河合塾グループ 河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ

河合塾>学びみらいプログラム

学びみらいプログラム

戻る

東京・大阪会場の事前申込は終了しました。


参加ご希望の方は当日受付いたしますので、プログラム開始時間前までに、
各会場の「学びみらいプログラム受付」まで直接お越しください。

実施会場

実施会場を選択して、お申し込みください。

東京会場はこちら 河合塾新宿校 2月18日(日)
名古屋会場はこちら 河合塾名駅キャンパス 名古屋校 3月3日(土)
大阪会場はこちら 河合塾大阪校 2月18日(日)

対象中学生・高校生・保護者

入場料無料

1プログラムからお申し込みできます。

同時限のプログラムは一つしかお申し込みできません。いずれか一つお選びください。

東京会場 開催日時 2月18日(日) 河合塾新宿校

プログラム

1時限目 13:00~14:20

佐藤 毅彦(さとう たけひこ)氏

「あかつき」が金星からデータを届けてくれるまでに 佐藤 毅彦(さとう たけひこ)氏 JAXA 宇宙科学研究所太陽系科学研究系教授 宇宙機搭載装置を開発する難しさや創意工夫を、金星探査「あかつき」のIR2カメラを例にお話します。

1992年3月、東京理科大学大学院理学研究科博士課程修了。木星の雲層構造や赤外線オーロラの研究を経て、2001年から「あかつき」に参加。IR2カメラ主任研究員とプロジェクト・サイエンティストを兼務。

2時限目 14:35~15:55

小玉 重夫(こだま しげお)氏

思考力を養うには-考える市民になるために- 小玉 重夫(こだま しげお)教授 東京大学大学院 教育学研究科教授 2020年度には大学入試が大きく変わります。これまでの知識を詰め込む学習から、自ら考え、探究を深める学習への転換が進んでいます。この転換にどう対応したらいいのかを考えていきます。

慶應義塾大学助教授、お茶の水女子大学教授を経て、現職。現在は東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長を兼務。

その他プログラム

●河合塾講師による学び
(プログラムの詳細は「東京会場」をご覧ください。)

実施会場を選択して、お申し込みください。

東京会場はこちら 河合塾新宿校 2月18日(日)
名古屋会場はこちら 河合塾名駅キャンパス 名古屋校 3月3日(土)
大阪会場はこちら 河合塾大阪校 2月18日(日)

名古屋会場 開催日時 3月3日(土) 河合塾名駅キャンパス 名古屋校

プログラム

1時限目 13:00~14:10

高橋 智隆氏

人工知能はどのようにしてプロ棋士を超えたのか?山本 一成(やまもと いっせい)氏 HEROZ株式会社/愛知学院大学特任准教授/東京大学先端科学技術研究センター客員研究員 プロ棋士を超えるほど強くなった人工知能、我々の社会にはなにがこれから起こるのか?未来を知る70分!

プロ棋士に初めて勝利した最強の将棋プログラム Ponanza(ポナンザ)作者。

2時限目 14:25~15:35

平岡 秀一氏

人生を充実させるための論理思考とは 平岡 秀一(ひらおか しゅういち)教授 東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 考えるほど人は幸せになれるのか?そうでもなさそうだ。そうなると、考え方にポイントがあるのか?その考え方のポイントについてお話しします。

1989年東京工業大学入学、同大学で博士取得後、分子科学研究所、神奈川大学を経て2010年より現職。

その他プログラム

●河合塾講師による現代文・公民・数学の学び
(プログラムの詳細は「名古屋会場」をご覧ください。)

実施会場を選択して、お申し込みください。

東京会場はこちら 河合塾新宿校 2月18日(日)
名古屋会場はこちら 河合塾名駅キャンパス 名古屋校 3月3日(土)
大阪会場はこちら 河合塾大阪校 2月18日(日)

大阪会場 開催日時 2月18日(日) 河合塾大阪校

プログラム

1時限目 13:00~14:10

高橋 智隆氏

人工知能はどのようにしてプロ棋士を超えたのか?山本 一成(やまもと いっせい)氏 HEROZ株式会社/愛知学院大学特任准教授/東京大学先端科学技術研究センター客員研究員 プロ棋士を超えるほど強くなった人工知能、我々の社会にはなにがこれから起こるのか?未来を知る70分!

プロ棋士に初めて勝利した最強の将棋プログラム Ponanza(ポナンザ)作者。

2時限目 14:25~15:35

平岡 秀一氏

人生を充実させるための論理思考とは 平岡 秀一(ひらおか しゅういち)教授 東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 考えるほど人は幸せになれるのか?そうでもなさそうだ。そうなると、考え方にポイントがあるのか?その考え方のポイントについてお話しします。

1989年東京工業大学入学、同大学で博士取得後、分子科学研究所、神奈川大学を経て2010年より現職。

その他プログラム

●河合塾講師による英語・数学の学び
(プログラムの詳細は「大阪会場」をご覧ください。)

実施会場を選択して、お申し込みください。

東京会場はこちら 河合塾新宿校 2月18日(日)
名古屋会場はこちら 河合塾名駅キャンパス 名古屋校 3月3日(土)
大阪会場はこちら 河合塾大阪校 2月18日(日)

昨年度の様子(学びみらいプログラム2017 イベントレポート)

未来を「考える力」を育むために
中高生とその保護者に「考える力」の大切さを知ってもらい、将来を見つめるきっかけとするイベント「学びみらいプログラム 2017」。平成29年2月19日(日)に河合塾新宿校で、3月4日(土)には名古屋校で実施された。さまざまな分野で活躍する多数の専門家が招かれ、講演や体験型のプログラムなどを行った。

イベントの様子

(写真:新宿校)

イベントの様子

(写真:新宿校)

新しい時代に向けて考えるべきこと
最初に「ロボット時代の創造」と題して講演したのは、株式会社ロボ・ガレージ代表取締役の高橋智隆氏。ロボットクリエイターの第一人者である高橋氏の原点は、幼少時の鉄腕アトムへのあこがれだったという。大学は当時就職に有利とされた文系学部に進んだが、あらためて将来を考えた結果、好きなロボットの道をめざすことを決意。河合塾の浪人生活を経て京都大学工学部に入学し、在学中にロボ・ガレージ社を設立した。ロボットの製作にあたって高橋氏が重視するのが遊び心で、一見すると不必要に思える物でも、普及すれば用途は自然に生まれるとのこと。物を創造することに対して、「いろいろな経験をして、迷ったらユニークな選択肢を選ぶようにしてください」というアドバイスも聞かれた。ロボットの解説時には実物も登場し、そのユニークな動作や受け答えが出るたびに会場から笑いが上がった。
その他は、東京大学大学院理学系研究科上田正仁教授による「考える力の鍛え方」の講演、東京大学大学院生や河合塾講師による体験型プログラムが行われた。
社会が大きく変化しつつあるなか、将来をじっくり考えられる力をつけることは、これまで以上に大きな意味がある。参加者たちからも、そのことを深く理解したような充実した表情が見て取れた。

実施会場

実施会場を選択して、お申し込みください。

東京会場はこちら 河合塾新宿校 2月18日(日)
名古屋会場はこちら 河合塾名駅キャンパス 名古屋校 3月3日(土)
大阪会場はこちら 河合塾大阪校 2月18日(日)