとうございました。

五条高校入学 T.Rさん (名古屋校ハイレベル)

僕は以前まであまりテキストを使わずに他の買ってきたドリルなどで勉強をしていましたが、3年生の2学期後半あたりからテキストを使いました。テキストには基礎から応用まで幅広く掲載されていたので苦手な単語もそこまで苦手ではなくなりました。

同じ方向を向いて頑張れる友人がたくさんいたこと、悩んだときに的確なアドバイスをしていただける講師や、チューターがいらしたことが、本人にとって一番良かったと思います。親としては、心の浮き沈みがあったとき、よく話し、弱音もたくさん聞き、励まし、ひたすら体調に気を遣う1年でした。

桜台高校入学 K.Tさん (千種校ハイレベル)

私は中学校のときに一度塾をやめましたが、中3のときにまた入りました。やめたときに思ったのは塾に行かないと復習がままならないと思いました。そして、河合塾に戻ってきたとき、やっぱりいいなと思いました。また、入試に一番役立ったテキストは冬期の理科・社会のテキストです。そこには理科の基本的な知識がすごく載っていて、社会は日本と世界の貿易や土地、人口なども細かく載っているので入試にとても役立ちました。そして、絶対に覚えておいた方がいいと思うのが歴史の年表です。私は時間が足りず、うろ覚えでしたが、入試で年表で解ける問題がいくつかあったのでそのおかげで2問正解が増えました。

娘は小学5年に入塾しましたが、中学1年の時にトップレベルに認定されたのにかかわらず、部活の両立、自身の甘えからトップレベルの授業について行けず、一度話し合って退塾しました。中学3年生に進級するときの春休み、自らの意志で入塾を希望したため、認定テストを受けハイレベルコースで再びスタートしました。そのとき、河合塾のチューターはじめ講師、教務の方々の変わらぬ温かい対応に感激しすべてお任せすれば良いと確信しました。学校では味わえない志を強く持ったレベルの高い塾の教室で娘は良質な刺激を受け、受験日まで1度もブレる事なく努力し続けることができました。皆様ありがとうございました。

桜台高校入学 T.Tさん (名古屋校ハイレベル)

河合塾の講師は明るく、いつも授業を楽しませてくれた。また、進路指導になると真剣に的確なアドバイスをしてくれた。無理だと思われた高校も河合塾の講師がGOサインを出してくれて無事合格できた。

平日に数日通う塾が多い中で土曜日のみの授業で、平日は部活後にゆっくり休むことができて良かったと思います。塾生の皆さんは、学力のレベルが高く、良い刺激になりました。

桜台高校入学 Y.Yさん (名古屋校ハイレベル)

私は、本命だったBグループの午前中のテストで思うように解けず、昼休憩のときにとても焦っていました。あと残っていた教科は、理科と英語でしたが、すごく得意なわけではなかったので、だんだん自信もなくなっていました。でも、「もしかしたら解いたことのある問題が出るかもしれない」「自分にとって解きやすい問題かもしれない」と思い、最後まで頑張りました。その結果、午後の理科・英語のテストでとったことのない良い点数が出て、第一志望の高校に合格しました!入試の当日は何が起こるかわかりませんが、最後まであきらめずに頑張ってください!!

時習館高校入学 K.Sさん (豊橋校ハイレベル)

私は中学1年の3学期から河合塾に入りました。中学校の中では成績は良い方だったので、スタンダードクラスに決まったときは、河合塾のレベルの高さを実感しました。その後、ハイレベルクラスに上がることができましたが、テストの偏差値はあまり良くありませんでした。しかし、講師の方々やチューターのおかげで第一志望に合格できたので、良かったです。ありがとうございました。

河合塾の講師の方々、また教務の方達は、皆親切でやさしく対応していただけました。その結果、受験は孤独な戦いではなく、多くの応援を受けて、明るく落ち着いた雰囲気の中で取り組むことができたと思われます。中学校生活を始めたころは、家では個別に取り組めばよいと思っていましたが、塾があることで勉強のきっかけもつかみやすく、何回かの模擬テストを受けることによって、受験の形式にも慣れることができ、本番でも落ち着いてテストを受けることができました。塾のある日は土日だったので部活との両立は、ほとんど問題ありませんでした。子どもが受験に成功できたのは、家族だけでなく、塾のサポートがあってこそだと思っています。

時習館高校入学 M.Kさん (豊橋校ハイレベル)

私は入試対策として、岡崎・時習館高校進学倶楽部を受講していました。最初は、1日に5教科受けるのは、とても大変で、集中力が続きませんでした。しかし、回数を重ねていくごとに、慣れてきてだんだん点数も上がってきました。また時間配分も回数を重ねていくごとに、コツがつかめるようになり、どの問題にどれくらい時間をかけていいのかわかるようになりました。これらは入試でとても役に立ちました。また、入試当日も、緊張せず、いつも通り解くことができました。高校進学倶楽部を受講して、本当に良かったです。

河合塾に通って、当初はついていくのが大変でした。何度か通って問題の解き方がわかってくると、だんだん自信がついてきたようです。高校進学倶楽部は、実際の受験の時間配分を身につけることができ、大変役に立ちました。難しい問題など、なかなか点数が取れなくても、あきらめずに復習をして高校進学倶楽部を続けることで本番あせらずに取り組むことができました。娘の受験の経験からですが、高校進学倶楽部は試験当日の雰囲気を何度も体験することで、自信を持って受験に臨むことができるので受講してとても良かったと思っています。

瑞陵高校入学 T.Tさん (千種校トップレベル)

河合塾の講師は常に自分達の進路について親身になって考えてくださいました。また、授業は本番で役立つことばかりを教えていただきました。当日では会場まできてもらって、最後まで応援していただきました。おかげで、当日も普段どおりの自分でいどむことができました。最初はすこし怖そうだなと思っていたけれど、どの講師もおもしろくてそしてわかりやすい授業をしてくださいました。本番でうまくできたのも講師の方々のおかげだと思っています。

学校の部活が土日も練習のある部活だったので両立するのに本人が一番努力したように思います。ですが、本人も河合塾に通うことを楽しんでいたように思いますし、家で勉強するよりも塾へ行っている方が勉強していたように思います。進路に関してはすべて本人に任せていたので私は特に何もしていなかったというのが実情です。勉強は自分が自分のために自らの意志を持ってやるべきだと思っておりますので、いつやり始めるのかなとずっと見守っていました。

瑞陵高校入学 M.Iさん (千種校ハイレベル)

私は河合塾に入塾して良かったと思うことがたくさんあります。まずは情報の多さです。今の入試がどのようなものなのか、どんな問題が出題されるのか、ボーダーラインはどこなのかなど、知りたい情報を必ず知ることができました。2つ目は志望校の合格可能性判定です。自分が今どんな位置にいるのかを知ることができ、やる気を高めたり、勉強方法の改善を行うこともできました。最後は、充実した授業を受けることができることです。講師のわかりやすい講義に加え、面白くて興味深い話や豆知識を聞くこともできました。私が第一志望校に合格できたのは、河合塾に通っていたからだと思います。心から河合塾で良かったと今実感しています。

校内順位でいつも勝てなかった他塾の子(つめこみ式塾)が不合格、A・B日程ともに娘が取ってきた点数が高かったという結果を知って河合塾に行かせて本当に良かった、実力がついていたと思いました。これから迎える保護者の方へ。親の強い不安感は子どもに伝わってしまうのでそうなる前に講師の先生に親も相談を!河合塾のデータを信じれば大丈夫です。それも学費に含まれていると考えて河合塾をフル活用させていただきました。最も心掛けたことは勉強しなさい、大丈夫なの?と言わないこと。言いたくなったら講師やチューターにうちの子大丈夫でしょうか?と相談して心を平穏に保つことです。

瑞陵高校入学 O.Kさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

僕が第一志望校に合格できたのは河合塾に通っていたおかげだと思います。1学期当初、僕はあまり頭がよくありませんでした。高校も「ここへ行きたい」などの強い願望はありませんでした。ただ高校に行ければよいと思っていました。しかし河合塾の高校進学倶楽部について知り、体験授業に参加したとき、同じ中学校の友人たちが必死で勉強をしている姿を目にして「僕もやらねば」という衝動にかられ、難関公立高校を志すようになりました。くじけそうな時も友だち同士で励ましあい、点数を競いすることで乗り切れました。高校進学倶楽部ではたくさんの仲間と勉強でき、良い刺激になったと思います。非常に貴重な体験ができました。

瑞陵高校入学 A.Eさん (名古屋校トップレベル)

私は中学1年生から河合塾へ通っていましたが、初めのころはそれまで勉強する習慣がついておらず、塾での勉強や予習・復習がとても大変に感じました。ですが、講師の皆さんのわかりやすくおもしろい授業のおかげで、楽しく勉強することができました。3年生に上がると、志望校が決められなかったり内申点がよくなかったりと不安がたくさんありましたが、講師やチューターが相談に乗ってくれたのでとても心強かったです。この3年間いろいろな場面で私を支えてくれたチューターの皆さま、講師の皆さまに感謝したいです。

勉強する習慣はある程度達成したと思われます。また、具体的な目標を設定していただいたので、効率的な学習ができていたように思います。親として心がけていたことは、本人が自主的に取り組むよう強制せずポジティブに励ますようにしていました。またテストの結果に一喜一憂せず落ち着いて取り組むよう導きました。

瑞陵高校入学 Y.Mさん (名古屋校ハイレベル)

僕が真剣に受験勉強を始めたのは夏休みからでした。夏休みは部活も引退し、一番勉強時間がとれる時期です。理科、社会を中心に苦手を克服するといいと思います。僕は最後まで理科に苦しみました。そして、中学の定期テストは1学期から全力で取りにいくべきです。入試に使われるのは3学期だけですが、1、2学期のトータルになるので1学期からダッシュしてください。内申点で受験できる高校がある程度決まるので内申点は取れるだけ取るべきです。一年間成績で悩むこともあると思いますが、あきらめず頑張ってください。「人事を尽くして天命を待て」by麦谷先生

他塾に比べ料金は高めですが、講師の質、テキスト、チューター、教務すべてが素晴らしく、納得の料金でした。朝から開いている自習室、講師への質問等、本人のやる気さえあればどこまでも成長できる環境だと思います。特に講師の本人の性格も見抜いたうえでの進路アドバイスは適切すぎて驚きました、講師の方が大好きで、良い報告をしたい一心で頑張っていました。親も一緒に走りきれ楽しい受験生活でした。いつでも親身に相談に乗ってくださった教務にも講師にも感謝です。ありがとうございました。

千種高校入学 H.Mさん (名古屋校ハイレベル)

受験が近づいてくると本当にこの高校でいいのか、など不安になることがたくさんあると思います。私は入試直前までとても悩んでいました。後輩の皆さんには、「自分の行きたい高校」を受験してほしいです。偏差値で選ぶと、あとあと後悔します。体験入学、文化祭に多すぎると思うほど行くのがちょうどいいと私は感じました。本当に行きたい高校だと、その高校をめざす受験生活はやる気が出て、楽しいものになります。私は、講師の言葉を信じたことで、志望校に合格することができ、今はとても嬉しいです。とにかく、講師と河合塾を信じてください。直前まで学力はきちんと伸びます。

テキストのわかりやすさ、シンプルに何度も見る大切さが実感できました。平日、塾のない日の学習時間の確保は本当に大変でした。早めの目標設定が大切だと塾で話してくださっていると聞いていたので、講師の方に見守っていただいているのだという気持ちの安定が強かったです。模試のデータはとても参考になりました。それを見て面談、これが 本当に感謝でいっぱいです。講師の方々、チューターの皆さん、ありがとうございました。

千種高校入学 K.Yさん (名古屋校ハイレベル)

私は初め、質問をする勇気がなくて、なかなか講師室に行くことができませんでした。しかし、一度勇気を出して質問をしに行ったら、講師の方はすごく丁寧に、私が理解するまで教えてくれて、それから講師室に行くことが当たり前のようになっていました。私は特に数学が苦手で、田村先生のところによく質問に行っていました。私がクラスを落ちて、数学の講師が田村先生ではなくなってからも、田村先生はすごく丁寧に教えてくれて、時には相談にも乗ってくれました。田村先生に限らず、他の講師の方々もすごく丁寧に教えてくれました。質問して疑問を解決していくことはすごく大切だと思います。質問に行きたいけど、なかなか勇気が出ない人、初めはチューターと一緒に行ってみるといいと思います。もちろん、チューターもすごくわかりやすく教えてくれます。わからない所はそのままにするのではなく、講師でもチューターでも聞きやすい人に聞いて、解決してください。その積み重ねが合格につながると思います。応援しています!

千種高校入学 M.Oさん (名古屋校難関公立高校進学倶楽部)

河合塾の高校進学倶楽部は学校よりもレベルの高い人たちが多く、「自分の実力はこんなものなんだ」と思い知らされるので、正直焦ります。でも、焦ることで勉強しようとも思えるので、とてもいいと思います。毎回合格率が厳しめに出るので、気が緩むことがありませんでした。私は数学がとても苦手で、かなりの間、高校進学倶楽部でもひどい点数を取っていました。できなさすぎて、心が折れそうになったこともたくさんあったのですが、講師が励ましてくれたり、少しできるようになると褒めてくれたりして、数学の力をつけることができました。そのおかげもあり、私は本番で良い点数を取れました。社会では、学校ではなかなか教えてもらえない資料系の問題や、やらなくなってしまった歴史の重要なところなどを教えてもらえるので、とても役に立ちます。高校進学倶楽部を受けるのと受けないのとでは本当に変わると思います。合格できたのは河合塾による力が大きいです。絶対受けたほうが自信になるし、力もつきます!!

河合塾の情報をとても頼りにしていました。中学校の進路指導は、本人の希望をきくという感じで、志望校選択を一緒に考えるというものではなかったからです。生活面では、寝ること、食べることを崩さず維持することが大切だと思って声かけをしていました。勉強のことに口を出すと反抗的な態度を見せるので、極力見守るようにしていましたが、どうしても口を出してしまうこともあり、そのときは、どうしてほしいか、どうしたいか、お互いに話し合うチャンスととらえるようにしました。途中、公立高校がダメでも、私立高校に行きたくないと言い出したときは本当にどうしたらよいものかと思いましたが、努力が実って良かったです。

千種高校入学 H.Tさん (名古屋校難関公立高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部は土日祝にあったため、休日にだらけることなくきちんと学習に取り組むことができました。またテスト形式であるため、入試当日もあまり緊張せず落ち着いて自分のペースで問題を解くことができました。

中3生の夏から、夏期講習、高校進学倶楽部、冬期講習とお世話になりました。学校ではそこそこの成績だった娘も、河合塾の問題は今まで解いたことのないレベルだったようで、大変苦戦していました。1月までずっとD判定で、このままの勉強法でいいのかと焦り、悩む日々でしたが、本人は淡々とこれまでの復習を続け、最後までブレること無く志望校に合格することができました。指導してくださった先生方にお礼申し上げます。特に田村先生には公立高校決定の際、急なお願いにも関わらず面談していただき、成績だけで無く本人の将来を見据えたアドバイスをしていただき本当にありがとうございました。

津高校入学 T.Kさん (津現役館トップ公立高校進学倶楽部)

私は高校進学倶楽部に行くまでは、塾というものにまったく縁がなく、そのため学校以外で勉強するという習慣がありませんでした。だからこのまま受験をむかえるのが怖いと感じていたとき、高校進学倶楽部を知りました。初めは半信半疑で行ったのに受験日が近づくにつれてどんどん行って良かったと思えるようになりました。テスト形式の授業は受験のイメージをしっかりと植えつけてくれたし、近いレベルの生徒しかいないため、自分の望む問題解説を聞くことができてとても充実していました。また、自習室の開放や勉強会では自発的に集中して勉強に取り組むことのできる空間があり、受験そして高校生活に向けた準備をすることができました。少人数で授業を受けられたため、苦手な英作文や記述問題も自分に対しての解説が聞けて大きな自信になりました。チューターや講師の方々はみんな優しく、明るく楽しかったです。だまされたと思って体験だけでも行くと良いと思います。

津高校入学 N.Oさん (津現役館中3難関高校突破特別講座)

夏くらいから塾に入ってすごく充実した環境で勉強できました。同じ高校をめざしている人たちと一緒に授業を受けることですごくやる気にもなったし、良い刺激にもなりました。チューターから志望校の楽しい話をたくさん聞けて、「頑張ろう」と思うことができました。もともと、自分にあまり自信が持てない性格だったけど、講師の方々やチューターと話したり、授業の中で自分の実力が上がっているなと実感できたことで自信を持つことができました。行きたかった高校に合格でき、こんなにも楽しいと思える塾に通えて良かったです。

豊橋南高校入学 D.Iさん (豊橋校ハイレベルレクチャー)

私は中学3年の夏期講習に参加し、その後河合塾へ入塾しました。私は学校の中でも成績は上位の方ではなかったので不安でした。案の定ついていくのはかなり難しく大変で、高校受験に対しての不安もまだありました。内申点もギリギリで実力もないのでたまにあきらめてしまうことがありました。でも毎週河合塾の授業に行くとチューターが困ってることはないかと聞いてくれたり、友だちが応援してくれたりして勇気づけられました。それからは河合塾のテキストなどを利用して復習しました。本番もチューターが高校まで応援しにきてくれて励みになり落ち着きました。合格校は第二志望でしたが悔いはまったくありません。一生懸命できたことが一番良かったです。

西春高校入学 H.Mさん (千種校ハイレベル)

講師の方々は、授業だけでなく勉強方法や志望校決定など多くのことで相談に乗っていただきました。授業はわかりやすくおもしろい記憶に残るものでした。それは、受験会場でも思い出すことができました。

明和高校入学 S.Nさん (千種校トップレベル)

河合塾は勉強するのに最適な場所だと思います。静かな自習室、レベルの高い仲間、わかりやすい教材、親切なチューター、面白い講師など河合塾のすばらしさを教えるとキリがありません。僕にとっての一番の魅力は講師の高い指導力です。ハイレベルな問題を生徒に「難しい!」と思わせない授業や、楽しくわかりやすい授業を提供してくれる講師の力をうまく利用することが合格への近道だと僕は思います。受験期はあせりを感じてしまうかもしれません「まだやってないものがある!」など、とても心配になることもあるかもしれません。しかし、大丈夫です。河合塾には講師の他にも偉大な「テキスト」があります。あせったらポイントの部分を読む。実際僕もそうしてきました。そうすることで落ちつくことができるのです。落ちつくことで、受験に「勝つ」のです。「勝つ」喜びだけでなく「できないものが解けた!」という素直な喜びも河合塾は与えてくれます。その喜びこそが学習の意欲を高め合格するための力になったと僕は思います。講師、テキスト、力を与えてくれた河合塾に感謝です。

明和高校入学 F.Kさん (千種校ハイレベル)

私は、中3になる前の3月から河合塾に入りました。中学校や地元の塾では良い成績を残せていたので、ハイレベル認定をいただいた時はおどろきました。5月の実力テストでも結果が悪く、トップレベルに上がることをあきらめたときもありましたが、夏期講習の予習・復習をしたら7月のテストで上がることができました。しかし、毎授業行うテストや講義の内容が難しく、特に苦手な数学がわからなくなってしまいました。そして、その頃高校進学倶楽部が始まりましたが、明和高校の判定はD、第二志望校の高校もDと悲惨な結果続き、内申が良くない(1学期37→2・3学期39)こともあり、全く自信をなくしてしまいました。当然10月のテストですぐハイレベルに下がってしまい、志望校を言うのが恥ずかしかったです。ですが、私は明和高校を受験しました。受けなくて後悔するより落ちる可能性が高くても受けた方がいいという講師の言葉があったからです。今ではその選択が正しかったと胸を張って言えます。後輩のみなさん志望校は極力あきらめないでください。後で後悔しないように。どれだけ無理だと言われても受かることはあります。頑張って!

明和高校入学 S.Uさん (千種校トップレベル)

ぼくは河合塾に夏期講習から通いました。夏休みから本格的に入試対策をしなければいけないなと思い勉強をする環境が整っている河合塾を選択しました。ぼくは、塾に通ったことがなく授業をどのように進めていくのか、講師の説明はわかりやすかなど心配なことがたくさんありましたが、ちょうど良いスピードで授業が進み、講師の説明もとてもわかりやすく充実した学習をすることができました。河合塾の講師やテキストのおかげで難度の高い問題が解けるようになり、トップレベルの高校に合格できたと思います。

中3の夏休み頃まで、ほとんど勉強をしてこなかった息子は河合塾に入り尊敬できる講師の方々に出会えたことで、勉強に対する姿勢や考え方が大きく変わりました。親の言うことは聞かなくても講師に言われたことは素直に受け入れ、それを自分のパワーに変えて頑張ってきたのだと思います。また、授業だけではなく、受験に関する情報やアドバイスをいただけたことや授業中の講師の考え方や雑談を聞けたことも息子にとって楽しく勉強に向かえた要因です。河合塾に通ったことで、勉強が楽しいと思うようになり、人間的にも大きく成長した息子を見て、私達もとても嬉しく思っています。

明和高校入学 U.Tさん (千種校ハイレベル)

僕は、夏休みから河合塾に入って、最初はみんなの学力が高くて、全く歯が立たなかったけど、講師への質問やドリルの復習などをしっかりすることで、確実に自分の学力を上げることができました。普段の授業では、すべての講師がおもしろく、そして、自分の学力が上がる知識をたくさん教えてくださり、授業があっという間にすぎていったと思います。僕は本当に河合塾に入って良かったと思います。講師はもちろんチューターや教務の方々も親切で、困ったときに声をかけてくださり、とても助かりました。本当にありがとうございました。

大人数の塾に対して目が届かないかと心配ではありましたが、子どもから「わからない所がわかった」という声を度々耳にし、我が子には大人数、少人数の規模は関係がなかったようです。学校の中では上位でしたがやはり河合塾に通うようになりまだまだ天井は高いぞと感じたようです。それに伴って学力も向上したように感じております。

明和高校入学 O.Yさん (千種校旭丘・明和高校進学倶楽部)

春から受験生になる後輩のみなさんには、きっともうすでに計画的な受験勉強プランがあると思います。しかし、中3生の1年間は修学旅行や夏期・冬期講習などがある間にあっという間に過ぎていきます。だから是非、みなさん自身の勉強プランの日程を少しずつ早くずらして実行するべきです。最初のほうであまり勉強せず受験直前にご飯を食べるひまもないほど詰め込むより、今からしっかり勉強しておいて受験直前は心に余裕をもって生活したほうが良いと思いませんか?これから1年、あまり気負いすぎず頑張ってください。

受験生の親として心掛けた事、それは高校入試の本番を一点の後悔も無く迎えられるよう、子どもを信じて見守る事でした。講師の方々の指導はとても丁寧でわかりやすく、娘が講座について話すときはいつも楽しそうで、それが何より嬉しくありがたく思っております。子どもは自分で選んで決めたとき、思いがけない力を発揮するのだと思います。河合塾は子どもが自ら学びたいと思う気持ちに存分に応えてくれる刺激と魅力に満ちた場だと思います。

明和高校入学 T.Mさん (名古屋校トップレベル)

私は小学5年の開講時から河合塾に通っていました。田村先生の授業が楽しいという理由で河合塾に通い続け、気づけば中3の夏休みになっていました。トップクラスの落ちこぼれの私は学校の成績は取れても実力がついていない、とてもひどい状態でした。どんなに勉強しても成績が上がらない。むしろ下がっていく辛い時期が続きました。しかし講師の方々にわからないことを何度も質問したおかげで実力がつきはじめたと冬期講習中に実感することができました。高校生になれないかもという不安さえあった私でしたが、私立高校含め志望校すべてに合格することができました。憧れの明和高校に合格できたのも河合塾の講師の方々、チューター、受付の方、そして何よりいつも私を見守ってくれた担任の田村先生が支えてくれたからです。本当にありがとうございました。5年間河合塾に通い続けて本当に良かったです。

明和高校入学 M.Uさん (名古屋校トップレベル)

塾では、チューターや友達とのおしゃべりがとても楽しかったです。また、講師も、質問をしてくれたらわかりやすく教えてくれて、アドバイスをくれて、相談に乗ってくれました。教務の方々も丁寧に優しく接してくださいました。河合塾の問題はとても質が高く、難しくも楽しかったです。私は河合塾がとても好きで自分にあっていたなと感じています。合格は私1人ではできませんでした。支えてくださって皆さん、本当にありがとうございました。最後に後輩の皆さんに1つだけアドバイスをします。私は大切だとわかっていながらも復習が嫌いでした。しかし、途中で「このままでは良くないな」と思い、復習もしっかりやったら点数や偏差値がかなり伸びました。だから皆さんも復習を頑張ってください。応援しています。

3年の秋くらいまで河合塾の授業と講習の予習と復習のみという少ない勉強時間だったので大量の問題集を管理されて解いている学区内の塾に通う友達との勉強量の差に「自主性重視の河合塾には合わないのでは」と悩んだ時期もありました。そんなときも教務の方に親身に相談に乗ってもらえたり講師との保護者面談で「いつまでに何をどれだけやるべきか」を示していただいたけたことで不安も解消され、また志望校を下げようか不安になったときには保護者セミナーでの「願書提出のときまで志望校を下げることは考えなくていい」という講師の方の言葉が大きな支えになりました。最後まであきらめずに第一志望に合格できたのは河合塾のおかげです。講師の方々はじめ、スタッフの皆さんには感謝の言葉しかありません。熱心に指導していただき親身に支えてくださり本当にありがとうございました。

明和高校入学 T.Hさん (名古屋校旭丘・明和高校進学倶楽部)

高校進学倶楽部の問題は実際の入試問題よりも難しかったのでより効果的に力がつきました。また、そのおかげで思いあがらずにすみました。

河合塾では学校の先生とはまた違った切り口での講師の先生の授業やチューターの方々の受験体験や大学生活の話が新鮮だったようです。楽しみながら勉強ができたようです。受験生とはいっても部活や学校行事など学校生活全般が頑張れるように楽しめるように応援していたつもりです。

豊丘高校入学 Y.Aさん (豊橋校ハイレベルレクチャー)

私は中3生になってから前期の終わりまで、あまり学校のテストで順位を伸ばすことができませんでした。しかし、塾のプリントや、テキストをしっかり自分で復習し続けることで、だんだん力がついてきました。私は始めてから結果がでるまでに時間がかかりましたが、コツコツやることで確実にできるようになります。自分を信じて最後まであきらめずに頑張ってください。

この地域では、河合塾=成績上位者の行く所と、親が自ら敬遠する話も聞いたことがあります。でも、目の前の高校受験はゴールではなく、その先を考えたとき、あえて難しそうな所で頑張る体験は、河合塾ならではの貴重な体験だったと思います。塾の実績のためではなく、子ども本人のため、志望校選択の相談にも応じていただき、ありがとうございました。

滝高校入学 K.Iさん (名古屋校トップレベル)

私は、中3生から河合塾でお世話になりました。最初は授業についていくのもやっとで、最初の実力テストはひどいものでしたが、2学期にトップクラスに上がることができました。この1年の中で最も辛かったのは12月頃です。私立高校の過去問で満足のいく点がとれないことへの焦りに加え、第3回高校入試統一テストや学校の実力テストの成績の急落によって、どんどん自信を失いました。冬期講習では心身ともに疲れきり、つまらないミスを繰り返していました。これらの反省を生かして、1月は十分な睡眠をとること、バランスの良い食事などを心がけました。おかげで、当日も万全の体調で受験に臨み、合格を勝ち取ることができました。受験を迎えるにあたって、体調管理をすることを怠らないようにした方がいいと思います。

中京大学附属中京高校入学 Y.Rさん (千種校ハイレベルレクチャー)

私は河合塾に中3生の2学期から入りました。夏期講習に参加したときに、塾生が休み時間なのに勉強をしている姿に刺激をうけ、第一志望校合格を実現させるには河合塾で仲間と共に一生懸命勉強しようと思いました。入塾後、私は毎日のように自習室へ行き、講師室にもよく行ってわからないところを質問していました。講師の方が名前を覚えて呼んでもらえたときはとてもうれしかったです。私は河合塾の情報量が多く、良きライバルもたくさんいてハイレベルなところが良いと思って入塾しました。レギュラーの授業や高校進学倶楽部でも「ココは私立に出やすい!」とかいろいろなことがわかって、とても得をした気分になれました。講師やチューターなど周りに相談できる人がたくさんいるのも河合塾の魅力の一つだと思います。

名城大学附属高校入学 H.Fさん (名古屋校難関公立高校進学倶楽部)

毎回本番のテストに似たテストを受けることができて、その後解説もあって、何回もテストを受けるうちに、点数が上がってできるようになっていくのが自分で目で見て実感できてもっと頑張ろうと思えました。僕は第一志望の高校に受かることはできなかったけれど、高校進学倶楽部で学んだことはとても受験で役立ったし、これから、高校で勉強をするときにも役立つと思うので、高校進学倶楽部を受けて良かったと思います。

私の子どもが通っている中学校は、受験に対する情報や姿勢に乏しく、子どもたちへのサポートが十分でなかったので、塾に通わせることは必須だと思いました。その中でも河合塾の講師は、とてもわかりやすくおもしろい講義を行ってくださるので、私の子どもも通って良かったと言っています。学校の担任の先生よりも親身になってくださったことも感謝しています。学校の中では上位にいても塾の中では下位だったことも自分の実力がどれほどのものかを把握することができ、さらに勉強を頑張ることができました。

お問い合わせ・お申し込み

  1. 河合塾
  2. 小・中学生の方へ
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 中高一貫校生の方へ
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 高校合格をめざす
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談
  1. 河合塾
  2. 学校の成績を伸ばしたい
  3. 小学・中学グリーンコース 東海
  4. 合格体験談