河合塾グループ河合塾
学年と地域を選択
設定

学年と地域を選択すると、必要な情報がすぐに見つかる

塾生ですか?

はい
いいえ
  1. 河合塾
  2. 河合塾で学ぶ
  3. 河合塾Wings高等部 関東
  4. 学力を伸ばす仕組み③

学力を伸ばす仕組み③ 河合塾Wings高等部 関東

生徒ひとりひとりの課題を「個別に」解決できる!

フォロータイム(数学・英語)

◆フォロータイムとは

学習カウンセリングで事前に決めた学習計画に従って、授業の復習はもちろんのこと、次の定期試験に向けた学習や弱点の克服など、生徒ひとりひとりに与えられた学習課題に取り組む時間です。


◆自習との違い

学習前に、当日取り組む学習項目を確認します。その後必要なプリント等をラーニングインストラクターから受け取り学習を進めます。学習中は、数学・英語の担当が生徒の学習を見回り、適宜フォローいたします。


◆定期試験対策にも効果的

試験直前に一から慌てて学習し直す、そのような習慣では、成績はなかなか向上しません。高校の進度に合わせた復習を、フォロータイムでコンスタントに進めることが、最大の定期試験対策となるのです。

授業の復習しなきゃ… 高校の復習しなきゃ… 定期試験対策しなきゃ… テストの解き直ししなきゃ… 問題集を進めなきゃ…

①高校の教科書の疑問解決

高校で学習したことの疑問点をすぐに解決する姿勢は、今後の成績の伸びに必ずつながります。塾生は、質問したい問題に「ふせん」を貼っておくなどし、普段の高校の学習にも真剣に取り組んでいます。

②高校の副教材(問題集)の疑問解決

学習したことを問題集で実践してみたら、なかなか解けない…高校の内容は、理解しただけでは不十分です。高校の進度に合わせた演習を積み、ひっかかった箇所はすぐに質問することで、効率よく定着が図れます。

③クラス授業の復習・演習

普通の塾のクラス授業は「理解する」ところに重きを置くため、演習量を授業時間内で多く積むことはできません。高等部では、クラス授業とリンクし「不足しがちな演習量」をこの時間内でカバーし、得点力を養います。

④模擬試験の解き直し・質問

高校・塾内で受験した模試、返却された成績表に一喜一憂しておしまい、では、せっかく受験した意味が半減してしまいます。河合塾Wings高等部では、この時間内での解き直しを推奨しています。

⑤自習用問題集の質問

受験を意識し始めた生徒は、高校で配付される問題集の他に、市販の問題集を計画的に進めています。解説を読んでもスッキリしない問題は、この時間内で質問し、不明点を残さずに進めていくことができます。

⑥欠席した授業の質問

体調不良で欠席してしまった…高校行事で出席できなかった…そんな場合も、フォロータイムが大活躍!欠席した講のポイントを理解し次の授業に臨めるように、欠席者には適宜指示・指導をしています。

フォロータイム 1日の流れ(例)

19:25 受付に到着→19:30~ 教室で学習→20:40~質問の解消→21:10 記録シート提出 19:25 受付に到着→19:30~ 教室で学習→20:40~質問の解消→21:10 記録シート提出

フォロータイムは、学習習慣を構築し学力を伸ばす上で欠かせない時間であるため、「授業カリキュラムの一環」と位置づけ、生徒全員の出席を促しております。

  1. 河合塾
  2. 高3生の方へ
  3. 河合塾Wings高等部 関東
  4. 学力を伸ばす仕組み③
  1. 河合塾
  2. 高2生の方へ
  3. 河合塾Wings高等部 関東
  4. 学力を伸ばす仕組み③
  1. 河合塾
  2. 高1生の方へ
  3. 河合塾Wings高等部 関東
  4. 学力を伸ばす仕組み③
  1. 河合塾
  2. 大学合格をめざす
  3. 河合塾Wings高等部 関東
  4. 学力を伸ばす仕組み③