河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>体験授業・イベント>日本語表現デザイン塾公開研究会のお知らせ

日本語表現デザイン塾公開研究会のお知らせ体験授業・イベント

戻る

中村博幸先生 ご退職記念 日本語表現デザイン塾公開研究会 「知識」vs「経験」~リテラシーとコンピテンシ—の育成を目指した文書表現をいかにデザインするか~

日本語表現デザイン塾では、初年次教育の文章表現・ライティング科目の設計、授業手法、及び評価について研究を重ね、その成果を大学教育学会、初年次教育学会のワークショップや河合塾主催のFDセミナー、あるいは『大学生の日本語リテラシーをいかに高めるか (大学の授業をデザインする)』(ひつじ書房)で公開するとともに、参加された先生方と議論を深めてきました。
日本語表現デザイン塾の活動は本年で6年目になりますが、90年代よりリメディアル教育、初年次教育の研究と実践の先頭に立たれ、日本語表現デザイン塾の立ち上げに関わり、以来有益なご助言を頂いてきた中村博幸先生(京都文教大教授)が本年度を以てご退職なされます。これを機会に今までの成果を確認するとともに、これからの課題を明らかにするための公開研究会を、下記のとおり公開で行うことになりました。

お申し込みはこちら

研究会詳細

日 時
2016年3月19日(土) 10:00~16:30

場 所
京都大学 吉田南1号館 1共31講義室

対 象
大学教員、および職員の方

参加費
無料

定 員
100人

概要

日本語表現デザイン塾では、文章を書くことを、課題を解決する(対課題)、人と関わる(対人)、自分を見つめる(対自己)という3つの軸で捉えてきました。それは文章を書くという行為が、自らを見つめ、他者と関わり、課題を解決することと不可分だからです。しかし、課題を解決するためには「知識」が必要である一方、「経験」を欠いた空論では他者と関わり自らの学びを深めることができません。
そこで今回は、知識や知的な活動と結びつく「リテラシー」、及び経験の振り返りと結びついた「コンピテンシー」の育成を目指した文章表現科目をどのようにデザインしていくのかという観点で公開研究会を行います。具体的な内容は、下記のプログラムをご覧ください。
また、研究会終了後、ささやかではありますが、中村先生を囲んだパーティを開催しますので、ご参加頂ければ幸いです。

プログラム

第一部 講演
10:00~10:15 趣旨説明 河合塾 成田秀夫
10:15~11:00 講演 「大学における文章表現科目の過去・現在・未来と私」 京都文教大学 中村博幸
11:00~11:05 休憩
第二部 研究・実践報告
11:05~11:35 「調べた知識をもとに課題解決型の文章を書くプロセスの科目化」 東京海洋大学 大島弥生
11:35~12:05 「ジェネリックスキル育成をめざした言語表現活動における学修評価」 日本文理大学 吉村充功
12:05~13:05 昼食
13:05~13:35 「知識を用いた文章表現を可能にする論題の分類・課題の設計」 京都光華女子大学短期大学部 成瀬尚志
13:35~14:05 「経験を『ことば化』して思考力・自己効力感を高める文章表現活動」 宮崎大学 得丸智子
14:05~14:10 休憩
14:10~14:40 「生きる力を育成する,対課題・対自己型を統合した初年次文章表現」 九州国際大学(4月より北陸大) 山本啓一
14:40~15:10 「対話しながら考える,キャリア意識の形成につながる文章表現活動」 河合塾 堀上晶子
15:10~15:20 休憩
第三部 全体討論
15:20~16:20 全体シェアと全体討論 河合塾 成田秀夫(ファシリテータ)
16:20~16:30 まとめ
17:00~19:30 中村博幸先生ご退職記念パーティ ※参加される方は当日会費(5,000円)を申し受けます。

※ プログラムは予定です。内容や進行を一部変更することがございます。

お申し込み期間/お問い合わせ先

※定員(100人)になり次第締切りとさせていただきます。

お申し込み期間

お申し込み開始

2016年2月2日(火)18:00

お申し込み締切

2016年3月14日(月)15:00

お問い合わせ

研究会の内容に関するお問い合わせ

(学)河合塾 教育研究部 日本語表現デザイン塾公開研究会 担当

e-mail:fdwork@kawai-juku.ac.jp

その他のお問い合わせ

(株)KEIアドバンス 教育事業戦略推進部

e-mail:jikai-g@keiadvanced.jp

第一部 講演者※敬称略

京都文教大学
教授
中村 博幸

研究テーマは大学教育、教育工学。現職は京都文教大学教授。まだ初年次教育、文章表現科目などが知られていない頃から基礎教育の実践及び実践研究を行い、初年次教育学会の立ち上げなどにもかかわる。

第二部 報告者※敬称略、50音順

東京海洋大学
教授
大島 弥生

専門は日本語教育。初年次教育の「日本語表現法」科目も担当。主な著書は『ピアで学ぶ大学生・留学生の日本語コミュニケーション』『日本語表現能力を育む授業のアイデア』(共著、ひつじ書房)ほか。

宮崎大学
非常勤講師(元教授)
得丸 智子

専門は日本語教育学。20年以上にわたり大学1年生の日本語文章表現教育に携わった。当初から学生相互のアクティブな学びを重視した文章交換活動を実践。初年次教育でもアクティブラーニングを行ってきた。

京都光華女子大学短期大学部
講師
成瀬 尚志

専門は哲学、高等教育。現在は大学教育再生加速プログラム担当。剽窃が困難となるレポート論題とプロジェクト型学習の授業デザインについての研究を行っている。博士(学術)。

河合塾
講師
堀上 晶子

長年現代文講師として授業や教材開発に携わってきた。2002年より大学生向けのライティングやキャリア関連科目を担当。さまざまな大学の教職員と協働して、授業の設計や実践を行っている。

九州国際大学
教授
山本 啓一

2008年から2012年まで法学部長を務め、初年次教育改革、文章表現科目改革、カリキュラム改革等に携わる。ジェネリックスキルの評価制度構築にも取り組む。2015年より初年次教育学会理事。2016年4月より北陸大学に移籍。

日本文理大学
教授
吉村 充功

人間力育成センター長として地域や企業との協働教育を組み込んだ「人間力育成プログラム」の立ち上げに携わり、「社会参画科目群」を始めとした全学共通の実践教育プログラムの企画・運営責任者として人間力教育を統括。

第三部 ファシリテータ紹介※敬称略

河合塾
開発研究職・講師
成田 秀夫

大学院在学中(哲学専攻)から、河合塾にて現代文科講師を務める。大学生向けの「日本語表現講座」を開発し、シンポやセミナーでの報告や司会もこなす。2010年より、初年次教育学会理事を務めている。

会場ご案内

京都大学 吉田キャンパス地図画像

会 場:京都大学 吉田南1号館 1共31講義室

京都大学へのアクセス・構内マップは、京都大学下記サイトを参考にしてください。

お申し込みはこちら

主催:日本語表現デザイン塾、(学)河合塾 教育研究部、(株)KEIアドバンス 教育事業戦略推進部