河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>体験授業・イベント>親子で乗り切る大学受験<“今”知っておきたい入試の変化と対策>

親子で乗り切る大学受験<“今”知っておきたい入試の変化と対策>2016特別進学講演

戻る

日時

2016年6月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)・7月3日(日)・10日(日)

会場

全国の河合塾49会場

対象 中3・高1・2・3生および保護者の方
講演内容

Part1. 変わり始めた大学入試
Part2. この夏やっておきたい3つのこと
Part3. 河合塾講師による講演または河合塾OB・OGによる体験談

北海道・東北地区 首都圏地区 中部地区
札幌校、仙台校 池袋校、立川校、横浜校、柏校、大宮校、町田校、津田沼校、麹町校、新宿校、水戸校、藤沢館、厚木現役館、川越現役館、千葉現役館、金沢文庫現役館、南浦和現役館、自由が丘現役館、あざみ野館、吉祥寺現役館、調布現役館、秋葉原館、松戸現役館 名駅校、名古屋校、千種校、豊橋校、岐阜校、浜松校、四日市現役館、津現役館、刈谷現役館、岡崎現役館、豊田現役館、星ヶ丘現役館
近畿地区 中四国地区 九州地区
大阪校、上本町校、天王寺校、京都校、神戸三宮現役館、現役生教室豊中、現役生教室寝屋川、現役生教室岸和田、現役生教室三田 広島校、福山校 福岡校、北九州校

※(学)河合塾主催。ただし仙台校は(学)文理学院、*の校舎は(株)河合塾進学研究社主催の校舎

2016年6月中旬~7月上旬にわたり、49会場で開催

麹町校
(写真:麹町校)

毎回、多くの高校生・保護者の方々が集まる特別進学講演。今回は、高校生と保護者の方を対象に「親子で乗り切る大学受験<“今”知っておきたい入試の変化と対策>」と題し、6月中旬から7月上旬にかけて、全国の河合塾49会場で開催されました。
もうすぐ迎える夏休みをどのように過ごすかを考える時期でもあり、多くの方々が参加され、講演内容に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

変わり始めた大学入試と「新しい学力」への対応

「Part1. 変わり始めた大学入試」では、最新の入試情報のほか、過去と比べてどのように大学入試が変化してきたのか、また各大学の入学者選抜がどのように変わっていくのか、などが説明されました。

私立大学では定員割れを起こす大学がある一方、旧帝大を中心とした難関国公立大学、都市部の有名私立大学、医学部医学科は高い人気を誇っています。当然こういった大学では入試難易度もかつてと比べ大きく変わっていません。一方、大学入試はすでに変わり始めています。社会状況が変化したことにより、求められる人材も変化し、「常に新しい知識を取り入れ続けること」「蓄えた知識を総動員して自分の頭で考え抜くこと」「人々と協力して問題を解決していくこと」などの力が必要となってきました。求められる人材の変化とともに、教育も変わる必要があり、大学入試改革は「学力の3要素」をキーワードに進められています。
そして教育の変化に伴い、すでに大学入試も変化しており、知識量が多いことも重要ですが、その知識を活用する「思考力・判断力・表現力」を測るような入試が増えています。

講演ではさらに、具体的な「新しい学力」を問う大学入試問題や、近年の大学入試の変更点などが紹介されました。

この夏をどう過ごすかで、現役合格への距離が変わる

続いて、「Part2.この夏やっておきたい3つのこと」では、志望校選びやこの夏休みの過ごし方のポイントについての説明がありました。

1つ目は、自分の志望大学や将来についてしっかり考えること。オープンキャンパスに参加することが受験勉強のきっかけになることも多く、具体的な目標を持って学習することが大切です。河合塾の入試情報サイト「Kei-Net」や、志望大学別受験情報サイトの活用も勧められました。

2つ目は、大学入試で求められる学力基盤をつくること。苦手科目を残したまま高3生になると、演習不足のまま入試本番を迎えることになってしまいます。まとまった時間の取れる高1・2生の夏期に、基礎固め、苦手科目克服をしっかり行うことが必要不可欠です。効率的な学習ができる、夏期講習を利用するのも良いでしょう。またPart1でも触れたように、大学入試の変化を知っておくことも重要です。どのような「新しい学力」を求められるのか、入試問題などから知っておく必要があるそうです。

3つ目は、上手な時間の使い方を身につけること。夏休みはスケジュール管理が難しいです。部活動と両立する方法については、大学生特派員からのアドバイスが紹介されました。「一日の時間管理」や「夏休みにやるべきことの進捗管理」ができるペースメーカーが有効なので、学習計画表の活用も提案されました。

最後に、本日のまとめとご家庭でできることついての話がありました。学力の3要素の1つ、「思考力・判断力・表現力」を身につけるためには、ご家庭でのコミュニケーションが役立ちます。ご家庭では、情報面、環境面で支援する態勢をとることが大切とのことでした。

現役合格するためにすべきことを具体的にアドバイス

仙台校
(写真:仙台校)
麹町校2
(写真:麹町校②)

Part3.では、河合塾講師による学習法や河合塾OB・OGによる合格体験談などの講演が行われました。

東北地区の仙台校では「大学受験の“心・技・体”」、首都圏では「講師が語る、現役合格者の夏の学習法」、中部地区では「飛躍する夏休みの過ごし方」、近畿地区では「夏に失敗しない勉強法」、中四国地区の広島校では、「入試の現状と、今、すべきこと」、福山校では、「思考力をみがく入試対策」、九州地区の福岡校では「子どもたちに真の学力と人間力を!」、北九州校では「押さえておきたいセンター・二次・私大対策のポイント」と題した講師講演が行われました。また、北海道地区の札幌校では河合塾OB・OG座談会「この夏の過ごし方で志望校が見えてくる!」が行われました。今回はその中から抜粋して町田校で実施された講師講演をレポートします。

町田校では数学科講師から、現役合格するために必要な高1・高2・高3での学習量や、大学入試までに必要な学力、具体的な学習方法についてのアドバイスがありました。
講演内容の中では、センター試験を活用した学習法やノートの活用法なども紹介され、参加者の方々が熱心にメモを取る姿が見られました。
講演終了後には、町田校のスタッフによる個別学習相談が行われました。多くの方が個別相談に参加され、熱心にこの夏の過ごし方を相談されていました。

各校舎の講演の様子

名駅校
名駅校
大阪校
大阪校
千種校
千種校
広島校
広島校

参加者の声

1学期の中間テストが終わり、夏休みの勉強方法をどのように変えようかとちょうど悩んでいたところに、お話を聞けてよかったです。講師のお話の中の、「自分の心を制す」という言葉があり、一流大学で一流として学べるよう頑張ろうと思いました。
(仙台校/高1生)

大学合格に向けて逆算して勉強しようと思った。また、自分の将来について真剣に考えなければならないと思った。高校受験のときはなんとなく勉強していたが、大学受験は目標をはっきりさせて、オープンキャンパスにも積極的に参加していきたい。
(吉祥寺現役館/高2生)

大学が変わってきているというころがよくわかりました。実際の入試問題に触れることで、夏休み中の勉強の意欲が湧きました。計画的に勉強しようと思います。
(調布現役館/高1生)

勉強方法は、周りと比較しても人それぞれ弱点や目標が違うからあまり意味がないということを知り、これからは自分の弱点を見つけ、目標をしっかり固めて、自分の学習スタイルを確立しようと思いました。
(千種校/高1生)

夏休みにどんなことをやればよいか、部活との両立の仕方などがわかったので、実際にやってみようと思います。
(名駅校/高2生)

大学入試の変化やこれから求められる学力についてよくわかりました。難関大学のボーダーラインがわかりやすく示されており、これからの目標が持てました。今日学んだ夏休みの時間の使い方の工夫について子どもに伝え、しっかり考えていってほしいと思います。
(名駅校/高2生の保護者の方)

学校の授業で理解が不正確なところがあるので、夏休みを使って復習し、秋からまた苦手をつくらないようにしていきたいと思いました。
(浜松校/高1生)

まだ1年生で、のんびりと過ごしていましたが、大学受験まで意外とやらなければいけないことが多いことに驚きました。まだ志望校も決まっていないので、この夏休みにぜひ家族で大学巡りをしてみようと思います。
(豊田現役館/高1生の保護者の方)

大学がどのような学生を求めているのかがよくわかりました。ディスカッション、コミュニケーション能力や考える力を磨くということが大切だと教えていただきました。また、英語の学習方法についてのお話が大変ためになりました。
(大阪校/高1生の保護者の方)

自分自身の時代と入試が変わっていて、知らないことだらけだったので、とても勉強になりました。本人のやりたいことがまだはっきりしないので、学部選びや志望校選びが難しいです。一緒に考えていきたいと思います。
(現役生教室三田/高2生の保護者の方)

家庭においても大学入試に日頃からアンテナを張り、子どもとコミュニケーションをはかる努力をすることの大切さに気づけました。大変参考になりました。
(福山校/高1生の保護者の方)

今まで学校の勉強を全然楽しいと思えなくて、入学したときよりも成績が下がっていて、どうしようかと迷っていました。今日先生の話を聞いて、中途半端な努力しかしていないから成績も上がらなくて勉強も楽しくないのだと痛感しました。今から少しずつでも続けて勉強して、勉強方法にとらわれず、もっと視野を広げたいと思いました。
(福岡校/高2生)

夏休み中の過ごし方の指標が明らかになって良かったと思います。積極的に大学の情報を集めたり、オープンキャンパスに参加したりして、進路への意識を高めて、勉学に励めるようにしたいと思います。
(北九州校/高1生)

河合塾 特別進学講演 親子で乗り切る大学受験 この夏、始めたい受験準備 高1・2生と保護者の方対象 参加無料 詳しくはこちら