河合塾グループ 河合塾

河合塾>体験授業・イベント|高3生|近畿>文化講演会「近世日本の国際関係と「鎖国・開国」言説」

講演・セミナー

文化講演会「近世日本の国際関係と「鎖国・開国」言説」



本イベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

対象:
高校生・高卒生

無料申込不要

講演会タイトル:近世日本の国際関係と「鎖国・開国」言説

今後、日本史の教科書から「鎖国」の言葉が消えるかも知れません。ここ30年くらいの研究で、江戸時代の日本は近隣の東アジア地域と豊かな交流を保ち、閉鎖的なイメージとはかけ離れた実態だったことが次第に解明されてきたからです。「パクス・トクガワーナ」(徳川の平和)と呼ばれる江戸時代の対外関係になぜ閉鎖的なイメージがつくようになったのでしょうか?現代の日本と東アジアの関係に関心を持つ皆さんも参加大歓迎です。

※塾生以外の方もご参加いただけます。

※参加申し込みの必要はございませんが、当日の参加状況次第では、人数制限を設けさせていただく場合もございます。

イベント詳細

会場:上本町校申込不要

選択 講座・講演名 開催日時 講師・講演者 参加費・受講料
文化講演会 2018年6月24日(日)
16:00~17:30
荒野 泰典 無料

主催:学校法人 河合塾

地図・アクセス

 

大きな地図を見る

大阪市天王寺区上汐3-1-11

  • 地下鉄谷町線・千日前線谷町九丁目駅5号出口から徒歩2分
  • 近鉄大阪上本町駅から徒歩2分

講演者

荒野 泰典歴史学者・立教大学名誉教授

広島県呉市出身。1988年、『近世日本と東アジア』(東京大学出版会)を刊行。他にも『「鎖国」を見直す』、『日本の時代史14 江戸幕府と東アジア』(編書)、『日本の対外関係』全6巻(共編)を刊行。

司会者紹介

盛田 良治河合塾 世界史科フェロー


お問い合わせ先

上本町校0120-070-953

[受付時間]
  • 11:30〜19:30(日曜・祝日は11:30〜17:00)

  • このイベントを見ている人におすすめのイベント

    を追加しました。